映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

RAILWAYS

2011年12月14日 | 邦画(11年)
 『RAILWAYS  愛を伝えられない大人たちへ 』を新宿ピカデリーで見ました。

(1)全体として随分と手堅く破綻なく作られた作品(裏返せば、まとまりすぎていて、もう少し変化とか盛り上がりがあっても良いのかな、という感じですが)だなと思いました。

 この映画は、相手のことを慮って行動しているつもりでも(=本当のところは愛しているのだと伝えようとしていても)、相手にとっては身勝手にしか見えない(=愛のない振る舞いにしか見えない)ことって、世の中で日常茶飯に見られ、さらには、わかっていてもなかなか自分の身勝手さを抑制しきれないものですが、そんなあれこれを物語として描いてみたものだと思われます。
 特に、映画の主人公の年代の人は、働くことに生きがいを求め、そのことで家族も自分に感謝しているはずだ(黙っていても分かっている事柄だ)との思い込みが強いように思えるところです。

 物語は、あと1ヶ月で定年となる滝島徹三浦友和)が主人公。帰宅途中で気がついて、出雲旅行のパンフレットを持って家に帰り、定年後には山陰旅行でもと切り出そうとした途端に、妻の佐和子余貴美子)から、実は看護士として病院の在宅ケアセンターで勤務することを決めてきた、と告げられてしまいます。
 夫の徹にしてみれば、定年退職するのだからユックリと過ごしたいし、妻のこれまでの労苦をもねぎらおうとの優しい気持から、旅行の話を切り出そうとしたにもかかわらず、そんなことより自分の就職だと言わんばかりの妻の態度にブチ切れてしまいます。
 すると、妻が家を出をしてしまい、夫は一人での生活を余儀なくされます。
 丁度出産を控えた長女・麻衣小池栄子)が時折顔を出してくれますが、むしろ母親の味方のようで(注1)、夫は長女にも怒りをぶつけてしまいます。



 そんな中でも、夫の方は、新人の研修乗務を引き受けることになり、妻の方も、末期癌患者(吉行和子)(注2)の在宅介護で、連日忙しく働くようになります。
 一度佐和子は家に戻るのですが、却って火に油を注ぐ結果となり、徹は彼女に「そんなに言うなら家を出て行け」とまで言ってしまいます。
 そうこうするうちに、とある事件が起こり(注3)、そして……。

 長年平和に連れ添ってきた夫婦仲に突如として危機が訪れる原因の大きなものは、妻の佐和子が、夫に事前の相談もなく再就職を決めてしまったことでしょう。
 なにもそこまでせずとも、前もって夫によく相談した上で決めさえすれば、こんなにこじれるまでに至らなかったのではとも思われます。

 ただ、佐和子にしてみれば、これまでの長年の夫の感じから、いくら事前に懇切丁寧に説明しても、自分の気持ちを理解してはもらえないと考えたに違いありません。
 たぶん、夫側の理屈としては、自分が毎日きちんと出勤して勤めたからこそ給料を手にすることができ、ここでこうして暮らしていけたのであって、だから定年後はのんびりと暮らそうというのに、いったい何の問題があるのか、ということでしょう。
 それに対して佐和子の方は、それでは自分はいつまでたっても夫の添え物にすぎない、自分としては後悔するような生き方をしたくないのだ、と言いたいのでしょう。
 でも、そんなことを言ってみても、自分の気持ちを夫が了解するに至らずに平行線のままとなってしまい、とても事前の了解など得られないと、佐和子が考えたとしても無理はないかもしれません(注4)。
 何より佐和子としては、自分は、夫が定年退職するまでは自分を抑えて我慢してきたのだから、との思いが募っていることでしょう(注5)。

