入笠牧場その日その時

入笠牧場の花.星.動物

    ’17年「春」 (50)

2017年05月24日 | キャンプ場および宿泊施設の案内など


 親愛なる読者各位へ:
 
 愈々このPCは言うことを拒否し、最早半死状態になってしまいました。きょうも上で散々苦労し、電波の加減もあるのかとPCを下に持ち帰ってきて試してみましたが、結局、何の変化もありませんでした。
 きょうは、JA上伊那東部支所の所長のお蔭で好評の露天風呂に簾(すだれ)を用意することができ、それを写真入りで報告しようとしましたが、残念ながらかないませんでした。さりわとて(思わず古文調)、露天風呂は健在無疵、さらに趣を増しましたのでご期待ください。
 そういう次第で、すでに発注した新しいPCが来るまで独り言はしばらく休みますが、皆さまに置かれましては何卒、入笠牧場の美しい自然や星空、そしてこの拙い独り言を記憶のどこかに留めおかれて、1週間ばかり後また覗いていただけたなら、月並みな言葉になりますが幸甚至極であります。
 いや、至極の上にさらに言うも厚かましい話ですが読者各位が実際に、この「天空の牧」に足を運んでいただけたならばこれ以上に望むことはなく、このPCによって翻弄され、挙句に上がってしまった血圧もまた必ずや正常に戻るものと確信しております。

 チョウチョのK氏が本命としていた蝶は、独り言で紹介したナントカ(メスグロヒョウモン)ではなく、ナントカは4月ごろの蝶だそうです。本命を明かしたらややこしいことになるからと、撮影対象をあのように言ったのでしょう。しかしそれでは、チョウチョ愛好家の沽券にかかわると考え直し、訂正してくれろということになりました。本命は、メスグロヒョウモンではありませんでした。ご承知おきください。

 いい季節になります、お出掛けください。営業内容につきましては、「H29年度の営業案内」「続H29年度の営業案内」を参考にしてください。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

    ’17年「春」 (49)

2017年05月23日 | キャンプ場および宿泊施設の案内など


 この牧場では最も早い、第2牧区のヤマナシの花が咲き始めた。いつもよりも1週間ばかり遅い開花だ。朝日を浴びた白樺やカラマツ、コナシの若葉の中に、クリーム色の樹幹ばかりを目立たせていたダケカンバや、それより少し控え目な灰色のミズナラの大木も、ようやく芽吹き出した。これで大方の役者は揃うことになる。それでも、少しづつ花を散らし初めたヤマザクラには、まだしばらく主役であってほしい。
 カッコーも来たし、ウグイスの声もする。抜けるような青空に中央アルプスの残雪を被った峰々、特に空木岳の雄姿が目を引く。天国・・・。

 昼休みの間に、小黒川林道から小黒川に下り、川を渡渉して半対(はんずい)峠に至るおよその道筋を確認しに行ってきた。今まで、林道から川を渡り峠に行ったことはなかった。すでに先日京都から来たチョウチョのKさんがその辺りに詳しいからと、川への下降路の取り付きに目印になる石を積んでくれてあるはずだった。で、その場所は簡単に分かった。車を捨てて、言われた通り獣道を川床に下りてみた。ところが、どうも対岸の様子が記憶と合わない。
 一度引き返しかけてから思い直し、とりあえず川を渡渉することにした。対岸にあるはずの、以前にも利用した標識布の替わりのビニールテープを見付け、それに従い川下へと進むのが、峠への登路を見付けるに最も確かな方法だと考えたのだ。目印は記憶の中の大岩だった。
 そしてすぐ、チョウチョのKさんに一瞬だけでも、不信感を抱いたことを詫びることになった。2本ばかりのビニールテープに導かれて行くと、ふたつの大岩が目の前に現れた。峠に続く山道も分かった。そのあるかなきかの道こそ、「石堂越え」と呼ばれる、その昔、都に通じていた古道である。
 
 実は、赤羽(仮名)氏が、入笠周辺の中級山岳を対象とした〝最も美しく完成された登山″を計画中で、そのため小黒川林道から半対への登路を調べておくと約束してあったのだ。まだ詳細は伏せるが、「唯一」ではないにしても、「最も」を冠して決して恥じない素晴らしい創作力のある登山で、達成の暁には報告したい。

 そういうわけで、赤羽さん、貴便は東部支所経由にて落手してます。多謝。

  いい季節になります、お出掛けください。営業内容につきましては、「H29年度の営業案内」「続H29年度の営業案内」を参考にしてください。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

    ’17年「春」 (48)

2017年05月22日 | キャンプ場および宿泊施設の案内など


 「みどりの風」、「光る風」・・・、爽やかな風の中を上ってきた。上に泊まっていて、たったの三日ぶりに見る道中の風景も、随分と個性のある緑の色が増え、森の中の雰囲気が一段と明るくなった。白樺はすでに葉を付け、これでダケカンバとミズナラが芽吹き出せば、万緑と表現するにふさわしい眺めが展開するようになるだろう。
 
