映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ツレがうつになりまして。

2011年10月18日 | 邦画(11年)
 『ツレがうつになりまして。』を渋谷TOEIで見てきました。

(1)現代病と言われるうつ病を巡る映画にもかかわらず、宮崎あおいと堺雅人とのコンビが絶妙で、実に清々しい気分で映画館を後にすることができました。

 映画では、外資系ソフト会社のサポートセンターで懸命に働く夫・ツレ堺雅人)―結婚5年目―が、睡眠不足気味になり、食欲不振や体のダルさを訴えるようになり、いつも自分で支度している弁当が作れなくなって、妻・ハルさん宮崎あおい)の勧めで心療内科を訪れると、医師から「典型的なうつ病ですね」と言われてしまいます。
 ツレは、病院に通って薬をもらいながら仕事は続けるものの(注1)、通勤電車に乗り込めず、また駅のトイレで吐いてしまったりします。それで、とうとうハルさんから、「会社辞めないなら離婚する」といわれてしまい、ついに退職届を出す羽目になります。

 実は、ハルさんは、結婚するときに、ツレから「君にはマンガの才能がある。君がマンガを描けば、面倒は僕がみる」と言われていました。それでこれまで、好きなようにハルさんはマンガを描いてきたのですが、どうもうまくいかず先細りです。まさにそういう厳しい時にツレが会社を辞めたのですから、家計は火の車(貯金が26万円に!)。
 そこで、ハルさんは、心機一転、自ら進んで「ツレがウツになりまして。仕事をください」と出版社にかけあいに行きます。
 そこらあたりから、この物語にも幾分か光明が開けてきます(注2)。

 といっても、この映画では、うつ病を巡る様々の大変な状況が描かれていることは確かですが、それもさることながら、そして、実際のうつ病は映画で描かれているよりズット大変なものだ、とかなんとか議論するよりも、むしろ世にも稀な夫婦関係の有様を描いたものと受け取った方がいいのでは、と思いました。
 冒頭に申し上げたように、とにかく宮崎あおいと堺雅人とのコンビが絶妙なのです。
 とりわけ、宮崎あおいの演技が素晴らしいと思いました。うつ病になっても、家族にこんな風に対応してもらえるのであれば、むしろうつ病になってもいいかなと思うくらいです。
 また、堺雅人も、『武士の家計簿』で仲間幸紀恵と夫婦を組んでいましたが、本作の夫婦関係の方がずっとしっくりいっているような感じを受けます。

(2)ところで、ツレの病気について、劇場用パンフレットには、「心因性うつ病」との記載があります。ですが、Wikipediaの「うつ病」の項によれば、これは「古典的分類」であり、そこでは「「心理的誘因が明確でない内因性うつ病」と、「心理的誘因が特定できる心因性うつ病」の二分法が中心となっている。狭義には前者が“うつ病”とされ、心因性のものは“適応障害”などに分類されることが多い」とされていたりします。

 また、昔から、うつ病は一般に、医師によって処方される薬をきちんと飲み続けていれば治る病気であり、またうつ病患者に対しては「がんばれ」などといった言葉はかけない方が良いと、されてきました。
 ところが、このところ、抗うつ剤には副作用があることがしばしば言われるようになりました(注3)。
 さらに、劇場用パンフレットに掲載されているメディカルケア虎ノ門の五十嵐良雄院長のインタビュー記事によれば、「「がんばれ」という言葉をかけてはいけないというのではなく、はげましていい時期、はげましてはいけない時期があ」るとのこと(注4)。

 世間に流布しているうつ病関係の記述とか常識には疑わしい点(あるいは単純過ぎる面)がある感じで、素人判断はどうも禁物のようです。

(3)この映画は、前回取り上げた『家族X』との関係でとらえてみても面白いのではと思いました。
 その映画では家族が崩壊している様子が丹念に描き出されているのですが、そうなった原因の一つが家の間取りではないかとも考えられるのです。家の間取りから、台所や居間にいることの多い母親と、全く顔を合わせることなく父親や長男は家の出入りができるのです。これでは、相互のコミュニケーションがなくなってしまうのも不思議ではありません。

