映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

L.A.ギャングストーリー

2013年05月14日 | 洋画(13年)
 『L.A.ギャングストーリー』を渋谷東急で見ました(注1)。

(1)ライアン・ゴズリングショーン・ペンが出演するというので、映画館に出向いてみました。

 本作の舞台は、1949年のロスアンジェルス。
 ブルックリン生まれで元プロボクサーのコーエンショーン・ペン:注2)が、ロスの裏社会を牛耳っています。



 警察当局はおろか司法当局などにもコーエンの金が行きわたって、彼を取り締まることはできません。
 ただ、警察本部長のパーカーは、どんなことをしてでもコーエンをロスから叩き出したいとして、巡査部長のオマラジョシュ・ブローリン)に極秘指令を発します。
 すなわち、コーエンを逮捕する必要はない、違法な行為をやっても構わないから組織を潰せ、ただ警察官としての素性は隠せ、必要な人選はオマラに任せる、というものです。
 早速、オマラは5人を選び出し〔実際の人選は彼の妻によるものですが、その中に、ライアン・ゴズリング扮する巡査部長ジェリーが入っています〕、コーエンの賭場を次々に襲っていきます。



 でも、そんなにうまく事が運ぶでしょうか、彼ら6人の運命は、……?

 本作に関しては、「「ギャング×警察」の仁義なき戦い」とか「最凶の悪(ギャング)×最強部隊(ロス市警)」などといった派手なキャッチコピーが飛び交い、その冒頭では、コーエンがサンドバッグを叩く様子が映し出され、引き続いて、シカゴのギャング団に通じている男を、見せしめのためか残虐なやり方で殺してしまう場面(注3)となり、これは凄い映画になりそうだと観客に思わせます(注4)。
 ですが、見続けている内に、どうも以前見た『アンタッチャブル』〔TV版も少々(注5)〕の二番煎じ的な臭いがしてきて(場所がシカゴからロスに代わるだけではないでしょうか)、マシンガンがやたら吠えまくるものの、イマイチの印象でした。

 あるいは、ジョシュ・ブローリンが演じる主役のオマラが、『アンタッチャブル』におけるエリオット・ネス(ケビン・コスナー)ほど格好良くないためなのかもしれません。なにしろ、ジョシュ・ブローリンがかなり渋めなのと(注6)、オマラらが最初に賭場に踏み込むと、そこには用心棒として制服を着た警官が何人もいて逆襲されてしまい、オマラともう一人が捕まってしまうというテイタラクなのです(十分に内偵せずに突入したのでしょうか)。

(2)もっといえば、本作を見る少し前に、偶然にも『ラブ・アゲイン』のDVDを見たせいで、イマイチの感を抱いたのかもしれません。
 驚いたことにその映画では、本作にも出演するライアン・ゴズリング(注7)とエマ・ストーンが出演していて、実に軽妙に演じているのですから!

 同作でゴズリングが扮するジェイコブは、妻との間で離婚話が持ち上がった主人公キャルに対する恋愛アドバイザーで、とっかえひっかえ付き合う女性を変えている女たらし。その身持ちの悪いジェイコブが嵌まってしまったのがエマ・ストーン演じるハンナながら、そのハンナがキャルの娘であることが分かって、事態はてんやわんやになるといったところです。

 こんなゴズリングが、本作においては、コーエンの愛人・グレイスを演じているエマ・ストーンと一緒に出てきて、その間ですぐに関係が出来てしまうというのですから、二人ともそんなに厳しいことにはならないだろうな、と思いたくなってしまいます。



 案の定、グレイスは、見つかったらただでは済まないとなんども忠告されるものの、ジェリーともどもコーエンによって消されることはありませんでした(注8)。

(3)渡まち子氏は、「ロス市警の極秘チームと大物ギャングの“仁義なき戦い”を描く「L.A.ギャングストーリー」。暴力には暴力をという発想がアメリカらしい」として70点をつけています。



