今日のお天気は・・・

何気ない日々の出来事をつづっていきます

だんだら雲

2020-01-17 23:16:04 | 雑記
昨日よりは寒さが緩んだように思う。
日本海側らしい曇り空。
予報では曇り時々雨だったが、薄日も差して洗濯物も乾いた。



三日前から、カビが生えたミカンの無事な方を切って、割りばしに刺してフェンスに乗せていた。
野鳥が食べに来たら写メを撮ろうと思っていたが、なかなかチャンスがなかった。
突いた後はあるものの、野鳥の姿は確認できなかった。
今日、やっとメジロがやってきて突いているのを発見。

ガラス越しにスマホで撮ったが、ピントが合わないのは仕方ない。
一羽が見張りをして、一羽が突いている。
一羽だけの時は警戒心満載で、10回ほどキョロキョロして1回突く。
ヒヨドリよりやっぱりメジロが可愛い。










午後の散歩で空を見上げると、だんだら模様の雲が広がっていた。



池にもだんだら雲が写っている。



こんな雲が出るとお天気は下り坂。
案の定、相撲の放送が終わる頃、雨が降り出した。

花が少なくなった風景に明るい色が目に飛び込んできた。
蝋梅だ。



半分透き通ったような不思議な花が、冬の景色を彩る。



オオイヌノフグリも咲き始めた。
コメント

平年並み

2020-01-16 20:51:45 | 雑記
曇り空が続き、日差しが恋しい季節。気温は平年並みだと言うが、より寒々しいように感じる。
洗濯物も湿気が残り乾ききれない。。

今日は午前中に通院で少し歩いたが、風がなくそれほど寒くはなかった。
コートを着ていても体温を奪うような北風が吹きつける冬の寒さは未だ来ない。



生協のお店で買ったたまご。


普段は食材はネットで生協に注文して、毎週金曜日に配達してもらう。
年末年始は配達がなく、正月用品もあって、怠りなく注文しているつもりでも抜けがある。
駅の近くに生協のお店があるので、とても助かっている。
年明けには、生鮮品のたまごや豆腐を買いに行く。

普段配達されるたまごも、ピンクや茶系だが、お店で買ったたまごがあんまりカラフルだったので思わず写真を撮った。
こんなに濃い茶色のたまごは滅多に届かない。

一般的に白い卵は白色レグホンの卵だが、病気に強くワクチンや抗生物質を投与しなくても元気に卵を産む鶏種の卵を生協では取り扱っている。
親鳥の色で卵の色が決まるので、茶色の卵が特に栄養価が高いわけではないが、やっぱり安心な気がして、わざわざ生協のお店までたまごは買いに行く。

一昨日は、箱買いしていたのに在庫が切れそうになって、ノンカップ麺を買いに行った。
歩いて買い物に行けるように、リュック型の保冷バッグをずいぶん前に購入していたのだが、やっと出番が来た。
買い物袋を提げるとウォーキングしにくいので、買ったものをリュックに入れて、歩幅を大きく取るように気をつけながら歩いた。なかなかいい。
やっと日の目を見たバッグ。これからは活躍するようにしよう。

コメント

冷たい雨

2020-01-14 22:18:16 | お天気
昨日から寒い。
と言っても一昨日までが温かすぎたため寒いのであって、小雪が舞うわけでもなく雨なのだから、寒いと言っても程度が知れている。



それでも、降っているかどうか分からないような細かい雨が落ちてきて、じっとしていると冷気がじわじわと染みこんできそうな湿気た寒さ。



思い切って冬のコートに帽子マフラーの完全防備で外に出ると、風がなく意外と寒くない。

坂道の途中の塀が美しくて足を止める。





緑と赤だけのようで、様々な緑色が存在して、しばらく眺めていた。



ハゼの赤ももう間もなく散りそう。



アイビーの紅葉は、色鉛筆や水彩ではなく油絵の具のクリムソンレーキでボリューム感を出して描きたい感じ。

線路際を歩いているとカンカンカンカンと踏切の警報が鳴り始めた。









撮ろうと思って待っていると、来るのは普通か快速電車。
諦めてその場を離れるて歩いていると、必ず青いソニックが遠くで通り過ぎていく。
やっぱりソニックの方がかっこいいなぁ。撮りたかったなぁと後悔する。