 逆に、この映画では、一昔前まで普通に見られた和風の平屋の間取りとなっています(この家の間取りも、『家族X』と同じように、劇場用パンフレットに掲載されています!)。それぞれの部屋が単に横につながっていて、庭に面した方に縁側があり、家族の動きがどこにいてもすぐに分かる感じがします。それに家の中が畳敷きですから、どこでもゴロンと寝そべることができますし、天気のいい日には縁側で日向ぼっこもできます(注5)。



 こんな昔風の温かい雰囲気の家屋なら、『家族X』の橋本家のような事態にはならなかったのでは、と思えてくるところですし、他方、逆に本作ではどうしてツレはうつ病になど罹ってしまったのだろうか、と不思議に思えてもきます。
 もしかしたら、外資系ソフト会社の苦情処理係というまるで違った雰囲気の職場(ある意味で、現代最先端の職場でしょう)に毎日通うものですから、その大きな落差にツレの精神が耐えることができなかったのではないか、とも考えられます。仮にそうだとしたら、ハルさんが、ツレに会社を辞めてもらったのは正解と言うべきでしょう。こうした温々した家屋にいる時間が長ければ長いほど、その病気は治ってくるのではないかと考えられますから。

 なお、原作は住まいの状況を明確に描いていないところ、映画では、監督の意向から、むしろ積極的にこうした作りの家屋に彼らを住まわせることとしたようです。劇場用パンフレットによれば、佐々部清監督は、「日本家屋にこだわった理由は、人間とイグアナと床との距離感を近くすることで埼家の温かさをより表現できると考えたから」であり、「「どこかで『東京物語』がやりたかったんですよね。だから、笠智衆さんと東山千栄子さんがぽつんといるようなあの縁側も必要だった」という監督の希望」を美術監督が叶えたからだとされています(注6)。

 とはいえ、こうした作りの家に今でもまだ若い夫婦が暮らしているなどとは、あまり考えられないのでは、と思ってしまいます(無論、内装等はセットとはいえ、類似の外観を持った家が見つかってロケしているところからすれば、あり得ないことではないでしょうが)。



 あるいはこれは、最近見た『神様のカルテ』の「御嶽荘」と類似するものと考えられるかもしれません(なにしろ、そこでは宮崎あおいが“ハル”として、櫻井翔のイチと暮らしてもいるのですから!)。
 となると、「御嶽荘」についてクマネズミが思ったように、この埼家も夢の中の家、幻想の家とみなすことも可能ではないでしょうか(なにしろ、イグアナが徘徊し、CDではなくレコードがいまだに掛けられている家なのです!)?
 誰の?ハルさんの夢としても構わないでしょうが、ツレの幻想としてみたらどうでしょうか。会社を辞めるにやめられずに思い悩んでいる時の夢としても、ビルの屋上から飛び降りたときに頭の中を駆け巡った幻想としても(こんなふうにこの家でうつ病が治っていけばいいな、という願望の表れとしての夢とか幻想として)、もしかしたら面白いのではないでしょうか?

(4)渡まち子氏は、「この映画では、心因性うつ病を“宇宙かぜ”と呼ぶ。現代の社会問題であるうつ病には、実際にはより重い側面もあろう。だが、あえて深刻ぶらずに描き、上手な付き合い方をエッセイ風に指南する軽やかさが心地よかった」として65点をつけています。
 また、福本次郎氏は、「痛かったり辛かったりといった肉体的な苦しさではなく、頭に霞がかかって思考力が衰え何をするにも体がだるい。映画は、そんな夫と暮らす妻の視線で、うつ病患者との距離の取り方を手探りで模索」し、「ツレを通じて晴子もまた成長していく姿がいとおしくなるほどの温かさに包まれた作品だ」として50点をつけています。



(注1)ツレは、この段階では、「自分が休むと、会社の同僚に迷惑をかけてしまう。自分の体のことは自分が一番よく知っている。だから大丈夫」などと、よく誰もが口にする言葉を吐いています。
 さらにツレは、職場の上司に、うつ病であることを告げると、上司は、「こんな忙しいとみんながうつ病なんだよ。泣き言など言わないで、リストラされたやつの分もがんばってくれよ」とニベもありません(社会の状況がまだまだこんなだから、原作者もこうしたコミック・エッセイを書いたのでしょう)。