 今朝は千代田湖経由で来た。しばらく通らないうちに、オオダオ(芝平峠)までの道路はさらにまた傷んでしまっていた。伐採した木材を運搬する林業関係の車が主な原因であることは分かっていても当面、打つべき手がないのだろう。
 もともと、この道路を造ることにした当時は、今のような大型車両が大量の木材を運ぶようになることなど想定していたとは思えない。まして冬季などに除雪までして、凍って浮いたそれほど厚くないアスファルトの上を、時には20トンものトラックが走るなどということは、誰も思いもしなかっただろう。
 建設に至った経緯はよく知らないが、戦後もまだあまり経ていなかったころ、中心になった自衛隊員他たくさんの人の苦労の結果、完成したのがあの林道である。入笠山登山口近くの伊那側の草原に、「風雨云々」の碑がわずかにそのことを伝えている。
 当然、観光ということが建設理由のひとつでもあったろうに、時代とともに様々な要因が重なりこれほど素晴らしい自然の宝庫は今、古い倉庫に眠っている巨匠の絵画とでも言ったふう。

 そうでした。4人組は木星、土星を目にして感動してました。かんとさんに感謝!

 いい季節になります、お出掛けください。営業内容につきましては、「H29年度の営業案内」「続H29年度の営業案内」を参考にしてください。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

    ’17年「春」 (47)

2017年05月21日 | キャンプ場および宿泊施設の案内など

                                            Photo by Ume氏                
 週末から3日間、素晴らしい天気が続いた。落葉松や白樺の若葉の中に、ヤマザクラの薄桃色が目に付く。上で二夜を過ごした。昨夜はあまりに星空が綺麗でつい、望遠鏡を出して幕営者4人組と木星、土星の姿を眺め、酔い、きょうはテイ沢に彼らを案内した。
 この3日間、ロクなものを口にしていない。若いころの山を思い出す。力が出ない、ダルイ、眠たい、もう駄目だぁ、と心の中で幾度叫んだことか。撤去せずにそのままにしてあるテントが、みんな知っている。


  風呂を沸かさせておいて入らなかったのは誰だ?                            
 
 このPCも、いよいよ余命いくばくもない老人のようになってしまった。4年という短い縁ではあったが未練を捨て、新しい、もっと素直な後継機を求めた方が賢明だという気がする。
 それにしても、最初から手を焼かされてばかりいた。子供だと思っていたら、一気に老人になってしまって、今では耄碌(もうろく)も進み、まともな反応ができなくなった。起動に30分はいつものこと、Ume氏のきょうの写真を掲載するために要した半端でない時間、その間のオタオタ、モタモタ、もういい。

 早めに山を下り、栄養のあるものを作って食べることにしたい。このままでは、このPCのような老人になってしまう。

 いい季節になります、お出掛けください。営業内容につきましては、「H29年度の営業案内」「続H29年度の営業案内」を参考にしてください。 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

    ’17年「春」 (46)

2017年05月20日 | キャンプ場および宿泊施設の案内など


 一目で、古いテントだと分かる。特に右側のテントを最後に使ったのがいつのことだったか、もう全く思い出せない。長いこと、物置小屋の前に放置したままの状態だったのを、今夜ここへ来る4人組のために持ってきた。左側のは、K氏が大切に使っていたテントでいまでも充分に役に立つが、それがどういう経路でここにあるのかは、これまた覚えていない。
 右側のテントは、3回もアラスカに行ってる。外張りに「TOKYO、JAPAN」と書いてあるのを目にして、胸が詰まるような強い感慨に襲われた。NとHと3人で、短い夜がやってくる前のひと時、氷河の上で空腹を抱えながら迎えの飛行機を幾日も待っていた日々、一人で100リッターの重いバックパックを背負い、極北の小さな町をふらついた寒い日のこと、持ち金が尽きて、ドルースの街外れの広大な湖の畔にこのテントを張って眠ろうとした夜・・・。
 そうした思い出が、まるで他人事のように感じるほど遠くへと行ってしまったことを、このかび臭い使い古しのテントが、容赦ないほど冷淡に教えてくれた。

 K氏はお目当てのチョウチョに出会えず、長野市に近い鬼無里村方面へと転進した。東京からの3人組はテイ沢からヒルデエラ(大阿原)経由で入笠山頂に登り、帰っていった。ヒガラが鳴いてる。雲ひとつない好天の一日だった。

 いい季節になります、お出掛けください。営業内容につきましては、「H29年度の営業案内」「続H29年度の営業案内」を参考にしてください。 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

    ’17年「春」 (45)