(注1)渋谷東急で上映が開始されると、予告編もなしにいきなり本篇に入ったのでおかしいなと思い、見終わってから入口付近を見回したら、「5月23日で閉館」との張り紙が掲示されているではありませんか!
 係の人に尋ねると、他に引っ越すわけではなく完全撤退とのことです。
新しく渋谷東口にできた「ヒカリエ」には、その前にあった渋谷東急文化会館内の映画館(渋谷東急もその一つです)が戻ってくるものと思っていたにもかかわらず、ミュージカル専用の「シアターオーブ」が設けられただけで残念だなと思っていたところ、この知らせです。

 渋谷では、TOHOシネマズなどが賑わっているだけに、なんとかならなかったものかと思ってしまいますが、ただ現在の渋谷東急は、駅から一館だけ離れたところに位置しているだけでなく、座席数も300と大き過ぎて(平日の夕方に本作を見たのですが、10名ほどがパラパラと座っているにすぎませんでした)、運営面でさぞかし大変だったのではと想像します。

 なお、渋谷では、このところ「シネマ・アンジェリカ」(2011.11)「シネセゾン渋谷」(2011.11)、「シアターN」(2012.12)などが閉館されてきているところ、そうした流れがもう続かないことを願うのみです。

(注2)ショーン・ペンは、最近では『ツリー・オブ・ライフ』が印象的でした。

(注3)驚いたことに、コーエンは、車2台を使って、男を車裂きの刑に処するのです。
 車裂きの刑といえば思い出すのが、明治大学准教授の重田園江氏が、その著『ミシェル・フーコー―近代を裏から読む』(ちくま新書、2011.9)において、「大好きな人の大好きな本」(P.268)として専ら焦点を当てる『監獄の誕生―監視と処罰』(田村俶訳、新潮社、1977年)であり、その冒頭に取り上げられるダミアンに課せられたものです(重田氏の著書の冒頭でも、フーコーの本の最初の部分が引用されています)。

 フーコーは、絶対主義王政期の身体刑から近代の自由刑への移り行きを議論していて、最早現代では車裂き刑など消滅しているところ、コーエン帝国というギャング団の内部においては、コーエンの王としての絶対振りを仲間に見せつけるためにも〔「王の絶対的な力を群衆に見せつけ、彼らの脳裏にその偉大さを刻みつける儀式」としての「公開処刑」(重田著P.65)〕、格好の刑罰として復活したのでしょう。

 ただ、警察に捕まったオマラらを救出するために留置場を壊そうと、窓に結んだロープを車で引っ張りますが、逆に車のバンパーの方が剥がれてしまいます。そんな車で、果たして車裂きの刑を実行できるのか、心許なくも思えてくるのですが〔歴史上に現れた二度目ですから、もしかしたら「みじめな笑劇」になってしまったかもしれません(『ルイ・ボナパルトのブリューメール十八日』(カール・マルクス著、上村邦彦訳:平凡社ライブラリー)〕。

(注4)さらには、街を歩く素人娘をギャングの一味が言葉巧みにだまして、コーエンが経営する娼館に連れ込んでしまう様子を見て、オマラは正義感に燃えて、その娼館に飛び込み、娘を救出するとともに、そこにいたギャングを警察に連行します。ところが、オマラの上司は、既に人身保護令がでているからとして、ギャングを釈放させてしまいます。
 最初の短い時間の内に、コーエン帝国の状況とか警察内部の腐敗振りを、観客に実に手際よく提示しているなと思いました。

(注5)TV番の『アンタッチャブル』については、このエントリで少しだけ触れています。

(注6)ジョシュ・ブローリンについては、『トゥルー・グリット』における敵役だったり、『恋のロンドン狂騒曲』での売れない小説家だったりするので、クマネズミにとっては、格好良い俳優のイメージがありません〔『ミルク』でも、主役のミルク(なんとショーン・ペン!)を暗殺するダン・ホワイトを演じていますが、印象に残っておりません〕。



