今日のお天気は・・・

何気ない日々の出来事をつづっていきます

相談支援員

2017-04-22 13:18:30 | 家族
元気になったと思ったなぎぃは、もっと暗い所まで落ちていた。
土日は元気だったが月曜日から元気がなくなり、あれほど好きなゲームさえする気力もなくなったという。

相談支援員のYさんと話して、少しはこころの重荷を下ろしてくれたのかと思っていたが、そうではなかったようだ。

火曜日にまたなぎぃはYさんとの面談だけには行くと言う。
それだけでも私には救いだった。


父は前立腺がんの後遺症で大腸に炎症があり、時々出血する。
貧血になるほどではないが、トイレが真っ赤になるとやはり気になるようで、月曜日に医療センターを受診した。
内視鏡検査をして、炎症の方は貧血もないしそのままでいいという話になったが、ポリープが見つかり切除することに。
内視鏡切除なので、2泊3日の入院。
ちょうど仕事が休めないスケジュールの時だったので、一人でタクシーで行ってもらった。

父はポリープが7つあったらしいが、問題なく手術は終了。
顔を見に行って、退院しても掃除機を掛けたりしないようにと言っておいた。
翌日午前中に、無事退院したと職場に電話があった。

しかし私の方は、仕事に行く前に洗濯をすませて干してから出かけるには朝30分早起きしなければならず、父に任せていた台所の片付けなど家事一切がかかってきて疲れてしまった。

そういうときに限って夫が夜の仕事になり、駅まで誰も迎えに来てくれない状態。
朝も帰りも20分歩いて休む暇なく家事に追われて、一気に忙しくなった私は、ひ弱なことに体調を崩し、父が帰ってきた日に昼までで早退して、帰り着くとそのまま寝てしまった。

何度か起きようかと思ったがついつい寝てしまい、起きたら夜の8時だった。
6時間寝て、吐き気止めを飲んでまた朝まで寝た。

翌日は何とか起きられるようになったが、父がその間動き回ったらしく出血。
父は再度病院に行って、数カ所の止血をやり直したらしい。

それに懲りて今度はできるだけ安静にしている。
私も金曜から休みだったので、家事も余裕を持ってできる。

それにしても、家事と仕事をこなして毎日仕事をしている皆は本当に凄いと尊敬してしまう。

この間、Yさんから連絡があり、なぎぃと親と4人で面談したいとお話があり、金曜日の夕方にYさんが来られることになった。

Yさんの計らいで、なぎぃも重い口を開き胸の内を語った。
なぎぃのことを分かりやすく夫にも話してくれた。
夫も素直に話し、4人で面談できて本当に良かったと思う。
Yさんに感謝して、今後もなぎぃとの面談をお願いしたらそのつもりだと言ってもらった。

暗い所にいるなぎぃに、少し灯りが見えたと思ったが、今朝部屋になぎぃがいなかった。
夕べ近くの行きつけの店に行くと言っていたが、博多まで足を伸ばし、ネットカフェかカプセルホテルで夜を明かしたのだろう。
メールすると「考えた纏まったら帰ってくる」と返信があった。

返信があっただけでホッとした。

信じているとなぎぃには言ったが、本当は不安でいっぱいなのは私だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャスミンの赤い蕾

2017-04-17 13:11:39 | 雑記
昨日の陽気とは打って変わって、今日は大粒の雨が音を立てて降っている。
「今日は一日中雨が降る」と気象予報士。
そして、明日は晴れるんだとか…


                        



桜が満開になったとたん初夏の陽気で、庭の花たちが一斉に鮮やかな花を咲かせた。

赤いフリージア


キンギョソウ


アザレア

トップの写真はたくさんついたジャスミンのつぼみ。
こんなに真っ赤な蕾から、清楚な真っ白いジャスミンの花が咲く。
そしてそこかしこに誘惑の香りを振りまく。


                        


雨が降りしきっていたが期限が迫っていたので、なぎぃの就労継続支援B型の手続きに市役所まで出かけた。
福祉の窓口の人はてきぱきと書類を確認し、書き漏らした氏名を書き印を押して手続き完了。
毎年の様にこのような手続きが必要だと分かった。

