立ち喰い Style

ファストフードの原型、立ち食いという様式美

▲最近、追記されたお店

2016-12-09 23:59:00 | お知らせ/コラム
東京メトロ西船橋駅 「めとろ庵」 '16/12/9追記 人気メニュー復活!!
JR新検見川駅 「花見川そば」 '16/12/7追記
JR柏駅 「喜多そば 柏2号店」 '16/12/3追記 こちらは健在
JR柏駅 「喜多そば 柏店」 '16/12/3追記 10/末閉店→「いろり庵きらく」へ
JR我孫子駅 「弥生軒」 '16/12/3追記
葛西 「葛西めんや」 '16/12/2追記
神保町 「梅もと 専大通店」 '16/12/1追記 休業→閉店でした...

九段下 「むさしの」 '16/11/28追記
JR千葉駅 「菜の花そば 千葉西口店(旧 湾岸そば)」 '16/11/27追記
日本橋 「よもだそば 日本橋店」 '16/11/25追記
市川 「文殊 市川店」 '16/11/19追記
飯田橋 「ゆで太郎 飯田橋店」 '16/11/18追記
JR千葉駅 「菜の花そば 千葉店」 '16/11/16追記 11/19(金)閉店
日本橋 「蕎麦一心たすけ 八重洲店」 '16/11/14追記
船橋 「梅もと 船橋店」 '16/11/13追記 春菊天復活♪
茅場町 「そば処 亀島(かめじま)」 '16/11/10追記 春菊天復活!!
新京成 新津田沼駅 「我孫子 弥生軒 新津田沼店」 '16/11/6追記

行徳 「やしま 行徳店」 '16/10/28追記
小伝馬町 「おか田」 '16/10/27追記
小伝馬町 「田そば (でんそば)」 '16/10/21追記
日本橋室町 「吉そば 日本橋店」 '16/10/21追記 ビバ!むらめん
JR西船橋駅 「二八そば あずみ」 '16/10/19追記
市川 「鈴家(すずや)」 '16/10/16追記
京成高砂駅 「都そば」 '16/10/15追記
JR西船橋駅 「菜の花そば 西船橋店」 '16/10/6追記

京王線 明大前駅 「高幡そば」 '16/9/29追記
JR西日本 福井駅 「今庄そば」 '16/9/15追記
JR東海 米原駅 「井筒屋」 '16/9/15追記 JR西日本 在来線店舗を付記
JR東海 東京駅 「グル麺」 '16/9/15追記


馬喰横山 「みまつ」 '16/8/31追記
人形町 「六文そば 人形町店」 '16/8/31追記
JR北千住駅 「そば処(北千住下りそば)」 '16/8/20追記 通りすがりチェック
JR津田沼駅 「いろり庵きらく」 '16/8/13追記
千葉 寒川町 「寒川そば」 '16/8/6追記 昭和の味

JR飯田橋駅 「あずみ」 '16/7/28追記 8/6(曜)閉店
新小岩 「そば処」 '16/7/9追記 7/13(水)閉店

飯田橋 「豊しま 飯田橋店」 '16/6/24追記 暗黒ツユの愉悦♪
JR天王台駅 「弥生軒」 '16/6/23追記 やってなかった
後楽園 「地下鉄 後楽園そば コーナー」 '16/6/7追記
原木中山 「原木そば」 '16/6/4追記
高田馬場 「幸寿司」 '16/6/3追記

馬喰横山 「みまつ」 '16/5/30追記
市ヶ谷 「瓢箪」 '16/5/24追記
JR稲毛駅 「菜の花そば(旧 湾岸そば)」 '16/5/18追記
津田沼 「つだ沼そば」 '16/5/3追記 前を通っただけ...w

五香「我孫子 弥生軒」 '16/4/25追記
神保町 「いわもとQ」 '16/4/20追記
中野 「かさい」 '16/4/6追記
西神田 「うちそば」 '16/4/1追記

津田沼 「富士そば 津田沼店」 '16/3/18追記
JR蘇我駅 「イッツエル」 '16/3/13追記 '15/9閉店→いろり庵きらく '16/3/24オープン
八重洲 「わんぱく」 '16/3/9追記
稲毛 「陣八そば」 '16/3/9追記

