映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

探偵はBARにいる2

2013年05月21日 | 邦画(13年)
 『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』を渋谷TOEIで見ました。

(1)大泉洋松田龍平のコンビによる作品の第2弾であり、第1弾を見ていることもあり、映画館に行ってきました。

 本作では、主人公の探偵大泉洋)とその相棒の高田松田龍平)は、自分たちの仲間でオカマのマサコゴリ)が、ある全国大会で優勝した2日後に、何者かによって殺されてしまった事件を手がけます。
 殺されたマサコはショーパブで働いていましたが、マジックに凝り出し、皆の応援もあってマジックの全国大会(マジコン)に出場するまでになったものです。
 この事件の依頼者は、関西在住のヴァイオリニストの河島弓子尾野真千子)。
 殺されたマサコが熱烈なファンだったにもかかわらず、警察の捜査が全然進展しないために、自分らで犯人捜しをしようという訳です。
 さあ、探偵とその相棒は、上手く犯人を突き止めることが出来るでしょうか、……?

 前回の作品では、雪の中に埋められた探偵がやっとのことで這い出してくるシーンが最初の方にありましたが、今回の作品も、大倉山シャンツェのスタートゲートのところに、縛られた探偵が立たされているという意表を突いたシーンから始まります。
 それで話しはどんどん面白くなっていくのかなと期待していると、さにあらず、前作同様、松田龍平の存在感がどうも稀薄であったり、殴り合いの乱闘心が延々と続いたりという具合で、全体に締まりがなく、やっぱり上映時間(119分)を長く感じてしまいました。

 それでも、主演の大泉洋は、女性との絡みシーン(注1)などサービスにこれ努めていますし、共演の松田龍平も、最近の出演作『舟を編む』の「馬締」と同様、世の中の動きにワンテンポ遅れている感じがする相棒役をさりげなく演じています。また、ヒロインの尾野真千子は、これまで見たことがない“ガサツな関西女”を巧みに演じています(注2)。




(2)本作にはいろいろ問題点がありそうに思えます〔以下はかなりのネタバレになりますので、お気を付け下さい〕。
 例えば、
イ)政治家
 本作では、反原発の政治家として脚光を浴びている橡脇渡部篤郎)が、自分の過去の汚点(東京時代のマサコと愛人関係があった)を抹消すべく、人を使うなどしてマサコを殺したのではないかとの疑いが持ち上がります。
 これは、格好のいい大衆受けのするスローガンを立てて人気を得ている政治家の裏側に秘められたドロドロしたものを暴きだす筋立てになるのかなと期待していると(演じている渡部篤郎の風貌も、そうしたストーリーにマッチしている感じです)、その線は次第に尻すぼみになってしまいます(注3)。
 そうなるとこの政治家に残るのは反原発の旗手としての表の存在ばかりであり、それも全国の子供たちから激励文が山のように届いたり、また小学生のグループに感謝の手紙を読み上げられたりするのです。
 ですが、ここは原発の是非を議論する場ではないのであまり言いたくないところ、いくらなんでもこの関連で小学生を使っているのは大層おかしな気がします。
 確かに、小学生が原発のことについて何も判断できないというわけではないでしょう。
 でも、その存廃についてとなると、大人でも判断が非常に難しい論点がたくさん転がっているのではないでしょうか(注4)?
 果たして、小学生は、そんなことを十分に理解した上で、橡脇を前にして感謝の手紙を読み上げたりするのでしょうか?
 大人の入れ知恵で大人に言われたとおりにしているだけのことではないでしょうか?
 そんなものをまともに映画で長々と見せるなんて、という気にもなってしまいます。

ロ)動機
 探偵は、証言の食い違いから犯人を割り出すところ、それは余りにも手順を踏まなすぎの感がします(注5)。ただそれはサテ置くとしても、犯人の動機が薄弱ではないでしょうか?
 映画では、マサコが全国大会で優勝し脚光を浴びたのに対する嫉妬からとされているようです(「ゴミを処分しただけ」と犯人は言います)。
 ですが、人は果たしてそんな簡単なことで殺人まで犯してしまうものでしょうか?
 それに、仮に嫉妬で人殺しをするにせよ、少なくとも、現在とか幼少期の厳しい環境など背景についてもっと丁寧に描いてもらわないと、見ている方は説得されません。

ハ)乱闘
 本作には、探偵と高田が正体不明の集団(注6)に襲われる場面何度か出てきます。 



 洋画ならば、こんなときは銃が持ち出されるのでしょうが(注7)、邦画の場合は、せいぜいバットが使われるだけで、大部分が素手による殴り合いです。
 本作もその例に洩れず殴り合いが始まるものの、素手では致命傷を与えられず、何度も倒れた敵が蘇ってきます。変化をつけるためでしょう、歌舞伎の殺陣と似たように、探偵がかなりの数の敵によって胴上げ状態になったりもします。
 でも、組手に変化がありませんから(何しろ、数十人の相手に対し探偵と高田の2人が対峙するだけなのですから)、暫くすると酷く見飽きてしまいます(注8)。

ニ)ヴァイオリニスト
 本作のラストの方で河島弓子の素性が明かされますが、複雑な過去を持った美人の音楽家となると、どうしていつもヴァイオリニストになってしまうのだろうかと思ってしまいました(注9)。
 尤も、これは単に、映画を見ながら『オーケストラ!』を思い出したからに過ぎませんが!

