花ごよみ

映画、本、写真など・

カラスの親指

2012-12-16 | 映画

原作は道尾秀介の同名小説。
主演は阿部寛。
監督は伊藤匡史。

不幸な過去を持つ詐欺師二人、
タケ(阿部寛)とテツ(村上ショージ)。

詐欺師二人と同居することになった、
姉妹と一人の男性。

姉妹の姉を石原さとみ、
妹は能年玲奈。
そして小柳友。

5人の共同生活、
そしてその5人が決起する。

原作は読んでいるので
映画化したらどうなんだろうと
期待しながら映画館に、
足をはこびました。

二人の不幸を引き起こした過去の出来事が
割と省略して描かれていたので
心の闇や重々しさを、
あまり感じとることもなく、
ほっこり出来るストーリーになっていました。

ドキドキ感は、
すでに本を読んでいるのでなかったですが、
内容を知らなくてだまされた方が
楽しめたかも。

160分もあったと帰ってから知りびっくり。
時間の長さは、
全く感じませんでした。

村上ショージ、大阪弁しゃべらないので
あれっと思いましたが
それもなにか意味があるのかな。
変な標準語で詐欺師っぽいとか。

姉妹の妹を演じる河合まひろの能年玲奈。
それに姉の河合やひろを演じた石原さとみ
気弱な貫太郎を演じた小柳友、
みんな適役でした。

詐欺師のタケ(阿部寛)と
テツ(村上ショージ)もいいコンビでした。



それぞれが不幸を背負っているのに、
暗さを感じさせませんでした。
結局はいい出会いだったんだなあと思い、
映画を見た後は温かい気分になりました。

本の感想は→こちらです。








『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 同期  今野 敏 | トップ | 家の花たち »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ニュートラル〜 (cyaz)
2012-12-18 08:22:47
kazuさん、おはようございます^^

原作の良さと、映画としての良さ、
それぞれが活かされていたと思います。
最初、ショージさんにはどうなるかと思っていましたが、
あの胡散臭さは“吉”と出たような気がします。
阿部ちゃん、今回の作品は自身がニュートラルな演技を目指したとかで、
時にそんなスタイルも必要かと思いました。
あの『テルマエ・ロマエ』のあとだけに(笑)
Unknown (kazu)
2012-12-18 19:02:52
こんばんは

映画だからこそ表現できたという
ものもありましたね。
この映画ショージさんに興味があって
見にいったようなものです。
ショージさん
何とも不思議な胡散臭さがありましたね。
阿部ちゃん
そういえば今回はニュートラルな演技でしたね。なるほど、それを目指していたんですね。
日本インターネット映画大賞募集中 (日本インターネット映画大賞)
2012-12-30 21:36:40
突然で申しわけありません。現在2012年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/17(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です(http://twitter.com/movieawards_jp)
日本インターネット映画大賞さんへ (kazu)
2013-01-01 00:12:51
こんばんは