(注2)原作では、ツレの日記を読んで初めて、ツレが自殺しようとしていた事実を知ったとありますが〔細川貂々著『ツレがウツになりまして。』(幻冬舎文庫)P.63〕、映画ではツレの自殺未遂の場面(ハルさんが駆けつけて事なきを得ます)が一つの山場として描かれています。

(注3)Wikipediaの「抗うつ剤」の項には、「年齢に関わりなく、抗うつ薬(特にSSRI)の処方開始直後に、未遂を含めた自殺のリスクが上昇するという報告があり、アメリカ食品医薬品局(FDA)から警告が発せられた」との記述があります。
 また、このサイトの記事は、D.ヒーリー著(田島治監修)『抗うつ薬の功罪』(みすず書房、2005年)からの引用が掲載されています。
 さらに、NHKTVでもこうした関係の番組が放送されました。

(注4)また、たとえばこのサイトの記事によれば、「普通のうつ病(定型うつ病)では、とにかくゆっくりと体を休め、休養をとることが必要。周囲の人が「がんばれ」と言葉をかけたり、励ますと、本人が自分自身を追い込んでしまうため、よくありません」が、「非定型うつ病の場合は、少し励ますことがかえって本人のためになります」とのこと。
 なお、原作においても、「PART4」のタイトルが「少しずつ、上を向いてあるこう」となっていて、「その1」から11回にわたり、次第にツレの病状が改善していく様子が描かれています。たとえば、「その2」ではツレが、「電車……乗れるようにがんばってみるよ」と言い出します(実際にはこの段階では、未だ無理でしたが)。そして、「その7」になるとツレは、「今年の確定申告はボクがやるよ。がんばってみるよ」と言います(実際にもやり遂げました)。

(注5)宮崎あおいが“月子”の役で出演した『オカンの嫁入り』の舞台となった家屋とも類似しています〔『家族X』についての記事の(2)でも触れましたが〕。

(注6)『東京物語』との関連性で言えば、ハルさんの実家の大杉連と余貴美子の床屋は、杉村春子の美容室(夫は中村伸郎)に相当するのかもしれません。
 ちなみに、『私が結婚できるとは―イグアナの嫁2』(幻冬舎文庫)によれば、少なくとも母親は「フツーの専業主婦」とのこと(p.24)。本作のような設定にしたのには、監督の意向が強く働いているのではないでしょうか?





★★★★☆




象のロケット:ツレがうつになりまして。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家族X | トップ | 幸せパズル »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2011-10-19 02:25:51
映画を観る前に原作を読んでいたので、原作の空気感(ウツに対するスタンス)が曲げられているように思えて、映画としてはそんなに評価していません。それに……あんな裕福そうな日本家屋に住みやがって。

宮崎あおいは『おかんの嫁入り』で、ツレと同じく電車に乗れない人を演じてましたね。あれも電車に乗れる、乗れないが一大事だったので、ツレが電車に乗ることの大変さが後半で割と軽くスルーされた感もあります。
なぜ和風建築の家に (クマネズミ)
2011-10-19 21:42:34
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
ただ、「あんな裕福そうな日本家屋に住みやがって」とありますが、あのようなところに結婚5年目の若夫婦が住むことなどあまり考えられないことを考えると、なんだか監督は、自分独自のファンタジックな世界を作ろうとしているのでは、と思えてきます(「どこかで『東京物語』がやりたかったんですよね」という時代錯誤とも受け取れることを言っているのも、そうしたことの表れではないでしょうか?)。
また、「ツレが電車に乗ることの大変さが後半で割と軽くスルーされた感」とありますが、原作でも2回目にはスムーズに乗れているので、監督はここではツレが回復している感じを出したかったかったのではないでしょうか?
えい (Unknown)
2011-10-20 23:19:33
こんばんは。

コメントありがとうございました。
ご質問いただいた“家”の件です。

もしも、あの家が
もっと現代的な、
たとえば1980年代の打ちっぱなしのコンクリートのような冷たく無機質なものだったら、
ツレのうつもさらに悪化したやもしれません。
あんな空間だったからこそ、まだ救われたのではないかと…。

