映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ホワイトハウス・ダウン

2013年08月30日 | 洋画(13年)
 『ホワイトハウス・ダウン』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)ことさら暑い今年の夏なのでスカッとするアクション物がいいのではと思い、映画館に行きました。
 ホワイトハウスをめぐるアクション映画は、もう一つ『エンド・オブ・ホワイトハウス』も公開されているところ、そちらの主演がジェラルド・バトラーなので敬遠することとし(注1)、チャニング・テイタム主演の方を選んでみました。
 両作を比較することはできないものの、クマネズミとしてはまあ正解だったのではと思っています。何しろ大層面白い作品に仕上がっているのですから。

 本作は、一方で、ソイヤー大統領(ジェイミー・フォックス)が、ヘリコプターでワシントンDCの上空を飛び、他方で、それを下から少女が見ているところから始まります。
 大統領は、ジュネーブで中東和平に関する歴史的な演説を終えてホワイトハウスに戻るところであり、家族はパリに行っています。
 他方、少女は、議会警察官のジョン・ケイルチャニング・テイタム)の娘のエミリージョーイ・キング)で、11歳。



 この日は、大統領警護官の面接を受けるために、ジョンはホワイトハウスに入るのですが(注2)、エミリーも同行します。エミリーがホワイトハウスおたくであることを知っているジョンが、事前に2枚の入館許可証を取得していたというわけです(注3)。
 ジョンの面接ははかばかしくいかなかったものの(注4)、それが終わると二人は、ホワイトハウス見学ツアーに参加します。
 ツアーの一行は、途中でソイヤー大統領と行き交います。エミリーは大胆にも大統領に対しビデオを撮りながらのインタビューを敢行し、大統領も気さくに応じます。



 そんな中で、ホワイトハウスの東方にある国会議事堂のドームが、突然爆発します。
 それを合図に、ホワイトハウスも、潜入していたテロリストたちに占拠されてしまいます。
 さあ、ジョンやエミリー、そして大統領の運命は、……?

 もちろん、どんな結末になるのか観客は見る前からわかっています。主人公やエミリー、そしてアメリカ大統領が、ホワイトハウスを占拠するテロリストたちの犠牲になってしまうはずもありません。それでも、主人公たちは危機一髪の状況に次から次へと見舞われ、さらには様々の最新兵器が持ちだされ、挙句は芝生庭園の狭い場所でカーチェイスまでやってのけるのですから、見ている方は終始ハラハラドキドキしてしまいます。

 主人公を演じるチャニング・テイタムはあまり知的な感じがしないのが難ながら、若さあふれる風貌が随分と魅力的です(注5)。



 また大統領を演じるジェイミー・フォックス(注6)も、やや背が低いのが問題ではと思えるものの、その演技力には脱帽です(注7)。

(2)本作には、むろん様々な問題点があるでしょう。
 例えば、最後に明かされる黒幕が謀ったにしては、全体が随分と無茶な計画だなと思えます(注8)。
 また、テロリストが、事前に作業員として何人もホワイトハウスの中に潜入できたというのも不思議な気がします(注9)。
 さらには、ホワイトハウスを空爆すべく出撃した戦闘機の搭乗員が、地上に女の子を見て独断で爆撃をやめてしまいますが、いくら何でもそんなことがあるでしょうか(注10)。

 でも、それらのことは、次々に映しだされるハラハラドキドキの展開の中ではつまらないこととして、あまり気になりません。

(3)誠に些細なことながら、クマネズミが興味をひかれたのは、ホワイトハウスの地下道です。ジョンと大統領が逃げに逃げて、遂に地下道を通って外に出ようということになります。
 どうやらホワイトハウスにも、そこから外に抜け出だすことができる地下道が設けられているようなのです(注11)。
 これは、『アルゴ』でも、当初、テヘランの米国大使館がイラン民衆に占拠される直前、地下道を通って6人の館員が外に抜け出たのを思い起こさせます。
 さらには、『プリンセストヨトミ』で映し出された「真田の抜け穴」(エントリの「注3」をご覧ください)とか、『黒く濁る村』の地下通路〔エントリの(2)をご覧ください〕なども。

 尤も、本作の場合、ジョンと別行動をとった大統領がその地下道を進んでいくと、出入口の扉には爆破装置が施されていて、通ることができませんでしたが(注12)。
 でも、ジョンやエミリーは、ホワイトハウスというトンネルを辛うじて抜け出したら、そこは素晴らしい新世界が開けていたのではないでしょうか(大統領にしても、この事件を契機に、中東和平の実現に大きく踏み出すことができたようですし)!

