立ち喰い Style

ファストフードの原型、立ち食いという様式美

▲最近、追記されたお店

2016-06-24 15:15:42 | お知らせ/コラム
飯田橋 「豊しま 飯田橋店」 '16/6/24追記 暗黒ツユの愉悦♪
JR北千住駅 「そば処(北千住下りそば)」 '16/6/23追記
市川 「文殊 市川店」 '16/6/18追記
後楽園 「地下鉄 後楽園そば コーナー」 '16/6/7追記
原木中山 「原木そば」 '16/6/4追記
高田馬場 「幸寿司」 '16/6/3追記

馬喰横山 「みまつ」 '16/5/30追記
市川 「鈴家(すずや)」 '16/5/28追記
市ヶ谷 「瓢箪」 '16/5/24追記
JR稲毛駅 「菜の花そば(旧 湾岸そば)」 '16/5/18追記
津田沼 「つだ沼そば」 '16/5/3追記 前を通っただけ...w
葛西 「葛西めんや」 '16/5/2追記

五香「我孫子 弥生軒」 '16/4/25追記
九段下 「むさしの」 '16/4/21追記
神保町 「いわもとQ」 '16/4/20追記
京成高砂駅 「都そば」 '16/4/10追記
中野 「かさい」 '16/4/6追記
西神田 「うちそば」 '16/4/1追記

神保町 「梅もと 専大通店」 '16/3/21追記 しばらく休業とのコト...
新小岩 「そば処」 '15/3/19追記
津田沼 「富士そば 津田沼店」 '16/3/18追記
JR蘇我駅 「イッツエル」 '16/3/13追記 '15/9閉店→いろり庵きらく '16/3/24オープン
八重洲 「わんぱく」 '16/3/9追記
稲毛 「陣八そば」 '16/3/9追記

JR仙台駅 「杜」 '16/2/26追記
JR西船橋駅 「菜の花そば 西船橋店」 '16/2/19追記
目黒 「田舎」 '16/2/18追記
船橋 「ゆで太郎 船橋北口店」 '16/2/14追記
千葉 寒川町 「寒川そば」 '16/2/11追記
JR下総中山駅 「あじさい茶屋」 '16/2/3追記 休業中、2/21~「いろり庵きらく」に

千葉 「富士そば 千葉店」 '16/1/29追記 他店の閉店情報を追記
JR海浜幕張駅 「そばいち」 '16/1/26追記
八重洲 「わんぱく」 '16/1/7追記
東京メトロ西船橋駅 「めとろ庵」 '16/1/6追記

JR立川駅 3-4番線ホーム 「清流そば」 '15/12/28追記 「おでんそば」調査♪
新小川町 「稲浪」 '15/12/24追記
日本橋 「よもだそば 日本橋店」 '15/12/22追記
JR高尾駅 「そば処 高尾山」 '15/12/12追記
JR新検見川駅 「花見川そば」 '15/12/3追記

亀戸 「元」 '15/11/28追記
曳舟 「侍」 '15/11/21追記

JR松戸駅 「喜多そば 松戸店」→「大江戸そば」 '15/10/25追記 また、喜多そばが...2店も
金町 「そばっ子」 '15/10/12追記
JR亀有駅 「そば処(亀有そば)」 '15/10/12追記
馬橋 「そば処 兎屋」 '15/10/12追記
JR下総中山駅 「あじさい茶屋」 '15/10/10追記
JR西船橋駅 「菜の花そば 西船橋店」 '15/10/3追記

りんかい線 国際展示場駅 「あずみ」 '15/9/29追記 もう行かないよー
JR新木場駅 「湾岸そば」 '15/9/29追記
JR飯田橋駅 「あずみ」 '15/9/26追記
JR南浦和 「めん処 一ぷく 南浦和店」 '15/9/21追記 9/末 閉店
春日 「おか田」 '15/9/8追記 8/末 閉店('15/12 日本橋本町 新店舗オープン)
春日 「そば処 武田」 '15/9/8追記 7月閉店→「天かめ」になった!!

