花ごよみ

映画、本、写真など・

インビクタス/負けざる者たち

2010-02-15 | 映画
監督、製作はクリント・イーストウッド

27年もの間、刑務所に、
収容されていたネルソン・マンデラ。

アパルトヘイト政策終結を掲げ、
後に南アフリカ初の、
黒人大統領になった人物。

南アフリカ共和国大統領、
ネルソン・マンデラを
モーガン・フリーマンが演じています。

 

ラグビー・ナショナルチームのキャプテン、
フランソワにはマット・デイモン。

マンデラ大統領、目指すものは
白人、黒人の境界をなくし、
人種差別のない国家。

そういう考えの中、
ラクビーのワールドカップを、
人種融和策の好機ととらえ
国を一つにまとめようとする。



目指すはワールドカップへの出場。
そして優勝。

ネルソン・マンデラを描いた
ノンフィクションが、
元になっているそうです。

フランソワ(マット・デイモン)の心が
マンデラの大きな心に寄り添っていく過程、
マンデラの政治家としての技量、偉大さが
よく表現されていました。

スポーツを政治に、
うまく利用としていることは確かですが…。

ラグビーの試合は迫力ありました。
うなり声がすごくて怖いほど、
決勝戦は心の中で応援していました。
チームが急に強くなったのは謎でしたが…

マット・デイモン、
肩から腕、そして胸,
かなり大きくなっています。
トレーニングで体を作ったのでしょうか?



涙がにじむシーンも多くありました。
やっぱりクリント・イーストウッドの
作品はとても感動的。
映画に集中できました。

冬季オリンピックが始まりました。
あらためて思うに
スポーツの力ってすごいです。



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虚夢 (薬丸 岳 ) | トップ | 大阪天満の天神さん »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感動しながら (コスモス)
2010-02-15 12:14:52
 こんにちは~♪
kazuさん、柄にもなく感動して少し胸が痛くなりました。
 肌の色による差別は誰のせいでもないのに切ないですね。
白人、黒人の境界をなくし、人種差別のない国家を作る為に立ちあがる。
そしてスポーツのワルードカップ出場につなげてゆく。
 スポーツの世界には人種差別は無くて、公平で、正当に戦って?得た成績が全てですね。
コスモスさんへ☆ (kazu)
2010-02-15 22:54:24
こんばんは~!