(注7)ライアン・ゴズリングについては、『スーパー・チューズデー』が印象的でした。

(注8)そればかりか、オマラ以下6人の「最強部隊」のうち、二人は殺されてしまうものの、残りはまずまずの状況に戻ります(特に、オマラは、警察を離れ、幼い子供を伴って海岸でのんびりとして生活を楽しんでいる有様なのです!)。



★★★☆☆



象のロケット:L.A. ギャング ストーリー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藁の楯 | トップ | ロイヤル・アフェア »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まあいいけど (milou)
2013-05-14 22:00:11
まあ見ているときは、そこそこ面白かったけど、それだけ。
まず冒頭の処刑ですが、実際にやったらどうなのか知らないが、腹部で真っ二つなんてことはなく腕がちぎれるんじゃないかと、まず引っかかった。

あとはコーエン帝国(自宅)こそ最後のレストランのように完全防護の要塞のはずなのに、いとも簡単に忍び込んで盗聴器を仕掛けることができるなんて…ひどすぎない?
そして、ころされる老夫婦はコーエンに狙われるのは必定なのに何の対策も取っていない。ラストも(アクション映画の定番みたいだが)コーエンは元ボクサーではあるが、何もオマラが銃を捨てて殴り合いで決着なんてしなくてもいいのに…

やっぱり一番面白いのは(といってもこれも定番だが)人選で“優秀”な人材ではなく使い物にならない(?)警官を(妻が)“選び直す”ことかな…
Unknown (クマネズミ)
2013-05-15 21:01:59
「milou」さん、コメントをありがとうございます。
本作については、「見ているときは、そこそこ面白かったけど、それだけ」という「milou」さんのコメントに尽きるのではと思います。
帝国の独裁者のコーエンというには、取り巻きが単なるボディガードしかいないように映画で見えるのも、なんだか器が小さく見えてしまうのですが。
閉館 (KGR)
2013-05-24 12:50:48
シネコンの多くはデジタル化され、映写技師もいらないし、フィルム交換もなし。
コンピュータ制御で上映はほぼ無人でできるようですね。

見る側にとっても単館よりシネコンの方が便利ですし、
この傾向は続くんでしょうね
また消える映画館 (クマネズミ)
2013-05-24 21:45:14
「KGR」さん、TB&コメントをありがとうございます。
まさにおっしゃるように、「見る側にとっても単館よりシネコンの方が便利」で、「この傾向は続くんでしょう」が、行き着く先は映画館がなくなり、新作も全てネットを通じて流されるようになるのでしょうか?
浮き沈み (iina)
2013-05-25 10:08:28
「ヒカリエ」オープン時には、映画館は未だ会館してなかったですが、シネコンスタイルで会館したようですね。その分を古い映画館があおりを食らって閉館とは、渋谷の新旧交代が進んでいる風です。