JR仙台駅 「杜」 '16/2/26追記
目黒 「田舎」 '16/2/18追記
船橋 「ゆで太郎 船橋北口店」 '16/2/14追記
JR下総中山駅 「あじさい茶屋」 '16/2/3追記 休業中、2/21~「いろり庵きらく」に

千葉 「富士そば 千葉店」 '16/1/29追記 他店の閉店情報を追記
JR海浜幕張駅 「そばいち」 '16/1/26追記
八重洲 「わんぱく」 '16/1/7追記

JR立川駅 3-4番線ホーム 「清流そば」 '15/12/28追記 「おでんそば」調査♪
新小川町 「稲浪」 '15/12/24追記
JR高尾駅 「そば処 高尾山」 '15/12/12追記

亀戸 「元」 '15/11/28追記
曳舟 「侍」 '15/11/21追記

JR松戸駅 「喜多そば 松戸店」→「大江戸そば」 '15/10/25追記 また、喜多そばが...2店も
金町 「そばっ子」 '15/10/12追記
JR亀有駅 「そば処(亀有そば)」 '15/10/12追記
馬橋 「そば処 兎屋」 '15/10/12追記
JR下総中山駅 「あじさい茶屋」 '15/10/10追記

りんかい線 国際展示場駅 「あずみ」 '15/9/29追記 もう行かないよー
JR新木場駅 「湾岸そば」 '15/9/29追記
JR南浦和 「めん処 一ぷく 南浦和店」 '15/9/21追記 9/末 閉店
春日 「おか田」 '15/9/8追記 8/末 閉店('15/12 日本橋本町 新店舗オープン)
春日 「そば処 武田」 '15/9/8追記 7月閉店→「天かめ」になった!!

※原則1店舗1エントリーでやっている関係で自分でも追記/更新が判り難くてイカンので設置
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

南行徳「すみちゃん」

2016-12-06 12:21:11 | そば・うどん
南行徳駅 北口から少しだけ離れたトコに11/18オープンした店。
ロータリーから少し見えるココイチの入っているビルと同じだけど真裏、一本裏の道に面した所。

端正な店構え。素っ気ないとも言えるくらい。券売機が1台見えるね。

中に入ると、入り口の右手にも券売機があった。
キレイな長方形の店舗の左手奥は広い厨房。受け取り口の右に冷水機とお茶ポット。左に返却口。
右手の壁沿いに長く伸びるローカウンター椅子席、厨房前にもローカウンター椅子席がある。

奥にある暖簾のさらに奥はトイレかな。

手前側、ここにも窓際から回り込むようにローカウンター椅子席。

そして、目隠しの付いた立ち食い用ハイテーブルが置かれている。
白と黒を基調にしたオシャレな内装だけど...ツユ飛ぶと汚れるよね。

しゅん菊天そば 390円。
麺は生麺茹で立て、クニッとした麺はどこかで食べたことがあるような?
ツユのカエシは業務用っぽいが、出汁はやや酸味強めで面白い。
春菊天は上手く上がっているね。トレー付き、エコ箸(箸などは受け取り口にしかない)。
食券を渡すと半券をくれるが...特に回収されない。
食券には「そ う さ」の文字。そば・うどん・さぬきの頭文字だね。

券売機メニュー。麺は食券にあるように「そば・うどん・さぬき風うどん」から選べる。

売り切れが多いのは仕込み中だからかな?

今回はKazさんのblog 門仲的毎日。を見てやってきたのだ。
南行徳、いわゆる「ナンギョウ」には、昔、住んでいたけど...随分変わったね。
メトロセンターの「まっちゃん」閉店後、南側の「ゆで太郎」しか無かったから、「すみちゃん」の開店はめでたい。

ちなみに厨房は初老?のお父さん?とそこそこのお姉ちゃんでやっていて、
「すみちゃん」は、このお姉ちゃんのお名前なのだそうだ。二人は親子かな?(不明)
Kazさん訪問時はお母さんもいたそうなので、家族経営か?

