今日のお天気は・・・

何気ない日々の出来事をつづっていきます

ヤマボウシ

2017-06-18 13:34:42 | 雑記
梅雨はどこに行ったのか?と思うような青空が今日も拡がっている。
雨は一向に降らない。
写真を撮る前に紫陽花はドライフラワーになってしまいそう。

           

わが家のヤマボウシもたくさん開いたが、裏手にあるので誰も見ない。



アガパンサスのつぼみ
だいぶ膨らんできた。もうすぐ青い花が飛び出してくる。



風の強い日に面白い雲を見た。



先週総会があって、その記事を書いたり入稿したりで久しぶりに帰りが遅くなった。

最近は、残業をしないように言われるので定時に帰っていたが、定時だと帰り着くまで日傘が必要なほど陽射しが強い。

遅くなったこの日。駅に着いた7時頃やっと夕陽が傾いて半袖ではちょっと涼しい風が吹いていた。
20分ほど歩くには丁度いい頃合い。
オレンジ色のあめ玉がとろけるように西の空に沈んでいく。

目で見るとお日様はオレンジ色なのに、写真を撮ると空が赤い。
夕陽のオレンジ色を撮るにはスマホじゃ無理なんだろう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ビョウヤナギ

2017-06-06 14:45:39 | 雑記
今日、梅雨入りが発表された。
雨の臭いがする。
遠雷も聞こえる。
やっと雨が降るようだ。


早く雨が降らないと開き始めた紫陽花が干上がってしまいそう。
お隣の紫陽花は日向にあって、花びらが茶色になってきた。


ヒルザキツキミソウは可憐な花を風にゆらしている。


ナデシコは今が満開。


可愛いスミレも梅雨が来れば花は終わり。


ベゴニアはまだまだ咲き続ける。


ビョウヤナギの花はもう少なくなってきた。

最初にこの花の名前を両親に聞いた時は「美女柳(びじょやなぎ)」と教えられた。
美女柳って面白いネーミングだと調べてみたら、ビョウヤナギやビヨウヤナギとも呼ばれていた。

ビョウヤナギは未央柳と書く。
古代中国の前漢の都である長安の南西部に未央宮(びおうきゅう)という宮殿があった。
未央宮の柳の葉が、楊貴妃の眉と似ているという故事や、ビョウヤナギの葉が柳の葉に似ていて花も美しいことから、この名前が付けられたらしい。

梨花に例えられたり、未央柳の名前の由来になったり、連理の枝と言われたり、楊貴妃って相当の美女だったのだろう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカシャガ

2017-06-04 16:59:46 | 雑記
お天気がいいので映画を観にシネコンまで歩いて行った。
なぎぃのリクエストで「LOGAN」を鑑賞。
未来の高速道路は自動運転のトラックが行き交って、スーパーコーンは大きな機械が自動で収穫。あり得る未来。
遺伝子を採取してミュータントを作るというのも、あり得る未来に思える。
空恐ろしい未来。
映画を観てただ面白いと思っている段階じゃないような気がする。



朝、ハナショウブが咲いたと思って写真を撮ったら


午後にはもっとたくさん咲いていた。

トップのアメリカシャガもアヤメ科の花。
どうしてシャガなのか調べてみると、シャガは野草で日本には多く自生しているらしい。
5~6センチの花らしいが、アメリカシャガの花はもっと大きい。
調べてみると
漢名の「射干」(ヒオウギ)を日本読み(シャガ)したもの。
※ シャガの葉がヒオウギに似ているところから間違って名付けられたともいわれている。

とあった。
野草のシャガを見たことはない。
見たくなった。

4月は不調だったなぎぃも、5月は連休明けから一日も休まずに作業所に通っている。
一緒に映画に行ったり、珈琲を焙煎したりもできるようになった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プラスティック倉庫の火事

2017-05-28 13:59:28 | 雑記
先週のこと。

急に暑くなったので冬の掛け布団を片付けようと、カバーを取り外して洗濯。
一度に何枚も干せないので二日がかり。
乾いたカバーを掛け布団に被せて仕舞おうとしていた日曜日の午後、辺りに警報音が鳴り響いた。

