花ごよみ

映画、本、写真など・

虐殺器官

2017-02-12 | 映画
34歳で病気で亡くなった伊藤計劃の、
デビュー作をアニメーション映画化。
も読みました。

ジョン・ポールという男を
追跡する命を受けた
アメリカ軍特殊部隊のクラヴィス・シェパード大尉。



言語学者のジョン・ポール。

クラヴィスはジョン・ポールが
チェコに潜伏しているという情報を得る。

追跡を開始するクラヴィス。

監督は、村瀬修功。

映画では母親との関連は
取り払われていて
すっきりとしていて
分かりやすかったです。

やっぱり映像化して、
視覚に訴える方が
頭の中にすっと入ってきます。

ストーリー自体は深く重苦しいですが
この作品のメッセージは伝わってきます。

言葉の持つパワーの怖さ
現代の世の中に対して不安感、

平和と虐殺は表裏という警告。
平和を守っていくのも
行き過ぎるとこわいです。







『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虐殺器官  伊藤計劃 | トップ | 雪景色の絵&家の梅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
虐殺器官  監督/村瀬 修功 (西京極 紫の館)
【声の出演】  中村 悠一(クラヴィス)  三上 哲 (ウイリアムズ)  櫻井 孝宏(ジョン・ポール)  小林 沙苗(ルツィア) 【ストーリー】 開発途上にある国々で頻発する紛争......
おこりうる未来の恐怖。~「虐殺器官」~ (ペバーミントの魔術師)
小難しい。(;^_^A右脳で感じても左脳で文章変換がうまくいきません、あしからず。「屍者の帝国」「ハーモニー」ときてラストにのこったのが実は3部作の最初に公開されるはずだった......
虐殺器官 (だらだら無気力ブログ!)
原作未読者には敷居が高い印象。