(3)渡まち子氏は、「大泉洋、松田龍平の凸凹コンビはますます快調だし、尾野真千子扮するヒロインも事件をうまく転がす役で効いている。ハードボイルドなのだが笑いも絶妙。これは「3」を作るしかなさそうだ」として70点を付けています。




(注1)劇場用パンフレット掲載の対談の中で、大泉洋は「エロスの部分」と言っています。

(注2)最近では、大泉洋は『グッモーエビアン』で、尾野真千子は『外事警察』で見ました。

 なお、尾野真千子は、カンヌ国際映画祭のコンペ部門に出品されている『そして父になる』に出演していることから、報道によれば、現在カンヌに滞在しているようです(彼女は、同映画祭でグランプリを獲得した『殯の森』でも主役を演じていますから、因縁が深いようです)。



(注3)“影の女帝”とされる後援会長・新堂筒井真理子)も、単に金を使って問題のもみ消しを図ろうとするだけの存在でしかありません(マサコの友人のトオルも、故郷の室蘭に追いやられるだけで殺されませんでした)。

(注4)例えば、このサイトの記事が参考になるかもしれません。
といっても、その論じ方自体に問題があると指摘する向きもあるでしょうが。

(注5)犯人とされた男は、はじめは、政治家・橡脇がマサコのマンションから出て行くのを見たと言っていたのに、次には、彼がマンションに入っていくのを見たと前言を翻すので、探偵は彼こそが犯人だと睨みます。でも、他の証拠はないのに単にそれだけから、その人が犯人だとすぐに決めつけられるものでしょうか(記憶違いだったなどと、いくらでも言い抜けできますから)?

  なお、話しは飛躍しますが、証言の食い違いということで言えば、最近見たDVD『わすれた恋のはじめかた』(2009年)では、主人公の男(アーロン・エッカート)が、自動車事故で亡くなった妻の葬儀に出たときは赤いダリアで飾られていたと話したところ、聞いていた女(ジェニファー・ジョアンナ・アニストン)が、この地方では葬儀が行われた季節にダリアは花を咲かせないと言ったことから、主人公が妻の葬儀に列席していないことが明らかとなり、一体それは何故ということで謎が深まります。

(注6)実は、橡脇を支持する反原発グループ。暴力団とは無関係の素人の集まりとされているところ、そんな人たちは、探偵らがいくら橡脇の過去を暴こうとしているにせよ、彼らを抹殺しようまでと考えるものでしょうか?
なお、表面的には、昨年9月に起きた「六本木クラブ殺人事件」が念頭に置かれているのかもしれません。

(注7)といって、最近見た『L.A.ギャングストーリー』のように、マシンガンが持ち出されて火を吹いても、さっぱり当たらないのでは意味がありませんが!

(注8)ショーパブでの乱闘はともかく、市電内の乱闘は、ちょっと見には思いつきがユニークながら、なにせ場所が極端に狭いものですから、市電の中で大勢の人間が単に蠢いているだけとしか思えません。

(注9)このサイトの記事によれば、ラストの方で河島弓子がコンサートで弾く曲はラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」だそうです。元々はピアノ曲で、それをヴァイオリンの曲に編曲されたものを弓子は弾いているのでしょうが、ピアノ伴奏なしに無伴奏で弾くのはどうかなと思ってしまいます(例えば、宮本笑里氏の演奏はこちらで)。