「まさか、某国のミサイルじゃないよね」と付けっぱなしのテレビを見たが、テロップが出ないのでミサイルではないと確信。

その後、消防車がサイレンの音をけたたましく鳴らしながら何台も走っていた。
どちらからどちらの方向に走っているのか分からない。
どこかで火事なんだろうと思いながら布団と格闘していた。

干していたシーツを取り込もうとベランダに出ると、青空に真っ黒い煙がモクモクと立ち上っていてビックリ!
その内ヘリコプターが3台ほど飛び交い始めた。

まさかイオン?それとも産廃の火事?
ネットで探っても目撃情報は上がっているものの詳細は分からない。
テレビの速報にも出ない。

その内煙が収まった。
夕方のニュースでも何も言わないので、どこの火事だったか分からずじまい。


                              


翌日のニュースで、プラスティック加工場のプレハブ倉庫が焼けたらしいことが分かった。
人的被害がなかったので大きなニュースにはならなかったのだろう。

しかし、あれだけ真っ黒な煙が上がっていれば、有害物質が盛大にばらまかれたことだろう。
せめて風下でなくてよかった。



                              



雨が降った翌朝、霧が立ちこめた。
雨戸を開けて庭を見ると、アマリリスがちょうど咲き始めるところだった。



しばらくして見ると、4つとも開花していた。
去年までは咲かなかったが、父がプランターの土を変えて球根を植え替えたら咲いたらしい。



アマリリスの花は、あまり好きとは言えないが、朱に近い赤と大きな花は迫力がある。


紫陽花も少しずつ咲き始めた。
でも、紫陽花にはやっぱり雨が似合うので、雨が降ったら紫陽花の写真を撮ろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月の薔薇

2017-05-13 14:48:17 | 雑記
昨日の雨が空気を清浄して爽やかな風が吹き抜けていく。

飛行機雲は大気に湿気がある時にできる。
飛行機は毎日何本も飛ぶが、今日は大気が安定しているのか飛行機雲は1つもない。

               
先週の雨の翌日、夕方に現れたコントレール。
黄砂で白く霞んでいた空が、綺麗な青を見せてくれた日。


5月はどこの庭も花でいっぱいで、通勤時も目を楽しませてくれる。
わが家の小さな庭も花盛り。




つゆくさは午前中しか見られない可愛い花


紫蘭も株が大きくなってたくさん花をつけた


ギボウシは花よりも葉が美しい


この花の名前は知らないがたくさん咲く


木々の葉っぱも今はつやつやの若緑


紫陽花はまだ蕾




下の狭い畑の縁は、この時期メキシコマンネングサで黄色く縁取られる




トバタアヤメやゼラニウムとのコントラストも美しい

蜂や蝶も飛び始めた。


この蝶はツマグロヒョウモンのメス

ツマグロヒョウモンのメスは毒を持っているカバマダラに擬態しているらしい。
日向ぼっこで体温を上げてから飛び立っていった。



新しいハウステンボス号を見かけるとつい写メを撮ってしまう。
いつか乗ってみたい。


5月から作業所に行くと言ったなぎぃ。
今週は週4日の予定通り行くことができた。
作業所は農園で、大きな薔薇の栽培ハウスがある。
野菜なども作って産直広場の様な所に下ろしているが、作業所に来る人たちに払う工賃のためには薔薇の栽培は大きな収入になっていると思われる。

昨日は始めて薔薇を数本もらってきた。
気温が上がったり下がったりで、収穫時期をのがした薔薇をくれたのか、なぎぃも理由は分からない様子。

さすがに薔薇。飾ると華やかになった。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマボウシ

2017-05-07 10:36:38 | 雑記
晴れているが霞んでいる。
黄砂とPM2.5がやってきた。
何だか喉がいがらっぽい様な気がする。


昨日の朝は雨上がりの霧がまだ晴れない感じだった。
霧雨が時折降るような天気。
なぎぃを誘ったが気乗りしない様子だったので一人で映画に出かけた。



                        



