花ごよみ

映画、本、写真など・

虐殺器官  伊藤計劃

2017-02-12 | 本 あ行(作家)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

かなり前に買っていたSF小説。
映画化を知って読んでみました。

主人公はアメリカ情報軍大尉のクラヴィス。
舞台は情報管理社会が徹底した、
アメリカテロ後の世界。
そして現実味のある近未来。

後進諸国では内戦・虐殺が増加、
その背景にいる男、ジョン・ポール。

クラヴィスはジョン・ポールの
暗殺の命を受ける。


グロテスクな描写、結構多いです。
そんなシーンは
さっと読み飛ばしました。
本はそういう所は便利です。

脳の中の価値判断が、
ねじ曲げられると起こる虐殺。

戦争、内戦、悪と善、
情報管理された世界、
テーマはかなり広いです。

作者の伊藤計劃は
34歳で病気のため、
この世を去ってしまいました。
短すぎる一生、残念です。
解説によるとこの小説の、
第一稿も10日間で
書き上げたということです。
すごい筆力、そして才能、
本当にもったいないです。



『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 和泉リサイクル環境公園の梅の花 | トップ | 虐殺器官 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
虐殺器官  伊藤計劃/著  早川書房 (西京極 紫の館)
【紹介文】 9・11以降の、“テロとの戦い”は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。米......