★★☆☆☆




象のロケット:探偵はBARにいる2
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロイヤル・アフェア | トップ | 戦争と一人の女 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まさに (西京極 紫)
2013-05-25 23:47:58
動機が薄弱…完全同意します。
Unknown (クマネズミ)
2013-05-26 07:42:41
「西京極 紫」さん、TB&コメントをありがとうございます。
2時間の映画なのですから、肝心の所はもっと良く詰めた上で製作してもらいたいものだと思いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 (いい加減社長の映画日記)
ずいぶん宣伝してますね・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 札幌・ススキノのショーパブ「トムボーイ・パーティ」で働くオカマのマサコちゃんが撲殺死体で発見される。 警察の捜査が進展しないまま3ヶ月が経ち、重度の“病”から復帰した探偵の〈俺〉が助手...
『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」 □監督 橋本 一□脚本 古沢良太□原作 東 直己□キャスト 大泉 洋、松田龍平、尾野真千子、ゴリ、渡部篤郎■鑑賞日 5月11日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★...
「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」みた。 (たいむのひとりごと)
2011年公開の『探偵はBARにいる』シリーズ第2弾。観ておいて言うのもなんだけど、大泉洋が苦手。けれどそんなことで面白そうな作品を見逃しては良くないと考えて鑑賞した。でもやっぱ苦手なものは苦手であっ
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点/大泉洋、松田龍平 (カノンな日々)
札幌在住の作家・東直己さんの人気ハードボイルド小説“ススキノ探偵シリーズ”を大泉洋さんと松田龍平さんの主演で映画化しスマッシュヒットを記録した『 探偵はBARにいる 』の続 ...
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。東直己原作、橋本一監督。大泉洋、松田龍平、尾野真千子、ゴリ、渡部篤郎、田口トモロヲ、篠井英介、波岡一喜、近藤公園、筒井真理子、矢島健一、松重豊。「探偵はBAR ...
探偵はBARにいる2 (Akira's VOICE)
地味だぁ。(前よりもっと)  
『探偵はBARにいる2 -ススキノ大交差点-』 2013年3月27日 丸ノ内東映 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
本日の2本目は、『探偵はBARにいる2 -ススキノ大交差点-』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 2本目の今回の司会も、伊藤さとりでした。 大泉洋、松田龍平、尾野真千子、渡部篤郎、橋本一監督が登壇しました。 舞台挨拶は、大泉洋の口を止めろという感じで、面白か...
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/05/11公開 日本 PG12 119分監督:橋本一出演:大泉洋、松田龍平、尾野真千子、ゴリ、渡部篤郎、田口トモロヲ、篠井英介、波岡一喜、近藤公園、筒井真理子、矢島健一、松重豊 四つの運命は、【謎】で出会う。さあ、冒険のはじまりだ。 [Story]探偵(大泉洋)がよく....
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
友人を殺された探偵が正体不明の依頼人と真犯人を見つけるために奔走する。政治家と暴力団が関係していると思わせておいて、意外な真犯人をもってくるのが面白い。しかも兄妹の絆をサブテーマにするなど、見事な物語だ。ときにユーモアを織り交ぜながら、楽しい内容だった...
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 (ぷかざの映画感想記)
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点観ました! ※ネタバレ含む感想です。まだ観
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 (あーうぃ だにぇっと)
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点@有楽町朝日ホール
【探偵はBARにいる2 ~ススキノ大交差点~】マサコちゃんを殺したのは何? (映画@見取り八段)
探偵はBARにいる2 ~ススキノ大交差点~    監督: 橋本一    出演: 大泉洋、松田龍平、尾野真千子、ゴリ、渡部篤郎、田口トモロヲ、篠井英介、波岡一喜、近藤公園、筒井真理子、矢島健一、松重豊、マギー、池内万作、安藤玉恵、佐藤かよ、麻美ゆま、枡田徳寿、冨...
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 (悠雅的生活)
K点超え。バラの花束。携帯持てや。
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
作家・東直己の「ススキノ探偵シリーズ」を大泉洋と松田龍平主演で映画化し、ヒットを記録した『探偵はBARにいる』の続編。大泉演じる探偵と松田ふんするマイペースな相棒・高田の凸凹コンビが、友人が殺害された真相を探るため奔走する。前作に続き監督は橋本一、脚本を....
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 (2013) 119分 (極私的映画論+α)
 ◯ンポ噛み切るって(笑)
「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」 (塩ひとつまみ)
仲良しのオカマ・マサコちゃんが殺された。 事件の背後にはカリスマ政治家・橡脇孝一郎と政界&裏社会の思惑が渦巻き 人気ヴァイオリニスト・河島弓子は 大切なファンだったマサコちゃんのために犯人を自力で捕まえると息巻く。 彼女のとんでもない性格に振り...
映画 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画   ◆探偵はBARにいる シリーズ   マサコちゃんが殺されて後、俺が酒池肉林の生活をしていると   事態が一変。マサコちゃんノ死の真相に近づくと   前作で登場したどこぞ...
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 (勝手に映画評)
