RC-NET(レイプクライシス・ネットワーク) BLOG.

RC-NET STAFFによる、日常の些細な出来事から、お知らせまでいろいろなぶろぐ。

<性暴力被害の社会的予防について>

2016-08-26 14:36:48 | スタッフ日記

<性暴力被害の社会的予防について>

性暴力被害にあう人とはどういう人でしょうか?

警戒心が薄く「隙がある」女性?
派手で男好きな女性?

性暴力加害をする人とはどういう人でしょうか?

性欲が旺盛な男性?
“本能”に嘘がつけない男らしい男?

交通事故の被害にあう人は、スマホばかり見て信号なんて一度も守ったことがない人?加害者はポケモンGOしてる人?

殺人事件の加害者は子どもの頃からアーミーナイフを懐にいれていて、爆弾を持っているのは全てイスラム教徒?

 

これらは一言で言えば偏見です。全体の一欠片をつまみ出してはまるで全体のことの様に語る。一体これに何の意味があるのでしょうか。これらを全体のことの様に語ることで、何が見いだせるのでしょうか。

 

この度、芸能関係者を容疑者とする強姦致傷事件の報道では、様々な容疑者、そして被害にあわれた方に対する様々な“ゴシップ”が流れています。

私たちは、それらに対してとても暗澹たる気持ちでいます。

どうか考えて欲しいことがあります。
あなたが被害にあったら、どう感じるでしょう?
あなたの周りの人たちが被害にあったら、どう感じるでしょう?
あなたやあなたの周りの人たちが被害にあった時、
あなたやあなたの周りの人たちは、周囲に対してどうあって欲しいと思うでしょうか。

加害者や加害者の親がどういう人であれ、
被害にあった人がどういう人であれ、
これは明確な暴力事件であり、その人のこれまでの経験や性別・年齢・職業、他様々な要因は加害の言い訳には一切なりません。
加害とは、加害者が加害を選んだその瞬間に発生するものであり、
それ以上でもそれ以下でもありません。

世の中には“性”に関する様々なフォビア、ファンタジーがあります。性という言葉がつくだけで、人はすぐにゴシップに走ってしまう。

 

私たちの“性”は、人に笑われるためにあるのではありません。
私たちの“性”は、誰かに「これなら被害にあってしかたない」「これは大変だ」「これじゃあ加害をしても仕方が無い」と判断されるべきものではありません。
私たちの“性”は、一切の暴力に曝されることなく、被害にあえば、社会の中で適切な助けを得て、健康に生きる権利を有しています。

 

私たちは批評をするべきではありません。
ただ、これまでに私たちに出来たことはなんだったのか。そしてこれから、私たちに出来ることは何なのか。これを一緒に考えたいのです。

性暴力を止めるのはだれ??

性暴力被害にあったサバイバーたちが生きやすい社会をつくるのはだれ??

 

私たち、みんなです。

 

私たちは、サバイバー(性暴力被害にあい、生き抜いた人)と共にいます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加