 あるいは、徹が「その話は終わったことだ」と言っているところからすると、再就職については、これまでにも何度か佐和子の方から切り出している話であって、そのたびに夫は聞く耳を持たなかったのではないかと推測されます。
 さらには、佐和子は、癌検診で再検査という結果が出て、無論再検査は無事だったのですが、残された時間があるようでありながら実はないのではないか、なんとか早く再就職しないと自分が生きた証が得られなくなってしまう、と切羽詰まった思いに駆られたのではないか、とも思われるところです。

 実際のところは、映画全体から醸し出される落ち着いた雰囲気から、いくら佐和子が、結婚指輪と離婚届を夫に渡しても、そして別の場所にマンションを借りたとしても、そして、徹が、市役所に離婚届を提出し、2人の結婚指輪を遠くに放り投げたりしても、観客の方としては、とどのつまりは元の鞘に収まるのだろうと思いながら、落ち着いて映画を見てしまうのですが。



 本作は、日常的に起こりがちながらツイツイやり過ごしてしまう様々な事柄について色々考えさせてくれ、まずまずの仕上がりとなっているのではと思いました。

 それでも問題点がいろいろあるように思われます。
 例えば、3月の1か月間の話にしては、自然の風景が変化し過ぎでしょう(雪が降って、桜が咲き、チューリップまで咲くのですから)。とはいえ、その後の1か月位を取り込めば、チューリップも桜も咲いていそうですから、もしかしたらありうるのではと思いました(回想シーンもあることですし)。

 また、退職する当日まで実際に乗車勤務するというのも、実際にありうるのかなと思われます。ですが、このサイトの記事を見ると、それに近い話はあるのかなとも思えてきます(もちろん、そこでは、定年の日とラストランとの関係は不明ですが)。

 さらに、60歳の定年後に何をするかの問題が描かれているところ、おそらく、滝島徹は、今更カメラを手に取ってみても(注6)、そこに生きがいを感じられないのでしょう。とすると、定年後の嘱託期間の5年が経過した時こそ(注7)、厳しい難問に逢着することでしょう(妻の方も、病院の定年に引っ掛かる可能性があります)。
 映画の中で、先輩(米倉斉加年)が「定年後が恐ろしく長いぞ」と彼に言いますが、これは真実を突いた言葉ではないかと思います。

 三浦友和は、実年齢と演じる役柄の年齢が一致しているとはいえ、とても定年退職するような歳には見えません(なにしろ、『ナニワ・サリバン・ショー』の忌野清志郎の幼友達なのですから!)。これからもこうした柔和な路線と、『沈まぬ太陽』における行天専務のような敵役の路線とを幅広く演じて活躍するものと思いました。
 余貴美子は、最近では、『八日目の蝉』におけるエンジェルとか『ツレがウツになりまして。』の母親役とかが印象的ですが、本作でも、最後まで自分の意思を通そうとする芯の強さを持った女性を、実に巧みに演じていると思いました。



 他に注目すべき俳優としては、このところあちこちで見かける徳井優が、本作でも滝島徹の上司役として出演しています(注8)!

(2)本作は、中井貴一主演の『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』(2010年)に次ぐシリーズ第2作ですが、舞台は、前作が島根県の一畑電車であったのに対して、富山県の富山地方鉄道に変わっています。

 こうした地方の私鉄の場合、興味深いのは、様々の種類の車両を導入している会社が多い点でしょう。
 クマネズミは1年ほど広島市で暮らしたことがあり、その際、広電で使われている車両が相当多岐にわたっているのを見て、奇異な感じを受けたことがあります(以前は、ドイツの市電などが幾つも走行していたようにも思います)。
 本作の富山地方鉄道においても、東京の西武鉄道で使われている「レッドアロー号」が、2両編成で走っているのを見て驚きました(前作の一畑電車の場合の方が、東京などで使われていた車両を多く使っているようです)。

 なお、映画『劔岳 点の記』において、当時の富山駅としてロケに使われた「岩峅寺(いわくらじ)駅」が、本作で何度も出てきたので驚きました(尤も、本作では、駅の外観ではなく構内風景しか映されませんが)。

