映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

ヒア アフター  HEREAFTER

2011-02-26 | 映画 は行
先日ある集まりで突然「神や死後の世界の存在を信じますか?」という質問を受けました。
う~ん、唐突にヘビーな質問でちょっとビックリ。
元々占いなども信じないし、迂闊に聞いて行動を左右されたくない私。
スピリチュアル系には懐疑的です。
全ての事象は科学で証明できるとは言わないけれど、科学の力を信じています。
死後の世界は・・・死んだら「おしまい」。

外国人に「あなたの宗教は?」と聞かれた時、初詣は神社へ行きお葬式は寺という仏教・神道混ぜ混ぜで
取り立てて宗教を意識していない多くの日本人の一人として「無神論者(atheist)」なのかなぁ?と
答えていましたが、ある時「agnostic」という言葉を教えていただきました。
英和辞書では「不可知論者」などと何のこっちゃ~?ようわからん哲学用語の訳が書いてありますが、
英語の定義では「someone who believes that people cannot know whether God exists or not」
つまり「神がいるかどうかは人智を超えたことだと思っている人」「神を否定もしなければ肯定もしない人」
という意味です。
これが私の意識にぴったんこ それ以来「agnostic」と答えることにしています。


     
インドネシアで起きた津波を髣髴とさせる冒頭のシーン。CGでしょうが、迫力あります。
阪神淡路大震災、新燃岳の噴火、ニュージーランドの地震など、自然のエネルギーの前で人は非力やなぁ。



   **********************

         ヒア アフター  HEREAFTER   

   ********************** 



 < ストーリー >
フランス人ジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、恋人と休暇で訪れていた
東南アジアで津波に遭遇。九死に一生を得るがその時に見た不思議な光景が忘れられずうわの空。
仕事が手につかず休暇を取って自分で調べ始める。
サンフランシスコでは、かつて霊能者として活躍したが霊視に疲れたジョージ(マット・デイモン)は
能力を隠して工場で働き、イタリア料理教室に通う。
ロンドンで暮らすマーカスは、突然の交通事故で双子の兄を亡くし、麻薬中毒の母が施設に収容された為
里親に預けられるが硬く心を閉ざし兄の面影を追う。
そんな3人が引き寄せられるようにロンドンのブックフェアで偶然出会い・・・。

  
       臨死体験をしたフランス人マリー
         
                                死者との会話に疲れたジョージ
              
         何かと頼りにしていた双子の兄(左)を亡くしたマーカス

衝撃の体験をしたマリーが本を書くことで癒されていくことや、
頼りにしていた兄を亡くし母とも引き離されたマーカスがジョージに会い兄のメッセージを聞くことで
癒されるのは理解できるのですが・・・、ジョージはマリーに何を求めたのでしょう?

特殊能力を持つが故に誰とも普通の関係を結べないつらさ・孤独を抱えるジョージと、
周りの人たちから理解されず孤独を感じているマリー。
共に同じ思いを抱えていると感じたってことでしょうか?


映画の中で、臨死体験をしたマリーが、
「みんないつかは死を迎えるのに、どうして死後の世界に関心を示さないの?」というようなことを
言っていました。
臨死体験で生と死の狭間を垣間見たら死後の世界について考えずにはおられないのかもしれないけれど、
どうしたって死後の世界は謎のまま、一遍死んで戻ってきてレポートするっちゅう訳にはいかないし・・・ね。
人は生れ落ちた時から死に向けてのカウントダウンをしているようなもんだけど、そんなこと意識しない
からこそ毎日を送れるってもんです。 
死後どうなるかなんて誰にもわからないし、わからなくても、わからないからいいんじゃない?
詮無いことはそっとしといて、今を一所懸命生きましょう。

タイトルの「ヒア アフター hereafter」には「来世」と「この後、以後」の二つの意味があるようです。
「来世」を垣間見た話をしながら、来世ではなく「これから先」前向きに生きていこうというメッセージ
でしょうか?

