マッハの貴公子 C1Runner の熱~い日記でつ(¬_,¬)b フフフ・・・

マッハの貴公子 天才タケスィが熱~く語るでつ( ̄ω ̄)ムフ~

レクサス LC

2017-08-10 07:10:19 | 走り屋
レクサスの旗艦車かなぁ~
LCはでつなぁ~




そのスペックは…

全長 4770㎜
全幅 1920㎜
全高 1345㎜
車両重量 2020㎏



エンジン V6・DOHC
総排気量 3456cc
最高出力 220kW(299PS)/6600rpm
最大トルク 356Nm(36.3㎏m)/5100rpm
モーター  交流同期電動機
最高出力 132kW(180PS)
最大トルク 300Nm(30.6㎏m)




最小回転半径 5.4m
燃料消費率 15.8㎞/L(JC08モード)
車両本体価格 1350.0万円(消費税込み価格)


フジトモちゃんのインスピは…

静と動の二面性に心を揺さぶられる
停まっているときは静かなオーラを感じ、走り出すと優雅に移動できる。踏み込めば意のままに
コントロールする喜びを与えてくれる。そんな二面性にすっかり魅了されるクルマ。
ナビ周りのインターフェイスに先進感が欲しい
ハイテクを掲げるフラッグシップクーペなら、クルマと向き合う操作にもう少し先進感がほしい。
今後は、レクサスが思い描くラグジュアリーな世界観とテクノロジーをどうやって融合するかが
テーマになると思う。





大御所 岡崎さんのインスピは…

志」の高さと、それを達成した技術
インフィニティやアキュラといった日本のプレミアムブランドは「ニアリープレミアム」=プレミアムに近いものという
認識をされてきた。ところがレクサスは、今回のLCで
本物のラグジュアリー、つまり「プレミアム」の領域に入るクルマづくりをしてきた。
しかも、そのプレミアムをしっかりと感じることができる技術を伴って出てきたきたことは
誇らしい限り。
10速ATには達していないマルチステージハイブリッドの変速フィール
パドルを使った時の小気味よさという点ではV8・5.0Lの10速ATの方が良いと思う。
走り好きのユーザーには5.0L・V8がオススメかも。




う~ん、やっぱりこういう車が作れるというのがすごいなぁ~
ソアラのような感じでつなぁ~
ソアラの後継って感じもするでつなぁ~

GTーRもこういう感じで作れるといいんだけど…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゲートウェイ復活♪ | トップ | サーフェスプロ対抗 HPタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。