SAKURA Artsalon Osaka

株式会社サクラクレパスが運営する絵画教室です。

11/15-② 弓手先生と1泊2日スケッチ旅行in宮津・舞鶴

2017年11月16日 | スケッチ旅行
弓手研平先生 と京都の宮津・舞鶴を巡る1泊2日のスケッチ旅行2日目。

旅行最後の、舞鶴 吉原地区でのスケッチがあっという間に終わり、現地での講評が始まりました


今日午前の天橋立スケッチ、
そして先ほどまでの吉原地区でのスケッチと、
皆さんの力作がズラーリ










スケッチ場所別ではなく、参加者さん別にまとめて並べているので、
お一人お一人の作風がより感じられますね!

今日も1枚ずつ、時間の許す限り、弓手先生がコメントしてくれます



下地は?構図は?仕上げは?…
昨日の合評に続き、様々な視点から、皆さん熱心に聞かれています






そして、最後にお待ちかね、弓手先生の作品の登場です


ホテル出発前の朝にも宮津の風景を描かれていたんですね!


天橋立と吉原地区のスケッチは…





先生作品が出てきた瞬間、いつもながら皆さんバシャバシャ写真を撮られてました




楽しい時間はあっという間に過ぎます
講評が終わると同時に、スケッチに関する日程は全て終了です。



大阪へ帰る時間…

大阪到着前に挨拶する弓手先生


ご参加された皆さん、2日間本当にお疲れ様でした
ゆっくり旅行疲れを取ってくださいね


年内の弓手先生の旅行は今回が最後ですが、今後も先生と様々な場所でスケッチ旅行を開催予定です

今回ご参加くださった方も、そうでない方も、次回企画でご一緒しましょう
(アートサロン会員以外の方もご参加いただけます
お待ちしております〜




弓手先生のスケッチや講座を、まずは1日だけ…という方にはこちら

◆スケッチ
チケット制・野外スケッチ入門
(ご友人と分け合える6枚綴りのチケットでご参加いただけます)


◆屋内講座
新鮮!弓手塾


お問いあわせはサクラアートサロンまで
‭06-6292-7080‬


(ちょこりん)

この記事をはてなブックマークに追加

11/15-① 弓手先生と1泊2日スケッチ旅行in宮津・舞鶴

2017年11月15日 | スケッチ旅行
弓手研平先生 同行のもと、京都の宮津・舞鶴を巡る1泊2日のスケッチ旅行に来ています。


2日目の今日は、
午前:天橋立
午後:西舞鶴 吉原地区(漁村)
を巡ります


まずは午前、天橋立スケッチです
昨日の午前とは打って変わって、今日は朝から快晴ですー!!

現地到着後は、お好きな場所を自由にスケッチできます。ご希望者のみ
弓手先生(写真1番左)と一緒に、天橋立を上から臨める展望スポットへ…

ケーブルカーに乗って…


いざ頂上へ!!!


さすがの日本三景、頂上では素晴らしい眺めが迎えてくれました




ますばお約束の股覗き。
楽しそう〜〜

そして「いつの間に決めてたんですかー!」と思わず言ってしまう早さで、皆さんどんどん、ご自身のスケッチ場所を定め、描き始めています。



あっという間に時間が過ぎ…





午前のスケッチ終了時間に…
皆さんの、描きたてホヤホヤの作品を見せてもらいたいところですが、まずは午後のスケッチ場所へと向かいます。夕方の講評会でじっくり見せてください〜


午後のスケッチ場所は、西舞鶴 吉原地区です。
2日間の日程で3箇所目、そして最後のスケッチ場所となります

吉原地区は、舞鶴市のほぼ中央に位置する漁村で、密集した町屋と、そのすぐ裏を流れる水路が印象的な地域です。

漁村の原風景が今も残り、独特の風情ある町並みが、なんとも言えません

バス移動中にお弁当でパワーチャージしたので、ポイントに到着後、早速皆さんに制作スイッチが入った模様…


ぎりぎりまで水路に近づき、腰を据えて描かれる方も


最後のスケッチ、頑張ってくださいー!






↑写真ではお顔が分かりにくいですが、弓手先生もスケッチに没頭中


吉原地区の魅力は、水路のある風景ばかりではありません
一本路地を入ると、味のある家並みや





地域を見守るように建つ神社も。


独特の優しい雰囲気に、まったりとした気持ちになります…


吉原地区では手を休めて、のんびりと過ごした参加者さんもいたそう…


つづく


(ちょこりん)

この記事をはてなブックマークに追加

11/14-② 弓手先生と1泊2日スケッチ旅行in世屋

2017年11月14日 | スケッチ旅行
弓手研平先生 同行のもと、1泊2日のスケッチ旅行に来ています。
1日目の今日は、奥丹後・世屋地域をスケッチしました。
詳しくはこちら

宿泊する天橋立付近のホテルへ。
ホテル内のフレンチレストランでお楽しみの夕食の時間です


弓手先生とカンパーイ!