(4)渡まち子氏は、「占領されたホワイトハウスでテロリストと戦うアクション大作「ホワイトハウス・ダウン」。大統領と落ちこぼれ警備員の格差コンビのバディ・ムービーだ」として60点をつけています。
 他方、前田有一氏は、「脚本は冗談みたいなテキトーさで、ご都合主義と細部の整合性不足に満ちている」などとして40点しかつけていません。



(注1)すぐ前に見た『スマイル、アゲイン』で失敗したので。

(注2)ジョンは、議会警察官として下院議長(リチャード・ジェンキンス)の警護をしていますが、年来、大統領警護官になりたいと願っています。

(注3)ジョンは妻と離婚していて、時々娘と合うことになっています。実はジョンは、ある発表会にエミリーが出演するのを見るはずだったところ、失念してすっぽかしてしまい、エミリーの機嫌がよくありません。それで、ホワイトハウス入館証をうまく取得して、エミリーを宥めようとする魂胆もジョンにはありました。
 なお、こうした設定は、上記「注1」の『スマイル、アゲイン』でも同じようにとられています。アメリカでは、それだけ離婚が普通に見られる状況だということなのでしょう。

(注4)ジョンを面接したのは、大統領の次席特別警護官のキャロルマギー・ギレンホール)ですが、なんと彼女は、大学時代ジョンと恋人関係にあったのです。
 キャロルの面接試験では不合格ながら、ラストでは、ジョンは大統領直々に特別警護官にしてもらいましたから、ひょっとしたら昔の関係が復活するのかもしれません!

(注5)チャニング・テイタムが出演した作品としては、『親愛なるきみへ』と『陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル』を見ています(『パブリック・エネミ―ズ』にも出演していたようですが、印象に残っていません)。
 なお、彼の実体験に基づく映画『マジック・マイク』も公開中です。

(注6)ジェイミー・フォックスについては、主演作『ジャンゴ』を見ていますが、クマネズミの怠慢によりエントリをアップできませんでした。

(注7)その他、下院議長役のリチャード・ジェンキンスについては、最近では『キャビン』を見ました。

(注8)本作では、黒幕のさらなる背後に軍事産業があるような描き方になっていて、上記(4)で触れる前田有一氏も「テーマである軍産複合体批判」と述べています。
 ですが、軍事産業が事件の背後にあるとしても、本作におけるように、全世界を一瞬で壊滅させかねないことを計画するだろうか、という疑問が湧いてきます。というのも、大統領の核ボタンを作動させて核ミサイルを各地に落としたりしたら、その地は壊滅的な状況になるでしょうし、そればかりか、当然に他の国(ロシアや中国など)から核ミサイルが米国に向けて飛んでくるでしょうから、軍事産業を含む米国自体も消滅しかねないからです。
 軍事産業は、戦争が各地で引き起こされることは望むでしょうが、核攻撃までは望まないのではないでしょうか?自国も他国も存続していなければ、戦争自体がなくなってしまい、兵器に対する継続的な需要は生み出されないことでしょう!

 ただ、ここらあたりのことは、エンタメ映画にとっては全くどうでもいいことかもしれません。何か背後に「X」が存在しているということで十分なのでしょう。なにより、こうしたエンタメ映画に、前田氏のように社会的な「テーマ」を求めてもなんの益もないことでしょうから。

(注9)テロリストと内通して本件の実行部隊を統括する者が、ホワイトハウス内の高官という設定なので、なんでも可能なのかもしれません(ホワイトハウス内に備蓄されている武器を利用できたりもします)。ただ、何段階もの事前チェックがあるはずで、いくらトップダウンだからといって簡単なことではないのではという気がしますが。

(注10)これはエントリの(4)で触れる前田有一氏が指摘する点ながら、空爆機の搭乗員が地上で発見するのは、星条旗を振るエミリーなのですから、空爆ができなかったのも致し方ありません。なにしろ、エミリーは、上記「注3」の発表会では「旗振り」をやることになっていたのですから!
 また、同氏は、「懐中時計の伏線も、いくらなんでもそういう形で使うことはないよねと登場時に思った通りのオチ」と述べていますが、これもご愛嬌と思えばいいのではないでしょうか(妻から贈られたものながら、「リーンカーンの懐中時計だ」とソイヤー大統領は言います)。
 なお、ソイヤー大統領が、わざわざ「エア・ジョーダン」のシューズを履いていたりするなど、本作にはいろいろ面白い細工が施されています。

(注11)ケネディ大統領が、マリリン・モンローと密会するために使った地下道だとされています。

(注12)最後には、テロリストの一人がそこを通ろうとしてもろともに爆破されてしまいます。自分たちで仕掛けたにもかかわらず、どうして爆発させてしまったのかよくわかりませんが、慌てていたために誤操作をしてしまったのでしょうか?