※原則1店舗1エントリーでやっている関係で自分でも追記/更新が判り難くてイカンので設置
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

JR米沢駅 「立ちそば処 鷹」

2016-06-20 12:12:22 | 駅そば
JR米沢駅 改札を出て、すぐ左。観光案内所や各種売店のあるスペースにある店。


「立ちそば処」というように、厨房前のストレートな立ち食いカウンターのみと潔い。
カウンターに冷水ピッチャーとコップあり。


月見そば 350円。
柔らかめで太めの袋入り茹で麺、ほのかな出汁と甘みを感じるシンプルなツユ。
どこかで食べたような味と組み合わせ......花かつおを載せたら福井駅の「今庄そば」に似てるかも。

「特おにぎり」は「きなみ」...きゅうり、なんばん(青唐辛子)、みょうが
各種トッピングあり、割り箸使用です。
隠れてるけど...ご飯は「山形県産米どまんなか」を使用...

そばには「細麺」もあり、見た感じでは確かに細めの袋入り茹で麺でした。
LM2さんのレポートによると仙台から取り寄せているらしい...千鳥屋製麺?


店頭メニューと券売機メニュー。「牛肉そば」「山形のだしそば」がお店のオススメ。
玉子は「生玉子」「茹で玉子」「温玉」を用意している。
トッピングは安いのと高いのと二極化してますね。
天ぷらは単品80円で玉ねぎ主体で干しエビが真ん中に載ったかき揚げ。ペラっとしてて良さそう。
次に行った時は「天ぷらそば」食べなくちゃ。

食品衛生許可証は駅弁の「新杵屋」名義で、実際の運営は新杵屋が行っている。
店舗の管理/管轄はJR東日本東北総合サービス(JR-TSS)となっている模様。

立ち食い様式美:★★★★
※味の評価ではありません

鷹 - 米沢(立ち食いそば) [食べログ]


米沢駅の4-5番線は米坂線ホーム。
米沢駅と新潟県村上市の坂町を結ぶ非電化路線。キハE120型

ずんずん行くと、5番線

切り欠きホームはなんかイイよね。

キハ110型。

仙台から仙石線で山寺や山形、天童には行った事があったけれど、米沢は初めて。
なかなか良いところな気がします。温泉も近いし。

せっかく、米沢に来たので、東部食堂で「米沢ラーメン」。




中華そば 600円。多加水ちぢれ細麺は米沢の「黒中華」っていうらしい。岸製麺の麺。

うまかった…うめなぁ、おしょうしなッス。

新潟ラーメンに似ているんだね。喜多方ラーメン(太麺だが)とも通じる所もあるのかな?
今回の「鷹」にも福井の「今庄そば」を感じたけれど、越前から越後、会津、米沢と繋がっているのかもしれない。
上杉家の移封変遷と重なっているのも面白い。そういう歴史があるからなのかな。

山形には「味マルジュウ」という出汁入り調味料があるのだが、ここ米沢には「うまいたれ」というのがあった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

品川 港南口 「富士そば 品川店」

2016-06-08 13:15:46 | そば・うどん
ちょっと特殊な作りなので。

正面から見ると、まぁ、普通。横に長いくらい?
実はここは尖ってる鋭角地。
左手から裏に回ると。

こんなテラス席?になっている。
段ボール箱、ゴミ箱や麺ケースが乱雑に置いてあるのはご愛嬌。

興和物産の生麺使用。

この囲い…天気が良くても取らないの?温室?
残念な事に最近になって椅子を配備してしまった。

店内は台形なのだな。

券売機は2台、うち1台はPasmo/Suica対応。
窓沿いに椅子付きカウンター。

厨房前に大きめの立ち食い用ハイテーブル。これも尖ってる。動線を塞いでる気もするが。

冷水機は厨房前の左端。
で、ここの左側がテラス席の出入口になってる。

なんか変なの…(=゜ω゜)ノ


朝そば (温・きつね) 320円
今まで食べたことな無いレベルでヌルいつゆ…夏仕様?