フレンチをコースでお楽しみいただきましたもちろんスタッフも



たまに食べかけ写真入って失礼します…

デザートは写真撮り忘れました。。。


夕食の後は、お楽しみの講評会@先生のお部屋 です
それぞれの、今日のスケッチ作品を持ち寄ります。
お食事後、一息着いてからお好きなタイミングで、そして任意での参加でしたが…
1番右側の後ろ姿が弓手先生

どんどん皆さん集まってくださり…


最終的に、全員集合となりました
後ろの席?までぎっちりいらっしゃいます。

皆さんの今日のスケッチ作品を写真で一部紹介します。



皆さんの作品1枚1枚に、弓手先生がコメントしてくれます







熱心にお互いの作品を見ながら、先生のコメントを聞きながら、アツい時間を皆さんで共有できました
今日は講評のみならず、
普段は聞けない、弓手先生の制作に対する考え方(具体的に何を聞いたのかは、参加者の方だけのヒミツ)なども聞けて、旅行ならではの時間を過ごせたように感じます!

夜の講評会を通じて、また2日目のパワーが湧いてきますね

明日は
天橋立と、西舞鶴の吉原地区(漁村地域)をスケッチします!
皆さん、まずは1日目、お疲れさまでした〜


(ちょこりん)

この記事をはてなブックマークに追加

11/14-① 弓手先生と1泊2日スケッチ旅行in〇〇

2017年11月14日 | スケッチ旅行
今日は、弓手研平先生 同行のもと、京都のある場所へスケッチに来ています

京都といっても、皆さんの「京都のスケッチ」のイメージに無いような、一味違った府内の地域です

大阪から貸し切りバスで国道を約2時間、


そして一般道に降りた後は、タクシーに乗り換えます。なぜならバスでは入れない山道を進むからです

タクシー5台に分乗して目的地まで向かいます。5台がぞろぞろと道を進んでいきます…


到着したのは…
奥丹後にある里山、世屋(せや)地区です



写真だけでもお分かりかもしれませんが、世屋は単なる里山ではありません。

里山の持つ、伝統的・文化的資源や景観が、手付かずの状態で今なおまとまって残された美しい過疎の村です。

里山として日本で初めての自然公園に指定されたり(世屋地区にある「上世屋」)、「日本の里100選」(主催:朝日新聞社/<公財>森林文化協会)に選ばれたり(他に数多くの指定を受けてます)、まさに後世に残していきたいと思える地域。

市街地から近距離に位置しながら、標高が高く豪雪地であること、 また大型車が入れるような道が整備されていないことから、 近年特に過疎化が進み、NPO団体が保全活動に取り組んだり、京都の大学研究室が研究・保全に取り組んだりしているそうです。



実は、アートサロンでは、2011年春にも弓手先生と世屋へスケッチに来ています。
今回は、前回とはまた違った、秋の世屋の風景をスケッチします

観光地としてではなく、原風景を自然のままの状態で残すことを大切にしている世屋。もちろんお手洗いや自動販売機はありません。地元NPOのご協力で、地域の共有施設(休憩所)を特別にお借りしてスケッチの拠点とさせていただきました


休憩所から、いざスケッチへ!!!


お邪魔した上世屋地域内は、徒歩5分圏内で移動できるます。地域はコンパクトですが、絵になる景色やアングル満載。景色に癒されつつ、スケッチ場所の豊富さに興奮冷めやりません。

皆さん早々にスケッチ場所を決められた様子。



途中、雨に降られつつも、軒下で描くなど工夫して描かれていました


同じ軒下で、先生の姿も!!

幅が1メートル以上ある大きな画面にどんどん描き進めています…!

