RC-NET(レイプクライシス・ネットワーク) BLOG.

RC-NET STAFFによる、日常の些細な出来事から、お知らせまでいろいろなぶろぐ。

可決されました

2017-06-16 18:25:43 | 映画/小説/ドラマ
RC-NET代表の岡田です。

改正性犯罪、強姦罪が参議院本会議において、強制性交等罪として可決されました。

2014年に唐突に法務省職員から、性暴力被害に関して、性的マイノリティに関する話をヒアリングしたいと連絡がきました。
この件についてばかりは、この4年間本当に、ずっと、青森にいることがもどかしい思いを抱えてきました。
ヒアリングに行った、署名も届けにいき、会見も開いた、セクマイコミュニティの人たちに話を聞くため伝えるためにあちこち行った、議員さんに会いにも行ったし電話もメールも続けて。
でも、霞が関に通えない。電話で議員といくら話しても、「いつ会いにこれますか?」という話になる。
青森にいるのだ、と言っても、あぁそうですか、でしかなく。
東京行き過ぎてお金が底を尽きたりもしました。
お金無いからバスばっかりで腰を悪くしたり(片道12時間弱。笑)


こんなに相談を聞いてきた。伝えてくれた人がいた。
苦しんでいる声を、私は聞いてきたのに届けることができない。
今も思いは変わらない。


やりきれなかった。
強制性交なんていうくだらない名前になってしまった。
陰茎による被害しか認められなかった。

だけど、まぁ、附帯決議ではあるけれども、
性的マイノリティについて、偏見に基づく不当な取り扱いをしないということが明示されました。

海外のLGBTI団体の人たちにはとても助けてもらった。
ただ、もちろん、個別に沢山の人に応援もいただいたけれど、国内のコミュニティを盛り上げることは出来ませんでした。
だけど、覚えておいてほしい。
改正後は、膣だけではなく、口でも、肛門でも強制性交等罪は成立する。最低量刑は5年。

暴力被害に関する文脈で実質上の差別禁止項目が附帯であれ入ったこと、
これこそが、プライド月間の私のハイライトです。

嬉しいし、関わった多くの人たちに感謝したいです。

この法律が、当事者たちの為に、それぞれの尊厳を守るために、より良い形で運用されるよう、これからも諦めないでいたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

性暴力被害に関する社会の意識/システムの変換を。

2017-06-14 15:44:58 | スタッフ日記

ここ数年、強姦罪改正についてや、ワンストップセンターの設立という事が性暴力に関する話題の中で大きな問題として扱われてきました。

もちろん、それぞれに大切なことです。ただ、それだけが大切な問題ではありません。

今回、詩織さんというサバイバーが、自らの被害経験から現状の日本の性暴力相談に関する状況や警察・司法の劣悪な状況についての訴えをしました。そのことをきっかけに、沢山のことを考えました。

詩織さんを応援する、と多くの人が書いているのを見ながら(もちろん、応援するとうだけではなく、驚く様な侮辱的発言を見る事もありました)、現実的には私たちはそれらを見聞きし、体験してきて、その中でなんとか踏ん張って声をあげて来て、それでもこの社会はあまり変わらなくて、という状況を考えていました。

応援するっていうことはもちろんだけど、一緒に頑張ろうって言いたい。

立ち上がった多くのサバイバーの声を「聞かないことにする社会」に向き合うために。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私たちがワンストップセンターに対して抱いている懸念については昨年以下の記事に書きました。

私がワンストップセンター乱立に反対の理由。

ここで、私たちが主に性暴力被害について、社会的に「すぐ出来る」対応として求めたものがありますが、今日はその各項目について、より詳しく書こうと思います。

・既存の相談機関に於いて性暴力被害に関する相談体制を構築する

まず、警察や司法、被害者支援センター、人権相談等公的資金で運営されている機関の相談事業による二次的な加害が多すぎます。警察による被害届の受理に関する状況や事情聴取の方法、現場検証の方法にも依然として被害感情への理解が欠如した実施の現状があります。単に相談を受けるということについても、必要となる説明すらせずに断定的な物言いをしたり、出来るはずの同行や情報提供を省いたり、被害にあった人のことを一瞬でも考えれば決してするはずが無い様な相談の実態は多くの相談事例から枚挙に暇が有りません。