ふたりを包む、
懐かしくもあったかい昭和の空気感が
心の治癒に一役買った…
そんな気がしました。

でも、クマネズミさんがご指摘されている
ツレの幻想、
あるいはハルさんの夢というとらえ方も興味深いです。

いずれにしろ、現実という意味のリアルではなく、
映画時空内でのリアルだという気がします。
和風家屋の謎 (クマネズミ)
2011-10-21 05:32:11
お早うございます。
「えい」さん、わざわざコメントをいただき、誠にありがとうございます。
おっしゃるように、あの家が「1980年代の打ちっぱなしのコンクリートのような冷たく無機質なもの」でしたら、確かに、「ツレのうつもさらに悪化したやもしれません」ね。
ただ、クマネズミの方は、今の何処にでも見かけるマンションや一戸建の家であっても、二人があのように努力すれば必ず治るはずなのに、どうしてわざわざことさらめいて和風の家にしたのかなと不思議な感じがし、イラストのキャラクターが飛び出す場面も含めて、全体をファンタジックな仕上がりにしようとしたのかな、と思った次第です。
作者の上昇と下降とお約束のウツ (ゆきひろ)
2011-11-02 23:52:25
映画版もらしさが出ていて良さそうですね。
観てみようと思いました。
得るものが色々ありそうですね。

それにしても、そもそも旦那さんがウツになっちゃったのは
なぜか、細川さんの性格を分析してるサイトを見つけました。
http://www.birthday-energy.co.jp

これによると、
「結婚することにより、病魔を発症しやすい」
らしく、
「寛解は当然のように06年」だったそうです。

シャレになってませんな・・・。
これ以上の自虐ネタは、NGかもしれません。

日本家屋 (milou)
2011-11-04 23:18:55
僕は本筋にあまり関係のないトリヴィアルなことに拘るタチなのですが、まず最初にあの家の模写の正確さ(?)に目が行き、監督のこだわりを感じました。
もちろん彼らがあんな立派な家に住んでいるのが不自然だとは思いましたが…
晴子は高校を卒業し就職したが1年ぐらいでやめカツ・モード・セミナーという専門学校(多分2年制)でマンガを勉強し結婚5年らしいので23歳ぐらいなので。

さて隣家との関係で庭の形が変則的ですが縁側のある外側には大きなプロパンのタンクがありました。そして洗濯機は家の外。恐らくは現実に誰かが住んでいる家屋でしょうが縁の下の雑物など非常にリアリティがありました。
2人が寝ころぶ四角い絨毯も夏には替えられていました。ただ当然あるはずの畳の部屋が見えなかったように思います。住所は所沢市橋本5-25-4ですが、やはり実在しないようです。

ちなみに立派なCDプレーヤーがありCDも100枚ぐらいは並んでいました。大きなスピーカーもチラっと映ったようでもありオーディオ(音楽)にはそれなりに金を掛けているようなので逆にアナログレコードも納得できます。しかしレコーダーはVHSとDVDのみでHDDもない古い機械だし映像には拘りがないようです。あと犬用のペットシーツが何度も映りますがイグアナに必要なんですかね。

どうでもいいことついでに一つ気になったのは編集者が連載打ち切りの電話連絡を目の前に電話があるのに会社から携帯でかけたこと。

いずれにしろ会社がつぶれて小畑が本屋で働くようになり髪型が変わったことや、小畑が高崎の弁当を食べるときに、まだ手を付けてないから箸を使ってない、という台詞などトリヴィアルなことも丁寧に描かれていることに好感を持ちました。
トリビアルなこと (クマネズミ)
2011-11-06 08:56:28
milouさん、コメントをありがとうございます。
確かに、本作を見た場合、宮崎葵と堺雅人が住む日本家屋がどうしても気になるところです。そして、milouさんのコメントで、本作では「トリヴィアルなことも丁寧に描かれていること」がよく分かります。
ただ、冒頭に、「あの家の模写の正確さ(?)に目が行き、監督のこだわりを感じ」たとありますが、原作では、2人がどんな家に住んでいるのか描かれていませんから、「模写」というのは劇場用パンフレットに掲載されている図面を指しておられるのでしょうか?
また、「恐らくは現実に誰かが住んでいる家屋でしょうが」とありますが、劇場用パンフレットからすれば、あの家は、すべてセットではないかと思われます。
後情報? (milou)
2011-11-06 10:24:43
> パンフレットに掲載されている図面を指しておられるのでしょうか?