そして皆さんも、今まで以上に集中して描かれているようです






雨が止み、また一段と澄んだ空気と清々しい世屋の表情にハッとします



夕方の終了時刻まで、皆さんノンストップでスケッチに専念されていました世屋の独特の空気感の影響か、今日はまた一段と皆さんの手に力が入っていたように感じます



皆さんの指導の合間、世屋の風景に浸る弓手先生…



つづく



(おまけ)
世屋を歩いていると、地元の方が、大切に育てた長芋をおすそ分けしてくださいました。
スーパーではまず出会うことができない大きな大きな、そしてどこかセクシ〜な長芋です
正面から

ナイスバディーなクビレとヒップが羨ましいです
後ろから
横から


(ちょこりん)

この記事をはてなブックマークに追加

伊吹山日帰りスケッチツアー★その2

2017年11月04日 | スケッチ旅行
岡部隆志先生同行のもと、伊吹山日帰りスケッチツアーに来ています



岡部隆志先生


あっという間に午後の時間が過ぎ、スケッチは終盤です





先生も描かれています!





スケッチ終了の時間です
皆さま、お疲れ様でした



バスに乗り、大阪へ…

岡部先生から皆さんにコメントです


「今回、外でのスケッチでしたが、見ている景色のどこまでを切り取り、絵にするか、悩まれた方が多かったのではないでしょうか。

外でのスケッチに慣れることは、実は普段、屋内で写真を見ながら描く際にも役立ちます。
写真に収まらなかった部分や、全体の雰囲気を想像しやすくなり、紙の上でのびのびと表現しやすくなります!

どんどんスケッチに取り組んでください!」



そして…
皆さん、そしてスタッフも楽しみにしていた、先生のスケッチを見せてもらいます

バスの中で「わ〜〜〜」
歓声?うっとりため息?の声が上がります
この後、先生の作品はバス中に回覧されました


お帰りは、今日1日の疲れを取るべく、皆さんぐっすりとお休みです



丸一日、本当にお疲れ様でした!!
ご自宅でゆっくりなさってくださいね


今回のみならず、岡部先生のスケッチは今後も開催予定です!今回ご参加くださった方、そうでない方も、ふるってお越しください♫
(スケッチツアー、1日講習会、講座体験などの催事は、アートサロン会員以外の型でもご参加いただけます^ ^)


アートサロンで開講している、岡部先生の通常講座も大歓迎です
「水彩画テクニック大研究」「日本画のすべて」



皆さまのご参加をお待ちしております!!


(ちょこりん)

この記事をはてなブックマークに追加

伊吹山日帰りスケッチツアー★その1

2017年11月04日 | スケッチ旅行
3連休中日、皆さまいかがお過ごしでしょうか

サクラアートサロンでは、岡部隆志先生同行のもと、伊吹山日帰りスケッチに来ています

伊吹山とは…
滋賀県と岐阜県の県境にある、伊吹山山地主峰の、標高1377mの山です。
「日本百名山」、「新・花の百名山」、また「関西名山」に選定されている、〝絵になる名山”です。



芸術の秋、スケッチの秋。この時期は普段以上にスケッチの機会が満載です



大阪からバスで2時間半。到着すると、伊吹山が出迎えてくれました〜


雲がかかった伊吹山も、渋くまた壮観ですね


岡部先生と一緒に、ぐるっと周辺リサーチ!



どこを絵にするか、想像が膨らみますね


今すぐ描きたい気持ちを抑え、スケッチ前にパワーチャージ
伊吹山が見えるお店で、まずは昼食です



美味しそう〜〜美味しかったです

パワーが溜まったところで、スケッチ開始



お昼前は、一時雨が降っていましたが、描く頃には止み、こんなに綺麗な伊吹山が!!



皆さんと一緒に、岡部先生もスケッチしています

フードを被っているのが先生

先生とのスケッチだからこそできる…

先生の作品を見ながらの現場レクチャー!
皆さん聞き入っています
先生の作品は後ほど…

室内での制作とは、また一味違った雰囲気の中で、皆さん楽しそうに描かれています




皆さんのスケッチ場所をまわり、指導中の先生



皆さま、夕方までスケッチをお楽しみください〜!



(ちょこりん)

この記事をはてなブックマークに追加

鞆の浦 1泊2日スケッチツアー!〈2日目〉

2017年10月24日 | スケッチ旅行
髙橋雅史先生同行の、1泊2日鞆の浦スケッチツアーに来ています

2日目の午前は、鞆の浦から船で5分の「仙酔島(せんすいじま)」でのスケッチです

鞆の浦の船乗り場から出発



船からみた仙酔島

仙酔島は、「人もってしまうほど美しい」という由来を持つ、太古の自然が残る無人島です。
宮島の厳島神社・大鳥居建立の第一候補地になったほどだそうで、
原生林や、白浜とエメラルドグリーンの海、大地変動の様子を間近に感じられる巨大な岩々など、まるで一億数千年前にタイムスリップしたような?!大自然が広がっています