直前に、主要俳優たちによる映画の残像が新作に波及すると、何がしら影響を受けややこしいことになりそうです。

Unknown (クマネズミ)
2013-05-26 07:55:05
「iina」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、「直前に、主要俳優たちによる映画の残像が新作に波及すると、何がしら影響を受け」てしまうようです。
なお、「ヒカリエ」についてですが、本文注にも書きましたように、ミュージカル専用の「シアターオーブ」が設けられただけで、残念ながら映画館は設けられてはおりません(例えば、http://www.hikarie.jp/faq/index.htmlを参照してください)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
L.A. ギャング ストーリー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Gangster Squad。ポール・リーバーマン原作、ルーベン・フライシャー監督。ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、ショーン・ペン、ニック・ノルティ、エマ ...
映画『L.A.ギャングストーリー』★S・ペンの怖さ&J・ブローリンの渋さが印象的 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158464/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   実話ベースの “ギャング VS 警官” の戦いの話ですが 一言でいうと、とても良かったと思います!   &nb...
L.A. ギャング ストーリー (あーうぃ だにぇっと)
L.A. ギャング ストーリー@よみうりホール
L.A.ギャング ストーリー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
ロス市警はバッジを外した特別部隊を結成してギャングを抹殺しようとする。情け容赦ない銃撃戦が展開されて、一瞬も気が抜けない映画だった。飛び交う銃弾の数が膨大で使われる銃の種類も多岐に渡る。両者の違いは、金儲けを目的にしているかいないかだけだ。面白かった。
『L.A. ギャング ストーリー』 (2013) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: GANGSTER SQUAD 監督: ルーベン・フライシャー 出演: ライアン・ゴズリング 、ジョシュ・ブローリン 、ショーン・ペン 、 ニック・ノルティ 、エマ・ストーン 、アンソニー・マッキー 、ジョヴァンニ・リビシ 、マイケル・ペーニャ 、ロバート・パト....
L.A. ギャング ストーリー / Gangster Squad (勝手に映画評)
実話に基づいている映画。1950年代にロスアンゼルスであった、ロス市警とマフィアの戦いが舞台になっています。 どっちがギャングかわからないですね(苦笑)。1900年代〜1950年代のアメリカは、ギャングの時代と言っても過言ではないわけで、有名なアル・カポネとも、“バ...
映画:L.A. ギャング ストーリー ストレートに面白く、かな〜りポイント高い ギャング vs ロス警察物! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
映画チラシのコピーは、「ロス市警が、キレた。」 確かにキレてる! 1949年のロサンゼルス、の実際の事件をノベライズしたものが原作というが、ホントか?(笑) 映画でいうと、なんたっていい!のが主役の2人。 ジョシュ・ブローリン(写真右はじ)は、正義ゴリ...
L.A. ギャング ストーリー (I am invincible !)
1949年のロサンゼルス。 この街を支配するギャングのボスは、ブルックリン生まれのユダヤ系の男、ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)。
L.A. ギャング ストーリー (だらだら無気力ブログ!)
まあまあ痛快で面白かった。
L.A. ギャング ストーリー/ジョシュ・ブローリン (カノンな日々)
ここ最近目にした劇場予告編の中ではこれが一番気に入ってたかもしれません。ショーン・ペンがめちゃめちゃ悪そうっ、エマ・ストーンが色っぽくてセクシー、音楽がスタイリッシュ ...
映画「L.A.ギャングストーリー」@ワーナーブラザース試写室 (新・辛口映画館)
今回私は映画レビューサイト「COCO」さんの独占試写会に招かれた。客入りは若干空席がある9割くらいだ。
『L.A.ギャングストーリー』 (ラムの大通り)
(原題:Gangster Squad) ----この映画、もうすぐ(5月3日)公開だよね。 ギリギリ、最後の試写に間に合ったってわけ? 「うん。 ある直感が働いて、 これはイケるんじゃないかと…」 ----で、それは間違っていなかった…。 「そういうこと。 物語は一言で要約できちゃ...
補強か、もしくは蛇足か…?(宇宙戦艦ヤマト2199とか劇場版シュタゲとか) (アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮))
【聖闘士星矢Ω 第56話】兄の墓の前でいきなりロックに目覚めた栄斗くんの巻。主役の青銅聖闘士陣がそれぞれ戦いを倦み、それを光牙くんが奮い立たせる話構成にしなければならなか ...
劇場鑑賞「L.A.ギャングストーリー」 (日々“是”精進! ver.F)