道草ばかりの雨の散歩でも、帰り着くころには身体も温まっていた。
コメント

カモの群れ

2020-01-11 22:09:27 | お天気
今日の天気予報は曇りだった。コンピューターの予報では雲のマークがずらっと並んでいた。
先日は、一日中曇っていたのにお日様マークがずらっと並んでいたのと反対で、今日は曇っていたのは朝の内で、青空が広がっていいお天気だった。

雲がぽっかり浮かんでいる様子を撮ろうと、いつものお散歩コースを巡りながらベストショットの場所を探していた。

蓮の浮かんだ池に青空が写って、柿の木の枝も加えるとなかなかいいアングルだと自己満足でスマホを翳していると、何やら大きめの鳥の群れが飛んでいる。



散歩をしていると、スズメやウグイス色の可愛いメジロの群れが、バサバサっと飛び去ったり、キーキー鳴いているヒヨドリがガサガサっと飛び去ったり、カササギや烏がバサッバサッと飛び去ったり、何も危害を加えようとするわけでもないのに野鳥たちは飛び去っていく。

ムクドリにしてはちょっと大きいなと思って見ていると。









突然池に舞い降りてきた。
鴨だ!とビックリ。

これまで鴨は池や川で見かけることはあっても、群れで飛んでいるのを見たのは初めてだった。
写真では表現できないが、重量感のある水鳥が飛んでいるのは迫力があった。

カラスやトンビの方が体は大きいが、彼らは軽やかに風に乗って飛ぶ。
鴨は頑張って飛んでいるように見えた。



先日イオンに行った時に、床に身長別の歩幅が描いてあって、何気に歩いてみると歩幅が全然足りなかった。大股で歩いた方が運動になると言われていることを思い出し、その日から二日ほど大股で歩くようにした。
ところが、股関節から臀部にかけて痛みが出た。
何だかがっかりして二日ほど散歩をサボったら痛みが消えたので、ただの筋肉痛だったようだ。何事もやりすぎは良くない。無理せず徐々にやればよかったのだ。

紅葉も終わり、花も咲いていないし、散歩の楽しみが減ってきていた。
昨日も気持ちの良さそうな晴天だったのに、散歩に出なかった。
今日は思い切って外に出て良かった。
コメント (4)

春の嵐のよう

2020-01-08 09:46:41 | 雑記
トップの写真は、先日の散歩で見かけた白鷺。
公民館の前の汚い溜池で時折見かける真っ白な鷺はなかなか撮らせてくれない。


                            


夕べから強風が吹き荒れ、暴風警報が出ている。
ゴーっと地響きの様な音に加えて、カラカラと高い音が混じり不穏な雰囲気。
南風が吹いた昨日はじっとりと暖かく、今日、西風に変わってからは気温が下がり始めた。

お天気がころころ変わるのは春の様だと気象予報士。
確かに冬は安定した冷たい高気圧が居座って、いつまで寒い日が続くのかとため息をつくのが普通だが、今年はちょっと寒い日と意外に暖かい日が周期的にやってきて、すでに春の様だ。
散歩に出るには困らない気候だが、本当にこれで自然は大丈夫だろうか?



イオンの郵便局に63円切手を買いに行ったら、何やら人だかりがある。
覗いてみたら恐竜がいた。しかも動いている。




目が合った!

動いている恐竜は、こどもが小さいころわざわざ「恐竜展」に連れて行って見せたことがあるが、今は近くのイオンで見られる時代なのかと、そっちの方が驚きだ。


                            



元旦のニューイヤー駅伝をTVで見ていると、近くに住むくぅがやってきた。
雑煮を作ってやり、おせちをつまみながら駅伝の様子について話をした。
ピンクのシューズを履いている人が多いと話すと、厚底シューズだという。

ピンクのシューズがネットで話題になっていたので読んでみた。

ナ〇キの厚底シューズで、箱根駅伝では80%以上がこのシューズを履いていたらしい。
ピンクだけではなくグリーンもあり、左オレンジ右グリーンは発売されておらず提供されたシューズとのこと。確かに右と左で色が違うシューズを見て変だなと思った記憶がある。

このシューズはカーボンプレートシューズで、タイムがでる、故障が少ないなどのメリットがあるらしい。
今年の箱根駅伝は区間新が多く、全体で6分も記録が伸びたというが、このシューズのせいなのか?と疑ってしまう。