到着してすぐに、島の自然が出迎えてくれます

ロケハンも、普段のスケッチと雰囲気が変わり、一瞬、山歩き?と思ってしまうような背景です。


ワイルドな仙酔島の景色がこちら





太古の昔、地球のマグマが隆起し、地上に 突出した雰囲気が伝わってくる岩肌に





奥へ奥へと広がる原生林


↑髙橋先生も、写真をパシャリ



雄大な自然だからこその美しい景色が広がります日本で初めて国立公園に指定された土地ということにも納得です。


↑島内パンフレットにて、自ら「まるで『もののけ姫』のワンシーンのよう」と豪語していた滝(約3m)。表現のビックマウスなところにも、また違ったワイルドさを感じます、、


海沿いの道からは、広大で美しい、海の景色が広がります
振り返れば、海!


スケッチの時間。早速開始です



お昼ご飯を挟み、午後までじっくり描けます。




午後は、
・仙酔島に残りスケッチを続ける
・船で戻り、昨日に引き続き、鞆の浦をスケッチする

いずれかをお選びいただきます♫
鞆の浦に戻った方も、熱心に描かれています



先生も、指導の傍らスケッチ!

↑先生曰く、「15分ほどでササッと描いただけ」とのこと。ひぇー。



皆さま、夕方までじっくりとスケッチに集中なさっていました


あっという間にスケッチ時間は過ぎ、帰りの新幹線に乗るべく、福山駅に向かいます。

なんと!先生が今回のスケッチ作品1点を提供してくださることに
こちらがそのスケッチ!


福山駅までの送迎バスの中、先生のスケッチをかけ、熱い熱い



あみだくじです

それぞれの棒の上部分に、力が込もった皆さまのサインが。

当選されたのは、Tさま

おめでとうございます
羨ましい〜
新幹線で写真に応じてくださいました


新幹線は新大阪へ。それぞれのご自宅に向かいます。
ご参加くださった皆さま、丸2日間、朝早くから夜まで本当にお疲れ様でした
ゆっくりお休みになってくださいね!




アートサロンでは、今後も定期的にスケッチ旅行を開催してまいります!
アートサロン会員以外の方でも大歓迎です
会員の方も、そうではない方も、ふるってご参加ください

催事の情報は、アートサロンのHP⬇︎でご案内しています♩
http://www.craypas.com/artsalon/index.html


(ちょこりん)

この記事をはてなブックマークに追加

鞆の浦 1泊2日スケッチツアー!〈1日目〉②

2017年10月23日 | スケッチ旅行
髙橋雅史先生と行く、鞆の浦スケッチ1日目、皆さま、スケッチお疲れ様でした


ホテルでのご夕食はこちら、
瀬戸内の海の幸です

こちらの写真を3周ほどしたのではないかというくらい、多彩&ボリューミーなメニューをお楽しみいただきました
もちろんスタッフも頂きました。が、お料理に目がくらみ、食べてばかりでお料理写真、殆どありません。スミマセン、、


お食事の後は、本日のスケッチした作品の講評会です。先生&生徒さんが使われている男性チーム部屋での開催です


今日1日の成果が詰まったスケッチブックがずらり


皆さん複数枚描かれた作品を1枚ずつ、先生が講評してくれます


描くモチーフはもちろん、使用画材も自由なので、幅広い作風を見て、皆さん刺激を受けあっていたようです

一部をご紹介













先生が全体を通して言っていたのは、
「スケッチの良さのひとつは、訪れた場所で様々な景色、モチーフを描けることです。

大まかな表現で充分。その方が、作品を見る側に伝わることが多い場合もあります。肩肘を張らずに色々な場所で描いて楽しみましょう!

本当に描きたい部分さえ表現できていれば、自然と現地の臨場感が伝わるものです。」
ということ。


今回も、港で見つけたゴム手袋や趣のある壁など、風景以外にモチーフをメインに描かれていた方もいらしたので、皆さんも納得されていたのではないでしょうか


本日はここまで。皆さまお疲れさまでした
明日は、鞆の浦から船で5分(!)の無人島「仙酔島」に向かいます

(ちょこりん)

この記事をはてなブックマークに追加

鞆の浦 1泊2日スケッチツアー!〈1日目〉①

2017年10月23日 | スケッチ旅行
本日、髙橋雅史先生同行のもと、広島・鞆の浦にスケッチに来ております

直前までハラハラドキドキでしたが、、

晴れました!!!
昨日まで台風が来ていたことが信じられないような良い天気です

早速、ロケハンに向かいます

瀬戸内の爽やかな海あり



歴史ある街並あり


(↑レンタサイクルもあり。自転車でロケハン、気持ち良さそうですね〜)