立ち食い様式美:★★★
※味の評価ではありません

名代 富士そば 品川店 - 品川(そば) [食べログ]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆで太郎システム 夏メニュー投入

2016-06-04 17:25:31 | お知らせ/コラム
ゆで太郎システムは季節メニューの投入時に「グランドメニュー」もチューンしてくるのだが、
ひっそり、換えてる感じを受ける事も多いのでチェックしておこう。
最上段は今回の「夏メニュー」4つ。毎回、頑張って開発していると思います。


今回、「かつ丼」や「カツカレー」に用いる「カツ」をより大きい物に変更したそうです。※参照FB エントリー


以前のメニューはこちらを参照 ※ページ最下部にも古いグランドメニューを再掲してあります。

フルサイズの「カツカレー(メニュー名称:ジャンボカツカレー)」は今回から提供開始されたメニュー。
価格設定は単品「600円」
フルサイズの「かつ丼(メニュー名称:ジャンボかつ丼)」、従来は「Wかつ丼」として500円で提供されていましたが、かつのボリュームアップで単品「600円」となりました。

「薬味そば」は「夏の薬味そば」として、提供されているので従来の「薬味そば」は提供無し。
「薬味そば」は昨年秋のリニューアルで油揚げが追加されたが、今回の「夏の」では油揚げが茄子になっている。
季節メニュー終了後、元に戻るのか?注目しておこう。

その他、夏メニュー投入に合わせて、「高菜明太ごはん」が盛り込まれ、追加トッピングとして「カレールー 120円」が設定されました。

また、「天もり」「天ざる」の天ぷらの構成が「海老天・とり天・春菊・舞茸」から「海老天・とり天・わさび菜・舞茸」に変更されています。
※去年の秋に「レンコン天」の代わりに「とり天」が加わって、「レンコン天」消滅。'15秋メニュー記事
※わさび菜は、からし菜の仲間の野菜で「わさびの葉」ではありません。NREでも春菊の代わりに導入した経緯あり。
 揚げてしまうと辛みと飛んでしまうので、天ぷら素材としては、そんなにイイ葉物とも思えない。

という事で、単品メニューから「春菊天」は消滅しています。

もっと、よく見れば、まだ、変更点はあるのかもしれませんが、季節メニュー投入時にグランドメニューの内容を告知無く変えるのは...どうなんでしょうね。当然、アレ??っと思うお客さんはいると思います。
FC店舗の運営企業側も新しい季節メニューだけでも手一杯の所に、既存メニューの細かい仕様変更は望んでいないと思うのですが。なんか、ちょっとイヤな感じかなー。

個人的な感想ですが、最近は「信越食品」の店舗の方が安心して食べられるように思います。

以前の価格調査時の旧グランドメニュー(3大チェーン価格比較 [2016/1/5版]より)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JR吉川駅 「一ぷく」

2016-05-31 23:59:11 | 駅そば
武蔵野線 吉川駅にやってきました。改札を出て北口の横。


ホントにすぐ横なのです。
南浦和の立ち食いそば「一ぷく」が閉店し、東京駅八重洲北口の「一ぷく」も「てんや」になり、阿佐ヶ谷の「けやきそば」も「まぐろ丼 三崎市場」になってしまったり、と「JR東日本都市開発」運営の茹で麺使用の立ち食いそばは、かなり減ってしまいましたから、ここ「吉川店」は貴重なのです。
残る「一ぷく」は武蔵野線沿線の「北朝霞」「新座」、横浜線の「橋本」のみ。

うどん・そば、ラーメンもある。アルコール類もある。


そして、から揚げもある。

裏の通用口を上手くタペストリーで隠してますね。
オバちゃんの自転車のたもとには......