2011年に公開の映画『探偵はBARにいる』の第二弾。 前作では原作の「ススキノ探偵シリーズ」の2作目「バーにかかってきた電話」がベースになっていたが、今回は同じシリーズの5作目「探偵はひとりぼっち」がベースになっている。とは言っても、小説に対して、だいぶ内容....
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 (だらだら無気力ブログ!)
前作同様、面白かった。
映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」 (FREE TIME)
映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」を鑑賞しました。
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 (映画情報良いとこ撮り!)
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 オカマのマサコちゃんが、殺された? マサコちゃんは、探偵が通うショーパブで働いていた。 政界の闇に触れて殺されたという、話を耳にした探偵。 そんなとき、ストーカー?いや探偵を尾行していた女性から、真相究明の依頼...
ハードルを上げてしまった(ガルガンティアとか探偵はBARにいる2(映画)とか) (アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮))
【聖闘士星矢Ω 第57話】なんちゃって裏切りのエデンくんがニュークロスを披露するお話。エデンくんの裏切りが嘘なのはバレバレでしたが、今シリーズ中盤ぐらいまで引っ張るもんだ ...
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年5月14日(火) 20:45~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1000円(TOHOシネマズデー) パンフレット:未確認 雑な脚本、雑な演出 『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』公式サイト 面白かった一作目に比較してかなり劣る、相当に雑な映画になってしまった。これは...
世にも奇妙な物語’13 春の特別編 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年5月12日(日) 録画再生(フジテレビ 5月11日21:00放送) 『世にも奇妙な物語』公式サイト 「呪web」 ゆとり駄目社員の佐々木希が、何かと嫌味な上司に、偶然みつけた呪いサイトで復讐をする。これが思いのほか効果があり、彼氏の浮気相手と疑った同僚にも仕掛け...
『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』を観てきました。 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 - 映画.com サタデーナイトは、マジメ系な作品よりは、ちょっとドタバタありの楽しめる作品が観たくなるんですが、そんな気分にピッタリな感じでした。 私は、、、、、「病気...
[映画『探偵はBARにいる 2 ススキノ大交差点』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆前作と同じく、面白いけど、面白くない作品だった・・・。  私にとって、主演の大泉洋が、そんなに身近な存在でないこともあり、この主人公に、演じている者への愛着が付加されていないこともあろう。  で、おそらく、大泉洋の顔が、この作品の、とぼけた雰囲気にし...
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点  監督/橋本 一 (西京極 紫の館)
【出演】  大泉 洋  松田 龍平  尾野真千子 【ストーリー】 “探偵”がよく行くショーパブの従業員で、友達でもあるオカマのマサコちゃんが殺害される。捜査が進まない中、「マサコちゃんは政界の闇に触れて殺された」という噂を耳にした探偵のもとに、彼を尾行してき...
「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」 ださかっこいい&テンション低っ (はらやんの映画徒然草)
こちら一昨年に公開されてすぐに次回作の製作が決定した「探偵はBARにいる」の続編
■探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第308回「望まれて作られた続編だったのだが・・・」 最近ではドラマなどで見る機会が激減した「探偵」という職業を主人公として大ヒットした「探偵はBARにいる」。その続編がいよいよ公開ということで初日に劇場へ行ってきました。探偵を演じる大泉洋と相棒・高田....
映画『探偵はBARにいる』(13日-11) (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
  前作が大好きで、公開時にはすでに 制作が決定していた2作目もすごく楽しみにしていました。   ヒロインが「尾野真千子
明日はジゴロかペテン師か~『探偵はBARにいる2/ススキノ大交差点』 (真紅のthinkingdays)
 札幌の大歓楽街・ススキノのBAR 「ケラー・オオハタ」 を根城にする探偵 (大泉洋)は、相変わらず携帯電話も持たないマイペース。ある日、彼の友人 であるオカマのマサコちゃん(ゴリ)が、何者かに...
「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」圧力を受けながらも事件の真相を知った先にみた顔見知りの犯人と依頼人を守った俺 (オールマイティにコメンテート)
「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」は札幌に拠点を置く2人の探偵が依頼人の依頼を受けて事件解決をしていくシリーズ第2弾である。今回は俺の知り合いだったオカマちゃんが殺さ ...
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」監督:橋本一出演:大泉洋、松田龍平、尾野真千子、ゴリ、渡部篤郎、田口トモロヲ、篠井英介、近藤公園、筒井真理子、矢島健一、松重豊配給 ...
映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」観に行ってきました。作家・東直己の「ススキノ探偵シリーズ」を原作とする、北海道を舞台に繰り広げられるハードボイルド・ミステ...
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 (銀幕大帝α)
2013年 日本 119分 サスペンス/アクション/ミステリー PG12 劇場公開(2013/05/11) 監督:橋本一 原作:東直己『探偵はひとりぼっち』 出演: 大泉洋:探偵 松田龍平:高田 尾野真千子:河島弓子 ゴリ:マサコちゃん 渡部篤郎:橡脇孝一郎 田口トモロヲ:松....