(3)前田有一氏は、「どっしりと動かぬカメラ、穏やかな陰影、先を急がぬ落ち着いた演出。地味ながら日本映画のいいところを体現する演出は、ベテラン監督かと思わせるほど。と同時に、この手のドラマの弱点になりがちな退屈さとは無縁の卓越したストーリーテリング。非常に面白い人間ドラマであり、鉄道映画の楽しみも味わえるお得な逸品である」として85点もの高得点をつけています。
 渡まち子氏は、「熟年層をターゲットにした地味な作品だが、共に演技派の三浦友和と余貴美子の、自然なたたずまいが味わい深い。何より、雄大な立山連峰を背景に、四季折々の田園風景の中、列車が走る様は、鉄道マニアでなくとも見惚れてしまう美しさだった」として60点をつけています。
 福本次郎氏も、「峻嶮な山脈が町に迫り、単線を2両電車が走る田園、そして人々の小さな日常。平凡な人生にもひとつひとつにドラマがあり、日々の出来事にはすべて人の思いがこもっていることを思い出させてくれる作品だった」として60点をつけています。



(注1)娘は、「少しは母さんの気持ちを考えてあげたら」とか、「いつも自分は正しいといった顔をしている」と滝島に言ったりします。

(注2)その患者は、「病院でチューブに繋がれている自分の姿を思い出にして欲しくない」ということから、末期癌にもかかわらず在宅ケアに頼っています。

(注3)徹が研修生と一緒に乗車していた電車が、落雷のため送電がストップして、トンネルの入口で立ち往生してしまいます。たまたまその電車には、妻の佐和子が介護していた末期癌患者(吉行和子)が乗り合わせていて(孫の皮膚病によく効く薬草を取りに、家のベッドを抜け出していました)、具合が悪くなってしまいます。徹の連絡により妻がやってきてかいがいしく介護しますが、その仕事ぶりを見て、徹は、妻がいい加減な思いで仕事に取り組んでいるのではないことを悟らされます。

(注4)病院の在宅ケア責任者(西村和彦)によれば、佐和子が担当する患者は末期癌患者で、家族の理解がなければトテモ続けていけないとのこと。実際にも、呼び出しがいつ何時あるのか分からないために、夫の面倒をコレまでのようにはみれなくなります。そんなことをいくら丁寧に説明しても、夫の方は理解などしてくれそうもありません。

(注5)佐和子にしてみれば、看護師を辞めたのも、出産と、癌で死んだ母の介護のためであって、自分としては継続したかったのだと思い続けて来たのでしょう。

(注6)幼馴染みの女友達(仁科亜紀子)に偶然出会った際に、滝島は、彼女から、自分が以前カメラマンになりたいと言っていたことを知らされます。

(注7)滝島は、定年後は別のところで再就職しようと考えていましたが適当な口が見つからず、かといって生き甲斐とすべき趣味も持ち合わせておらず、結局、同じ職場に嘱託として居続けることになります。

(注8)徳井優は、最近では『吉祥寺の朝日奈くん』などで見かけました。




★★★☆☆





象のロケット:RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナニワ・サリバン・ショー | トップ | 50/50 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは☆ (yutake☆イヴ)
2011-12-14 13:38:45
こんにちは☆
自ブログへのご訪問&TBありがとうございました。
コメントらんなく、失礼しておりますが、よろしくお願いします。


思い違いあれこれ (立山らいてふ)
2011-12-16 23:18:43
  平塚さんは「原始、女性は太陽だった」と言ったが、これは完全な思い違いであり、世界の殆どではアポロンに限らず、太陽神は男であった。ともあれ、真面目で誠実な人々ほど、総じて視野が狭く不器用なことが多いため、愛する人との間でも思い違いや思いやり不足が生じたりもしょう。テーマの一つを素直に受けとると、こうしたことになるのかもしれない。