そうした中で、研修といえば「当事者を呼んで話しを聞いた」「性暴力についての研修を1〜2時間受けた」程度のことでOK、実質的により具体的な学びやスキルが必要である性暴力サバイバーへの対応について明確に研修を受けたという事例についてはほとんど聞いたことがありません。そもそも、各機関に於いて性暴力被害相談の体制に関わるマニュアルがない、という状態は異常です。

明確に対応をすべき場所で、自らのマニュアルも十分に無い状態で相談を受けるということは、怠慢という他ありません。

・医師会を通じて、性暴力被害に関わる証拠保全についての通達を出す

ワンストップセンターに行けばいいように、と国は言うかもしれません。しかし、各地のワンストップセンターは全ての国民にとってアクセスがいい場所にあるのでしょうか。医療機関との連携、と言っても、その連携した病院は、全ての被害者の身近にある病院でしょうか。そして、その病院の在処は、果たして誰が教えてくれるのでしょうか。

どの病院に行ったとしても、最低限の治療を受けることが出来、また性暴力についての想定をしていただける、結果としてその場で治療や証拠保全に関する対応が受けられるようにならなければいけません。これについては、国、医師会の通知、通達により多くの病院が対応をする可能性が出てくるのではないでしょうか?

・レイプキット使用等、証拠保全に関わる資金を全国一律で助成する

性暴力に関する証拠保全に関しては、被害にあったことを訴える当事者が負担すべきものではありませんし、各医院が負担すべきものでもありません。これらを全国各地の医療機関に配置する為の予算についてを国で捻出すべきです。

ハコ物を作りそう知識の無い相談員を量産することにお金を使い続けることよりも、具体的な施作に予算を使って下さい。 

・民間の“多様な”性暴力被害に関する支援事業に助成する

性暴力被害にあうという状況も、その人たちの属性もそれぞれです。都市部に住む人、地方に住む人、日本語を使う人、日本語を使わない人、大人、子ども、女性、男性、トランスジェンダー、精神疾患や知的障害、また身体障害を持っている人、本当に様々ですし、また、そのそれぞれの人たちに対して、提供するべき情報は変わる可能性があります。

こうした事柄について、より特化して専門性を持った相談支援の実践を行えるのは民間の方が大きな可能性を持っています。また、そうしたそれぞれの属性、様々な状況について、今後より広く調査研究を推進していく必要があります。

これらについて、国から助成があるべきです。 

・各都道府県での被害者支援事業を一括で取りまとめせず、国内全域にまたがり各都道府県での支援に関わるマップ作成を行い、サバイバーに対してどのような支援があるのか選択肢を示す

○○県なら○○へ、というような、一括でのワンストップ機能には限界があります。例えば、被害直後ならどこなのか、ある程度時間が経ってからの相談はどこなのか、カウンセリングなら、自助グループはどこにあるのか、サバイバーには多くの選択肢が必要です。サバイバーの人生は点ではなく、連続性のあるものだからです。

医療・法律等で困る事もあるでしょう、また、就労や就学で困ることも、親族・パートナー・友人関係等で悩みを抱えることもあります。電話相談をしたら「うちはそういうことは聞かない」と電話を切られたということもあります。ここは何の相談を聞けて、どういった情報提供が出来て、どういう人が対象なのかを明確にした全国的なリストは絶対的に必要なものです。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<性暴力についての報道や記事を書く際のお願い>支援情報も一緒に掲載してください

2017-06-05 15:28:06 | 映画/小説/ドラマ

<性暴力についての報道や記事を書く際のお願い>

性暴力についての情報をみるのは、性暴力を生き抜くサバイバーたちにとって、多かれ少なかれ、ストレスになるものです。
その情報によっては、自らの被害などを思い出して調子が悪くなったり、フラッシュバックを起こしたりすることもあります。

性暴力について、多くの場所で議論が沸き上がったり、そこから様々な支援や啓発に繋がっていくのはとても嬉しいことです。
その一方で、もう、すでに、性暴力被害にあい、その事で苦しんでいる人たちがいることを忘れないでください。

