RC-NET(レイプクライシス・ネットワーク) BLOG.

RC-NET STAFFによる、日常の些細な出来事から、お知らせまでいろいろなぶろぐ。

上映&交流会、無事終了

2010-07-24 10:24:53 | スタッフ雑感
2010年7月18日、谷町六丁目「路地カフェ」での上映&交流会、無事終了いたしました。

当日参加も含め、満員御礼、ありがとうございました!!

不慣れな進行で参加者の方に少なからずご迷惑おかけしてしまいましたが、本当にありがとうございます。

映画「スティーヴィー」については、当日も話させていただきましたが、私にとって善悪の判断材料には足らないものがあり、あの映画がいいものなのか、逆に悪いものなのか、分かりかねてはいます。
ただ、その善悪では語れないものが、そこにはあるかなと思います。
正直なところ、加害者の心情を見る、という意味では情報不足でもあるし、また、被害者視線から見ると、被害感情へコミットするということが、あまりに希薄。この映画で監督が伝えたかったことは何なんだろう、と考えてしまいます。
でもそれって、すごいんです。
どちらから見ても、憤りがある。
これって、現状の性暴力被害というものをまさに具現化してるじゃないですか(笑)
どっちも足りないんです。
あの映画を見て、被害者、そして加害者をも含めた社会構造の中で何が必要とされ、私たちはどう関わっていくのか、そうした思いをシェアできれば、と思いました。
そして、その事を、レイプクライシス・サバイバーズネット関西が今年度プロデュースしているRC-NET,ポータルサイトや紹介状制度に対して生かしていければと思いました。

そうした意味では、とても意義深いものになったのではないかと思います。

前提に戻ると、レイプクライシス・サバイバーズネット関西は、レイプという問題に対して、社会に予防啓発を訴えるわけでもなければ、被害を無くそうということをメインに活動しているのでもありません。
とにかく主体となっているのは、今、ここに、地球上に一緒に生きている、レイプサバイバーです。
そこにいるサバイバー、サポーターに対してどういったアクションを起こしていくことが、彼・彼女らの助けになるか、どうしたら、生きやすい世の中を、社会を構築していけるのか。それが私たちの思いです。
結果として、いつの日にか暴力のない世の中を作る日が来たなら、本当に、それが願いです。


さて、イベントの中ではレイプクライシス・サバイバーズネット関西のこれまでや、今年度プロデュースしているポータルサイト、RC-NET(レイプクライシス・ネットワーク)についての紹介もさせていただきました。
パワーポイントで、いろいろと話させてもらったのですが、うまく伝わっていたでしょうか・・・えら緊張していて、何しゃべったかあんまり覚えていません(爆)

画像 35883.jpg

本当にざっくりとではありますが、レイプ被害そのものについても少し触れながらお話しさせてもらいました。
その後の交流会でも、映画、そしてポータルサイトなどへのご意見・ご感想もいただきながら、充実した時間を過ごすことができました。

以下、参加者の方からいただいたアンケートの中から掲載許可をいただいているものについて、抜粋して掲載させていただきます。

「この映画の中に自分がいたら、自分が今持ってるような憤りに対してそれを消化できるような対応が出来るんだろうか、と考えています。
ここにある現実は現実として受け入れ、私たちに出来ることは何かと考えています。
紹介状制度等について、とても有意義な取り組みだと思います。頑張ってください。出来ることがあれば、一緒にやりたいです。」

「性犯罪を犯す人たちのなかには、それぞれ過去に事情がある案件が多いです(そうでないものもあります)。スティーヴィーには生育途中において被虐体の経緯があったということで、この状況に戻るにも相当の時間がかかったのだろうと感じました。スティーヴィーも頑張ったと思います。
残念な結果になりましたが、してしまったことはしてしまったこととして、出所後の彼及び彼の家族が立ち直れるかが気がかりです。
私自身、同じ立場にあったとしたら、私も歪んだ人間になってしまったのでしょうか。それはなってみないとわからないですが、環境は恐ろしいものです」

「今回の会そのものが素晴らしいと感じました。私自身、関わりがあまりなかったので、よかったと思いました」

「これからのシステムの内容等も、今後、機能していくことで、大切な社会サポートの一翼を担えるのではないかと。
たくさんの時間を費やされたことに、頭が下がる思いでした。」