「門松は 冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし」 by 一休さん
生まれ変われるもんならば・・・鳥になりたいって、来世のこと考えとるやんか~?っとツッコミが入りそう


イーストウッド監督作としては「チェンジリング」や「グラン・トリノ」のようにガツーン
「やられた~」感がなく物足りない気がしましたが、
見終わった後、優しい穏やかな気持ちになれる映画でした。


あのクッキング教室はユニーク!
あんな感じで料理を学べたら楽しそうです。
日々視覚に頼り過ぎなので、目隠しをして舌だけで味わうって難しいですよね。
でも、ちょっとエロティックな感じでした


毎回思うことだけれど、イーストウッドの作る音楽は映画の雰囲気にピッタリと合っていていいねぇ~。
出しゃばらず、邪魔にならず・・・ただ、数時間経ったらもう旋律を思い出せないのは私だけですか?
(「グラン・トリノ」大丈夫。今でも覚えてます



にほんブログ村 映画ブログへ




 ***** 見た 映画 *****

 2月23日 「ヒア アフター」@TOHOシネマズ海老名

 2月25日 「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」DVD
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トスカーナの贋作 Copie Con... | トップ | 第83回 アカデミー賞! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB有難うございました (シムウナ)
2011-03-20 14:56:37
相変わらずクリント・イーストウッド監督は
良質な作品を提供してくれます。
死後の世界はどうなるか?
生きている我々にとってこの先の命題かも
しれませんね。自分は無の世界だと
思ってます。ただ、死んだ人はこの世に
戻らないので精いっぱい、誰かを愛したいと
願う今日この頃です。
Unknown (シムウナさんへ(ryoko))
2011-03-23 01:01:08
今回の地震・津波で、人の営みのはかなさを感じています。
死後のことは置いておいて、いまを如何に生きるかを考えなくっちゃと思っています。
>精一杯誰かを愛したいと願う今日この頃
ステキですね。ガンバ!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ヒアアフター』 | 自分の死生観とじっくり向き合う機会を与えてくれる秀作。 (23:30の雑記帳)
結論からいうと、とても誠実な良作だと思います。 人間は死んだ後どこへ行くのかという問いは、 個人の死生観や宗教観と直結するデリケートな 問題ですが、クリント・イース ...
「ヒアアフター」のラストは「ローマの休日... (映画と出会う・世界が変わる)
ともすれば、変な映画、オバカ映画の類になりがちな題材であるが、最後まで格調高いドラマ展開で観客をひっぱっていくその力量、そして、冒頭の迫力とリアル感に満ちたスペクタクル...
「ヒアアフター」において霊能者も臨死体験... (映画と出会う・世界が変わる)
死後の世界とは映画の題材としては異色であり、際物と見られがちであるが、イーストウッド監督作品としては特長のひとつである。「荒野のストレンジャー」では、復讐の為に死神とし...
ディケンズの夢、そして朗読。クリント・イーストウッド監督『ヒア アフター』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※内容、ラストに触れています。スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮、クリント・イーストウッド監督『ヒア アフター』。主演は『インビクタス/負けざる者たち』に続いてイーストウッド監督と組むマット・デイ
ヒア アフター (佐藤秀の徒然幻視録)
丹波哲郎化したクリント・イーストウッド 公式サイト。原題:HEREAFTER(来世)。スティーブン・スピルバーグ製作、クリント・イーストウッド監督、マット・デイモン、セシル・ドゥ・フラ ...
ヒア アフター (Akira's VOICE)
静かで前向きな物語。   
ヒア アフター  「割れ鍋に閉じ蓋」 か~?英語で言や~Every Jack has his Jillや~(笑) (労組書記長社労士のブログ)
【=13 -3-】 この映画、2つの試写会に当選していたのだけど、どっちも行けなかった。 今の役職(書記長→執行委員長)になってから、様々なアポを空いている日にどんどん放り込んでいて、平日夜のあらかじめフリーな時間がほぼ皆無になっているせいだ。 正直、なんだかな...
ヒア アフター (voy's room)
  アメリカの一部の間では有名だったジョージ(マット・デイモン)。死者の声を聞くことが出来る霊能力者として本まで出版されたが、死後の世界と交信することに疲れ、今では工場で働いている。フランスで有名なジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス...
ヒア アフター (うろうろ日記)
試写会で見ました。津波の被害者、双子の兄を失った弟、死者の声が聞けるマット・デイ
ヒア アフター (こんな映画見ました~)
