RC-NET(レイプクライシス・ネットワーク) BLOG.

RC-NET STAFFによる、日常の些細な出来事から、お知らせまでいろいろなぶろぐ。

小心者の喧嘩っ早さ。反省。

2010-10-14 02:08:03 | 未分類
基本的に、私は批判的なメッセージだったりバッシング関係は、見て見ぬふりを決め込むことにしています。

なぜなら、

私が小心者だからです。

だって、怖いから。
怖いし、辛いから。

やるからにはいろいろな意見に耳を傾けなければ、というご意見もあるだろうなとは思うのですが、
私は、誰かがお前はおかしいって私に対して思っているなら、じゃあ自分で違うことをやればいいじゃない、と思うんです。自分の思いを相手の思いにするために、争っても仕方ないじゃない、と。
いろんな意見があっていいと思う。
でも、自分にとってそれが本当に信じてることなんだったら、自分が自分の思いで自分の場所で、それを発信すればいいって思うんですよね。
そして自分の仲間を増やしていけばいい。
その中で、分かり合えた人と手をつなぎながら、社会的世論をどう動かしていけるか、自分で見つけていくしかない。そのために動いてる。

もし、自分の思いをシェアしたいなら、批判とかじゃなくて、馬鹿にするんじゃなくて、ちゃんとお話できる場所を持てるだけの関係性っていうのが必要なんじゃないかなと思う。そのためには、ちゃんとお互いを知り合うっていうことが、一番大事なんだろうなって。
私は、人の話を聞かないって言ってるんじゃなくて、
怖いから、怒らないでって言ってるに過ぎないんです。
小心者だから。

だって、物事にはあらゆるバックグラウンドが有り得て、
大して知り合ってもいない人と、自分のパーソナリティーだったりを分かり合えるとは思わない。
ちゃんと向き合っていないことに対して、
知識もスキルも持たずに、全体像について語れるとは思わない。



が、そんな、小心者なはずの私が、
個人的にやってるmixiでふと全体公開で性暴力について話をしてしまったがために、
よく知りもしない人と議論することになってしまったのです。通常無視を決め込むのに、なんだかカチンときてしまって、
思いっきりガッツリ話し込んでしまったのです・・・。

そういうのは、結局お互い言いたいこと言うだけで、分かり合えないものです。
相手だって、私をわかろうとしているわけじゃなく、自分の意思を伝えたいだけなのだから。

で、その時に私が書いたこと、後から読むと“うわぁ、私、怒ってるなぁ”と、反省してしまいました。
言ってることは別に、間違ってはいないんですよ。
間違ってはいないけど、怒ってるんです。
私が怒ってるから、本当に伝えたいことが伝わらないんです。

そんな場所で、知りもしない人と議論なんかするべきじゃないんです。
勝手に言ってろ、と思っておけばいい。そしてそれを、ちゃんとした形で社会に対してアウトプットしていけばいい。

でも、こういうのって巻き込まれてしまいがちです。
最近は落ち着いてきましたが、元来、喧嘩っ早い性質も持ち合わせているもので・・・。
しかもその後に、落ち込むという・・・笑。


結局思ったのは、
意味の無い話は意味が無い。
そして、嫌だと思ったことはやらなくてもいい。
怖いと思うものには、近づかなくていい。
どうしても怒り等が抑えられなくて、そうした場に近づいてしまったり、
わざわざ踏み込んで行ってしまったとしても、
そこで無残にも悲しい思いを感じたとしても、

自分を責めないで。あなたは悪くない。
と、私は私を慰めるのでした。
小心者の自己愛、ここに極まる。

ううん、でも、本当に。
怒りだけでは本当の思いは通じないし、
怒りをもって誰かを説得しようとしても、結局は何も変わらないよ。

私たちは、私たちがまず暴力を手放すことを学びながら、あきらめないで、
ずっと信じた道を、歩んでいくしかないんだって、思いました。

一人、また一人、仲間は集まっていくから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すがのイン

2010-09-27 20:19:33 | 未分類
201009272005001.jpgご近所の居酒屋さん、私が大抵夜に出没している居酒屋すがのさんでのひとまく。

飲んで楽しく、
みなさんレイプクライシスを応援してくれてる、仲間たちっす。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぷらいすれす

2010-08-24 16:18:28 | 未分類
ダンダンディトーン♪ ダンダンディトーン♪
っていうのが頭から離れません。誰のなんていう曲だっただろう。わかった人はお知らせください。多分、日本の男性歌手。

さて、今日も相変わらず暑いですね。
更新しだすと、止まらない。それが、ブログってものでしょうか。否、私の性質の問題でしょうね。

暦の上ではもう秋、この夏は、イベントやったり、個人的には海外旅行もしたし、
なんだかんだと充実していました。
いろいろ思うところはあったけれど、体力的にというよりは、心をフル稼働させた夏、でした。
思い出しては「ア゛ーーーッ」ってなって三回ぐらいジャンプしていまうような記憶と、
夏の木漏れ日の中、空を仰いでふと微笑んでしまうような記憶と・・・・。って、後者に関しては実際そんなことはしていなかったりしますが(暑すぎて外に出て笑ってる余裕はなく)、前者に関しては私はよくやります。