マンデラのふところの深さに
感動しました。
ほんと偉大な人です。

スポーツの世界は
もちろん平等であるべきですよね。

哲学の道、コスモスさん
思い出の道なんですね。
桜のころ訪れたいです。
でもそのころは混雑がひどいでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
クリント・イーストウッド監督 「インビクタス/負けざる者たち」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
この間、TVのクイズ番組で「何故、映画館でレディースデーをやってる所は多いのに、メンズデーをやってる映画館は少ないのか?」と云う問題が出ました。 そうそう何故なんだ?と自分も思ったンですが… 正解を聞いて、あぁ~~なるほど!と 女性は女性同士で連れ合っ...
【インビクタス 負けざる者たち】 (日々のつぶやき)
監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 「1994年、ネルソン・マンデラは南アフリカ共和国初の黒人大統領に選ばれた。 しかし未だ強く残る人種差別を失くすため、ラグビー
インビクタス 負けざる者たち (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。』  コチラの「インビクタス 負けざる者たち」は、本作で監督第30作を迎えたと言うクリント・イーストウッド監督が、ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の”負けざる魂”によって引き起こされた奇跡の実話を、映...
インビクタス/負けざる者たち (Movies 1-800)
Invictus (2009年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン 1995年、南アフリカで開催されたラグビー・ワールドカップに秘められた実話を描いたドラマ。 27年にも及ぶ投獄生活から解放...
インビクタス/負けざる者たち (試写会) (風に吹かれて)
国を一つにするために公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus2月5日公開実話に基づいたヒューマンドラマ監督: クリント・イーストウッド原作(原題:Play
劇場鑑賞「インビクタス負けざる者たち」 (日々“是”精進!)
「インビクタス/負けざる者たち」オリジナル・サウンドトラック「インビクタス負けざる者たち」を鑑賞してきました「チェンジリング」「グラン・トリノ」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、アパルトヘイト(人種隔離政策)後の南アフリカで開催されたラグビーワール....
インビクタス/負けざる者たち One World~( '∇^*)^☆Love~♪ (労組書記長社労士のブログ)
☆ パラオの記事、島さんたちに貰った写真加えたり、内容を加筆修正したりしていますので、お暇なら再び見てみてくだせ~ ☆ 【 {/m_0167/}=4 -3-】 不思議なもんだ、パラオでは一切見なかった仕事の夢、帰ってきた日の夜は「組合役員との議論の夢」、昨夜は「労使交渉...
お薦め映画『インビクタス/負けざる者たち』 (♪心をこめて作曲します♪)
★★★★★娯楽作品と言う程にはくだけていないものの、社会派ドラマの割にはユーモアもあり、手に汗握るスポ根ものとしても見ごたえあり。 鑑賞後がさわやかなお薦め作品である。
インビクタス/負けざる者たち (だらだら無気力ブログ)
『チェンジリング』『グラン・トリノ』のクリント・イーストウッド監督が アパルトヘイト撤廃後の南アフリカで開催されたラグビーW杯をめぐって 南アフリカ共和国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラとその周囲の 人々の感動の実話を描く。 原作は、ジョン・カー...
「インビクタス 負けざる者たち」やっぱり、イイな~。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[インビクタス/負けざる者たち] ブログ村キーワード  “クリント・イーストウッド監督第30作”「インビクタス 負けざる者たち」(ワーナー・ブラザース)。南アフリカでの感動の実話を映画化。相変わらずエエ仕事しますな~!イーストウッド監督。  南アフリカ...
[映画『インビクタス/負けざる者たち』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆うーん、面白かったですねえ。  『グラン・トリノ』に続いて、テーマは、民族の「融和」であった。  前作の町内レベルから、国家レベルへと、テーマがスケールアップしている。  アパルトヘイト下、27年間を「テロリスト」として獄中で過ごしたマンデラ氏が、南...
『インビクタス 負けざる者たち』 (めでぃあみっくす)
一つのチーム、一つの祖国。それがネルソン・マンデラ元大統領がただ一つ願う南アフリカの未来。 1995年のラグビーワールドカップでの感動的な史実を描いたこの作品は、「動」の物語を「静」の映画として見せるクリント・イーストウッド監督らしい、心と魂に響く映画でし...
インビクタス/負けざる者たち (心のままに映画の風景)
1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。 いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経...
『インビクタス/負けざる者たち』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「インビクタス/負けざる者たち」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 アンソニー・ペッカム□原作 ジョン・カーリン □キャスト モーガン・フリーマン、マット・デイモン、ザック・フュナティ、グラント・L・ロバーツ、  ...
インビクタス/負けざる者たち (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1990年、南アフリカ共和国。豪奢なラグビー練習場でプレイする白人たちと、道を隔てた原っぱでサッカーに興じる黒人少年たち。アパルトヘイトを象徴するかの光景が広がる。だが、歴史は変わりつつあった。 隔てる道を、30年近く政治犯として捕らえられていたネ...
インビクタス/負けざる者たち (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。クリント・イーストウッド監督、 モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、ラングレー・カークウッド、ボニー・ヘナ。原題はWilliam Ernest Henleyの詩の一篇Invictusから採られたラテン語で“unconquered”、征服されざるもの。...
インビクタス/負けざる者たち (Akira's VOICE)
期待の目にみごと応える爽やかな秀作。  
「インビクタス/負けざる者たち」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                         「インビクタス/負けざる者たち」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・クリント・イーストウッド 原作・ジョン・カーリン 脚本・アンソニー・ベッカム ジョン・カーリン原作の実話を題材に作られている作品である...
インビクタス/負けざる者たち (小部屋日記)
Invictus(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン/マット・デイモン/スコット・イーストウッド/ラングレー・カークウッド/ボニー・ヘナ ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 クリント・イーストウッ...
インビクタス‐負けざる者たち‐ (ダイターンクラッシュ!!)
2010年2月13日(土) 18:30~ チネ9 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認 『インビクタス‐負けざる者たち‐』公式サイト 巨匠イーストウッド先生の新作は、大統領役者モーガン・フリーマンをネルソン・マンデラに迎えた、素直でストレートな爽やかス...
インビクタス/負けざる者たち (Yuhiの読書日記+α)
ジョン・カーリン原作のノンフィクション小説を、クリント・イーストウッド監督が映画化した感動ドラマ。反アパルトヘイト運動に尽力し、南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラと、同国のラグビー代表チームのキャプテンとの人種を越えた友情を描く。キャスト...
【映画】インビクタス/負けざる者たち (新!やさぐれ日記)
▼動機 テレビ版CMの出来の悪さに反って興味を持った ▼感想 鑑賞後に色々と興味を持てる材料が残るところがよい ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領とな...
インビクタス/負けざる者たち (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告を観ただけで感動して涙腺が緩んだ映画で~すウルウル【story】1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図...
『インビクタス 負けざる者たち』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1994年、マンデラはついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップに向け、マンデラとチームキャプテンのピナ
「インビクタス」 負けざる魂の作り方ともたらすもの (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラの実話を元にした物語。様々な問題が山積する中で、人種差別もその重大な...
インビクタス/負けざる者たち (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[インビクタス/負けざる者たち] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年10本目です。 【あらすじ】 1990年。 人種隔離政策のアパルトヘイトに反対し、27年間も投獄されていたネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン...
「インビクタス/負けざる者たち」 俺たちのチーム (はらやんの映画徒然草)
タイトルにある「invictus」とは聞き慣れない英語だと思ったら、「不屈」を意
インビクタス 負けざる者たち (活動写真放浪家人生)
 <小倉コロナシネマワールド>  「あれ?なに?」・・・映画も終盤近くなって、突然、関係ないんじゃな
【映画】インビクタス/負けざる者たち…の記事&お盆はこうしてた! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
私のお盆休みの過ごし方。 13日(金曜日)…夜勤明けなので(しかも帰宅後ビールを少し飲んだので)昼過ぎまでダウン。 午後(14時頃)から、(嫁さんの)実家に行っていた嫁さんと娘に合流。 夜に...
映画『インビクタス 負けざる者たち』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-7.インビクタス 負けざる者たち■原題:Invictus■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:134分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月6日、シネパレス(渋谷)■予告編□監督...
『インビクタス/負けざる者たち』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 インビクタス/負けざる者たち 』 (2009)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、 ザック・フュナティ、グラント・L...