『ヒア アフター 』---HEREAFTER---2010年(アメリカ)監督:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモン、 セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン 、ジョージ・マクラレン 、ジェイ・モーア 、 &nbsp...
『ヒア アフター』・・・イーストウッドの新境地もやはり温かい (SOARのパストラーレ♪)
旅先で津波にのまれ、奇跡的に生還したフランスの女性ジャーナリストを苦しめる臨死体験。 ロンドンで薬物中毒に苦しむ母と暮らす双子の兄弟が遭遇する悲劇と、残された弟の切ない想い。 死者と対話できる能力を持ってしまったことで、辛く孤独な人生を送っているサンフ...
ヒア アフター (心のままに映画の風景)
フランス人ジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、バカンス先の東南アジアで津波に襲われ、九死に一生を得る。 霊能力者として活躍したアメリカ人のジョージ(マット・デイモン)は、今はそ...
ヒア アフター (風に吹かれて)
今が大事 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/hereafter製作総指揮: スティーブン・スピルバーグ監督: クリント・イーストウッドパリで活躍するジャーナリストの
映画「ヒアアフター」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ヒアアフター」観に行ってきました。 クリント・イーストウッドが監督を、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮をそれぞれ担っている、マット・デイモン主演作品です。 映画「ヒアアフター」では、人の死と死後の世界をテーマに、それぞれ3人の人物にスポット...
『ヒア アフター』 (beatitude)
クリント・イーストウッド監督作品――品のいい予定調和か。パリで活躍するジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、恋人と一緒に休暇で訪れていた東南アジアで、津波に遭遇。波に飲まれて生死の境を彷徨ったものの、何とか一命を取り留める。だが、帰国した...
「ヒアアフター」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「グラン・トリノ」「インビクタス」のクリント・イーストウッド監督最新作は、双子の兄を亡くした少年、臨死を経験した女性キャスター、人の死に触れる事に疲れ果てた元霊能力者...
「ヒア アフター」 (ここはここ)
映画 「ヒア アフター」 HEREAFTER を観ました       クリント・イーストウッド監督 2010年 アメリカ 死を直接、間接的に経験した三人が、生き方を求めさまよった先に交差する。   最近はイーストウッド監督の映画を観る度に言ってると思いますが、 とて....
映画:ヒア アフター 「死別」に苦しむ人々に降り注がれ続けるイーストウッドの眼差し。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではなかった。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っていたが。 ところが、最近の「チェンジリング」でフまずァースト・ダウン....
ヒア アフター (映画鑑賞★日記・・・)
【HEREAFTER】 2011/02/19公開 アメリカ 129分監督:クリント・イーストウッド出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・ ...
ヒア アフター (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒア アフター』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)本作品を監督したクリント・イーストウッド監督の映画は、最近では『インビクタス』や、『チェンジリング』、『グラン・トリノ』を見ているので、この映画も頗る楽しみでした。  本作品は死を巡るものといえま....
ヒア アフター (食はすべての源なり。)
ヒア アフター ★★★★☆(★4つ) いや~。よかったです。ほんと、良い意味で裏切られました。 観たくて、観たくて、試写会にさんざん応募したのですが、ことごとくハズレナイトショーで鑑賞。 そのくせ、あまり事前情報なく鑑賞して、裏切られた(笑) 鑑賞後にHPと...
ヒア アフター (ダイターンクラッシュ!!)
2011年2月19日(土) 21:25~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『ヒア アフター』公式サイト 年に一回は新作を発表しているイーストウッド先生の新作。 前作は先生にしては珍しく直球だったが、今回は如何に。 何とマッ...
ヒアアフター (5125年映画の旅)
津波に巻き込まれ、臨死体験をしたことで謎のビジョンを目撃したジャーナリストの女性。双子の兄が事故死して、その兄ともう一度話したいと願う少年。かつて霊能者として活動して ...