  ところで、鉄道シリーズの第1作が島根県の一畑電鉄の機関士(運転手)になった中年男が主人公で、こんどの第2弾は、立山や宇奈月温泉へ路線が伸びる「富山地方鉄道(略称:地鉄)」が舞台で、その定年間際の機関士が主人公である。三浦友和君が堅実に演じているが、彼ももうそうした年頃になったのだなぁと思いながら見ていた。富山に多少なじみがあり親戚に鉄道員もいた私が、この映画を観る動機は、上記のようなものだから、舞台の自然風景がしっかり写され、その地名や花々がいろいろ出てくることで、それでよいというところだろうか。
  ストーリーは事情を知らなければ、本作はまずまずのできだろうが、実のところ、物語を造りあげたという感じをいくつかもった。そう思うのは、主人公もその妻・佐和子(余貴美子)も、妻が病院で担当する余命乏しい老婦人も、それぞれが自己を主張しすぎて、その結果、なんらかの事件が起きて物語が進むということになるからだ。逆に、もう少し相手や周囲の関係者のことを思いやって、相談しながら行動すれば、なにも事件が起きない(つまり、物語ができないし、映画もできない)ということになるかもしれない。だから、「愛を伝えられない」ということではなく、それぞれが不器用で「身勝手な」だけのように思われる。救いは、登場人物の皆がもともと真面目で悪気がないから、相手を許す気になればそれがすぐできることになり、そこで物語が最後にまとめられることになる。
  主人公は、定年後に何をするかの問題が出てきて、偶々再会した昔のガールフレンドにカメラの趣味を言われて、これを思い出すものの、結局、嘱託勤務という実質的な定年延長を選択する。実際のところ、この辺がいまの世代の最大公約数で、殆どが仕事人間ということであり、淋しいところだ。そうすると、戦後のベビーブーム世代に対して、親切風に写していながら、強烈な皮肉を放っているのだろうか。この辺も「思い違い」と思いたい。
身勝手な感想 (クマネズミ)
2011-12-18 18:00:28
「立山らいてふ」(→「立山らいてう」)さん、コメントをわざわざありがとうございます。
平塚らいてうの『青鞜』発刊に際しての言葉が、「元始、女性は実に太陽であつた。真正の人であつた。今、女性は月である。他に依つて生き、他の光によつて輝く、病人のやうな蒼白い顔の月である」云々というのであれば、原始の昔は太陽神は女性だったということよりも、むしろ、原始の女性は自らの力によって生きていた、といいたいのでは、と素人目には思えます。
それはともかく、この映画に照らしてみると、佐和子は、夫が退職するまでは「月」的な存在でしたが、夫が退職を迎えたら直ちに「太陽」の生き方をしようと思ったのかもしれません。
クマネズミには、それが決して「身勝手」な行為とは思えず、そこら辺の日常生活で絶えず目にすることではないか、「もう少し相手や周囲の関係者のことを思いやって、相談しながら行動」すればいいことは重々分かっていても、そうできない人がかなりいるのが実情ではないでしょうか?
ですから、クマネズミは、そんな実態を描いている本作から「物語を造りあげたという感じ」は持ちませんでした。むしろ、もう少し物語的な盛り上がりがあってもいいのではないか、随分と淡々と作られているのではないか、と思ったほどです。
どうやらこれは、本作の舞台となっている富山県のことをよく知らない部外者だからこそ抱いてしまう感じなのかもしれません(「舞台の自然風景がしっかり写され、その地名や花々がいろいろ出てくることで、それでよい」というようには思えませんから)。
Unknown (ほし★ママ。)
2011-12-19 23:03:52
こんばんは、クマネズミさん。
確かにうまくまとまった無難な作品と言えるのかも知れませんが
ズバリドンピシャ世代の私としましては
起こる事や話す事の総てが
「あるあるネタ」のように笑えたり納得できたり致しました。