上映開始時間を、5月に入ってすぐに調べた11時40分からと思い込み、ちょっと早めに家を出た。
一週間前に前編を観た「3月のライオン」後編。
少し肌寒い程の歩くにはちょうどよい季候。
街路樹のヤマボウシも開き始め、気分よく歩いてイオンに到着。

シネコンでチケットを買おうとしたら、上映時間が変更になっていて、11時10分になっている。
すでに着いた時点で11時10分。
始まってからしばらくは他の映画のCMなどがあるので、上映までには十分間に合ったが、ちょっと焦った。

「3月のライオン」はコミックで読んでいたが、映画の着地点はどうなんだろうかと思っていたが、映画らしい着地点を描いていて、これはこれでありだなと。


                        


パンを買ってイオンを出たら、すっかり晴れていた。
陽射しはあるが風が心地いい。


前編を観た一週間前は公民館の八重桜が満開だったのに、すっかり葉桜になっていた。
それよりも驚いたのは木々が新緑に包まれていたこと。

つやつやぴかぴかのやわらかい若い葉っぱがキラキラと黄緑色を振りまいて、竹もぐんぐん伸びて、雑木林が若返って景色が変わっている。



新緑を楽しみながら坂をぼちぼちと登っていると、話し声が聞こえてきて、電動車いすに乗ったおばあさんと手をつないだおじいさんに追い越されてしまった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

こどもの日

2017-05-05 19:49:06 | 雑記
青空に白い雲が鮮やかな晴天。
ちょっと動いただけで汗ばむ。

下の畑から戸畑アヤメをとってきて挿したら、クリスマスのジグソーパズルだと映えないことが判明してやっとパズルを片付けた。

明日は雨の予報。
雨が降ればシーツの洗濯もできないし布団も干せないので、なぎぃを誘って映画にでも行こうかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-05-03 14:24:53 | 雑記
種を蒔いた訳ではないのに生えてくる花。すみれ。
パンジーやヴィオラほどの華やかさはないにしても、スミレの花は可愛い。



                              



ゴールデンウィークはテレビも行楽地の情報や渋滞情報ばかり。
渋滞情報を見て、こんなに道は混んでいるからどこにも行かなくてよかったと思わせたいのか。

「5月になったら作業所に行く」と4月の終わりの方になぎぃが夫に言ったらしい。
夫は「5月にならなくても明日からでも行けばいいのに」と私に言う。

やっと行けるように気持ちの整理ができたのかと喜びたい気持ちに水を差す夫のことばに少し傷つく。
少しずつ、少しずつ、傷ついて、疲労骨折して仕舞わないように気をつけようと、気を取り直す。

なぎぃは言葉通り5月になったら作業所に復帰。
一月ほどのブランクだったが、特に問題なく作業をしたという。
ホッとした自分がいる。


                              


「フランケンシュタインの恋」というドラマが始まった。
タイトルと主演俳優にひかれて見たが、ちょっと期待外れ。

職場でも話題になって、「面白くないから見るのをやめた」と言う人も。

毎週で録画予約していたので、2話も録画して見ていたらなぎぃも見ていた。


発達障害の1つである大人のアスペルガー症候群と診断されたなぎぃ。
コミュニケーションや対人関係が上手くいかないなぎぃを思うと、社会から阻害される存在であるフランケンシュタインの姿が、アスペルガー症候群の彼に重なって切なくなった。




台所の裏に咲いていたカラーを切って花瓶に挿した。
家族は男ばかりで誰も何も言わない。
花を挿しても自分を慰めるばかりだ。

と言うか、未だにクリスマスのジグソーパズルを飾っているのがばれてしまった!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八重桜

2017-04-30 12:04:25 | 雑記
ゴールデンウィーク二日目。
お天気がいいので予定通りセーターの洗濯。


                              


昨日はずっと観たかった「3月のライオン前編」をやっと観に行った。
すでに後編が封切られているので、前編は近所のイオンのシネコンでは朝9時10分からの一回だけ。
急いで洗濯物を干して、8時半に早足でイオンに向かった。
運動不足を実感しながら坂道をはぁはぁ言いながら登って、無事間に合った。

3月のライオンはコミックを借りて読んでいたのでストーリーは分かっていたが、映画はとっても面白かった。
ゴールデンウィークの内に絶対後編を観ると決心した。

イオンの駐車場からゴジラの木が見えると、随分前の情報番組で見ていたので、キョロキョロするとあった!