くぅによれば、このシューズは耐久性が劣るため買い替える必要があり、このシューズに合った練習方法をする必要があるらしい。つまり資金が潤沢なチームが有利だということだ。
このシューズを禁止するという噂もあるらしい。
もし禁止されれば、また練習方法を変えなければならなくなる。
一時期流行った高速水着を思い出してしまった。

まぁしかし、ネットニュースによれば、一般の人でもこのシューズを履けば走りやすくジョギングを楽しむことができるというから、今後歩くのにもいいシューズが開発されればいいと思う。
高価できっと私は買わないだろうが。
コメント

神社の椿

2020-01-04 12:56:41 | お天気
昨日は雲の多い空だったが、今日は晴れて青空が広がっている。
風もなく、正月からこっちは12度くらいの過ごしやすい気温。春の様だ。



散歩でよく通りかかる小さな神社。
普段は人気もなく、石段に落ち葉が積もっているが、お正月とあって石段は綺麗に掃き清められ、しめ縄も新しくなっていた。




神社から道を挟んで向かい側は木々が自然のままに生い茂り、ヒヨドリが群れていることもあった。
12月のある日、通りかかるとそこには重機が入り木が切り倒されていた。
そのあたりは下から順番に整地され家が建っていたが、とうとう木も切り倒されてしまった。

正月は仕事も休みなのか歩いていても工事の音はしないが、普段だとあちこちで雑草が生い茂っていた場所が整地され、こんもりと茂っていた大きな木が切り倒され、古い家が壊されて新築の家が建てられる音がする。
古い家と新しい家を眺めながら散歩をするのもまた楽しい。
コメント (2)

散歩はじめ

2020-01-02 17:24:33 | お天気
朝から箱根駅伝をTV観戦。
往路優勝で青学が復活したことを確認した後、散歩に出た。
今年初とか、何々はじめとかを意識することはないが、タイトルが寂しかったのではじめを加えてみた。

いつもの緑地帯沿いの道を行き、いつもは曲がらない角を曲がって坂を下ると新しくできた公園に出る。
あまり人気のない公園に、珍しく今日は親子連れと通りかかった人がいた。
その公園に通じる道沿いに面白い木を見つけた。



「ねぇあんた~」と右側の木が抱き着いている。

風はそれほど冷たくはなく、雲が多い空から時折日差しがもれる。
速足で歩くのにはちょうどいい気温。

駅伝が行われた大手門から箱根は、気温が9度で走るのにはちょうどいいと解説者が言っていたが、9度なんてとっても寒そう!
今日は区間新の記録がたくさん出たのも、天候が良かったからと言っていた。
夏にマラソンではこうはいかないだろうと、夏の暑いときは散歩すらできなかった自分と比べて考えた。
それでもスポーツ選手は走るのだろうから大したものだと感心する。


草も紅葉して可愛い

オリンピックなんてと批判的な意識がある。
それでも競技に取り組む一人ひとりの姿には感動する。
TVもその時期にはオリンピック一色になって、結局見てしまうだろう。
自分の批判的な意識なんてそんなものだ。
コメント

あけましておめでとうございます

2020-01-01 11:45:25 | お天気
キリッとした大気を照らしながら太陽が昇ってきた。
TVでダイアモンド富士だ、初日の出だと日本各地の日の出が中継されていたが、九州は日の出が遅い上に山の向こうから昇るため、わが家に日差しが届くのは8時を過ぎていた。



今年の年賀状に使った写真
確か大阪にいる弟がねずみ年だったような。




今年も手抜きなんちゃって博多雑煮

本当はこぶに焼きあごするめを一晩漬けこみ鰹節を足してだしを取るのが博多雑煮の基本だが、今年も出しは手抜き。
なんとか鰤を乗せて博多雑煮の出来上がり。

恒例のニューイヤー駅伝を楽しみながら、お昼ごろに帰ってくるというくぅ(二男)に間に合うように、生協で注文していたおせち料理を切って陶器のお重に詰め込めば、わが家にもお正月がやってくる。
コメント (4)

怠慢主婦の大晦日

2019-12-31 20:59:40 | 雑記
30日は雨模様で気温が高く変なお天気だったが、今日はグッと気温が下がった。
冷たい北風に吹かれても晴れ間が出て、今日は気持ちが良かった。