と、実家のすぐそばに始発駅があった私鉄で
やはり友だちのお父さんがいい歳になっても働いておられて
鉄道廃止のラストランに運転されたことを思い出して
胸にこみ上げるものがありました。
ラストラン (クマネズミ)
2011-12-21 06:39:45
「ほし★ママ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「ラストラン」に関しては、おっしゃるように、「鉄道廃止のラストラン」が一般的のようで、映画のように、定年退職の当日に「ラストラン」をするってあるのかな(公共的な乗り物を純個人的な目的で使うわけでもあり)、と指摘する知人もいましたが、全体的に地味なこの映画の盛り上がりどころですから大目に見ることにしました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (あーうぃ だにぇっと)
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ@なかのZERO。
2011年11月22日 『RAILWAYS 〜愛を伝えられない大人たちへ〜』 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『RAILWAYS 〜愛を伝えられない大人たちへ〜』 を試写会で鑑賞です。 今日は、いい夫婦の日であるが、いつものように一人で鑑賞 完成披露試写会があったので、何通も応募したけど当たりませんでした そして、裏のこちらも応募したけど、当たりませんでしたが、...
映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」を観ました!!(2011-14) (馬球1964)
映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」を観ました!!私の中では今年1,2番の良作品でした。
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (佐藤秀の徒然幻視録)
富山県の幸福度は全国2位なのだけれど 公式サイト。阿部秀司製作、蔵方政俊監督、三浦友和、余貴美子、小池栄子、中尾明慶、吉行和子、塚本高史、岩松了、徳井優、中川家礼二、仁 ...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (LOVE Cinemas 調布)
富山県にある富山地方鉄道が舞台。あと1ヶ月で定年退職を迎える運転士の夫、夫の定年後に働き始めようとする妻、2人の姿を等身大に描いたヒューマンドラマだ。主人公の運転士を『星守る犬』の三浦友和、その妻を『孤高のメス』の余貴美子が演じている。蔵方政俊監督はシ...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (花ごよみ)
舞台は富山地方鉄道。 主人公の運転士、滝島に三浦友和、 その妻、佐和子には余貴美子。 小池栄子 中尾明慶 吉行和子等が共演 車掌になりたかったという、 鉄道ファンの中川家礼二も出演。 夢が叶った感じ。 観客の笑いを誘っていました。 シリーズ第1弾中井貴一主演...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (Akira's VOICE)
走って立ち止まって,また歩き出す。  
蔵方政俊監督 「RAILWAYS/愛を伝えられない大人たちへ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
前作、中井貴一さん主演の「RAILWAYS」は未見。 前作はサブタイトルが「49歳で電車の運転士になった男の物語」という事で、夢を追っかけた男の話だったそうで… 正直、食指は動きませんでした。 オッサンになったら現実を見なきゃ。 で、今作はどうかな?と...
No.284 RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 鉄道にまつわる人々の人生をつづったヒューマンドラマで、中井貴一主演「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」(2010)に続くシリーズ第2作。富山を舞台に、 ...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ/三浦友和 (カノンな日々)
中井貴一さんの主演で日本中の感動を呼んだ『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』のシリーズ?第二弾です。ストーリー的な繋がりはなく監督も前作で助監督を務められた蔵 ...
映画 「 RAILWAYS 愛を伝えられない大人たち 」 (ようこそMr.G)
映画 「 RAILWAYS 愛を伝えられない大人たち 」
映画『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』★途中下車でつかんだ手に何かが伝わったら… (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    公式サイトです。 http://www.railways2.jp/   作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/156383/   映画レビューです。(ネタバレ表示ですが、結末はボカしています。) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview...
映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 試写会の客入りは8〜9割くらい、年齢層はやや高い。映画上映前に主権者の東京建物さんにより、宿泊券、プレスシート、ウォークマン、QUOカードが当たる抽選会が行われた。
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (とりあえず、コメントです)
『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』に続くRAILWAYSシリーズ第2弾です。 第1弾は未見だったのですけど、物語が続編ではなく場所も主人公も違うので 大丈夫かなとチャレンジしてみました。 地元に根付いた鉄道の運行を担う運転手の姿と夫婦の絆が、美しい風景...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (うろうろ日記)