見覚えのある麺ケース

「興和物産」麺ケース、各種揃い踏み~。

吉川は「なまず」の町らしく、反対側の南口には「金のなまず」があるって。


店内はL字カウンターのみ、角の部分は優しいカーブを描いていた。でも椅子アリ。
カウンター中央にはから揚げ用のホットショーケース、右手に冷水機あり。

店内、左手のスミに鎮座するSuica対応券売機。
50円プラスすると北海道空知産そば粉使用の冷凍麺に変更できる。
オバちゃんは「次回は是非、冷凍麺を」と勧めてくたれけど...ゴメンねー。

天ぷらそば 380円
興和物産の袋入り茹で麺はプリプリっと鮮度良好。のびてない。
ペラッとしたかき揚げに、やや薄めの業務用ツユが心にも沁みる。

店舗然としたトコでスツールに座って食べる天ぷらそばは...。
きっと、南浦和の天ぷらそばと同じ物なんだけど、やっぱり違うのであった。
見た目は同じなんだけどなー。

立ち食い様式美:★★★☆
※味の評価ではありません

めん処 一ぷく 吉川店 - 吉川(そば) [食べログ]
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

JR/TX南流山駅 「味の里 (みのり)」

2016-05-31 23:59:00 | 駅そば
長らく「下町の王様 越後そば」として営業して来たお店ですが、
2016/5/26より「味の里 (みのり)」としてリニューアルオープンしました。
先行して店名を変更していた「綾瀬店」「南越谷店」に続いてリブランド。
チェーン展開している「越後そば」は、総じてクレア運営の「越後そば」となりました。


外装はキッチリ新しくなってキレイ、店舗構造は変わらず、反対側まで突き抜けられる。
券売機はこっち側に1台。(入口横の裏が白いヤツね)
あー、前はでっかい暖簾が下がっていたんだなぁ......ま、仕方無し。


店頭メニュー。他の「味の里」と同じ感じだねー。

反対側の入り口。この先が改札口。隣の和菓子屋さんもキレイになってた。

券売機メニュー。前のと同じ券売機か?いや、新しいヤツだな。

内装も少し手が入ってキレイになってます。
壁紙も貼り替えてあるし、テーブルや椅子はかなり入れ替えたね。
立ち食い用ハイテーブルは前からある重厚な木製テーブルが残ってて良かった。

厨房、受け取りカウンター周りは前と同じかな。右に冷水機あり。

春菊天そば 370円 春菊天は100円になったんだね...それでも安いか。
生麺見込み茹で置き、量が多い、キノコ様風味アリ。優しめのツユはなかなかウマい。
春菊天は茎毎一本揚げるタイプ。わかめは標準装備。
キレイなお店になって、なんか、前よりおいしくなった気がするよ。

立ち食い様式美:★★★☆
※味の評価ではありません

越後そば 南流山店 - 南流山(そば) [食べログ]
※店舗情報参照用にとりあえず
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

西武 所沢駅 「狭山そば」

2016-04-25 07:35:31 | 駅そば
西武 所沢駅 1番線ホームの階段下にある店。
長らく地域に愛されてきた旧店舗が2011年末に閉店後、2013年6月に新装開店。
通算の営業年数は60年余とも。
運営は西武グループのウエスコ。

今風のオシャレな外観。
横長の店舗は入口を入って左手に厨房、右手が客席。
(2つある引き戸の自動ドアのうち、右側は出口専用、左側が入口)

券売機は入口の右に2台。
冷水機は受け渡し口近くに1台、客席には冷水ピッチャー配備。

壁沿いの立ち食いカウンターと立ち食い用ハイテーブルで構成される客席は、椅子無しの完全立ち食い。


壁には旧店舗時代の写真などが飾られている。
西武鉄道沿線の多くの駅にあった「狭山そば」もごく少数となってしまった。

春菊天そば 430円。トレー無し、割り箸。
地元 狭山市の大進食品によるボソとした茹で麺。
甘辛のツユ、苦味の効いた春菊ぎっしりの春菊天。
軽い丼も立ち食いにぴったりで良い。