いえいえ、このようなブログを少し覗く程度で余程のことがないかぎり前情報同様に後情報も一切求めないのでパンフレットなど買いも立ち読みもしません(ビデオレンタルが一般化する前は採録シナリオのある単館系のパンフはよく買いましたが)。

やや書き方が中途半端でしたが“模写”ではなく“実在”でしょうか、僕は(当然部分的にセットを使うとしても)プロパンに典型的なように(映画として)何の必要もない細部に無駄な雑物が多すぎ、しかもそれがいかにも何十年と人が住んだ形跡のように感じられ(映画の)住人より“家屋”のほうにリアリティを感じたので、撮影のために現実に使われている家を借りセットでは表現できないだろう日本家屋の“実在感”に監督の“拘り”を見たわけです。
だからクマネズミさんの文章で監督が“日本家屋にこだわった”と知って“やっぱりな”と納得しました。

そうであれば例えばCDやレコードも本来の住人の好みであって主人公とは無関係でしょう。その意味でもクマネズミさんお得意の(?)“幻想”の家が正解かもしれません。
少なくとも主人公夫婦が新居として家を借りたとして5年であんなに雑物(縁の下の使ってない大量の植木鉢とか)が増えるとは思えないしセットだとしたら、まさに異常なほどの“拘り”です。
もちろん現実には僕の知人の例ですが、元の住人が数年外国へ行き留守をするため雑物まで“現況”のまま家を安く借りられた、なんてこともあるかもしれませんが…

