花ごよみ

映画、本、写真など・

儚い羊たちの祝宴  米澤 穂信

2012-01-31 | 本 ま、や行(作家)



「身内に不幸がありまして」
「北の館の罪人」
「山荘秘聞」
「玉野五十鈴の誉れ」
「儚い羊たちの晩餐」
これら5編の連作短編集。

すべてが女性の一人語りで成り立ち、
女性達はお嬢様かその使用人。
女性ばかりです。

そしてそれぞれが上流階級の、
お嬢様達が集う大学の読書サークル、
「バベルの会」に
関係しています。

「バベルの会」にリンクした、
5つの事件が書かれていますが
主人公も事件の内容も、
すべてが独立した話になっています。

湿度を感じさせる古い館が舞台。

現実感のない独特の空気が流れる中で、
5編とも人間の残酷で歪んだ心が
最後の方でぬくっと顕れて、
なんとも言い難い、
ひんやりとした怖さが残ります。

本を読み終えてから、
“ラストの一行で世界が反転”と
帯に書かれているのに
気づきました。

なるほど…
そう言われてみれば
短編すべてラストが衝撃的でした。
どすんと落とされ、
一瞬思考停止に
陥ってしまうような‥




『小説』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 淡路島 イングランドの丘 | トップ | 家の花たち »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (苗坊)
2012-02-02 00:29:52
こんばんは^^
この本文庫化されているんですね。
読み進めていると、米澤さん自身が本当にミステリが好きなんだろうなと思える箇所をところどころに感じました。
どの作品も最後に裏切られた気がします。ぞぞっとしますよね。
苗坊さんへ  (kazu)
2012-02-02 21:15:19
こんばんは

文庫化されていたので
読みました。
米澤さんのミステリ好き、
色んなところで見つけられますよね。
この本のすべての作品が
ラストで軽やかに裏切られてしまい
唖然となりますね。

TBありがとうございました。
Unknown (リバー)
2012-02-09 08:39:03
TB ありがとうございます。

たしかに独特の空気感
ドロッとした怖さが・・・

ラストはなかなか驚きました
リバーさんへ (kazu)
2012-02-09 20:27:03
こんばんは

こちらこそTB、コメント
ありがとうございました。
一種独特の雰囲気が
ありましたね。
ラストは唖然。。
ですよね。

コメントを投稿

本 ま、や行(作家)」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

儚い羊たちの祝宴 米澤穂信 (苗坊の徒然日記)
儚い羊たちの祝宴 「身内に不幸がありまして」 村里夕日は孤児院で育ち、5歳の時に丹山家に引き取られる。丹山因陽の娘、吹子に仕える事になった。夕日は吹子に命ぜられ、秘密の ...
『儚い羊たちの祝宴』/米澤穂信  ◎ (蒼のほとりで書に溺れ。)
ほほう・・。ラストで覆される、ってのは前評判で聞いていたのですが、なるほどですね。 読書会「バベルの会」に所属する娘たちの周辺で起きる、不吉な事件の数々。 以前読んだ『story Seller』に収録されていた「玉野五十鈴の誉れ」も、4編目に入っています。
最後の数ページで (笑う学生の生活)
小説「儚い羊たちの祝宴」を読みました。 著書は 米澤 穂信 5編からなる短編集 それぞれ独立した話として読めますが 繋がりあったりして 殺人が絡むのですが、ミステリというよりかは ホラー的かなぁと 怖い そんな感じ 「ラスト1行の衝撃」という謳い文句ですが ....