もう少し、知りたかったので、2日続けて「すみちゃん」に参上。

今日はお父さん?不在(10時過ぎにやってきた)で、お姐さんだけ。

そのためか「売り切れ」多数。かき揚げは揚げるの難しいもんね。お父さんは調理歴があるように思う。

ソーセージ天 さぬき風うどん+生卵 390円+70円。ドカンと半割ギョニソ。
なんか、自分のうちで作ったような見てくれになっておりますが...まぁ、これも御愛嬌。

さぬき風うどんはこんな感じ。うどんは2種とも冷凍麺だそうだ。
これが「さぬき風」だと、普通のはどんなのかな?

ドアに貼ってあるチラシ的なモノ。営業時間などを参照。
年内はとりあえず無休で営業して、来年からは定休日を設ける予定との事。
運営は(株)ルクスト。営業許可証の名義も同じであった。

頑張ってもらって、繁盛するといいなー。
この店の立地と作りなら、別に「立ち食いそば」でなくても良かったような気もするが...。

立ち食い様式美:★★★
※味の評価ではありません...あくまで「立ち食い」視点での評価

立食いそば・うどん すみちゃん - 南行徳(立ち食いそば) [食べログ]

向かい側にいい感じの老舗中華料理屋あり。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆで太郎 '16冬メニュー投入

2016-12-01 12:50:04 | 業界研究/価格動向
ゆで太郎は'16冬メニューを投入開始。

まずは「ゆで太郎システム」から。
Webサイトに冬メニューのキャンペーン告知は載っているが、秋メニューが完全に消えてない...。

「牡蠣と蓮根のかきあげ」と鍋焼き+ライス付きの「鍋焼きうどん御膳」「カツカレーうどん御膳」

季節メニュー投入と同時に手が入る「グランドメニュー」はこうなった。

播磨灘産 焼き海苔(4枚)がフューチャーされた新製品「焼きのりそば」「焼きのりもり」が登場。
トッピング単品だと「60円」。

ん?「季節の薬味そば」から、ただの「薬味そば」に名称は戻ったが「焼きのり」載ってるね。
ということはダ...やっぱり、価格は480円で戻ってないのネ。

今回から、冷たい蕎麦には「もり」の2倍の量の「二枚もり(470円)」が追加されて、
もり 320円→大もり(1.5倍) 420円→二枚もり(2倍) 470円→特もり(3倍) 600円となった。

天もり/天そばの天ぷらラインナップは変更は無し。海老天・とり天・春菊・舞茸。
※但し、入荷状況により野菜天は変更になる事がある旨の注意書きあり

そして、ゆで太郎システムでも「いか天」が完全消滅してしまった!!!!
トッピング単品で100円だった「いか天」無くなってしまったよー。

'16秋メニューは下記エントリーを参照
ゆで太郎システム '16秋メニュー投入

そして「ゆで太郎(信越食品)」。
例によって、Webサイトの方はまた更新されていないのだけれど...。
店頭には立て看板がありました。※飯田橋店にて本日撮影

「鳥天力そば」と「けんちんそば」。こっちは、やはり定番系...まぁ、新商品開発ばかりしててもネ。

グランドメニューはこちら。キャプチャを合成してるので見難いが...

先日のゆで太郎 信越食品 9/12メニューリニューアルから、特に変更は無いと思われる。

とりあえず、信越食品の店舗には「二枚もり」は無さそう。券売機にもボタンは無かった。

セット物の丼物のサイズが価格差から類推できず相変わらず良く判らんけど...まぁ、いいか。
以前に「ミニ」が付いた名称だったことを考えると「ミニ丼」なんだろうなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JR千葉駅 「そばいち」【未食】

2016-11-27 13:54:36 | 駅そば
11/20に一次開業したJR千葉駅の駅ナカ。「ペリエ千葉 エキナカ」にオープンした店舗。
新しい駅構造や駅ナカの配置などは「JR千葉駅 11/20リニューアルで大変動 他」エントリー参照