No.244 ヒア アフター (気ままな映画生活)
【ストーリー】 巨匠クリント・イーストウッドが、死後の世界にとらわれてしまった3人の人間の苦悩と解放を描いたヒューマン・ドラマ。サンフランシスコに住む元霊能者で肉体労働 ...
『ヒア アフター』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ヒア アフター 』 (2010)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、フランキー・マクラレン、ジ...
ヒア アフター (だらだら無気力ブログ)
「硫黄島からの手紙」以来のコンビとなるクリント・イーストウッド監督と スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で贈るスピリチュアル・ヒューマン ・ドラマ。 死後の世界をテーマに、それぞれのかたちで死と向き合った三者の人生が 運命にいざなわれるがごとく絡み合っ...
『ヒア アフター』  (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ヒア アフター」 □監督 クリント・イーストウッド       □脚本 ピーター・モーガン   □キャスト マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、...
『ヒア アフター』 ボーナスはないものと思え! (映画のブログ)
 私は世事にうといので、小田嶋隆氏のコラムではじめて「パワースポット」なるものがはやっていたことを知った。2010年のことである。  パワースポット――敢えて訳せば「力のある観光地」となるだろうか。パ...
ヒア アフター (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ヒア アフター'10:米◆原題:HEREAFTER◆監督:クリント・イーストウッド「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:マット・デイモン、セシル・ド・フランス、フランキー・ ...
「ヒア アフター」(アメリカ 2010年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
死を垣間見た女。 死者の声を聞く男。 双子の兄を亡くした少年。
映画『ヒア アフター』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-20.ヒアアフター■原題:Hereafter■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:アンゼたかし■鑑賞日:3月13日、渋谷シネパレス■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド□脚本・製作総指...
ヒア アフター (銀幕大帝α)
HEREAFTER/10年/米/129分/ファンタジー・ロマンス・ドラマ/劇場公開 監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル 音楽:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモン....
mini review 11541「ヒア アフター」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
クリント・イーストウッドがメガホンを取り、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた死と生をめぐる感動的なストーリーをつづるヒューマン・ドラマ。死を身近で体験した3人の登場人物が悩み苦しみ、生と向き合う姿を真摯(しんし)に描いていく。主演は、『イン....
「ヒアアフター」(HEREAFTER) (シネマ・ワンダーランド)
「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」「マディソン郡の橋」などの作品で知られる米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが死後の世界を題材にメガホンを執ったヒューマン・ドラマ「ヒアアフター」(2010年、米、129分、スティーヴン・スピルバーグ製作...
ヒア アフター (Hereafter) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリント・イーストウッド 主演 マット・デイモン 2010年 アメリカ映画 129分 ドラマ 採点★★★ “死後の世界”ってのには、常々「あったらいいよなぁ」と思っている私。頭ごなしに否定する気はなし。ただまぁ、「宗教や文化の垣根を越えて、多くの人が似た...
【映画】ヒア アフター (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
映画タイトルの後に付ける“…”以降のサブタイトルは良いのが(震災の事と一緒に書くにはちょびっと不謹慎なものだけしか)思いつかなかったので割愛とします 本当は数日前に書くべきだった話から… 東日本大震災から一年が過ぎました…この一年間のことについて、自...