ギャングを、潰せ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201305030004/ L. A. ギャングストーリー《オリジナル・サウンドトラック・スコア》(帯付き直輸入盤)ス...
L.A. ギャング ストーリー (映画感想メモ)
奥さんの人事考察が的確過ぎる件。どこかの会社にスカウトされるレベル。 ロサンゼル
「L.A.ギャング ストーリー」☆どうしてもフレディ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
まだ52歳というのに、かなり年寄りっぽくなってしまったショーン・ペン。 老けメイクで貫禄を出そうとしたのかな? 1949年のロサンゼルスを舞台にした物語が、ものすごくいい雰囲気なのに、極悪非道のギャングの大ボス、ショーン・ペンがどうしても「エルム街の悪夢」の...
LAギャングストーリー はちゃめちゃながらスカーッとした〜! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=26 うち今年の試写会5】 今日は午後、関東運輸局に仕事で行ったので(馬車道)、ランチは「みなと横濱牛鍋処荒井屋万國橋店」にて牛鍋定食、要はすき焼きやねんねってこと認識した。 で、こないだの金曜に観たこの映画、試写会に当選していたけど、それは自分の誕生...
L.A. ギャング ストーリー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【GANGSTER SQUAD】 2013/05/03公開 アメリカ R15+ 113分監督:ルーベン・フライシャー出演:ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、ショーン・ペン、ニック・ノルティ、エマ・ストーン、アンソニー・マッキー、ジョヴァンニ・リビシ、マイケル・ペーニャ、ロバー....
L.A. ギャング ストーリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(10) 残念ながら『アンタッチャブル』には程遠い出来だった。
L.A. ギャング ストーリー (♪HAVE A NICE DAY♪)
面白かったなー ギャングといえば、もう〜シカゴのアル・カポネ! 「アンタッチャブル」好きなので、この作品は観たいと思っていました。 あの有名な駅のシーンのユニオン駅に行った時は感動しました ミッキー・コーエンは知りませんでした テレビのインタビューで本....
『L.A.ギャングストーリー』 (こねたみっくす)
任務の呼び声には逆らえない。 実在したロサンゼルスのギャング王ミッキー・コーエンを追い詰めたLAPD非公認のギャング部隊。警官が賭場襲撃などの非合法活動を行うという、ギャン ...
L.A. ギャング ストーリー (そーれりぽーと)
ギャングを制するにルールは要らない。 『L.A. ギャング ストーリー』を観てきました。 ★★★★ これほどのLAの黒歴史も、ミッキー・コーエンの名前すらも全く聞いたことも無かった。 観終わってからwikiでチラッと調べてみて、この映画の話自体が米国人なら誰でも知っ...
L.A.ギャングストーリー /GANGSTER SQUAD (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ポール・リバーマンの連載記事”テールズ・フロム・ギャングスター・スクワッド”を基に 「ゾンビランド」「ピザボーイ 史上最凶のご注文」の、ルーベン・フライシャーが監督 ロサン....
「L.A.ギャングストーリー」 ロサンゼルスの「アンタッチャブル」 (はらやんの映画徒然草)
太平洋戦争後、治安が悪化したロサンゼルスにおいて、裏世界を牛耳っていたのがミッキ
「L.A. ギャング ストーリー」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜まるでギャングな警察たち〜2012年  アメリカ映画    R15+指定   (2013.05.03公開)配給:ワーナー    上映時間:113分監督:ルーベン・フライシャー原作:ポーリ・リーバーマン  『L.A.ギャング ストーリー』(早川書房刊)脚本:ウィル・ビール....
L.A. ギャング ストーリー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ロサンゼルスで暗躍した実在のギャング、ミッキー・コーエンと、街の平和を取り戻そうと立ち上がった市警との壮絶な抗争を描いたクライム・アクション。ポール・リーバーマンによる実録ルポを基に、『ゾンビランド』のルーベン・フライシャー監督がメガホンを取る。オスカ...
天使の街の無法者〜『L.A.ギャングストーリー』 (真紅のthinkingdays)
 GANGSTER SQUAD  第二次大戦後間もない1949年、ロサンゼルス。ハリウッドランドを抱く「天使 の街」は、ギャングのボス、ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)の支配下にあり、 警察でさ...
「L.A.ギャング ストーリー」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2013年・アメリカ 配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:Gangster Squad 監督:ルーベン・フライシャー原作:ポール・リーバーマン脚本:ウィル・ビール製作:ダン・リン、ケビン・マコーミッ