★★★★☆



象のロケット:ホワイトハウス・ダウン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマイル、アゲイン | トップ | タイピスト! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
類似、酷似、相似 (KGR)
2013-08-31 09:27:51
似ていると言えば似てる、違うと言えば違う。

SPと元SS、内部犯と北朝鮮、などは異なりますが、

・一旦PEOCにたどり着くがそこで裏切りが発覚
・ペンタゴンに集結して下院議長が大統領代行になる
・唯一の味方の素性を知っているのはSSの女性幹部
・主人公の警告を無視して攻撃ヘリを突っ込ませ失敗
 (屋上に携帯型ロケット砲を持ち込むのも同じ)
・軍はホワイトハウス周辺に集結するが手が出せない
などなど
主要なプロットは酷似してます。
Unknown (クマネズミ)
2013-08-31 21:02:31
「KGR」さん、TB&コメントをありがとうございます。
本作は、『エンド・オブ・ホワイトハウス』にかなり酷似しているようですが、さらにまた『スマイル、アゲイン』と類似するシチュエーション(子供と父親との関係)が描かれていたりするところから見ると、あるいはハリウッドのアイデア枯渇も極まれリということなのでしょうか?
Unknown (ふじき78)
2014-01-30 23:19:16
> もちろん、どんな結末になるのか観客は見る前からわかっています。