なんの変哲もない「駅そば」ではあるが、地域の人達にとっては大事なソウルフードである事は疑いようも無い。
変わっていく鉄道他社の駅そば店舗が多い中で、駅そばの基本となる「立ち食い」「茹で麺」を変えなかった事は素晴らしい。

ご馳走さまでした♪♪


店舗外壁のメニュー

立ち食い様式美:★★★★
※味の評価ではありません

狭山そば 所沢店 - 所沢(立ち食いそば) [食べログ]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3大チェーン価格比較 [2016/3/22 簡易版]

2016-03-22 12:02:06 | お知らせ/コラム
3/22より「小諸そば」で価格改定が行われたので、「小諸そば」の新価格を反映させて、
「小諸そば」「富士そば」「ゆで太郎」、3大チェーンの価格を今回も定点観測しておこうと思います。
※前回調査 [2016/1/5版]

今回は「富士そば」「ゆで太郎」の価格再調査は行っていないため「簡易版」とします。

なお、「富士そば」については地域や競合店の有無によって一部メニューの価格を変えている店舗もあるので参考値。
※ここでは津田沼店(至近に競合店無し)と八重洲店(左隣に「小諸そば東京駅前店」あり)の価格を掲載します
※標準店の価格はこちらでチェック →名代 富士そば | メニュー

「かけ」
・小諸そば 260円
・ゆで信越 320円
・ゆでSYS 320円
・富士津田 300円
・富士八重 280円......左隣の小諸そば対抗価格。20円差に詰まった。

「もり」
・小諸そば 260円......大盛1.5倍 30円増、超大盛(2枚もり)2.0倍 60円増
・ゆで信越 320円......大盛1.5倍 100円増、特もり3.0倍 280円増
・ゆでSYS 320円......大盛1.5倍 100円増、特もり3.0倍 280円増
・富士津田 300円......大盛1.5倍 110円増、得もり2.0倍 200円増、富士山3.0倍 300円増
・富士八重 280円......大盛1.5倍  50円増、得もり2.0倍 100円増、富士山設定無し?

「かき揚げそば」(「富士そば」では「天ぷらそば」と称する)
・小諸そば 360円
・ゆで信越 420円
・ゆでSYS 420円
・富士津田 410円
・富士八重 400円......左隣の小諸そば対抗価格としては苦しい。

「かき揚げ玉子そば」(ゆで太郎SYSTEMは単品組み合わせ。ゆで太郎信越と富士そばは「天玉」と称する)
・小諸そば 400円......玉子単品 40円(生のみ)
・ゆで信越 470円......玉子単品 60円(生・温玉、茹で玉子から選べる)、「天玉そば」は10円引き
・ゆでSYS 480円......玉子単品 60円(生・温玉、茹で玉子から選べる)
・富士津田 470円......生玉子/温泉玉子 単品 各60円
・富士八重 440円......玉子差額 40円設定だが、小諸そばより40円高い。玉子単品販売価格 不明

「いか天そば」(ゆで太郎SYSTEMは単品組み合わせ)
・小諸そば 370円
・ゆで信越 420円......イカ天単品は100円
・ゆでSYS 420円
・富士津田 430円
・富士八重 390円......左隣の小諸そば対抗価格。20円差に詰まった

「朝そば」or「朝定食」(一番安いもの)
・小諸そば -----円......だいぶ前から朝メニューの提供無し
・ゆで信越 360円......ご飯付きの朝定食。ミニカレー、納豆、高菜ご飯の3種
・ゆでSYS 330円......朝そば。揚げ玉フリー、(かき揚げorわかめ)+玉子 または (かき揚げorわかめ)+大根おろし
・富士津田 320円......朝そば。(たぬきorきつね)+玉子+わかめ
・富士八重 320円......朝そば。(たぬきorきつね)+玉子+わかめ

小諸そば 東京パークタワー店 券売機メニュー 2016/3/22撮影


今回の「小諸そば」の値上げは価格据え置き~20円と小幅であったので、大勢は変わらず。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日より 小諸そば 価格改定