3月から低空飛行のなぎぃ。
先週は相談支援員との面談があったらしく、支援員から連絡があった。


なぎぃは農場での作業をする作業所に行っている。
ところが冬場は農園外作業といって、お菓子の袋詰めや箱折りなど室内作業に選ばれて行くことが増えていった。
農園のノンビリとした作業と違って、ノルマがあり、間違えてはいけないというプレッシャーがかかる室内作業は、思ったよりも緊張を強いられた様子。
室内作業をした日には倒れ込むように寝てしまうこともしばしばだった。

室内作業は苦手だと言うように話すが、とても自分では言えそうになかった。

それでも、週に1日休んだりしながら作業所に通っていた。
前日に分かっている時はまだしも、ワゴンで作業所に向かう時に、「今日はこの4人が室内作業です」と言われたりして、疲弊していった。

季節の変わり目で精神的に不安定になる木の芽時のせいなのかと思って様子を見守っていたが、どうやら作業の問題が大きいと気付いて、作業所に連絡をした方がいいと思い始めていた頃、支援員との面談があったようだ。

支援員の計らいで、今後しばらくは農作業だけになると決まったらしい。


3月からずっと、好きなゲームをする気力さえ失っていたなぎぃだが、やっと元気が戻ってきた。
ゲームをする部屋に灯りが灯っているとホッとする。

もう少し早く相談支援員に相談すれば良かったかなと、ちょっと反省している。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

もう満開

2017-04-08 14:18:56 | 雑記
咲き始めたと思ったらすぐに満開になった桜。
今日は朝から雨に打たれていた。
咲き始めて間がないので、まだ散ってしまう程ではないようだ。




高速道路にある古賀パーキングエリアは、裏からも入れるようになっている。
同級生3人で、古賀パーキングエリアの桜を見に行った。



曇り空で、昨日から時折霧雨が降りてくるような湿度の高い日が続いている。
気温より湿度で蒸し暑さを感じるような毎日。

この陽気でスナップエンドウとサヤエンドウもたくさん実っている。


先週から急に暖かくなって、何を着たらいいのか戸惑ってしまう。
まだ寒いかもと思ってコーとを着ていくと、電車の中で暑くて困ってしまった。
今日はポロシャツ1枚でいいくらい暖かい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

開花宣言

2017-04-03 15:05:58 | 雑記
風はまだ冷たいが、陽射しは晴れて暖かい。。
市内は明日にも満開だというが、この辺りの桜もようやく開き始めた。


鹿児島の伯父からもらった3本のイワツツジは1本だけ生き残って、今年も花を付け始めた。



                              





3月25日、山口の維新百年記念公園で、「上関原発を建てさせない山口県民大集会」があり、取材に出かけた。


福島の原発事故から6年。
国は続々と原発を再稼働させようとして、裁判所も再稼働を認める判決を出している。

上関原発は、計画があったものの福島原発事故で一時中断した。
そのまま計画は頓挫すると誰もが思っていた。
ところが、去年県は建設へのゴーサインとも言える埋め立て許可を延長し、県議会は原発推進を決議した。

安部首相のお膝元の山口で、どんな忖度が働いているのか。

原発事故があって、もうこれで脱原発への流れができると思ったのは夢だったようだ。



                              



維新百年記念公園の池には鴨が群れていた。


駅までの道のりから見える風景にはどちらを見ても山がある。

こんなのんびりした風景を守るためにも原発は建てさせてはいけない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の憂鬱

2017-03-20 13:26:57 | 雑記
春分の日。
日の出が早くなって見られなくなる反面、仕事帰りに夕焼けが見られるようになる。
写真は駅の橋上コンコースから撮った夕日。

                        


昨日の春うららの陽気とは一変して、午後には雨になった。

憂鬱は漢字で書こうと思っても憶える気にもなれない漢字。
春は「木の葉、新芽時」と言われるいわゆる精神的に不安定になる時期。

毎年訪れる憂鬱な季節。
なぎぃは特に花粉症と相まって辛い季節。

どうにも身の処し方が分からないなぎぃの様子を、見ている家族も辛い。
春と秋、毎年同じように繰り返されるのに、慣れることはない。
仕事の日はなぎぃを忘れていられるが、休みの日は一日中姿を目で追い、機嫌を確かめ、ハラハラしたり心配したりの連続。