以前、マカロニ映画で最後に主人公がガンファイトに負けて終わる映画を見た時は本当に唖然としました。お、俺のこの気持ちをどうしてくれるんだみたいな空気が全観客に流れました。
Unknown (クマネズミ)
2014-01-31 20:05:52
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
本作で言えば、やっと救助された大統領とジョンとエミリーを載せたヘリコプターが、整備不良で墜落してしまい全員死亡という事態になることではないでしょうか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ホワイトハウス・ダウン (本と映画、ときどき日常)
監督 ローランド・エメリッヒ 出演 チャニング・テイタム     ジェイミー・フォックス     マギー・ジレホール テロリストにホワイトハウスが占拠された! 大統領警護官志願に面接に来ていた男が、大統領を、そして娘を救おうとするお話。 最初、ちょっと....
「ホワイトハウス・ダウン」 (ここなつ映画レビュー)
チャニング・テイタムつながり、という事で。「マジック・マイク」でノックアウトされた私は、彼の勇姿を観る為なら何でもします(笑)。アクションで魅せる事ができる役者なのは「エージェント・マロリー」で実証済みだし。 ローランド・エメリッヒ監督は、アメリ...
映画:ホワイトハウス・ダウン White House Down  同志向ワシントン破壊系 2発を徹底比較!(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ついこの前に「エンド・オブ・ホワイトハウス Olympus Has Fallen」 が公開されたと思ったら、同方向企画が別配給で。 こうなると、比較採点しないわけにはいかない当ブログ! 以下、5つの指標で、比較してみる。 その × 5は... 1.話のリアル度 2.盛り上がり度 3....
ホワイトハウスへようこそ (MESCALINE DRIVE)
「ホワイトハウス・ダウン」を観た。 ホワイトハウス。自由主義国家の盟主を気取るアメリカ合衆国のリーダー、いわずとしれたアメリカ合衆国大統領の住まう官邸である。 ジェームズ・ソイヤーはアメリカ建国史上初の黒人の大統領。ただし、彼がユニークなのはその肌の色...
ホワイトハウス・ダウン (あーうぃ だにぇっと)
ホワイトハウス・ダウン@ニッショーホール
「ホワイトハウス・ダウン」 (prisoner's BLOG)
設定から展開から相当「ダイ・ハード」下敷きにしているのははっきりしているのだが、あれの原作だとヒーローが会いにくるのは妻ではなく娘、というのを参考にしたのかどうか、これを年齢を思い切り下げて14歳の女の子が暴力沙汰に巻き込まれるあたりに新味を見せる。子供...
ホワイトハウス・ダウン (♪HAVE A NICE DAY♪)
これも又、ハラハラドキドキ、迫力満点!で楽しめました! こちらは、ホワイトハウスが舞台で、警察官のジョン(チャニング・テイタム)の 娘が、大好き?なホワイトハウスを一緒に見学している時 いきなり武装グループが大統領や、一般人を人質にとったり 殺したり・...
ホワイトハウス・ダウン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【WHITE HOUSE DOWN】 2013/08/16公開 アメリカ 132分 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール、ジェイソン・クラーク、リチャード・ジェンキンス、ジョーイ・キング、ジェームズ・ウッズ 世界は、ここ...
ホワイトハウス・ダウン/チャニング・テイタム (カノンな日々)
わりと最近とてもよく似た題材の映画を観たばかりのような気がしますが、もちろんジェラルド・バトラー主演の『エンド・オブ・ホワイトハウス』のことなんですけど、こんな偶然っ ...
ホワイトハウス・ダウン (佐藤秀の徒然幻視録)
実は親子連れ向き映画だったりする 公式サイト。原題:White House Down。ローランド・エメリッヒ監督、チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、ジョーイ・キング、マギー・ジレ ...
ホワイトハウス・ダウン (Break Time)
今日も、暑い一日で・・・
★ホワイトハウス・ダウン(2013)★ (Cinema Collection 2)
WHITE HOUSE DOWN 世界は、ここから落ちる 上映時間 132分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2013/08/16 ジャンル アクション/サスペンス 映倫 G 【解説】 「インデペンデンス・デイ」「2012」の...
ホワイトハウス・ダウン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ホワイトハウス・ダウン [CD]占領されたホワイトハウスでテロリストと戦うアクション大作「ホワイトハウス・ダウン」。大統領と落ちこぼれ警備員の格差コンビのバディ・ムービーだ ...
ホワイトハウス・ダウン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) ジェラルド・バトラー版より庶民寄りの主人公がいい。
ホワイトハウス・ダウン (だらだら無気力ブログ!)
予想以上に面白かったなぁ。
映画『ホワイトハウス・ダウン』★このチャニング・テイタムいいねえ~♪with娘さん(^_-)-☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159930/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   ホワイトハウスが何者かに襲われ、大統領を守る者が活躍する ……   『 エンド・オブ・ホワイ...
『ホワイトハウス・ダウン』 愛国者の条件 (映画のブログ)
 異星人に制圧された米国と、その解放のために立ち上がる大統領を、米国の独立戦争になぞらえて描いた『インデペンデンス・デイ』(1996年)は、さぞかし米国民の愛国心を高揚させたに違いない。  その迫力あ...
ホワイトハウス・ダウン (心のままに映画の風景)