スマホの望遠なので小さくしか撮れないが、テレビで見た時よりゴジラっぽい!
これが自然の造形だとは、本当にビックリだ。


                              


ゴールデンウィークは本当は10連休の予定だったが、5月1日に会議が入ったので前半と後半に分かれた。
10連休だとしても別に予定もなく、日頃手抜きの家事をするだけなので問題はない。
1日に予定していた近くの内科での血液検査を前倒しして金曜日にすませた。



内科に向かう道は通勤に使う道と一緒。
見事なツツジが咲いていて癒やされる。



野草も今が花盛り。


これは野草かと父に尋ねると、本当は植えた花だが今は自生して、芝生より強いので抜かないと大変なことになると言う。
白い花が咲いている様子はとってもいい感じだが。




スナップエンドウもサヤエンドウも収穫は終わった。
グリーンピースを半分収穫して、今年初めての豆ご飯を作った。

自然の恵みと父に感謝。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久留米躑躅

2017-04-24 12:31:46 | 雑記
躑躅ってどうしてこんなに難しい漢字なのだろう。

なぎぃの部屋の窓のすぐ下にある久留米ツツジが真っ赤な花を咲かせている。


窓には防犯のため稼働ルーバーが取り付けてあり、なぎぃの部屋から見るとトップの写真の様に見える。
ツツジの赤が反射してふすまも赤く染まっている。



                         


無断外泊?した翌日、夜になってやっと帰ってきたなぎぃはちょっと吹っ切れたように明るくなっていた。
考えがまとまったのかもしれない。
あえて聞いていないが明るい顔を見れば大丈夫だと分かる。
「ただいま」と声も出るようになっていた。

日曜日も買い物があると出かけ、夜まで帰ってこなかったがもう心配はなかった。
明日、どうするかは本人が決めたことなので決めたようにすればいいと思う。

障害者手帳を持っている人に、西鉄バスが半額になるnimocaを発行すると知り早速作ったなぎぃ。
今話題の天神まで、都市高速経由のバスで出かけるようになったようだ。


                         


父は再手術をした後おとなしくしていたが、日曜日には大丈夫だと言って自分で運転して教会に行った。
「また大騒ぎしても知らないから!」という私の悪態にも動じない。
一週間は安静にしていてもらいたいのだが、少しずつ動いても大丈夫だと確信しているようだ。

今日は歯医者。明日は泌尿器科。明後日は教会の祈祷会。その翌日はリハビリ。
「毎日忙しいね」と皮肉を言っても動じない。



ジャスミンの花も咲き始めた。


シラン。



泣きっ面に蜂とはよく言ったものだ。
料理に後片付け、洗濯、掃除。
お天気がいいと布団を干したりシーツを洗ったりと忙しい。
そんなときに洗濯機の風呂水くみ上げ機能が壊れてしまった。

粉せっけんで洗濯をするので、風呂の残り湯は必須アイテム。
仕方がないのでバケツで湯を洗濯機に入れた。
いっぱいになるのにバケツ12杯。

この一週間で、私ちょっと痩せるだろうか?
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

相談支援員

2017-04-22 13:18:30 | 家族
元気になったと思ったなぎぃは、もっと暗い所まで落ちていた。
土日は元気だったが月曜日から元気がなくなり、あれほど好きなゲームさえする気力もなくなったという。