あ、動物がよく、ブルブルブルって身震い?するのって、「トラウマを振るい落とす行為なんだ」って言う友人がいたんですけれどもね、人間は、二足歩行になって、それが出来なくなってしまったんだ、とか。その根拠はよくわからないですけれども。
それを思うと、三回ジャンプはどことなく理にかなった行為のような気がします。ははっ。でも街中でやったら、変な人ですね。気をつけます。

嫌な事があったりで、そのまま身体を硬くしてしゃがみ込んでしまうと、その嫌な感覚が、どうも身体に染みついてしまうようで。
嫌なことがあれば払い落とす、それを無くすることじゃなくて、進入を阻止する、自分を守る。
そういう意味では、動物の身震いって、すごく理にかなっている気がします。

あ、ということは、ロックなライブに行ってひたすら飛んで帰って来た時の爽快感も、それに近しいものがあるんでしょうか。
しゃべれないからこそする、自分を守る行為と、しゃべれるからこそ発達した自分を守る行為。
音楽やスポーツや美術や、他諸々、いろんな事で、人はバランスを取りながら生きてるんですね。

生産性があることなのかないことなのか、というのは実にどうでもいい事であって、
そんなことは、どっかの誰かに任せておけばいい事であって。

どんなに願っても叶わない思いなんて、やっぱりあるし、
どうにもならないことも、辛いことも、どーしょうもないような思いに駆られることも、たくさんある世の中なわけですが、
だからといって全てがゼロではないし、
今、自分に必要なこと、心が求めてることに素直になるってことは、誰にも否定出来ない、自分だけのプレシャスなものなわけです。

例えば、サマージャンボをあちこちでバラで買って、一つも当たらなかった自分とか。連番でかっとけばせめて300円戻ってきたじゃないか、とか。
いやでも、ほら、夏に宝くじを買った思い出?プライスレス。
お金では買えない思い出。
お金にもならない思い出。

果たしてどちらだろうと思いながらも、まぁ、それを楽しめたってことは、確かにいいことなんじゃないかって言うことで、〆。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

携帯メール

2010-07-03 05:44:30 | 未分類
最近、メールが来ない。それどころかメール送っても返事が誰からも来ない…なぜだ…さみしいではないか…

と、思っていたら、

気付きました。

五日ほど前に、メールの設定を変え、よくわからないくせにあちこちいじって途中放棄。

本来、受信拒否リストとして登録していたアドレスからしか、メール来ないようになっていた。


あかーん!!
そらメールもこないはずだ…。

この間私にメールくれていた方…いらっしゃいましたら、
またご連絡ください…。

決して、無視したわけではありません!!

いやぁ、参ったなぁ。
そういえば、何故か電話が多かった気がするのは、
「こいつ返事しよらんな」と思ってのことだったのかしら(笑)

あわわ、ほんと、こわー、ですね。
これ、こちらから送ることは出来るので、厄介です。

いやはや、ご迷惑おかけしました。
心当たりある方は、
ぜひメールの再送をお願いします!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バッテリー

2010-06-05 21:49:24 | 未分類
最近車の動きが悪い、絶対にバッテリーがやばい、
そう思いつつ、
明日、みよう、いや、明後日…と引き延ばしながら、
いい加減まずいなぁとチェックをして、今日バッテリーの交換をしました。

あ~、出費痛いな~と思いながらも、乗ってみたらやっぱりその差は歴然。
なんて快適。

まぁ、車のメンテは運転手の義務なんですけどね。


よく、肉体は魂の乗り物、ということを仏教なんかで言いますよね。
私は、宗教やスピリチュアルなものってそれほど真剣に取り組める人間じゃあないので、
基本、いいとこどりでつまみ食いしているのですが(笑)

と言うことは、です、何が言いたいかと言うと、
私たちは私たちという人生の運転手だということ。

私たちの身体は、快適に過ごす日々もあれば、時にメンテナンスが必要になるし、
不意な事故によって傷ついたりもします。

時には面倒であっても時間をかけなければならないこともあるし、お金がかかることもあります。

まぁ、車と同じにはもちろん出来ないのですが、
大事なことは、
何があっても、私たちはこの身体に乗ることは決まっているのだから、
なんらかメンテナンスが必要になったときは、
そう、必要に応じて、メンテすればいいんです。

で、私たちはその道のプロフェッショナルではないから、必要に応じ人を頼る。
メンテの仕方を教えてもらったり、
やってもらったりしながら、
学びながら、
続いてく。

何一つ悪くない。
だって、私たちは、この身体での『人生』を送ることになってんですから。

必要なことを、しているんです。


車のバッテリー替えをしながらそんなことを思った本日。
えらく暑かったですねー。
既に夏バテ注意報発動(笑)


今日は楽しみにしてたSATC the movieを、
ブルボンのルマンド食べながら見てます。with 梅酒ソーダ。
気分は、ニューヨークでシャンパン!

このシリーズ、すごく好きですヽ(´▽`)/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加