議会警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)は、シークレットサービスへの転身を目指し、次席特別警護官キャロル(マギー・ギレンホール)の面接を受けるが、結果は不採用。 娘エミリーをがっかり...
ホワイトハウス・ダウン (うりぼうのシネ煉獄)
 あまり評判が芳しくないホワイトハウス破壊映画「ホワイトハウス・ダウン」観てきました!  視聴環境:映画館、字幕  GIジョーのデューク、2で世界を救っていないと思ったらホワイトハウスで戦っていた!ということで、チャニング・テイタムはこっちの主人公。....
ホワイトハウス・ダウン (そーれりぽーと)
ローランド・エメリッヒにはもう期待してないけど…と思いながら『ホワイトハウス・ダウン』を観てきました。 ★★★ これまでの派手さ一本の作風と、アメリカが絡むとアメリカ万歳過ぎる映画作りをしてしまう傾向のローランド・エメリッヒ監督作と比較すると、今回は思...
『ホワイトハウス・ダウン』 (時間の無駄と言わないで)
ちょっと前に似たようなのを観ましたけども、今作の方が好きだなぁ。 俳優陣はちょっと地味だけどね。 たぶんローランド・エメリッヒが好きなんだろうなぁ、僕。 「エンド・オ ...
劇場鑑賞「ホワイトハウス・ダウン」 (日々“是”精進! ver.F)
米国危機一髪… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308160003/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下...
『ホワイトハウス・ダウン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ホワイトハウス・ダウン」□監督 ローランド・エメリッヒ□脚本 ジェームズ・ヴァンダービルト□キャスト チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール、       ジェームズ・ウッズ■鑑賞日 8月17...
ホワイトハウス・ダウン / White House Down (勝手に映画評)
ネタバレあり。 今年は、ホワイトハウスを襲撃する映画の競作の年のようです。先に『エンド・オブ・ホワイトハウス(Olympus Has Fallen)』が公開され、こちらの『ホワイトハウス・ダウン』は後追い公開となりました。『ディープインパクト』と『アルマゲドン』と同じ関...
『ホワイトハウス・ダウン』 (2013) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: WHITE HOUSE DOWN 監督: ローランド・エメリッヒ 出演: チャニング・テイタム 、ジェイミー・フォックス 、マギー・ギレンホール 、ジェイソン・クラーク 、リチャード・ジェンキンス 、ジェームズ・ウッズ 、ジョーイ・キング 試写会場: ニッショー...
映画「ホワイトハウス・ダウン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2013/8/24、109シネマズ木場、スクリーン5。 スクリーンがシアター真ん中より右に寄っているので、 座席は中央席より2つくらい右が丁度スクリーンの中央になる。 結構な入り。 * チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、 マギー・ギレンホール、...
ホワイトハウス・ダウン (CINEMA見聞録 )
 議会警察官のジョン・ケイルは、シークレト・サービスになることを目指すも面接で不
ホワイトハウス・ダウン (Akira's VOICE)
てんこ盛りの見どころ&笑いどころ。  
『ホワイトハウス・ダウン』 (こねたみっくす)
ローランド・エメリッヒ監督がセルフ・タブーに踏み込んだのか!? 『ザ・ロック』と『エンド・オブ・ホワイトハウス』を小ギャグで味付けしたかのように、新鮮味は皆無ではあるもの ...
『ホワイトハウス・ダウン』('13初鑑賞74・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 8月16日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:05の回を鑑賞。
ホワイトハウス・ダウン (Memoirs_of_dai)
旗振って地固まる 【Story】 大統領ジェームズ・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)を警護するシークレットサービスを目指すも、不採用となってしまった議会警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイ...
ホワイトハウス・ダウン (ぷかざの映画感想記)
ホワイトハウス・ダウン観ました・ [満足度:★★★☆☆ 3点] ※ネタバレ含む感
「ホワイトハウス・ダウン」 サービス精神がギュッとコンパクトに (はらやんの映画徒然草)
今年は本作と「エンド・オブ・ホワイトハウス」という二つの作品で、ホワイトハウスが
「ホワイトハウスダウン」、再び、ホワイトハウスが襲われます! (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆     アクション好き ☆☆☆☆ 「エンドオブホワイトハウス」が、公開されてまなしに、この「ホワイトハウスダウン」。 両者を比べてみたくもなるが、ホワイトハウスがバトルの舞台となるのは同じ。 「エンドオブホワイトハウス」が、北朝鮮の...
ホワイトハウス・ダウン (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ローランド・エメリッヒ 【出演】チャニング・テイタム/ジェイミー・フォックス/マギー・ギレンホール/ジェイソン・クラーク/リチャード・ジェンキンス/ジェームズ・ウッズ/ジョーイ・キング 【...
ホワイトハウス・ダウン ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
「インデペンデンス・デイ」「2012」のローランド・エメリッヒ監督が、謎の組織にホワイトハウスが乗っ取られ、ワシントンD.C.が危機に陥る様子を描くアクション大作。議会警察官のジョン・ケイルは、大統領のシークレットサービスになるため面接試験を受けるが不採用とな...