新しく改札階となったホーム上の3F改札内コンコースと既存の西口改札側通路を結ぶ連絡通路に「そばいち」はある。

立ち食い用のカウンターがあるのはイイね♪

店舗右側は窓沿いの椅子付きカウンターとテーブル席

「27」が「そばいち」。連絡通路なのでエキナカのメイン部分からは少し離れた位置。向かいはコインロッカー。
この「←西改札」の先わずか20m程に「菜の花そば 千葉西口店」があるが、
通路正面は改札口なので、改札脇にある「菜の花そば」は微妙に死角に入っている。


外壁メニュー。茹で麺を用いる「菜の花そば」との価格差は30円ほどだね。
生麺差額と一つ引き紋のカマボコ代。あらら、生玉子...90円も取るのか...ひえー。

どうして、同じNREの店舗がこんなに隣接する事になってしまったのだろう......。

そばいち ペリエ千葉店 [NRE]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒲田 「みよし庵」

2016-11-19 17:56:51 | そば・うどん
JR蒲田駅 西口のすぐ近く、両側をパチンコ屋に抱かれるようにある小さいビルにある店。
一体化しているように見えるのだが、地図を良く見ると周りのビル(第二醍醐ビル)とは別名称のビルのようだ。

ビル名「みよし庵ビル」を高らかに宣言している看板。

電飾看板には「みよし」とあるね。
消費税が8%になる前は「かけ 200円」「天ぷらそば 270円」だったらしい。

今はかけ210円、天ぷら単品 80円で、天ぷらそばは290円。今でも安いのぅ。

店舗は入口を入って右側が厨房、厨房前にストレートカウンター(椅子無し)。

向かい側の壁沿いにも同様のカウンターがあるのみの潔さ。
冷水機は壁沿いカウンターの一番奥に1台。
冷水機の上部にはテレビがあるよ。

口頭注文、現金引き換え、割り箸。

天ぷらそば 290円。
丼を覆うかき揚げはペラペラで粉もの系だけどツユにほとびるとそれなりに良い具合。

麺は細目かつやや堅めの茹で麺。
地場の製麺会社「大丸食品」のもの。


こんなにペラペラのペラリンコなのです。
城南から横須賀にかけての傾向なの?

愛嬌あふれるオバチャンと少し話したら、この店は40年以上前からあるのだそうだ。

実は蒲田は、亡くなった両親が若い頃に住んでいた街で何も縁がない土地では無かったりする。また来るね🎵

立ち食い様式美:★★★★☆
※味の評価ではありません...あくまで「立ち食い」視点での評価

みよし庵 - 蒲田(そば) [食べログ]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JR千葉駅 11/20リニューアルで大変動 他

2016-11-15 16:10:12 | 業界研究/価格動向
もう何年も続いていたJR千葉駅と駅ビルのリニューアル工事ですが、11/20に大きな進展があります。

JR千葉駅駅舎・駅ビル建替え [千葉市]
あたらしい千葉駅・ペリエ千葉エキナカが開業します [JR東日本 千葉支社/千葉ステーションビル]
※こちらにも新しい駅ナカのテナント案内もあり

新しい駅ビルが東口側に出来て、駅ホーム側に覆いかぶさるような形となっており、
一足先に再開発を終えた西口側と東口側をホームの上に新しくコンコース(張り出した駅ビルの一部とも言える)を作って同フロアで繋げたり、そのコンコースに駅ナカを新たに開業するなど盛りだくさんのリニューアル。
今回は駅ナカの一次開業(3F 改札階)、来年春に駅ナカ全面開業、ついで駅ビルの開業と続いていきます。
※駅ビルの全面開業は2018年の夏以降を予定

このように東口側は従来は1Fにある東口改札を入って、ホーム階(2F)に上がっていた形から、
1Fからエスカレーターで一気に3階コンコース(改札外)に上がり、改札を入ってからホーム階に降りる事になる。


ホーム上(2F)から新しい改札階(3F)に伸びる階段

つまり、東口の1Fは商業区画ではなくなってしまうのです。

歴史ある東口の「旧 そば処 万葉(現在の「菜の花そば 千葉店」)」や万葉軒の駅弁を売っていた駅弁売り場(現在の「NRE 千葉東口弁当売店」)も姿を11/19を以て姿を消します。