[映画『L.A.ギャング ストーリー』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・こりゃ、思っていた雰囲気と異なるタイプの作品で、それはそれで楽しかった。  私はてっきり、もうちょい「アメリカ史の暗部を描いた硬質の作品」てなのを予想して、  ちょっと、気楽に観るには重いかな…、「ラストスタンド」のほうが良かったかな…、などと...
映画「L.A.ギャングストーリー」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「L.A.ギャングストーリー」観に行ってきました。かつて実在し、大都市を支配する大物ギャングとして悪名を轟かせたミッキー・コーエンと、ロス市警の警官達との壮絶な死闘...
L.A.ギャングストーリー (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「これ、西部劇だよね」 って言ったら笑われちゃったけど 超暴
★L.A. ギャング ストーリー(2012)★ (Cinema Collection 2)
GANGSTER SQUAD まるでギャングな警察たち ロス市警が、キレた。 “本当にあった” 最強部隊と大物ギャングの死闘。 映時間 113分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2013/05/03 ジャンル アクション/犯罪 映倫 R15+ 【解説】 1940年...
L.A.ギャング ストーリー (もののはじめblog)
ロサンゼルスで暗躍した実在のギャングから街の平和を取り戻そうと立ち上がった市警との壮絶な抗争を描いたクライム・アクション。 実話を元に着想されたよくできたお話。 ストーリーも単純明快で、観てスカッとする映画だった。・・・おすすめ・・・ ジョシュ・ブローリ...
試写会「L.A.ギャングストーリー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2013/4/30、よみうりホール。 2カ月連続で試写会ゼロになるところだったのが、 ギリギリで4月に1本試写会当選しました。 まずまずな入りでした。 前の方は詰まっていたので4列目の中央付近に陣取る。 端に座っていた人が結構なサイズで、前を通れないので....
『L.A. ギャング ストーリー』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「L.A. ギャング ストーリー」□監督 ルーベン・フライシャー□脚本 ウィル・ビール□原作 ポール・リーバーマン□キャスト ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、ショーン・ペン、エマ・ストーン、ニック・ノルティ■鑑賞日...
L.A. ギャング ストーリー (こんな映画見ました〜)
『L.A. ギャング ストーリー』---GANGSTER SQUAD---2012年(アメリカ )監督: ルーベン・フライシャー出演:ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング 、ショーン・ペン 、ニック・ノルティ 、エマ・ストーン、ジョヴァンニ・リビシ、ロバート・パトリック...
L.A. ギャング ストーリー (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「L.A. ギャング ストーリー」監督:ルーベン・フライシャー(『ゾンビランド』)出演:ジョシュ・ブローリン(『メン・イン・ブラック3』『ウォール・ストリート』)ライアン・ゴズ ...
L.A. ギャング ストーリー (とりあえず、コメントです)
1949年のロサンゼルスを舞台にギャングと警察の抗争を描いたアクションです。 禁酒法の時代ではなくて大戦後のギャングの物語がどんなものなのか気になっていました。 独裁支配を企むギャングに対抗するタブガイたちの戦いと危険なラブストーリーにドキドキしてしまいまし...
映画『L.A.ギャングストーリー』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-38.L.A.ギャングストーリー■原題:Gangster Squad■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:113分■観賞日:5月3日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:0円(ポイント使用)□監督・製作総指揮:ルーベン・フライシャー◆ジョシュ・ブローリン(...
「L.A.ギャングストーリー」 (ここなつ映画レビュー)
たまらなく良かった。間違いなく私の今年度ベスト3に入る作品。 ライアン・コズリングがいい!ショーン・ペンがいい!警察のはみ出し者達がチームを組んで、大都会の無法者のギャングのボスに立ち向かうのがいい! 以下に試写会で観た当時に書いて某サイトに寄稿...
L.A.ギャングストーリー (いやいやえん)
目には目を、ギャングにはギャングを、という精神(?)のもと、はぐれ警官部隊が本物ギャングに立ち向かっていきます。 作りはノワールものに似てますが、アクションを主にもってきてるところから娯楽エンタメが強
L.A.ギャングストーリー (映画に耽溺)
「これ、西部劇だよね」 って言ったら笑われちゃったけど 超暴力的残忍非道の絶対的な敵がいて そいつを倒すために個性豊かな男たちが志を共に一致団結して立ち上がり・・・ってのは わたくしの中じゃ「西部劇じゃん!」 だったりするのだ〜〜。 この映画は実話を元...