お知らせ頂き、
どうもありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「カラスの親指」助けた少女たちと共同生活した先にみた大勝負で騙し見事に騙された親指詐欺師の親心 (オールマイティにコメンテート)
「カラスの親指」は詐欺師のコンビがある日突然少女を助けた事で姉妹とその恋人との共同生活をする事となり、過去の因縁から5人は狙われてしまうが、5人は最後の大勝負を掛けて ...
映画「カラスの親指」を観ました!!(2012-17) (馬球1964)
映画「カラスの親指」を観ました!!
「カラスの親指」 都合がいい感じ、それが・・・ (はらやんの映画徒然草)
事前情報をあまり入れないで観賞しました。 詐欺師のお話というのは知っていたという
カラスの親指 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
カラスというのは詐欺師のことで、誰が親分なのかは最後までわからないのがいい。人間の5本の指でほかの4本としっかり向き合えるのが、親指だけだという。言葉遊びのユーモアもあって、時々笑える物語になっている。
カラスの親指 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(10) 笑えることに、ラストでタケが西、テツが地下鉄へと去り
カラスの親指 (心のままに映画の風景)
詐欺師のタケ(阿部寛)は、どこかマヌケなテツ(村上ショージ)と成り行きでコンビを組んでいた。 ある日、街で偶然知り合った少女まひろ(能年玲奈)が、姉のやひろ(石原さとみ)とその彼氏貫太郎(小...
【カラスの親指】もう騙されちゃってるもんねぇ (映画@見取り八段)
カラスの親指    監督: 伊藤匡史    出演: 阿部寛、石原さとみ、能年玲奈、小柳友、村上ショージ、鶴見辰吾、ベンガル、ユースケ・サンタマリア、戸次重幸、なだぎ武、上田耕一 公開: 2012年11月23日 2012年11月26日。劇場観賞。 原作は第62回日本推理作家協会...
『カラスの親指』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「カラスの親指」□監督・脚本 伊藤匡史□原作 道尾秀介□キャスト 阿部 寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈、小柳 友■鑑賞日 12月2日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)...
「カラスの親指」気楽に見られる160分! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[カラスの親指] ブログ村キーワード  阿部寛、今年3本目の主演作!「カラスの親指」(20世紀フォックス映画)。刑事、古代ローマ人に続いて今度はプロのサギ師。さあ、あなたもダマされちゃいますか?  武沢竹夫(阿部寛)=通称・タケは、8年前に自身に振りかか...
映画「カラスの親指」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「カラスの親指」観に行ってきました。道尾秀介の同名小説を実写化した、阿部寛と村上ショージが主演を担う人間ドラマ作品。物語最初の舞台は競馬場。競馬場の馬券売り場で、あ...
カラスの親指 (映画的・絵画的・音楽的)
 『カラスの親指』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)阿部寛がお笑いの村上ショージと共演するのが面白いと思い、映画館に出かけました。  物語の冒頭では、競馬場で、どの馬券を買うべきか思案に暮れている男タケ(阿部寛)が映し出されます。すると彼のそばに、いかに....
【勝手に能年玲奈祭りパート2】東京国際映画祭・特別招待作品『カラスの親指』ワールドプレミア&完成披露プレミア試写会@TOHOシネ... (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
基本、キャストを見られなきゃ映画を見ない人(爆)10/20(土)〜28(日)までTOHOシネマズ六本木ヒルズなどで行われた「第25回東京国際映画祭」でワールドプレミアとして、また11/8( ...
カラスの親指 (銀幕大帝α)
2012年 日本 160分 サスペンス/ミステリー/コメディ 劇場公開(2012/11/23) 監督:伊藤匡史 原作:道尾秀介『カラスの親指 by rule of CROW's thumb』 脚本:伊藤匡史 出演: 阿部寛:武沢竹夫 村上ショージ:入川鉄巳 石原さとみ:河合やひろ 能年玲奈...
カラスの親指 (いやいやえん)
わけあって短信です。 ・美人姉妹がかーわいい。準主役は能年玲奈さんなのだ ・コミカルなコン・ゲーム、詐欺師の物語です ・親指は他の全部の指と向き合える(確かに!) ・どんでん返し自体はそんなにびっくりするものではなかった ・ストーリーは良く練られて...
映画「カラスの親指」のブルーレイを見ました(能年玲奈とホールトマトと猫) (翼のインサイト競馬予想)
映画「カラスの親指」のブルーレイを見たのでレビューしてみたいと思います。 You
カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (のほほん便り)
「あまちゃん」で大ブレイクする前の能年玲奈、奔放プリティ娘キャラ・全開になる前の石原さとみが、実にキュートでのびのび。キラキラしてます。主演の阿部寛は、もちろん、安定の存在感。村上ジョージの配役は、意外に見えて、最後まで見ると「…なるほど」。一見、素朴...