しかし、新しい駅ナカにはNREの駅弁販売店「駅弁屋 踊」の他、なんと、別に「万葉軒(リエイ)」のお弁当販売店舗も♪
駅そば店舗としてはNRE「そばいち」が入っていますね。
ペリエ千葉 エキナカ 2016.11.20オープン [ペリエ千葉] ※テナント詳細はこちらで→フロアマップ

上からの平面図はこうなっており、駅ナカと西口側とは線路上の連絡通路で繋がることになります。

その連絡通路沿いにも店舗は配置されていて、その中のひとつが「そばいち」。トイレの隣だけど......。

そして、その連絡通路の先、西口改札横の「湾岸そば」は11/14から店名を「菜の花そば」に変更。

いやー、これで「湾岸そば」は新木場だけになってしまったよー。

以前と同様に改札外からも入れる狭い店舗。名前変わっただけだね...ビバ!!茹で麺!!

券売機も最新のタッチパネル式となりました。許可証に残る「湾岸そば 千葉西口店」の文字よ!!

まぁ、店が無くならなくて良かったけれど......「そばいち」との距離が超近いのはナゼ...。


今回、NRE店舗の情報を調べていて、他にも判明したことが幾つか。

◆JR稲毛駅 改札外の「菜の花そば」は9/19位に閉店し、10/27に「いろり庵きらく」としてリニューアルオープン

◆JR柏駅の3-4番線ホームにあった「喜多そば」が10/31に閉店(1-2番線の「2号店」は健在)

1号店(店頭の表示はただの「柏店」だった)が無くなり、2号店だけ残こる。宇都宮と同じだねー...と思ったら、
宇都宮の新幹線改札内コンコースにあった「小庵 喜多 2号店」も「いろり庵きらく」になってたー...。

「喜多そば」の残存店舗も、本当に少なくなってしまったなぁ。
もう、「柏 2号店」、「古河店」「新松戸改札口店」の3店舗しか無いぞ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JR千葉駅 「菜の花そば 千葉西口店(旧 湾岸そば)」 '16/11/27追記

2016-11-15 16:00:22 | 駅そば
ということでJR千葉駅のリニューアルと足並みをそろえ、エキナカ一次開業に少しだけフライングで11/14に店名変更。
※「湾岸そば」時代の店舗情報はこちら

ホントに外観が変わっただけのような感じですね。

従来通り、改札外からも入れる店舗。

券売機は改札内、改札外とも最新型のタッチパネル式となりました。

2016/11/27 追記
11/20にオープンした駅ナカ(ペリエ千葉 エキナカ)の偵察がてら...

ちくわ天そば 400円

相変わらず手動ドアの入口引き戸、年季の入った店内、そして厨房。中身は変わってないね。
湾岸そば時代と変わらず、かき揚げは自家揚げ。その他の揚げ物は不明。

ペリエ千葉エキナカのフロアマップに、この「菜の花そば」は載ってないのです。
元からあった店舗なので管轄が違うのでしょうね。
すぐ近くには同じNREの「そばいち」もオープンしましたし、設備はボロいし、そのうち閉店しそうな気もします。

立ち食い様式美:★★★☆

湾岸そば 千葉駅西口店(【旧店名】SLそばイッツェル) - 千葉(うどん) [食べログ]
菜の花そば 千葉西口店 [NRE]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

徳島 「舩本うどん アミコ店」

2016-10-25 20:45:58 | そば・うどん
野暮用で徳島・鳴門へ。-----この店の前後の旅程はこんなでした。

JR四国・鳴門駅から鳴門線に乗り徳島へ移動。

徳島駅構内にある「麺家 れもん」は、10時からの営業時間前なのでパス。毎回タイミング悪し。

今回、奥祖谷の近くまで行ったし「祖谷そば」には凄~く興味はあるのだけれど、観光地にあるのは「祖谷そば」に似せた別物のように思えたし、ここの「祖谷そば」も少し違う物なんだよね。

