Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ドラマ 「お義父さんと呼ばせて」  第4話 *感想*

2016-02-11 | 冬ドラマ(2016)感想
番組HP

今回は面白く感じられたなぁ。
今回のストーリーが今までの中では一番好きかも~。

前回、チョイと不安に感じられた美蘭(蓮佛美沙子)の青臭さ、、
保(遠藤憲一)と美蘭の年齢差のギャップ、、
美蘭の仕事のトラブル、、
小松川(加治将樹)の取引先への対応をカバーする保の様子、、
怒り狂ってる副社長を一撃で慰めた紀一郎(渡部篤郎)の話、、
これらの要素が上手い具合に重なり合って、
最終的には美蘭が保への愛を深めていくという展開が好み。

オチも好き。
最終的には美蘭が保を見直すのだろうなとは思っていたけど、
まさか“オウンゴール”とはねぇ。
いやぁ、、“オウンゴール”とは上手いこと言うわぁ、静香(和久井映見)ったら。

こちらが正しくても、こちらが悪いと大袈裟に謝る。
そこに相手への貸しが生まれ、信頼関係が築かれていく。
自分が頭を下げることで仕事がはかどるのなら、いくらでも頭を下げる。
会社は自己犠牲が必要なのだ。
などなど、、さすが優秀な紀一郎、、分かり易い説明よねぇ。
ありゃあ、「お父さん、ありがとう♪」と美蘭に喜ばれるわ。

若さゆえ、視野の狭い娘を諭す静香、、
インパクトありまくりの刺客っぷりを見せる砂清水(山崎育三郎)、、
保派なおじいちゃん(品川徹)、、などなど、
それぞれのキャラクターが効いているところも好感触。
静香、葉理男(中村倫也)、真理乃(新川優愛)らが抱えているものも気になるわねぇ。

ただ、二つ目のオチはチョイと抵抗があったなぁ。
冒頭で匂わせていた保の健康と絡ませてあるのは分かるケド、
アレはチョッと笑えないよ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押してくださいませ♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 「お義父さんと呼ばせて」  第1話 *感想*
ドラマ 「お義父さんと呼ばせて」  第2話 *感想*
ドラマ 「お義父さんと呼ばせて」  第3話 *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラマ 「ダメな私に恋して... | トップ | ドラマ 「フラジャイル」 ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL