花ごよみ

映画、本、写真など・

真夏の方程式 東野圭吾

2012-03-18 | 本 な、は行(作家)

真夏の方程式

夏休みに、伯母一家経営の、
美しい海辺の町に立つ旅館で、
過ごすことになった、
小学校5年生の少年、恭平。

仕事のため訪れた湯川も、
同じくその宿に宿泊。

もう1人いた宿泊客が、
翌朝、命を落としていた。

彼は元刑事だった。
これは事件か事故か?

彼がこの町に来た理由は?
湯川はなにに気づいたのか?

湯川博士登場の長編ガリレオシリーズ。


過去に犯してしまった罪を償わず
その秘密を覆い隠すため
また罪を重ねる。

加害者は何もなかったように生きている。

過去の事件と現在の事件との関連性。

罪のない善良な被害者である元刑事、
被害者、遺族は気の毒過ぎます。
このまま事件を事故のままで
終わらせていいのでしょうか?

事実を明らかにしないというのは
疑問に感じました。

過去の事件に対する、
旅館の娘である成美の行動も、
いまいちはっきりしなくて
共感には至りませんでした。

恭平はこれからの人生、
耐えられないほどの重荷を背負って、
生きていくことになります。

秘密を守りたいという理由だけで
大人達のしでかした行為は
許されないと思います。

恭平を見る湯川の、
温もりのある目が救いでした。




『小説』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪城公園梅林 満開の梅の花 | トップ | 四天王寺と一心寺 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2012-03-18 12:00:51
今回の湯川さんは人情派でしたね。

大人の手前勝手な事情に、もう少しであの少年がそれこそ大人になった時に同じような人間になっていまうとこを湯川さんが救ってくれたような気がします。
けんさんへ (kazu)
2012-03-18 19:46:10
こんばんは

湯川さん、
今回は人情たっぷりなところが
目立ちましたね。
大人達、本当に身勝手でした。
このままでいいとは
思えないです。
あの少年湯川さんが救って
くれましたね。
Unknown (苗坊)
2012-03-19 10:23:42
こんにちは。
ガリレオシリーズにしてはトリックというものはあまりなくて人情ものっていう感じでしたね。
何だか大人が子供を上手く利用しているみたいな気がしてむかむかして読み終えました。
湯川はきっと最初から分かっていたんですよね。こんな人らしい部分もあったのか!と意外な一面を見れた作品でした。
苗坊さんへ  (kazu)
2012-03-19 21:01:38
こんばんは

TB、コメントありがとうございます。
この作品はトリックが
あまり無かったですね。
大人の勝手で子供を利用して
腹立たしい気分が残りました。
この小説、湯川の人間味を感じさせてくれました。ちょっと意外でしたね。
読んだよ(笑) (しんちゃん)
2012-11-14 19:09:17
 第一の殺人はやっぱ時効だからかも。
今はもう殺人事件の時効ってなかったかな?
で、犯人もその身代わりになった人も納得した上でのこと・・・要するに身代わりになった人の気持ちをくんだってことでしょうね。

 でも、この作品はも一つだったなぁ(笑)
っていいながら、今店頭に並んでる7・8も買いそうな私(笑)

 
しんちゃんへ (kazu)
2012-11-14 20:47:59
こんばんは

今は時効はなくなってしまいましたね。
身代わりになった人の気持ちを
くむって…
なんだか納得はいかないですね。

も一つと思ってもまた新しいのを
読みたくなるんですよね。
分かる分かる(笑)

コメントを投稿

本 な、は行(作家)」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

真夏の方程式/東野圭吾 (本と映画、ときどき日常)
今回の湯川学は人情派です。 ちょっとセンチメンタルです。 都市計画が進められようとしている海の綺麗な田舎の寂れた観光地。 そこで起こった殺人事件。 おなじみ湯川学が、少年と触れ合いながら事件の真相を導き出していきます。 これはもうミステリーではありま...
真夏の方程式 東野圭吾 (苗坊の徒然日記)
真夏の方程式著者:東野 圭吾文藝春秋(2011-06-06)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れた湯川も、その宿に ...
東野圭吾 「真夏の方程式」  (こみち)
JUGEMテーマ:読書感想文    ◆ガリレオ シリーズ    今回の事件では、関係者の知られたくない過去と忘れたい出来事が  キーワードになっていました。環境問題のシンポジュームに参加した  元刑事...
真夏の方程式 (どくしょ。るーむ。)
著者:東野 圭吾 出版:文藝春秋 感想: 東野圭吾さんの『真夏の方程式』はガリレオシリーズの新作。 夏休み中の少年と知り合った湯川。そこで殺人事件に遭遇して、という話。 今 ...
本 「真夏の方程式」 (はらやんの映画徒然草)
東野圭吾さんの「ガリレオ」シリーズの最新長編です。 「容疑者Xの献身」もそうなの
真夏の方程式*東野圭吾 (+++ こんな一冊 +++)
真夏の方程式(2011/06/06)東野 圭吾商品詳細を見る 夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れた湯川も、その宿に滞在することを決めた。翌朝、もう一人の宿泊客が変死体で...
真夏の方程式 (Akira's VOICE)
東野圭吾 著 
東野圭吾『真夏の方程式』 (itchy1976の日記)
真夏の方程式東野 圭吾文藝春秋 今回は、東野圭吾『真夏の方程式』を紹介します。久しぶりのガリレオシリーズですね。ミステリーとしてはあっさり目だとは思いますが、ガリレオ先生と子どものふれあいなんていうのは今までとは違うし、環境と科学技術のつきあい方は福島...
真夏の方程式 / 東野圭吾 (勝手に書評)
タイトル : 真夏の方程式 著者 : 東野圭吾 出版社 : 文藝春秋 ---感想--- 東野圭吾のガリレオシリーズ。 この所、東野圭吾と言えば、新参者でおなじみの加賀恭一郎シリーズが多かったのですが、久しぶりの湯川学登場です。って言うか、はじめ、加賀が出てくる....
読書日記364:真夏の方程式 by東野圭吾 (書評:まねき猫の読書日記)
タイトル:真夏の方程式 作者:東野圭吾 出版元:文藝春秋 その他: あらすじ---------------------------------------------- 夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れた湯川も、その宿に滞在することを決めた。翌朝、もう一人の宿...
真夏の方程式 東野圭吾著 文藝春秋社 (極私的映画論+α)
 映画化が発表されたので・・・
『真夏の方程式』 東野圭吾 (【徒然なるままに・・・】)
夏休みを一人で玻璃ヶ浦にある親戚が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平は、電車の中で湯川と知り合う。湯川は海底鉱物資源開発を進める会社に頼まれ、地元との説明会に参加するため同じ電車に乗り合わせていたのだ。そして恭平と同じ旅館に泊まることを決めた。...
真夏の方程式 (本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館])
 「今回のことで君が何らかの答を出せる日まで、私は君と同じ問題を抱え、悩み続けよう。忘れないでほしい。君は一人ぼっちじゃない」  柄崎恭平は小学五年生。彼が博士と ...