試写会で見ました。三木さん(真理子=司会)相変わらずステキで、いつもコスプレが楽
RAILWAYS  愛を伝えられない大人たちへ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
鉄道にまつわる人々に光を当てた「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」に続くシリーズ第2弾。富山県富山地方鉄道の運転士と妻のドラマを描く。監督は、前作でチーフ助監 ...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (勝手に映画評)
2010年に一畑電車を舞台に描かれた『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』。その第二弾として、今回は、富山地方鉄道を舞台に、定年目前の夫婦の模様を描いている。 まず率直に。まぁ、悪くはないですが、良くも無いです。ちょいと微妙。『RAILWAYS 49歳で電車...
「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」妻の仕事ぶりを見て理解した命を背負っている者同士の愛の絆 (オールマイティにコメンテート)
「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」映画昨年公開された「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」の第2弾シリーズで舞台は富山の地方鉄道を舞台に定年間近になった電車の運 ...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (だらだら無気力ブログ!)
立山連峰を望む富山の風景は素晴らしく綺麗。
『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』 (Cinema+Sweets=∞)
試写会に当たったので、先日なかのZEROホールへ『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』を観に行ってきました。 ******************** 富山県の富山地方鉄道を舞台に、1か月後に定年を迎える運転士と...
『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト  「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」□監督 蔵方政俊□脚本 小林弘利、ブラジリィー・アン・山田 □キャスト 三浦友和、余貴美子、小池栄子、中尾明慶、吉行和子、塚本高史、岩松 了、      徳井 優、中川礼二、仁...
『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』 (2011) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督: 蔵方政俊 出演: 三浦友和 、余貴美子 、小池栄子 、中尾明慶 、吉行和子 試写会場:よみうりホール 公式サイトはこちら。 (11月19日富山先行公開、12月3日全国公開) 久しぶりに自力で当てた試写会です(^_^;) maruちゃんと行って来ました。 →maruち...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  主人公は富山地方鉄道の運転手。彼はあと1ヵ月で定年を迎えることになり、定年後に、久し振りに妻を誘って旅行に行こうと考えていた。ところが妻のほうは、夫の定年を待って看護士の仕事を始めようと、すでに病院の面接を受けていたのである。 このすれ違...
映画『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』@劇場 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
福利厚生で割引券の斡旋があったので チケット二枚は、大分前にゲットしていました。 実は、前作の『RAILWAYS 49歳
RAILWAYS愛を伝えられない大人たちへ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
結局、夫婦であっても、恋人同士でも相手の本当の気持ちなんて、ちゃんとわかっているわけないじゃない?推し量ることはできても、あくまでも自分の主観でそう感じるだけだから。一から十まで、気持ちはリンクしているなんてことは同じ人物じゃないのだから全てわかるなん...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(’11) (Something Impressive(KYOKO?))
昨日、私は今年仕事締めの日、近隣の新宿ピカデリーでは、来週金曜までで上映終りらしい「RAILWAYS・・」を見てきました。 今年振り返れば、映画新作は結局、2月に見た「しあわせの雨傘」のみ。その後、震災の煽りあって、色んな意味で自粛、また高層階での鑑賞、とい...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ'11:日本◆監督:蔵方政俊「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」◆出演:三浦友和、余貴美子、小池栄子、中尾明慶、吉行和子 ◆STORY◆富山 ...
『わが母の記』『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』をギンレイホールで観て、老いるショックふじき★★,★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
1982年11月になって、やっと夏季休暇を取る事が出来ました。 という訳で、書きそこなっていたレビューを掘り起こしていきます。 でもライトにいきます。 という訳で、最初 ...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 滝島徹(三浦友和)は鉄道運転士として仕事一筋の日々を過ごし、 59歳になった。55歳になった妻・佐和子(余貴美子)は、専業主婦 として徹を支えてきた。 徹が1か月後に定年退職を控え、夫婦で第2の人生をスタートさせ ようとしていたある日、佐和子が結婚...