2017年05月19日 | キャンプ場および宿泊施設の案内など


 もう5時、今夜も上に泊まることに。当牧場初めての東京からのキャンパー3人(女性2名、男性1名)と、京都のKさん。3人は映像関係の仕事をしていると聞き、将来の撮影を期待して牧場内を案内した。
 Kさんは昨日は扇沢、そして今夜はここの山小屋に泊まる。目的はチョウチョの撮影で、明日は小黒川流域でメスグロヒョウモンに挑戦するという。

 星、チョウチョ、鳥、花、魚、そしてもちろん風景・・・、いろいろな人が来て、いろいろな対象をカメラに写さんと熱くなる。これが、入笠牧場の実力、魅力。今夜は素晴らしい星空が期待できると、望遠鏡も用意した。もちろん、露天風呂からも天の川銀河が見えるはず。
 TDS君、Ume氏も来る。TDS君、残念ながら目的果たせず、次回。

 いい季節になります、お出掛けください。営業内容につきましては、「H29年度の営業案内」「続H29年度の営業案内」を参考にしてください。 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

    ’17年「春」 (44)

2017年05月18日 | 入笠牧場からの星空

干潟星雲                              Photo by Toku氏

 この星雲は、かんとさんも撮影対象にすることがあって、すでに何度か紹介している。メシアカタログでは8番,NGCでは6523番、発見されたのは1600年代とかなり古い。

 今年2月、望遠鏡から名付けられたTRAPISTという星には、生命の存在が期待される複数の惑星があると発表され、結構人々の関心を集めた。距離は40光年とそれほど遠くなく、地上の観測網や、来年打ち上げられる望遠鏡によって、それらの惑星に生命の誕生に不可欠な水の存在が確認できたとすれば、「われわれはこの宇宙においてたった一人なのか」という、科学の最優先課題の疑問に対する「注目すべき第一歩になる」と言って、関係者は興奮していた。
 存在すれば、それがどうしたというのだろう。40光年というけれど、もはや空想の世界ほどに遠い。そこで、何か生命の証になるようなものを発見できたとして、われわれの宇宙に対する認識がそれほど変わるのだろうか。あるのかないのか分からない神だとか、霊だとか、あの世だとかと同じように、宇宙についても想像力が燃料切れを起こしているようで、これ以上続けられない。オソマツ。

 ヤマザクラが美しい。明日から暖かくなるそうだが、季節はこのまま止まってしまってもいいくらい、いまが最高。代搔きの終えたばかりの田にはツバメが飛び、夜はほろ酔い気分で風呂に浸かりカエルの声を聞く。朝な夕な、山はわらうばかり。

ここまで書いて投稿しようとしたらまた、「インターネットに接続していません」だと。頭にきて、ゴチャゴチャがあって、それからついにもう7時。

  いい季節になります、お出掛けください。営業内容につきましては、「H29年度の営業案内」「続H29年度の営業案内」を参考にしてください。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

    ’17年「春」 (43)

2017年05月17日 | 入笠牧場からの星空

入笠山、5月の天の川銀河、                                Photo by Toku氏

 こんな素晴らしい天体写真を送ってもらいながら、忙しい日々が続き掲載できなかったことをまず、Toku氏に詫びたい。氏がこの間の5月の連休、何か思いつめたような顔をしながら撮影場所を選び、睨むようにして天の川銀河にカメラを向けていたことは知っていた。その結果がこれとは、驚いた。お見事、見直した。しかも夜空の底、その中央に、管理人奴が入笠山より愛着を寄す権兵衛山を持ってくるとは、心憎いばかりでござった。Toku氏の実力、入笠牧場の実力。まだ2点あり、ご期待を乞う。

 一昨日は予定通り映画撮影が行われた。それだけならまだしも、大型の囲い罠に捕獲した鹿の殺処分も重なった。捕獲頭数は20頭だと思っていたら22頭で、2頭はすでに死んでいた。
 撮影の支援はクレーンを含む機材の搬入。それをいつものように軽トラで済ませると、次には鹿の解体が待っていた。鉄砲撃ちは2人来ただけで、それにしては撃つ方は順調だったようだが、その後の搬出、解体はたった3人でやるしかなかった。これは実にきつい。もも肉と背ロースを取るだけだが、これだけの頭数になると、大変な体力が要る。こう書いても分からないだろうが、撮影の機材搬入、搬出などとはとても比較にならない。まあ、梃子(てこ)が後から2名加わってくれ、助かった。
 昨日は、肥料散布。何の連絡もなく、たったの3名で来て手撒きだと。驚くやら、呆れるやら。午前中で中止した。午後はまた下から持ってきた礫を使って、作業道の整備。
 そして本日は、冬季凍結の影響の出た露天風呂の基礎工事と、据え付けに、露天風呂を寄贈してくれたS社の社員や作業員が来てくれた。昼には友人である社長のSD君も忙しい中、弁当を一人分余分に持って様子を見に来てくれた。これで、今年もまた檜風呂に浸かりながら、天の川や星空を眺めるという豪華な夜の準備が完了。魅惑の夜が待っている。