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ツレがうつになりまして。 (LOVE Cinemas 調布)
漫画家・細川貂々の同名ベストセラーを『日輪の遺産』の佐々部清監督が実写映画化。ある日突然夫がうつ病になったのをきっかけに、夫婦の絆と成長していく姿を描いたハートフルドラマだ。主演『日輪の遺産』の堺雅人と『神様のカルテ』の宮崎あおい。共演に吹越満、大杉漣...
ツレがうつになりまして。(2011-078) (単館系)
漫画家・細川貂々の同名ベストセラー作品を篤姫の夫婦役を演じた 堺雅人と宮崎あおいで実写映画化。 監督は佐々部清 うつ病って結局のところ本人ですらどういうことなのかわからないんじゃないかと 思う...
『ツレがうつになりまして。』を109シネマズ木場1で観て、評判はいいがそのアプローチには賛同しかねる男ふじき☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆この映画を評価する人がいたとしても、それはそれで全然正しい。ただ、物事には二面性があり、私は違う側面から見て評価を落としているのだ】 原作マンガを ...
ツレがうつになりまして。 (あーうぃ だにぇっと)
「ツレがうつになりまして。」9月29日(木)@有楽町朝日ホール。
「ツレがうつになりまして。」頑張り過ぎてうつになった先にみた妻の献身的な支えと夫婦の絆 (オールマイティにコメンテート)
「ツレがうつになりまして。」は結婚5年目の夫婦に突然夫がうつ病となり、うつ病を治すために妻が献身的な看護で夫を支えていくストーリーである。誰にもうつ病になる可能性のあ ...
2011年9月12日 『ツレがうつになりまして。』 東映試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
今日は、『ツレがうつになりまして。』 を試写会で鑑賞です。 マスコミ試写潜入でした おかげ様でプレスも貰え満足 【ストーリー】  仕事をバリバリこなすサラリーマンの夫、通称ツレ(堺雅人)が、ある日突然、心因性うつ病だと診断される。結婚5年目でありながら、...
『ツレがうつになりまして。』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ツレがうつになりまして。」□監督 佐々部 清 □脚本 青島 武□原作 細川貂々 □キャスト 宮崎あおい、堺 雅人、吹越 満、津田寛治、犬塚 弘、梅沢富美男、大杉 漣、余貴美子■鑑賞日 10月10日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの...
『ツレがうつになりまして。』 (2011) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督: 佐々部清 出演: 宮崎あおい 、堺雅人 、吹越満 、津田寛治 、犬塚弘 試写会場: 東映試写室 公式サイトはこちら。 [ 2011年10月8日公開 ] 友人にお誘いいただいて試写に行って来ました。 正直今ちょっと時間に余裕がないのでどうしようかと迷ったんで...
ツレがうつになりまして。 ( ★the tip of the iceberg★)
http://www.tsureutsu.jp/ 公式HP母と一緒に観て来ました。お互い、ツレがいる身ですので。うつ病は、誰でもなる可能性があるし、患者さんの人数も、近年増加傾向にある。現在、年間3万人の自死の方が統計上いらっしゃるそうですが、そのほとんどが、うつを病んで・・・...
ツレがうつになりまして。 (佐藤秀の徒然幻視録)
宮崎粼あおいとアマンダ・セイフライドサイフリッド 公式サイト。細川貂々原作、佐々部清監督、宮粼あおい、堺雅人、吹越満、津田寛治、犬塚弘、梅沢富美男、田山涼成、大杉漣、 ...
「ツレがうつになりまして。」感想 (月の瓶詰~ブログ版~)
NEWSのニュースに飛び起きた昨日、 映画「ツレがうつになりまして。」を見に行きました。 うつ病。 身近だけれど、特別な病気。 そういう印象を持っていましたが…。 ちょっとグータラな奥さんと、生真面目なだんなさん、そしてイグとチビ。 嬉しかったり辛かったりして...
ツレがうつになりまして。 (だめ男のだめブログ)
「ツレがうつになりまして。」 監督 佐々部清 原作 細川貂々 出演 宮崎あおい(高崎晴子(ハルさん)) 堺雅人(高崎幹男(ツレ)) 吹越満(杉浦) 津田寛治(高崎和夫) 犬塚弘(川路) 梅沢富美男(三上隆) 田山涼...
ツレがうつになりまして。 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
シリアスな題材をあえて軽やかに描く、ハートウォーミング・ストーリー。“篤姫”コンビが絶妙だ。売れない漫画家の晴子と夫の幹男(通称ツレ)は、結婚5年目の仲の良い夫婦。外 ...
ツレがうつになりまして。/宮崎あおい、堺雅人 (カノンな日々)
宮崎あおいさんが国民的女優へと羽ばたいたNHK大河ドラマ『篤姫』で彼女と同様に高い評価を得てドラマに貢献した堺雅人さん。その二人が輪廻転生を経ながら江戸時代末期から時を越 ...
映画「ツレがうつになりまして」を観ました!!(2011-13) (馬球1964)
映画「ツレがうつになりまして」を観ました!!
頑張らなくてもいいでしょう『ツレがうつになりまして。』佐々部清監督、堺雅人、宮崎あおい主演 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ツレとハルとイグ(イグアナ)と(途中から)チビ(カメ)の、ほのぼの(でも、結構真摯に)闘病日記。 漫画家・細川貂々の同名コミックエッセイを映画化した『ツレがうつになりまして。』自身の周辺にもうつ病にな
出来ない事よりも出来る事を見つける事。『ツレがうつになりまして。』 (水曜日のシネマ日記)
細川貂々のベストセラーコミックエッセイを実写版映画化した作品です。
映画 「ツレがうつになりまして。」 (ようこそMr.G)
 