夫は掃除の仕事をなりわいとしている。
家のことは、「金にならないからしない」と冗談めかしてここ2年ほどは忙しくてやってもらえなかった。
今年は若い人二人も加わって、キッチンとお風呂場の掃除を今日してくれた。

毎年大掃除は適当な私。
父は窓を拭いたり外を整えたりするが、私は「うちはクリスチャンだから年神様は来なくていいのよ」とうそぶいて手抜き主婦を決め込む。
それでも、ピカピカのキッチンとピカピカのお風呂は気持ちのいいものだ。

キッチンが使えないのでなぎぃとスターウォーズを観に行った。
シリーズの終わりは見届けないと!と、大晦日にのんびり映画を観るうしろめたさを誤魔化す。

歩いて30分で映画が観られるので今年は結構たくさん映画を観た。
見終わったらお昼を食べながら映画の話をする。
今年、なぎぃは「ジョーカー」を3度も観たという。
最初は私と。次は行きつけのカフェの店主と。それからその店主とスタッフの3人で行ったと。
「ジョーカー」は、面白かったとつまらない分からないと意見が分かれた映画だった。
端的に言えば「幸せな人には分からない映画だ」と、なぎぃと話す。
私の中のダークサイトが「ジョーカー」の悲しみに共感した。
今年観た映画の中では一番だったと思う。

つらつらブログを書いていると、第9もいよいよ第4楽章に入った。

今年こんなブログでも読んでいただいてありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
コメント (4)

年の瀬の景色

2019-12-29 22:28:21 | お天気
冬らしい天気が続く。
晴れていたかと思ったら空は雲に覆われて北風が冷たい。
雨は降らないが洗濯物は冷たくて、乾いたのか湿気ているのか分からない。
しばらくサンルームにつるしてから片付ける。

木々も葉を落として、木立の隙間から空が見える。
森だと思っていた緑地も、枝だけになった木々も多くなり明るく林だったことが分かる。


わずかに残っている紅葉は若いはぜの木。





紅葉が少なくなり、もちろん花も少なくなると、散歩もちょっとつまらない。


土曜日に、以前住んでいた福岡市内の友人二人とランチをした。
誕生日が近いので、年に一回のお誕生会と称して、ちょっと豪華なランチをいただく。
今回は「阿蘇あか牛モモ肉 ステーキ」がメインのランチ。
それぞれの近況を報告しながら、楽しくておいしいひと時を過ごした。

日曜日は父と教会へ。今日は礼拝後に大掃除。
20人ほどが残って窓ふきをしたが、それほど広くないので1時間もかからずに終了。

明日は生協で注文していた正月用品が届く。
明後日は、掃除が仕事の夫が数年ぶりにキッチンの掃除をやってくれるそうだ。
換気扇がきれいになって年を越せる。
大掃除をしなくても年は越せるというのが、毎年この時期の私の口癖だが、やってくれるというのだから任せて、その間なぎぃと映画でも観に行こうと計画している。
コメント (2)

メリークリスマス!

2019-12-24 22:43:01 | 家族
夕方6時から始まる燭火礼拝に参加するために、西の空がオレンジに染まっているのを横目で見ながら教会まで車を走らせた。

クリスマスイブは、病院や駅、教会に来られない信者の家などに行き、キャンドルを持って賛美歌を歌うキャンドルサービスが行われる。
子どもの頃、大人に混じって幼稚園バスの小さな座席にお尻を押し込んで各所を回り、ろうそくの火で賛美歌を歌うのはワクワクして楽しかった。
数年前までは父もキャンドルサービスに参加していた。ああだった、こうだったと、楽しかった思い出を語っていた。本当は今でも行きたいのだろう。

夜のキャンドルサービスの前に燭火礼拝が行われる。それは、ジュニア(教会学校)の小中学生がクリスマスページェントを演じ、その合間に賛美歌を歌い、ちょっとだけ牧師の話もあるという礼拝。
普段礼拝に来ない子どもたちの家族も参加するので、賛美歌の歌詞はプロジェクターに映して歌う。皆でキャンドルに火を灯して行う礼拝は、静かで厳かな雰囲気。子どもたちも一生懸命覚えたセリフでページェントを演じ、会堂に暖かい拍手が溢れたクリスマス礼拝だった。