ぜひ、性暴力について書いたり、発信する時には、被害にあった時、辛い気持ちになっている時に相談出来る場所、助けになりそうな場所の情報も一緒に流して下さい。

性暴力についての情報は、「議論」のためにあるのではありません。
性暴力というあまりにも強烈な出来事を、生き抜いて来た、また生き抜く為に踏ん張ってる多くの人達がいることを忘れないでください。

確かに「とてつもなく酷い出来事」かもしれません。
確かに「こんなもの無くなればいい」としか言えないようなことかもしれません。
だけれども、
私たちはこの街で、もう一緒に生きています。
みなさんと共に暮らす性暴力サバイバーにとって、生きやすい社会を作るために協力をお願いします。

RC-NETでは全国の相談窓口の情報データベースをつくっています。
各都道府県毎に選択して検索することも出来ますし、項目を選択しなければ、一覧で出すことも出来ます。
http://rc-net.info/database.html

ぜひ、ご利用いただければと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

VICTIMからSURVIVORへ。救済より尊重を!

2017-04-12 15:23:54 | 映画/小説/ドラマ

RC-NETは設立以来、政策提言を始めとした、政策・法律に関わる活動をあまりしてこなかった。それは「まず当事者と共にある事」「まず当事者にとって生きやすい社会をつくること」その為には、まず「当事者の居場所を作る事」だと考えてきたからだ。

しかし、2014年に改正議論が加速化し、法務省の検討委員会にてヒアリングに呼ばれたことから、私たちが受けてきた相談事案を含め、これまでのサバイバーたちの「声」が役に立つならみんな喜んでくれるのではないかと、せっせと書類を作り、せっせと各所でのお話をさせていただいてきた。

「あなたが当事者代表なわけではないでしょう」などと言われたことも何度でもあるが、正直私は、どこであれ、私自身の被害についてを話したことは2回を除いてない(2回は、大学の講義と社会啓発用冊子での体験談にて)。自分が出会ってきたサバイバーや各国での実践に基づいて話しているだけだ。

というわけで、代表だ等と思った事は一瞬もない。それを前提として、私は今の性暴力被害者支援の現場が見るに耐えないものだと感じている。

「強姦罪」

これが、被害の実態に即しておらず、より実態に即した形で改正されなければならない、ということについては異議を唱える隙はない。もちろんだ。しかし、性暴力の全ては強姦罪だけで語れるものではないのも確かなことだ。法務省の改正の論点に沿った議論しかせず、勝ちをとりに行こうとしたことについては、私たち市民団体の反省点の一つだと思う。その論点の洗い出しからしなければならなかった。実際にそうした声はあった。これまで、性暴力とは何かということについてより習熟した論議があったにもかかわらず、当事者団体としての改正に向けた素案を出さずに国の言う議論に乗ってしまっただけだからだ。

その改正論点の中からですら、政府が受け取った答申においては多くの事柄が排除されてしまった。暴行脅迫要件はその中の大きな課題の一つ。性暴力被害を受けた多くの人たちが「生き延びるため」にした選択が、改正案の中でも「抗拒不能性」を問われ、強姦であることを認められはしないのだ。

また、陰茎の挿入のみを強姦とすることについてもそうであろう。挿入の主体が性器か否かで犯罪の性質、被害にあった者のダメージが変わるというのだから、とんだ茶番のような話だ。それで、量刑が変わってしまうのだから。

そして、監護者要件についても、児童福祉法に則った「現に監護する者」からの被害以外は被害と認めないという。要は経済的に、その者の生活を支えている人間だけ、ということだ。他団体の方がこれを「近親者」と記載しているのを見たが、それは完全にミスリードであろう。

そもそも性暴力とは何なのか。

私たちはもっと、もっともっと、そこに注目しなければいけない。

「犯罪」だけを念頭に社会的な発信を続けることは、ある意味では強姦神話を広めることにも繋がる。

VICTIM(被害者)ではなくSURVIVOR(性暴力を生き抜いた人たち)だと名乗りだした人たちは、私たちに「力」があることを伝えたかったはずなのだ。私たちは被害にあった。しかし、一生被害者として生きる必要はない。生き抜いたものたちなのだと、