「いろいろと考えさせられる場面、言葉の連続でした。ありがとうございます。」

「こういう映画があるということも知りませんでした。見に来れてよかったです。自分の中にある物や記憶に改めて気付きました。社会や国、宗教、環境によってその後の人生が大きく変わると実感しました。お話しの通り、加害者も被害者も善悪だけでは片付けられないと思います。うまく書けませんが、ドキュメンタリーを撮られた理由がよくつたわります。ありがとうございました。」


そんなこんなで、RCSNK再開第1弾イベントは終了したのでした♪
ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛知でもワンストップセンター

2010-07-22 12:23:05 | スタッフ雑感
『性犯罪被害ケア拠点 全国初、尾張の病院に設置へ
2010年5月11日 09時08分

 性犯罪に遭った被害者のケアに官民が協力して取り組む拠点を、警察庁と愛知県警が6月、全国で初めて県内の民間病院に設置する方向で最終調整していることが分かった。民間団体のスタッフと女性警察官が常駐し、被害の申告や治療、カウンセリングなどを1カ所で受け付ける日本版「ワンストップセンター」のモデル事業で、成果が得られれば全国で導入を目指す。

 拠点では、医師や相談員、警察官らが必要なケアを迅速、効率的にできるようにする。被害者が各機関で繰り返し性犯罪の体験を説明し、心の傷を広げる2次被害を防ぐ。被害の申告をしやすくして、犯罪者の早期摘発につなげる狙いもある。

 県警などの関係者によると、拠点は尾張部の民間病院に置き、運営は犯罪被害者の支援に実績のある県内の民間団体に委託する案が有力となっている。

 案では午前9~午後5時、女性警察官と支援団体スタッフが対応する。必要に応じ臨床心理士や法律家の相談も受けられるような仕組みも検討する。

 警察庁は3月、犯罪被害者支援の総合的な推進計画を策定。今回の拠点事業も目玉として盛り込んだ。こうしたワンストップセンターは、先行的に取り組んでいる韓国で24時間態勢の施設が整備されているという。

 警察庁は、被害が多発する大都市などで候補地の選定作業を進め、愛知県警が誘致に名乗りを上げていた。県警は同庁や公募に応じた支援団体などと詰めの協議を急いでいる。

(中日新聞)』

このニュースから2ヶ月、とうとう、

『性犯罪被害で精神的負担軽減
[2010年07月22日 10:22]

 性犯罪被害者の精神的負担を軽減するため、警察庁や愛知県警は警察や医師などへの相談を一緒にできるようにする「ワンストップ・センター」の第1号を、愛知県一宮市の「大雄会第一病院」に設置することを22日、決めた。26日から運営を始める。
 センターは、被害者が警察や病院などを何度も移動し、繰り返し同じ説明をすることの精神的な負担や、不慣れな対応による二次被害を避けるために計画。
 警察庁が2010年度被害者支援推進計画の中で構想を決め、被害の多い愛知県でモデル事業を始めることにした。
 愛知県警によると、病院内に設置されたセンターには、平日の午前9時から午後8時まで女性警察官と民間被害者支援団体の女性支援員が常駐し、被害者からの説明を医師と一緒に聴くなどして、負担軽減を図る。
 夜間や休日でも、県警本部から女性警察官がセンターに出向き、当直医師と一緒に対応する。
(大分合同新聞)』

開始のニュースが流れた。
どうも気になるのは、官民協力してのワンストップ・センターを日本で初めて、というところ。
SACHICOは四月から始動しているわけだけれども、その点はどうなのかなぁと。

その点は除いても、今回気になる点は、なんにせよ警察が主体であるというところ。
警察が初期段階から介入しているということは、いいことなんだけれども、パワーバランスとしてどちらが勝つのか、というか、被害者に証言を強要する空気になることはないだろうか、というのが一番の懸念ではないかと思う。夜間や休日は当直医師と女性検察官が対応する、とあるが、その女性警察官は、どれだけのトレーニングを受けているのかなぁと。ワンストップ・センターに行くこと=警察に訴えること、になってしまっては、そこに行ける当事者は狭められるかもしれない。
体勢について、もう少し知りたいなぁということで、本日愛知県警の方に資料を請求させていただいたのだけれど、こうした形をやっていく中で、警察や、その民間の支援団体との連携が深められて、当事者によってより有益な場所になっていけばいいなーと心から願います。

なんにせよこうした形で性被害のサポート事業が全国的に活性化されていくということは本当にすごいことだし、その取り組みがどんどん広がっていけばいいなと思うのです。
今後のポータルサイト運営に関しても、「いまこそやる時だ」っていう、ほんと社会の動きに励まされながらですね、がっつり進めていけたらいいなと思います。

いやぁ、いいニュース!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

串カツを食おう!