徳島駅の駅前にある「そごう」。各地で閉店が相次いでますが徳島には現存。

その地下の「アミコ専門店街 飲食と食品のフロア」にある店。

「鳴ちゅるうどん」の「舩本うどん」アミコ支店。本店は鳴門にあります。→「舩本うどん」Webサイト。通販アリ。
全国的にはあまり知られていない「鳴ちゅるうどん」は、元々、鳴門の塩田で働く人達のための消化の良い柔らかめのうどんとして始まったらしく、四国でも「讃岐うどん」とはまったく別系統/別派生のうどん。
ボリュームは無いので、おにぎりや寿司と一緒に食べる汁物として位置付けられるものなのかもしれない。
鳴門名物「鳴ちゅるうどん」については、こちらこちらなどを参照願います。

ここ「アミコ店」の店舗は厨房を囲むコの字型の席付きローカウンター席と

隣接するテーブル席で構成されています。

メニュー。「鳴門うどん」=かけうどん。

おにぎり、ばら寿司、おでんもあり、サイドオーダーは充実してます。
麺類とごはん物を一緒に食べる文化は中国・四国には色濃いように思えますね。
徳島ラーメンもライスと一緒に食べるとバッチリだし。腹いっぱいで困るけど。

ランチメニュー。

日替わりオカズはメンチ。

爆弾コロッケは、まん丸のコロッケ。


「鳴門うどん」410円(税込み)。メニューの380円は税抜きなのだ。
黄金色のツユ、きざみ揚げ、青ネギ。
口頭注文、現金引換えor後払い。割り箸。トレー無し。お冷の入ったコップはくれる。

いりこ出汁一辺倒ではなく、カツオ出汁も感じるツユは関東人にも違和感なく旨い。


手打ちで不揃いの麺は基本は柔らかい。が、太めの麺がアクセントに。

つるっと滑らかなうどんです。


厨房の中ではお姐さん方が元気に働いております。


厨房の裏の通路には小麦粉と醤油が......。習性で写真撮っちゃった!!
讃岐うどんには欠かせない吉原食糧の白鳳ヒガシマル 特級 うすくちしょうゆ

ちなみに「ちくわうどん」というのは、徳島の南にある小松島の名産「ちくわ」の輪切りが載ったうどんで、「鳴ちゅるうどん」を出す店には必ずあるものです。
「かけうどん」に初めからきざみ揚げとちくわが載ってる店もある。


この「ちくわ」が滅法ウマイ!! 欠かせない徳島みやげなのです。

「立ち食いそば/うどん」というよりは「セルフうどん」や「食堂」に近い営業形態の店が多い「鳴ちゅるうどん」の店の中で、ここは少し違うので番外として取り上げさせていただきました。
美味しいので機会があったら、皆さんも是非とも♪♪

立ち食い様式美:★★☆
※味の評価ではありません...あくまで「立ち食い」視点での評価

舩本うどん  アミコ店(鳴門うどん) - 徳島(うどん) [食べログ]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小諸そば 業態研究

2016-09-29 11:50:03 | 業界研究/価格動向
小諸そば」を運営しているのは、三ツ和だが、同社はお弁当/仕出しの「嵯峨野」、自前のライスセンターや製麺工場を稼働する生産事業部、その他、食材などを扱う商社部門「酒・食品事業部」からなっている。

ここ最近は高級志向の蕎麦店「みよた」('15/4/1開店)や「みまき」('16/9/20開店)を表参道や赤坂に出店。
※みよた FaceBookページ / みまき FaceBookページ

当初は、小諸そばの新業態であることはオープンにしたくない様子であった。
ちなみに「みよた」は小諸近くの「御代田」から、「みまき」も「御牧ケ原台地(御牧高原)」にちなんでつけられた店名のようです。

表参道「みよた」、開発スタッフにインタビュー【前編】 [日経ビジネス ワンコインブルース]
表参道「みよた」、開発スタッフにインタビュー【後編】 [日経ビジネス ワンコインブルース]
「蕎麦きり みよた」表参道に進撃! [藤元健太郎のフロントライン・ドット・ジェーピー]
■蕎麦きり みまき@赤坂見附 で 『秋鮭と柚子蕪おろしそば』 [足立区全店制覇男のさらなるお蕎麦屋さんめぐり]