2016-03-22 11:48:18 | お知らせ/コラム
前以って予告されていた本日(2016/3/22)からの価格改定。


昨日の九段下駅前店 冷やしたぬきそば 300円。
これが幾らになったかというと「310円」でした。値上げ幅 10円。

九段下駅前店のテイクアウト窓口横メニューポスター 2016/3/22撮影


神田白山通り店の店頭のサンプルケース 2016/3/22撮影

神田白山通り店 お品書き(3/22撮影)


東京パークタワー店 券売機メニュー 2016/3/22撮影



東京パークタワー店 いか天そば 新価格370円。
値上げを機に設備や備品の充実も図るようで、丼も新型への置き換えがさらに進みそうだ。
※パークタワー店は貴重な旧型丼使用店だったのになぁ。

では、旧価格との比較をして行きましょう。

参考資料東京パークタワー店の[旧価格時]券売機メニュー 2016/1/9撮影


・かけ/もり  240円→260円 20円UP ※大盛り/超大盛り 30円/60円で据え置き
・かき揚げそば 350円→360円 10円UP
・たぬきそば  300円→310円 10円UP
・きつねそば  340円→350円 10円UP
・いか天そば  350円→370円 20円UP
・鳥からそば  440円→450円 10円UP 等となっている。

・満腹セット
 なんと、すべて価格据え置き♪

・ミニ丼のセット
 売れ筋の「カツ丼セット」・「かき揚げ丼セット」 価格据え置き
 その他の「鳥から丼セット」などは520円→530円 10円UP

・単品の丼物や単品トッピングは10円の値上げの物が多いね。(玉子は40円、揚げ玉60円は価格据え置き)
※揚げ玉については価格設定はあるが、頼む人はいないと思うけど

値上げ幅は「ゼロ~20円」と非常に良心的。
年明けにほぼ抜き打ちで価格改定した何処かと違い2週間前から告知もしていたし、これなら許せちゃいますね。
今までが3大チェーンの中で飛び抜けて安かった訳ですが、この値上げ幅なので、その地位も安泰。

3大立ち食いそば(ファスト蕎麦屋)チェーンで一番安いのは「小諸そば」。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

船橋 「梅もと 船橋店」

2016-03-21 17:06:30 | そば・うどん
JR船橋駅と京成船橋駅の間にある店。
京成の改札階と繋がっている南口の商業ビル「FACE」が出来て、乗り換え客の行き来は多少減ったとは思うが、結構な人通りのある所。向かいにある老舗の焼き鳥屋「鳥一」はウマいよ。

船橋店では定価400円の「ラーメン」が300円で提供中。

その他、とんかつ定食もある。560円。


客席は広く、中央に目隠しの仕切りが立った椅子付きローテーブルと壁沿いの椅子付きローカウンター。
立ち食い用のカウンターは無い。
券売機は入口の左右に1台ずつの計2台。冷水機は厨房前カウンターの端に1台。

薬膳天そば 340円。トレー付き、割り箸。

なんてことないツユに、ありふれた茹で麺。だが、それがイイ。チープだけどさ。
クコの実や松の実、ニンニクなどが入っている様子の「薬膳天」おいしいよ。

梅もと」は、そんなに店舗数は多くないのに店舗所在地が広範囲に分布していてちょっと不思議なチェーン。
「専大通店」が休業となってしまったので、船橋店を応援だ。近くに「富士そば 船橋店」も出来たし。
店舗限定 特別提供価格 300円のラーメンを食べているお客さんも多いね。
至近距離にあった「アッサム」「らーめん亭」が開発の煽りで閉店した分、お客は増えたかもしれない。
そのうち、ラーメンも食べてみるかな。

生麺を使用する店舗も複数存在しており、「八重洲店」「虎ノ門店」「晴海トリトン店」の3店舗が該当する。

立ち食い様式美:★★★
※味の評価ではありません

梅もと 船橋店 - 京成船橋(そば) [食べログ]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加