帰りは真っ暗で、夜道の運転は久しぶりなのでちょっとドキドキした。

メリークリスマス。世界に平和が溢れますように!
コメント

12月の散歩道

2019-12-24 11:38:09 | 雑記
写真では冬日和の日差しが温かそうだが、今日は雲が空を覆い日差しがないためうすら寒い。
天気予報ではお日様マークが並んでいる。確かに雨は降らないだろうが、日差しがないのにお日様マークは納得がいかない。コンピューターによる予報だと言い訳する気象予報士。コンピューターに負けないで雲マークを並べてほしかった。


木守り。

本来の意味は、全部を収穫せずに残すことらしい。
一説には鳥のために残しておくと言う。
この木は人は誰も採らず、スズメやメジロが突いていた。
最後に残った実がまるで木守りの様だ。






小山を切り開いてできた住宅地のため、ところどころにこんな林が残っている。
鳥たちの住処になってにぎやかだ。
ところが最近、わずかに残された林が切り開かれ整地され家が建ち始めた。
歩いていると、突然木が切られパワーショベルが唸っている場面に出くわすとがっかりする。
自分の土地ではないから文句は言えないが、小鳥たちの住処はどんどんなくなっていく。


公園の大木は大きくなりすぎたためかバッサリと切られてビックリ。


西に向かう飛行機がコントレールを描く。


人工的に作られた水路にカモの一家が餌をついばんでいる。


フェンスの隙間にスマホのレンズを合わせると、こんな写真取れた。


今年最後の満月。
家と家の間から昇っていく。

撮りためた写真を脈絡もなく並べてしまった。
今年の写真は今年に内に~ということで、ご容赦いただきたい。
コメント (2)

なんちゃってクリスマスディナー

2019-12-23 22:18:59 | お天気
12月のある散歩の日。コントレールが幾筋も現れた。
このコントレールは立体的に見えて、いよいよ乱視が進んで雲が二重に見え始めたかと思った。
よく見ると、コントレールの影が背景の雲に出来ている。
こんなコントレールを見たのは初めて。


12日の夜明け。



13日の夜明け。


今日は生協で注文していたクリスマスケーキが届いたので、夕食も「なんちゃってクリスマスディナー」!



夕方の散歩で出会った紅いハゼ。

わが家の辺りは山を削って作った建売住宅地で、地形に沿って細い道が伸びている。
子どもの頃、家庭訪問のたびに迷路の様だから案内してと先生に言われた。
今散歩をしていても、迷路に迷い込むと思わぬ景色に出会いハッとさせられる。
迷い込んでも道はやっぱり続いていて、方向さえ間違えなければ戻ってこれる。
時間の制約のない散歩は迷路を楽しむ時間になった。
コメント

12月10日の朝焼け

2019-12-22 22:38:00 | お天気
トップは午後の青空。残った桜の葉が青空に映えていた。


夜明けの空。

この日の空は刻々と表情を変えた。それほど寒くない朝だったからベランダでたくさん写真を撮った。

時間経過の順番に写真を並べてみる。















お日様が昇る辺りは茜色が強く、北の空は雲がピンク色に染まって、こんなに楽しめる朝焼けは珍しかった。
コメント

クリスマス礼拝

2019-12-22 20:31:36 | 家族
朝から気温がググっと下がって冷たい雨の一日。
教会ではクリスマス礼拝が行われた。

一週ごとに灯していたろうそくも4本目が灯り、ポインセチアがクリスマスムードを引き立てる。
と言っても、教会の礼拝だから牧師の説教を聞き賛美歌を歌う。

子どもの頃は日曜学校と言って教会に通っていた。
学校とは別の居場所として、学校とは違う友達、優しい大人との交流が嬉しかった。
クリスマスに歌う賛美歌が大好きで、少し暗くなってから行くキャンドルサービスはワクワクした。
そのころと今では賛美歌の歌詞や聖書の訳が変わっている。

今日の聖書の箇所で、以前は3人の博士が星に導かれてやってくるとなっていたところが、なんと占星術の学者たちになっていて驚いた。

クリスマスの賛美歌はよく知ったメロディーなのに、歌詞が違っていて歌いにくい。
歳をとったせいか息も続かない。
それでもやっぱりクリスマスに歌う賛美歌は大好きだ。

雨脚が強くなった午後、父と一緒に教会から帰ってきたが、気持ちは何だかすっきりとしていた。
コメント (2)