相談支援員のYさんと話して、少しはこころの重荷を下ろしてくれたのかと思っていたが、そうではなかったようだ。

火曜日にまたなぎぃはYさんとの面談だけには行くと言う。
それだけでも私には救いだった。


父は前立腺がんの後遺症で大腸に炎症があり、時々出血する。
貧血になるほどではないが、トイレが真っ赤になるとやはり気になるようで、月曜日に医療センターを受診した。
内視鏡検査をして、炎症の方は貧血もないしそのままでいいという話になったが、ポリープが見つかり切除することに。
内視鏡切除なので、2泊3日の入院。
ちょうど仕事が休めないスケジュールの時だったので、一人でタクシーで行ってもらった。

父はポリープが7つあったらしいが、問題なく手術は終了。
顔を見に行って、退院しても掃除機を掛けたりしないようにと言っておいた。
翌日午前中に、無事退院したと職場に電話があった。

しかし私の方は、仕事に行く前に洗濯をすませて干してから出かけるには朝30分早起きしなければならず、父に任せていた台所の片付けなど家事一切がかかってきて疲れてしまった。

そういうときに限って夫が夜の仕事になり、駅まで誰も迎えに来てくれない状態。
朝も帰りも20分歩いて休む暇なく家事に追われて、一気に忙しくなった私は、ひ弱なことに体調を崩し、父が帰ってきた日に昼までで早退して、帰り着くとそのまま寝てしまった。

何度か起きようかと思ったがついつい寝てしまい、起きたら夜の8時だった。
6時間寝て、吐き気止めを飲んでまた朝まで寝た。

翌日は何とか起きられるようになったが、父がその間動き回ったらしく出血。
父は再度病院に行って、数カ所の止血をやり直したらしい。

それに懲りて今度はできるだけ安静にしている。
私も金曜から休みだったので、家事も余裕を持ってできる。

それにしても、家事と仕事をこなして毎日仕事をしている皆は本当に凄いと尊敬してしまう。

この間、Yさんから連絡があり、なぎぃと親と4人で面談したいとお話があり、金曜日の夕方にYさんが来られることになった。

Yさんの計らいで、なぎぃも重い口を開き胸の内を語った。
なぎぃのことを分かりやすく夫にも話してくれた。
夫も素直に話し、4人で面談できて本当に良かったと思う。
Yさんに感謝して、今後もなぎぃとの面談をお願いしたらそのつもりだと言ってもらった。

暗い所にいるなぎぃに、少し灯りが見えたと思ったが、今朝部屋になぎぃがいなかった。
夕べ近くの行きつけの店に行くと言っていたが、博多まで足を伸ばし、ネットカフェかカプセルホテルで夜を明かしたのだろう。
メールすると「考えた纏まったら帰ってくる」と返信があった。

返信があっただけでホッとした。

信じているとなぎぃには言ったが、本当は不安でいっぱいなのは私だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャスミンの赤い蕾

2017-04-17 13:11:39 | 雑記
昨日の陽気とは打って変わって、今日は大粒の雨が音を立てて降っている。
「今日は一日中雨が降る」と気象予報士。
そして、明日は晴れるんだとか…


                        



桜が満開になったとたん初夏の陽気で、庭の花たちが一斉に鮮やかな花を咲かせた。

赤いフリージア


キンギョソウ


アザレア

トップの写真はたくさんついたジャスミンのつぼみ。
こんなに真っ赤な蕾から、清楚な真っ白いジャスミンの花が咲く。
そしてそこかしこに誘惑の香りを振りまく。


                        


雨が降りしきっていたが期限が迫っていたので、なぎぃの就労継続支援B型の手続きに市役所まで出かけた。
福祉の窓口の人はてきぱきと書類を確認し、書き漏らした氏名を書き印を押して手続き完了。
毎年の様にこのような手続きが必要だと分かった。

3月から低空飛行のなぎぃ。
先週は相談支援員との面談があったらしく、支援員から連絡があった。


なぎぃは農場での作業をする作業所に行っている。
ところが冬場は農園外作業といって、お菓子の袋詰めや箱折りなど室内作業に選ばれて行くことが増えていった。
農園のノンビリとした作業と違って、ノルマがあり、間違えてはいけないというプレッシャーがかかる室内作業は、思ったよりも緊張を強いられた様子。
室内作業をした日には倒れ込むように寝てしまうこともしばしばだった。