さらに先行する「みよた」に関しては、越谷レイクタウンの「イオンレイクタウンkaze」にも出店。
※2015/11/20オープン

新横浜駅新杉田駅では駅近隣だが、千葉ニュータウンではイオンモールに展開している既存業態の「そば茶屋 小諸」とも、やや被る展開となっている。
※「そば茶屋 小諸」新横浜店だけはナゼか小諸そばの店舗一覧に記載がある......
※郊外型ロードサイド店として「そば茶屋 小諸 越谷店」が過去に存在したが閉店スミ

また、レストラン風の「そば茶屋 小諸」の他に、普通の蕎麦店に近い「信濃庵」(東陽町/葛西)もある。

そして、「小諸そば」自体にも毛色の変わった店舗は複数ありまして、
追分そば 初台庵→小諸そばの店舗一覧に記載なし
小諸そば 神田店→小諸そばの店舗一覧に記載あり
神田店は「暖簾分店」を謳い、店主名も看板にバッチリ書いている。参照blog 小諸そば神田店@神田 [門仲的毎日。]

なお、西新宿にあった「追分そば 成子坂店」は、現在は「丸や」という店になっているが、小諸そば系列だった事を様々なところに色濃く残しているので、チェーンからの離脱はしているものの何らかの協業関係を残しての独立店舗ではないかと推測される。
※でも、丼は小諸そばの旧式丼とは違う物を使用しているね...要現地調査だなー。
◎LM2さん、情報提供ありがとうございます。

過去にも暖簾分けの形態でFC展開をしていた形跡も「沿革」にあるのだが、現在の運営形態については情報が無い。

----
というように、「小諸そば」グループ各店は過去の事業施策が統一感の無いまま整理されずに継続されているものが多く、業態がかなり不明瞭かつ複雑になっています。

最近は店員さんも若い人が増えたし、かなり勢いもあるように感じますが、
利用者側にしてみると.....ちょっと判りにくいのですけれど。

椅子のある店舗が大半となり、丼も座って食べることを優先した重いものになって、
「立ち食いそば」から離れて行ってしまうのは、少しばかり寂しいですね......。
※参照「★小諸 完全立喰」カテゴリー

重い丼を避けると…「冷やた」ばかりになってしまうのであった…w
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

神戸 三宮 「都そば 北野坂店」

2016-09-17 13:56:48 | そば・うどん
神戸・三宮の駅近くにある店。阪急の神戸三宮西口など三宮駅周辺だけでも数店舗ある。
関西圏ではポピュラーな立ち食いそばチェーンで大阪などにもあちこちにある。全部で60店舗位?


店名ロゴも外観デザインも違うけど、暖簾にはしっかり「誠和食品」の文字と「○」に「せ」のマーク。
現在、関東に3店舗ある「誠和食品」の「都そば」とは...まったく違うねー。 参照→京成高砂店京成勝田台店
暖簾の「都そば」の文字は同じだから、関西店舗は「CI」したのだな。


店頭メニュー。やはり、関東で云うところの「たぬき(揚げ玉/天かす)」は無いんだね。
関西で「たぬき」と云えば「煮た油揚げの載ったそば」だ。そして、「天ぷら」と「かき揚げ」は違う。

このロゴ、結構、格好良いな。

店内の壁面のメニュー。

入口、入って右側が厨房、厨房前にL字カウンター、椅子無しの完全立ち食い店舗。
券売機は無し、オバちゃんに口頭注文・現金手渡し。
冷水機はL字カウンター短辺の右端の奥にあるので、奥の客にはオバちゃんが水を汲んでくれる筈。

厨房内、袋入りのうどんとそば。キレイに整理整頓された厨房だねー。
「○」に「せ」のマークの入った丼もイイね。

おにぎり、かやくおにぎり、バッテラというトコが関西です。エコ箸(厨房に割り箸の用意もあるネ)


天ぷらうどん 320円
たぬき(揚げ玉/天かす)代替えという位置づけの「天ぷら」は「乾燥天ぷら」。
袋入りうどんに関西風の出汁が適当に効いたツユ。沁みますな。
チョイっと暖簾をくぐって、うどんをササッと手繰る。悪くないッス。

立ち食い様式美:★★★★
※味の評価ではありません...あくまで「立ち食い」視点での評価

都そば 北野坂店(みやこそば) - 三宮(立ち食いそば) [食べログ]
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加