 O沢さん、いわざきさん、了解しました。待ってます。

 いい季節になります、お出掛けください。営業内容につきましては、「H29年度の営業案内」「続H29年度の営業案内」を参考にしてください。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

    ’17年「春」 (42)

2017年05月15日 | キャンプ場および宿泊施設の案内など


 一昨日仕掛けた大型の囲い罠に、今朝上がってきたら鹿が入っていた。昨日は雨だったので無理として、きょうはもしかしたらという期待はあった。頭数20頭、今年初めての捕獲になる。
 これまでは大体、牧場の仕事開始と同時に罠掛けしたが今年は、罠を開放したまま誘引の期間を充分にとって、鹿を安心させてから捕獲してみることにした。誘引はいつもと変わらず塩だが、それにも一工夫し、今回の20頭の捕獲につながった。
 このごろの鹿は知恵が付き、警戒心も強くなっている。上手く捕獲できても3,4頭では、それに勘づいた他の鹿はもうしばらくは、いくら塩が欲しくても危険を冒してまで罠の中に入ってこようとしなくなる。これでまた当分は、罠は仕掛けずに開放する。
 
 この鹿の群れは、第4牧区の中でも小入笠の下の、牛が最も好む放牧地にのさばっていた。地形の関係で簡単には対処できず手をこまねいていたが、そのことを知ってかしらでか宿敵は、昼でも夜でも安心しきって生え始めたばかりの牧草の新芽を食べ、食べ尽くそうとしていたていた。あの状態をそのまま放置していたら、鹿は草の根元まで食べてしまう。そうなれば2番芽は生えず、草地は荒れて被害は大きくなるばかりだった。人間の勝手な都合ではあるが、あの鹿たちを捕獲できたことは牧場にとっては良かった。
 囚われの鹿は夕日の射す丘の上で、やがて迎える破局をどれほど察知しているのか、今は一心に草を食んでいる。

 今夜は、明日の撮影のためここに泊まる。

 昨日、ここまで書いたらまた、インターネットの接続が勝手に切れてしまった。新しいルーターにしろと言うからそうしたら、問題ばかり発生する。PCの起動には25分もかかる。ふんぞり返っていると、今に民衆は蹶起する。

 いい季節になります、お出掛けください。営業内容につきましては、「H29年度の営業案内」「続H29年度の営業案内」を参考にしてください。 

 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

    ’17年「春」 (41)

2017年05月13日 | キャンプ場および宿泊施設の案内など


 里では田植えの準備が始まり、今朝来るときも雨の降る中、トラクターを動かす人の姿を目にした。米の消費量が減っているために、田の一部を野菜作りの畑に変えた農家も結構ある。機械化が進み、もう米作りは人を集め、一家を挙げてする作業ではなくなったにもかかわらず、後継ぎ問題や集約化の課題は先行きがはっきりとしない。あと10年もすれば、現役で今働いている人たちの大方が、野良仕事ができなくなるというのに、3千年の歴史を持つ日本の稲作が心配だ。
 コメ作りは、他の農業と比べればまだ手がかからない。特に、手植え手刈りのころは人力を要した大変な作業が、機械化のお陰で比較にならないほど省力化され、同時に、田1枚の広さも大きくなって管理も楽になった。それでも、水田に若者の姿は少ない。

 米作りと比較して、牧畜、酪農は手がかかり、今も大変である。相手は生き物で、その絶え間のない世話や、病気対策には気の休まることがない。そして、政治や海外からの圧力とも闘わなければならない。それでも、牛やブタを飼育することに熱心で、好きな人たちがいる。山室のY君は、奥方と協力しながら機械を使わずに馬で、いわゆる「馬耕」という方法にこだわり、米作りに励んでいる。
 そういう人たちと違って、まさか自分の人生に、牛を相手の牧場管理人などという選択肢があるとは思わなかった。それよりも、アラスカで罠師になって、イヌイットの嫁の尻にひかれることを夢見たはずなのに、分からないものだとつくづく思う。

 きょうは終日雨が止まないようだ。朝来た時の気温は7度だった。折角長い眠りから覚めたヤマザクラの花も、これでは震えているに違いない。明後日は映画の撮影がある。きょうと明日、しっかりと降って当日はスカッと晴れてくれればいいのだが、当てにしてないが天気予報では、そうなりそうもない。
 
 いい季節になります、お出掛けください。営業内容につきましては、「H29年度の営業案内」「続H29年度の営業案内」を参考にしてください。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加