[映画『ホワイトハウス・ダウン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
           ☆いやはや、今年の夏は、娯楽超大作が豊作ですな。  今夜から、『スター・トレック』の新作が先行レイトショーで上映されるけど、私、夜は店を開かなくちゃならないので、本公開を待たなくちゃならない。  で、観るつもりだったけど、後回しと...
ホワイトハウス・ダウン (とりあえず、コメントです)
派手なエンターテイメント作品が得意なローランド・エメリッヒ監督のアクション大作です。 予告編を観て、チャニング・テイタム&ジェイミー・フォックスの活躍が観たいなあと楽しみにしていました。 堂々と輝いていたホワイトハウスが破壊されていく様子に、 さすがエメ...
「ホワイトハウス・ダウン」:「エンド」よりも更に上出来 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ホワイトハウス・ダウン』は、どうしても公開が先行した『エンド・オブ・ホワイ
ホワイトハウス・ダウン (ダイターンクラッシュ!!)
2013年8月19日(月) 18:40~ 109シネマズ川崎1 料金:1000円(ポイント会員感謝の日) パンフレット:未確認 俺たちのエメやんが帰ってきた! 『ホワイトハウス・ダウン』公式サイト 「もうひとりのシェイクスピア」で、思いもよらぬ方向に向かう(誉めている...
ホワイトハウス・ダウン 手に汗握ったけど・・・ね~ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=43 うち今年の試写会5】 朝早い新幹線で品川に帰ってきたので、このまま出勤します、大阪から東京は通勤圏内なんやと思ってしまうのはもちろんまったく勘違いです。  大統領ジェームズ・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)を警護するシークレットサービスを目指....
ショートレビュー「ホワイトハウス・ダウン・・・・・評価額1550円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
アメリカの、内なる敵。 ローランド・エメリッヒ監督による、スペクタクルなアクション大作。 謎の武装勢力によって占拠・封鎖されたホワイトハウスで、チャニング・テイタム演じるシークレットサービスの...
ホワイトハウス・ダウン (映画の話でコーヒーブレイク)
暑い夏をぶっ飛ばすのに最適な、痛快アクション映画です。 「ダイハード」と「エアフォースワン」を足して2で割り、ホワイトハウストリビアを 散りばめたって感じです。 主人公の名前も「ダイハード」と同じジョン、お呼びじゃないのにたまたま居合わせて事件に巻き込ま....
ホワイトハウス・ダウン (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ホワイトハウス・ダウン」監督:ローランド・エメリッヒ(『2012』)出演:チャニング・テイタム(『G.I.ジョー バック2リベンジ』『親愛なるきみへ』)ジェイミー・フォックス(『 ...
ホワイトハウス・ダウン/WHITE HOUSE DOWN (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」「2012」などパニック映画お得意、 ぶっ壊したら右に出るものなしの破壊王、ローランド・エメリッヒ監督最新作 「21ジャンプ・ストリート....
映画「ホワイトハウス・ダウン」 (FREE TIME)
映画「ホワイトハウス・ダウン」を鑑賞しました。
ホワイトハウス・ダウン (銀幕大帝α)
WHITE HOUSE DOWN 2013年 アメリカ 132分 アクション/サスペンス 劇場公開(2013/08/16) 監督: ローランド・エメリッヒ『2012』 出演: チャニング・テイタム:ジョン・ケイル ジェイミー・フォックス:ジェームズ・ソイヤー大統領 マギー・ギレンホ....
ホワイトハウス・ダウン (いやいやえん)
チャニング・テイタムさんを主役に、ジェイミー・フォックスさんを大統領に据えた、「エンド・オブ・ホワイトハウス」に続くホワイトハウス陥落もの。うーんこれは甲乙つけがたい。どちらも娯楽映画として充分に楽しめます。色々被ってるところもあるけど。 しかし「...
映画『ホワイトハウス・ダウン』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-68.ホワイトハウス・ダウン■原題:White House Down■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:131分■料金:1,800円■観賞日:8月31日、新宿ピカデリー(新宿) □監督・製作:ローランド・エメリッヒ◆チャニング・テイタム◆ジェイミー・フォック...
『ホワイトハウス・ダウン』『アフター・アース』を新橋文化で観て、正月から最高と最低ふじき★★★★,★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
新橋文化の正月興行。 何でこんな面白いのとつまんないの一緒にやるかね(笑) ◆『ホワイトハウス・ダウン』 五つ星評価で【★★★★うおおおおおおお面白い】 チャニング ...
ホワイトハウス・ダウン (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ローランド・エメリッヒ 出演:チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール、ジェームズ・ウッズ 【解説】 『インデペンデンス・デイ』『2012』などのローランド・エメリッヒ監督が放つアクション大作。謎の武装集団に占拠されたホワイ...
ホワイトハウス・ダウン (miaのmovie★DIARY)
ホワイトハウス・ダウン [DVD](2014/06/04)チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス 他商品詳細を見る 【WHITE HOUSE DOWN】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 ホワイトハウスが占拠されてしまうアメリカ史上最悪の危機に、たまたま 居合わせてしまった議...