辛さに耐えられずに、甘いものを貪るように食ってストレスを発散する私。
痩せるはずがない。
胃が痛くても食べてしまうのは、私もどこか壊れているからだろう。



サヤインゲンの花がたくさん咲いている。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

3月の満月

2017-03-12 22:59:13 | 雑記
今日も暖かく、昨日干せなかったくぅの布団を干し、シーツの洗濯をした。

夕飯の準備をしながら月はまだかと窓の外を見る。
曇っていて見えないのかと諦めかけた頃、山吹色の月が昇ってきた。
すでに辺りは暗くなり始めていて、1日で月の出の時刻がこんなに違うとは思わなかった。
菜の花や…の句は、3月では無理だと分かった。

考えてみれば温暖化が進んで今は3月に菜の花も珍しくないが、昔は3月に菜の花は咲かない。
4月の満月が昇る頃はきっと、西にまだお日様がいるのだろう。

屋根と屋根の間から顔を出した月は空をめざしてどんどん昇っていく。
こんなに早く地球は動いているのか?あれ?月が動いているのか?分からなくなった。
大体、地球が太陽の回りを回っているとか、月の満ち欠けの理由とか、習ったからそう思うだけで実感した訳でもない。
外国にも行ったことのない私は、大亀の上に地面が乗っていて、太陽と月が回っているのだと言われれば否定できないような気がする。


ミニガマグチの手作りセットを生協で買った。
東日本支援で企画されていたWatalisの製品。


作り方を見るとミシンで縫うようだが、ミシンがないのでちくちく手縫いした。

口金を付けるのがちょっと難しい。
初めてなのでちょっと失敗した。
次からは上手くできそうだが、次はあるかどうか…


何とか仕上がった。


印鑑を入れるのに丁度いい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月は東に日は西に

2017-03-11 22:17:42 | 雑記
気がつけば3月。またブログの感覚が開いてしまった。

一昨日くらいから腰が痛い。
脊柱管狭窄症と診断されたのは5年以上前。
その時は夜も目が覚める位ジクジクと痛んだが、それ以降は眠れないことはない。

昨日は1日腰が痛かったので、今朝は起きてすぐ腰痛ベルトを装着した。
2時間くらい装着していると痛みは治まる。

それでも、今日はお天気が良かったので布団を干したりして、夕方少し腰痛がぶり返した。
夕食の準備をしていて、ちょっと休憩とカウチに横になったらベランダから月が見えた。
満月の一日前の月。
西の空はちょうど夕焼けの頃。

菜の花や 月は東に 日は西に

今は菜の花がない。




5月頃に成るはずのスナップエンドウがなり始めた。
まだ小さいが、甘くて美味しい。
3月から食べられるのは始めて。

トランプが何と言おうと地球温暖化はどんどん進んでいる!




この空は、先週九州でも雪が降った日の朝焼け。

今日は晴れて暖かだったが、また少し寒くなるようだ。
三寒四温とは言うが、振れ幅が広すぎて戸惑っている。

人は戸惑っていても、季節は進んで行く。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都へちょっと

2017-02-24 23:33:01 | 雑記
この季節らしい寒さ。
午後からは晴れて青空に飛行機雲が見事に描かれていた。


昨日はくぅの誕生日だった。
元々仕事の予定だったので、誕生日のご馳走は日曜日に準備した。

日曜日は出かけたまま帰ってこないくぅを無視してみんなで先にご馳走をいただいた。
誰かの誕生日にしか食べられないいくらをたっぷりトッピングしたおいなりさんに、
冷凍のウナギ寿司。
最初は冷凍のお寿司ってどうなの?と半信半疑だったが、結構美味しいので最近は毎年正月に買う。
冷凍のまま残っていたらくぅの誕生日に食べることになる。


                              


昨日は仕事を休んで父と京都にちょっと行ってきた。
姻戚関係の人が危篤だと知らせが来たのが火曜日で、容態は落ち着いたと連絡があったが、急遽木曜日にお見舞いに行くことにした。

父も高齢なので一緒に行くことに。
水曜日に仕事のついでにチケット屋で新幹線のチケットをゲット。
博多駅のJR西日本で行きの座席予約をする。

木曜は早めに家を出て、早めに博多駅に。
駅弁を買って新幹線に乗車。



駅弁を買って職場でお昼に食べることはあるが、駅弁を電車で食べるのは本当に久しぶりだ。
父は折尾駅名物かしわ飯、私は店員さんがすすめてくれたうに弁当。

お見舞いの旅だが小旅行気分でノンビリしていたら義妹から大阪の地下鉄が不通だと連絡が!
予定を変更して、新大阪から大阪、環状線で京橋と乗り継ぐことに。
無事に京阪の特急電車に乗れたのでホッとした。



スムーズに乗り継いでちょっと早めに着いたので、珈琲屋で一息。





昔ながらの雰囲気のいい喫茶店だった。

お見舞いの相手は容態も落ち着いて顔色も良かった。

帰りの新幹線も指定席がとれて、無事帰宅した。
とんぼ返りのちょっとだけ京都までの旅だったが、大阪にも環状線があるんだと少しだけ大阪に詳しくなったような気がする。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

豆の花

2017-02-19 13:45:49 | 雑記
今日も昨日と同じく雲1つない晴天。
雲がないと写真もつまらない。

リビングの続きの陽射しがいっぱいのサンルームから暖かい空気が部屋に入って、昼間は暖房が要らないくらい。
しかし、うっかりベランダに出ようものなら風はまだ冷たくて震え上がってしまう。

グリーンピースやスナップエンドウは12月の内に種を蒔き、冬の間に根を張らせることが春の豊かな実りに繫がるという。
わが家の豆達も雪に耐えしっかりと根を張ったようだ。
しかし、少し伸びすぎだと思っていたら、もう花をたくさんつけている。

蜂も蝶々も飛ばないので、受粉できないのかなとちょっとググってみた。
豆類は自家受粉なので、虫がいなくても大丈夫らしい。
ただし寒いと実にならずに落ちてしまうらしい。

去年も早くから花は咲いていたが、実は一向に見られなかった。
今年は寒暖の差が激しいので、花がたくさん咲いてしまった。
植物は天候の変化に敏感だから仕方がないが、5月頃の収穫がちょっと心配。



これはブロッコリースプラウト。
水耕栽培は天候には左右されない。
栄養価が高いと評判だが、こればっかり食べているわけにもいなかい。

雪で減っていた野菜類がやっと市場に出てきたようだ。
農家のご苦労が忍ばれる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チョコ

2017-02-15 14:01:11 | 雑記
バレンタインデーと言えば、高校生の頃の苦い思い出がありますが、結婚してからは夫がもらってくるチョコをむさぼり食って体重が増える季節でした。

夫が自営業になってからはチョコはさっぱりで、息子たちももらってきません。
義理チョコが廃れたのかもしれません。

仕方がないので、商品券があったのでデパ地下でチョコを買ってきました。
バレンタインデーの朝テーブルの上に置いておいたら、少し減っていました。

なぎぃはチョコを食べないし、くぅは仕事で遅くなるので食べる暇がないらしく、父が喜んで食べています。
まぁいいけど…

今年こそとダイエット宣言したのに、1月からまた体重が1キロ増えているのです
それでもチョコに手が伸びてしまう私って…
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

冬の晴れ間

2017-02-12 22:59:15 | 雑記
寒が少し緩んで、今日は晴れ間が拡がった。
スマホで撮った3枚の写真が自動的にパノラマに加工された。
90度ほどの角度がある風景が一色線になってちょっと不自然。
でも、自分でパノラマを合成するとつなぎ目がやっぱり変な写真になって仕舞うのに、つなぎ目はまったく分からない。
流石スマホ。



今日は白い雲の塊が次々に流れていった。
曇りのち晴れとの予報だったが、晴れ間は朝から拡がっていいお天気になった。

金曜日は積雪もと言われていたが、一瞬だけ雪景色を見たが、その次に窓から外を見た時には雪景色のかけらも残っていなかった。
相変わらず、寒いだけで雪は積もらない。


雪が積もると痛むからと、ベランダの窓際に移したガーデンシクラメン。


今日はベランダの端で陽光をたっぷり浴びていた。

先週も、先々週の週末も風邪気味でじっと閉じこもって休日を過ごした。

平日は仕事で、気付くと2月だった。
豆まきをテレビで見て、立春も過ぎていた。
やがて花粉症の季節。
PM2.5や春霞で今日のような青空が見えなくなる季節がやってくる。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホットゆずドリンク

2017-01-24 10:12:38 | 雑記
今日も寒い。
ほんの数分、洗濯物をベランダに出しただけで指先もつま先も凍えてしまった。

鹿児島の姪からもらったゆずドリンク。
5倍に薄めて飲むタイプを熱い湯で薄めて「ホットゆずドリンク」に。
友人からもらった大きなマグカップにいっぱい作って飲んだ。

きっと風邪もこれで寄りつかないだろう。


                        


お年玉付年賀葉書が当たっていたら、運動不足解消もかねて郵便局まで歩こうかと思っていたが、調べたら一枚も当たっていなかった
運動不足はお年玉が当たらなかったせいにしておこう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平地でも積雪?

2017-01-23 10:35:04 | 雑記
雪がちらついてすっごく寒い!
いつもの暖房の設定では部屋が暖まらない程。

平地でも積雪との予報に、まだ暗い外をそっと覗いてみた。
帰ってきたばかりのくぅが「積もってないよ」と乾いた声。

今日から夜勤らしく、朝帰りのくぅ。
豆乳にプロテインを溶かして飲んで寝てしまった。
君はどこへ行こうとしているの?


                            


下の畑に水仙がたくさん咲いていたので切ってきた。
部屋中に水仙の香りが立ちこめる。
寒風にも負けずに花を咲かせる水仙。
欧米ではナルシスト呼ぶが、日本では冬にキリッと咲く潔さの印象が強いと思う。

山間部に暮らす友人がフェイスブックに、青空をバック雪化粧した欅の写真をあげていた。
素敵、羨ましいなどとコメントしたが、雪が降れば降ったで困ったこともあると。
水道管が破損して大枚はたいたことがあるとか、道路が凍結して通行止めになったりとか。

美しいものを撮るにはそれなりのリスクも覚悟しなければならない。
暖かい部屋にいて、何不自由なく暮らしていて、羨ましいはなかった。
雪国の人たちの苦労を思えば、雪が積もらないと愚痴ることも無神経かもしれない。

しかし、一面の雪景色には魂を揺さぶられるような美しさがある。
やはり雪景色には憧れる



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

メジロ

2017-01-21 15:00:51 | 雑記
寒い朝だったが日が昇ると暖かい陽射しで部屋も暖かに。
午後3時を過ぎて日が陰ると、グッと寒くなって暖房を入れる。
風は冷たいが、乾燥しているので洗濯物は乾いた。

福岡でも山手に住む友人のフェイスブックには一面の雪景色。
青空をバックに雪化粧した木立の写真は見事だった。
雪景色を見ることが滅多にない私は、羨ましくて仕方ない。


                            




山に雪が降ると餌が少なくなって野鳥が里に下りてくる。
先日、ジョウビタキの雄を見かけたがすぐに飛び去ってしまった。

メジロは、となりのサザンカによく来ていたが、ここ2,3年は見かけなかった。
久しぶりにメジロを見た。
ミントの実を数羽でつついていた。


                        



新築する前は、旧家の台所から見えるツゲの木に、ミカンを半分に切って乗せているとメジロがよくやってきた。
台所から父も母も飽きもせずメジロを眺めていた。

新築してから見かけなくなったメジロ。
10年近く経って、やっと大丈夫だと警戒を解いたのだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪がチラチラ

2017-01-15 13:31:30 | 雑記
洗濯物を干そうと外に出た。
最初は白い小さなホコリが舞っているのかと思ったが雪だった。
雪がチラチラ落ちていたのだから寒いはずだ。

午後は陽射しもあって、写真のような空。
テレビでは雪の京都で女子駅伝が行われている。
あんなに雪が積もっている駅伝は初めて見た。


冷たい風に負けずに、水仙はすっくと立っている。



                              




これは安納芋1個で作ったきんとん。

おせちで買った「キンカンのシロップ漬け」。
キンカンを食べてしまった後のシロップが勿体なくて、きんとんを作ろうと思い立った。
安納芋の袋の中でひときわ大きな芋を選んだため、切るのに一苦労。
何とか切り分けて茹で、2切れは裏ごししたが力尽きた。

裏ごししたものはスイートポテト用に冷凍して、残りをシロップで練り上げた。

柑橘系の香りがする甘いきんとん。
安納芋はクチナシの実を入れなくても綺麗な色に仕上がった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加