室内作業は苦手だと言うように話すが、とても自分では言えそうになかった。

それでも、週に1日休んだりしながら作業所に通っていた。
前日に分かっている時はまだしも、ワゴンで作業所に向かう時に、「今日はこの4人が室内作業です」と言われたりして、疲弊していった。

季節の変わり目で精神的に不安定になる木の芽時のせいなのかと思って様子を見守っていたが、どうやら作業の問題が大きいと気付いて、作業所に連絡をした方がいいと思い始めていた頃、支援員との面談があったようだ。

支援員の計らいで、今後しばらくは農作業だけになると決まったらしい。


3月からずっと、好きなゲームをする気力さえ失っていたなぎぃだが、やっと元気が戻ってきた。
ゲームをする部屋に灯りが灯っているとホッとする。

もう少し早く相談支援員に相談すれば良かったかなと、ちょっと反省している。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

もう満開

2017-04-08 14:18:56 | 雑記
咲き始めたと思ったらすぐに満開になった桜。
今日は朝から雨に打たれていた。
咲き始めて間がないので、まだ散ってしまう程ではないようだ。




高速道路にある古賀パーキングエリアは、裏からも入れるようになっている。
同級生3人で、古賀パーキングエリアの桜を見に行った。



曇り空で、昨日から時折霧雨が降りてくるような湿度の高い日が続いている。
気温より湿度で蒸し暑さを感じるような毎日。

この陽気でスナップエンドウとサヤエンドウもたくさん実っている。


先週から急に暖かくなって、何を着たらいいのか戸惑ってしまう。
まだ寒いかもと思ってコーとを着ていくと、電車の中で暑くて困ってしまった。
今日はポロシャツ1枚でいいくらい暖かい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

開花宣言

2017-04-03 15:05:58 | 雑記
風はまだ冷たいが、陽射しは晴れて暖かい。。
市内は明日にも満開だというが、この辺りの桜もようやく開き始めた。


鹿児島の伯父からもらった3本のイワツツジは1本だけ生き残って、今年も花を付け始めた。



                              





3月25日、山口の維新百年記念公園で、「上関原発を建てさせない山口県民大集会」があり、取材に出かけた。


福島の原発事故から6年。
国は続々と原発を再稼働させようとして、裁判所も再稼働を認める判決を出している。

上関原発は、計画があったものの福島原発事故で一時中断した。
そのまま計画は頓挫すると誰もが思っていた。
ところが、去年県は建設へのゴーサインとも言える埋め立て許可を延長し、県議会は原発推進を決議した。

安部首相のお膝元の山口で、どんな忖度が働いているのか。

原発事故があって、もうこれで脱原発への流れができると思ったのは夢だったようだ。



                              



維新百年記念公園の池には鴨が群れていた。


駅までの道のりから見える風景にはどちらを見ても山がある。

こんなのんびりした風景を守るためにも原発は建てさせてはいけない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の憂鬱

2017-03-20 13:26:57 | 雑記
春分の日。
日の出が早くなって見られなくなる反面、仕事帰りに夕焼けが見られるようになる。
写真は駅の橋上コンコースから撮った夕日。

                        


昨日の春うららの陽気とは一変して、午後には雨になった。

憂鬱は漢字で書こうと思っても憶える気にもなれない漢字。
春は「木の葉、新芽時」と言われるいわゆる精神的に不安定になる時期。

毎年訪れる憂鬱な季節。
なぎぃは特に花粉症と相まって辛い季節。

どうにも身の処し方が分からないなぎぃの様子を、見ている家族も辛い。
春と秋、毎年同じように繰り返されるのに、慣れることはない。
仕事の日はなぎぃを忘れていられるが、休みの日は一日中姿を目で追い、機嫌を確かめ、ハラハラしたり心配したりの連続。

辛さに耐えられずに、甘いものを貪るように食ってストレスを発散する私。
痩せるはずがない。
胃が痛くても食べてしまうのは、私もどこか壊れているからだろう。



サヤインゲンの花がたくさん咲いている。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加