ココロが風邪をひいたら~『ツレがうつになりまして。』 (真紅のthinkingdays)
 売れない漫画家のハル(宮崎あおい)は、几帳面で真面目な夫・ツレ(堺雅人) と二人暮らし。結婚5年目のある日、ツレが「うつ」になってしまう。  細川貂々のベストセラーエッセイ漫画「ツレがうつ...
ツレがうつになりまして。 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
テレビドラマ版も見ているけど、こちらはわかりやすくまとまっている印象を受けた。うつ病患者の物語だけでなく、夫がたまたまうつ病になった夫婦の物語として成立しているのでカップルにお勧めの映画になった。特に健やかなときも病めるときもお互いに愛することを誓った...
ツレがうつになりまして。 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
夫がうつ病になったことをきっかけに、これまでの自分たちを見つめ直し、成長していく夫婦の姿を描いた細川貂々の同名コミックエッセイを映画化。監督は「三本木高校、馬術部」の ...
ツレがうつになりまして (うろうろ日記)
試写会で見ました。マンガを読んだことがあったので、ギャップ、どうかなー。と思いま
「ツレがうつになりまして。」みた。 (たいむのひとりごと)
宮?あおい&堺雅人が再び夫婦役で見られるということで楽しみにしていた一作。”鬱病”を扱っているため軽いノリというわけにはいかないけれど、あたたかな夫婦愛の物語で、たしかに「この秋、いちばんやさしいラブ
「ツレがうつになりまして。」 病気になってわかること (はらやんの映画徒然草)
宮?あおいちゃんファンなので、さっそく観に行ってきました。 「神様のカルテ」でも
ツレがうつになりまして。 (HAPPY LIFE)
ツレがうつに  なりまして。 健やかなるときも、 病めるときも キミと一緒にいたい。 2011.10.14 FRI TOHOシネマズ 【監督】佐々部清 【脚本】青島武 【原作】細川貂々 【CAST】 宮?あおい 堺雅人 吹越満 津田寛治 犬塚弘...
『ツレがうつになりまして。』 ('11初鑑賞135・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 10月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:15の回を鑑賞。
『ツレがうつになりまして。』 (ラムの大通り)
----この“ウツ”って、ニャんニャの? 「うん。漢字で書くと こうだね。“鬱”。 いわゆる“鬱病”のこと。 ちょっと重々しく見えるけど、 こうやって片仮名にすると近づきやすくなる」。 ----じゃあ“ツレ”ってのは? 「こちらは“つれ合い”、パートナー。 この場合...
ツレがうつになりまして。 (だらだら無気力ブログ!)
ヤバい!宮崎あおいが最高にイイ。
ツレがうつになりまして。・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
もしも、愛する人が“うつ病”になってしまったら? 「ツレがうつになりまして。」は、ある日突然夫が心の病にかかってしまった夫婦を描く、細川貂々原作のベストセラーエッセイ漫画の映画化。 「日はまた昇る...
「ツレがうつになりまして。」:あおいちゃん、いい妻だ (大江戸時夫の東京温度)
映画『ツレがうつになりまして。』、東映らしからぬハートフルなタッチですね。うつ病
ツレがうつになりして。 (Diarydiary! )
《ツレがうつになりまして。》 2011年 日本映画 漫画家のハルさんとツレ、結婚
ツレがうつになりまして。 (とりあえず、コメントです)
話題の人気コミックを宮崎あおい&堺雅人主演で映画化したドラマです。 この二人の並んだチラシを見た時から、観たい~と思っていました。 期待通りの面白さと演技で、とても心温まる物語が綴られていました。
(映画)ツレがうつになりまして。 (こみち)
JUGEMテーマ:映画の感想    高崎晴子(役:宮崎あおい)が、なんとも可愛らしい。おだんごの髪型は、宮崎あおいのトレードマークになってしまったのか!  人の温かみをツレに理解させるために胸に手お入れさせるハルは  ...
映画『ツレがうつになりまして』 (健康への長い道)
 細川貂々さんの同名エッセー漫画が原作の映画化を梅田ブルク7にて。 Story 連載打ち切りの決まった売れない漫画家・高崎晴子(宮崎あおい)は、夫・幹男(堺雅人)、イグアナのイグと“3人”暮らし。サラリーマンの幹男は全てに几帳面で、毎朝お弁当も自分で作る。そ...
映画『ツレがうつになりまして。』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
NHKドラマを観た事がきっかけで原作コミックも購入。 ほのぼのとした夫婦の愛情物語が大好きなお話 篤姫、家定コンビが演じ
ツレがうつになりまして。 (まてぃの徒然映画+雑記)
細川貂々の原作漫画の映画化。原作はかなり有名ですが、読んでません。他人事じゃないから、ということで観てきました。 売れない漫画家、晴子(宮崎あおい)のツレ、高橋幹男(堺雅人)は、外資系ソフト会社のカスタマーサポート担当として忙しく働いていたが、リスト....