2010-07-05 12:50:10 | スタッフ雑感
趣味は深夜徘徊、代表の岡田です。(笑)

今の家に住んで1年くらいが経つのですが(友人からは「引っ越しが趣味」と言われるほど、私はよく引っ越しをします)、
最近、ご近所の居酒屋さんなどを巡るのが趣味と化しております。
今住んでいるあたりは、あまり夜遅くまで開いているお店は少ないのですが、ちょくちょく寄らせて貰っているお店で、いろんな人と仲よくしてもらって、そこから仕入れるいろんな話は、本当に多種多様、楽しいです。

飲んでると普通の時には聴けないような話もきけたり、それぞれの人生を垣間見ることができたり、
そういった意味では、そこでの会話や人間関係が仕事にも役だったりもしちゃいます。ほんとに。
そんな感じに楽しんでいるうちに、まるでマーキングかなんかかのように、RCSNKのフライヤーとかが居酒屋さんに掲示(?)されたりするわけです。

アメリカとかのレイプクライシスで、BARとか向けにコースターとか作って配るプロジェクトとかあったりしますが、
(ドリンクから目を離さないように、とか、啓発的なやつとか)
女性センターとかそういうところばかりじゃなく、
そうして街中にどんどん出していきたい、そんな思いがとても強くあります。

支援機関や当事者のみならず、いろんな人と共有できたらいいなぁといつも思っているのであります。

まぁ、そんなこんなで(?)今日は、よく行くお店の紹介をしてみます。
たまにはこんなのも、ありっすね!

その名も
「ぼったくり」

名前に反して、まるでぼったくらない良心的なお店です。
串カツは50円から、生ビールがなんと300円!!
しかも串カツ、超おいしいです。
下手に名の知れた店とか行くなら、ここで決まり。絶対こっちの方がおいしい。

よく二件目とかに行くので「いつも飲んでから来る・・・」などといじられておりますが、
とてもフランクな元気よきオニイサンがやってる居心地のよいお店です。
オオサカン的には、串カツはマストであります。

左が店長の山崎さん、右がバイトの建太くん。
ぼった1.jpg

店長曰く、この写真を見て店に来れば、実物を見て「写真より全然かっこえぇやん!」ってなるらしいです。
期待してください。

店のどこかに私の名刺が貼り付けてあるので、
探して連絡くれたら、飛んでいきます(笑)


てなことで、もしお近くに来ることがあれば、是非行ってみてください。
オイシイヨ!!

ブログみて来たって言ったら、生ビールの泡少なめにくらいはしてくれるんじゃないかと思います。(笑)

ぼったくり
住所:大阪市東住吉区鷹合4-13-21ー1F
電話:06-6608-8788
営業時間:17:00~24:00



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

支援団体の広報ツール募集

2010-07-03 08:01:56 | 事務局より
RCSNKでは、7月18日開催の「スティーヴィー」上映会&交流会に際して、
支援団体等の広報媒体(パンフレット、チラシ、他)を募集しています。

お送りいただいたものに関しては、当日参加者の方にお配りする他、アナウンスさせていただき、また今後のイベントの際などにも同等に扱わせていただきます。

お送りいただける方はinfo@rcsnk.comまでご連絡いただきましたら、事務所住所等を追ってお送りさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

性被害、レイプ、と、一括りで言っても、そこにいる一人一人は十人十色。
だからこそ、多くの支援団体が繋がりあって、それぞれに出来ることをシェアしていけたらいいなと心から願っています。

よろしくお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

携帯メール

2010-07-03 05:44:30 | 未分類
最近、メールが来ない。それどころかメール送っても返事が誰からも来ない…なぜだ…さみしいではないか…

と、思っていたら、

気付きました。

五日ほど前に、メールの設定を変え、よくわからないくせにあちこちいじって途中放棄。

本来、受信拒否リストとして登録していたアドレスからしか、メール来ないようになっていた。


あかーん!!
そらメールもこないはずだ…。

この間私にメールくれていた方…いらっしゃいましたら、
またご連絡ください…。

決して、無視したわけではありません!!

いやぁ、参ったなぁ。
そういえば、何故か電話が多かった気がするのは、
「こいつ返事しよらんな」と思ってのことだったのかしら(笑)

あわわ、ほんと、こわー、ですね。
これ、こちらから送ることは出来るので、厄介です。

いやはや、ご迷惑おかけしました。
心当たりある方は、
ぜひメールの再送をお願いします!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加