「被害の圧倒的多数を占める女性」「性犯罪被害者の多くは子供や若い女性です。」というような、これまた「分かりやすさ」ばかりを押し出したもの言いは、そこから除外されたサバイバーの力を奪い取る。

そんなことを支援団体と言う名のもとに行っていること気がつくべきだ。

犯罪、という文脈を重視しすぎるからそういうことになる。何故なら、強姦罪は女性の被害しか認めておらず、それ故に犯罪白書にも女性の被害しか載っていないし、内閣府の調査も女性に対してしか行っていないからだ。日本では、「性暴力」に関する国レベルでの大規模調査が無い。しかし、疑いもなく「被害者は女性」それも「若い女性」とまで言い切るのが今の「支援者」だとしたら、私はこう思うのだ。

サバイバーを分断しているのは、あなた方だ、と。


また、このところ、被害当事者として、また支援者としてのメディア等での発言や、他SNSを含めた自発的な発言の中で、とても気になるものがある。

被害者「救済」という言葉だ。

私は、「救済」という言葉を支援者と呼ばれる人間たちが使いだしたら、それは当事者運動にとって、当事者と支援者のバランスが支援者上位主義に傾いている瞬間だと思っている。要は、人間を弱者と捉えだしたということ。 それはvictimへの視線であり、survivorsへの視線ではない。

社会に対して理解を促したい、議論を大きくしたい、という気持ちはわかる。だが、社会に対して分かりやすい物言いをするがために「救済/救い」という言葉を安易に言うべきではない。強姦罪が改正されれば被害者が救済されるというが、 あなたは裁判をしたからといって救われたのか? 裁判をしなかったから、救われなかったのか?

そんな単純なものではないし、暴行脅迫要件が変わらない現状、裁判をしたからといって「被害者」が救われるような思いをすることは全く、不確かな事柄に過ぎない。

強姦罪改正は、確かに共謀罪よりも先に閣議決定された。順当に行けば先に審議されるはずであり、強姦罪を後に回す事によって共謀罪の審議過程に強姦罪の早期改正を求める当事者の声が利用されるのではないかという懸念はもっともな事であり、単純にこう思う。

「サバイバーを政治利用する現政権与党は最低だ」。

しかし、ある意味ではこうも思う。

強姦罪改正への議論はまだ足りない。時間が出来た。より良い改正のために、私たちは声をあげていかなければいけないと。

そして、現段階での改正案について、これらが施行された場合、施行前の事案であった場合でも改正後の要件での裁判が実施されることになると法制審議会の中では話し合われていたはずだ。

肛門や口への陰茎挿入被害があった人たち、18歳未満で監護者(主に生計を一にする親)からの陰茎挿入をされたという人たち、あなたたちは改正強姦罪で訴えることが可能になる可能性が大きい。今からでも、準備をしていきましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4/23 青森レインボーパレードのお知らせ

2017-04-08 18:29:01 | 他団体等イベント情報

4/23に、RC-NETも協賛させていただいている「青森レインボーパレード」が開催されます。

セクシュアル・マイノリティの方はもちろん、ご友人や家族、そして一緒に歩きたいみなさんのためのパレードです。

ぜひ、青森の空の下、一緒に歩きましょう!

2017/4/23(日)

14:00駅前公園集合(オープニングイベント)

15:00出発

☆お着替えやお化粧をしたいという方には、12:00〜 Community cafe & bar Osorani Niji wo Kake Mashita(青森市安方1-3-24)を開放しています。

☆お化粧をしたい!という方は、スタッフがお手伝いできます。事前に心配事があれば、rc-net@goo.jpまでお知らせください。

☆変装グッズも用意していますが、数に限りがあります。心配な方は事前にご準備ください。

☆当日は複数のメディアが取材に入る可能性があります。撮影禁止ゾーンは作りますが、街行く人等への周知は不可能ですので、参加者のみなさんで対応をお願いします。

 

パレード終了後、アフターパーティーがあります。40名限定なので、

必ず事前にお申し込みください。

予約はこちらから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加