スケッチ場所には事欠きません

もちろん、「鞆の浦といえば」な、常夜灯も




皆さんそれぞれ、スケッチポイントを見つけられ、書き始めています



↑皆さんのスケッチを見に周りながら、先生もスケッチ中です






夜の合評会が今から楽しみですね






(おまけ)
鞆の浦が舞台という説がある、「崖の上ポニョ」。
若干崩れてますが、口からホース出てますが、ポニョも迎えてくれました



(ちょこりん)

この記事をはてなブックマークに追加

マルタツアー御一行様、帰国されました

2017年10月10日 | スケッチ旅行

アートサロンブログをご覧頂いてるみなさま、こんばんは

今夜は、弓手先生同行によります海外ツアー2017「マルタスケッチ紀行10日間」御一行様、
無事に関西空港へご到着になられました



みなさん、長旅でお疲れにも関わらず、とても良い笑顔でご帰国されました



弓手先生は、というと…
ちょっぴりお疲れのご様子⁇



ツアー中、至れり尽くせりでお世話になりました添乗員の杉井さん、本当にありがとうございました
(アートサロンスタッフに、、とお土産まで、頂きました)



とにかく、お二人ともコンガリと灼けてらっしゃいます前半は、予期せぬ雨に振り回され大変でした…が、無事にみなさん笑顔で戻って来られたことに、感謝を致します

ご参加頂きましたみなさま、そして毎度、現地からブログアップに協力して下さる弓手先生、
スーパー添乗員の杉井さん、本当にお疲れさまでした


今回残念ながら参加を見送られたみなさま、

また、ツアーに興味を持ってくださっている方々、

来年2018年の海外ツアー企画をご期待ください


(クオモ)


この記事をはてなブックマークに追加

恒例の海外ツアー マルタ島へご出発されました!

2017年10月01日 | スケッチ旅行

 

アートサロンブログをご覧の皆さま、 こんばんは

今夜は、講師・弓手研平先生同行によります 「マルタスケッチツアー10日間」、いよいよご出発の日となりました

関西空港には、予定通り、ご参加の皆さまがお揃いになられました!

弓手先生、そして、いつもツアーでお世話になるベテラン添乗員の杉井一則さんです

今回は、アラブ首長国連邦「ドバイ」を経由し、

「マルタ共和国」の首都、世界遺産でもある『ヴァレッタ』を目指します

ドバイまでの航空券を受け取り、ヨーロッパの中でも有数のリゾート地『マルタ島』へ向けて、いざ、ご出発で〜す

※ 『マルタ(共和国)島』・・イタリア南部に位置する、「地中海に浮かぶ宝石」といわれる、魅力あふれる国です

初めて訪れる国に、 ワクワクする瞬間デスね


ご帰国は10日後となります

皆さま、お気をつけて行ってらっしゃいませ

ツアー中には、 弓手先生から現地ブログもアップされる予定ですのでゼヒ、ブログをお見逃しなく

 

 

なお、アートサロン企画の国内外ツアーは、会員様に限らず、どなた様でもご参加頂けます。

来年のツアー企画をお楽しみに

 

(クオモ)


         ご案内

◆◆◆ 現在お申込み受付中の講習会  ◆◆◆

 

10月29日開催【日曜アートセミナー】

『クレパスがススム いつもと違う「影」の色―Blue―』

講師:田伏 勉 先生

※申込み受付中


詳細はコチラ

 

10月22日開催【日曜アートセミナー】

『いつもと違う箔焼き技法 濃淡とスタンピングで表現する風景画』

講師:岡部 隆志先生

※空席あります


詳細はコチラ

 

10月8日開催 【日曜アートセミナー】

『魅せる人物表現-背景処理と美しい肌色の関係-【人物モデル】を描く』

講師:森井宏青先生

※キャンセル待ちでの受付となっております。


詳細はコチラ

  

10月8日開催 【日曜画材研究・番外編】

『キホンの水彩画 筆一本で描く~見る目を養う、描く力を身につける~ 花 』

10月29日開催 【日曜画材研究・番外編】

『キホンの水彩画 筆一本で描く~見る目を養う、描く力を身につける~ 外国風景 』

講師:渡辺聡先生

どちらも空席あり

 

詳細はコチラ

 

10月~12月開催 【日曜画材研究】

講師:渡辺聡先生

※現在、すべて空席あり


詳細はコチラ

 

◆◆スケッチツアー◆◆

 

11月4日(土)開催

『伊吹山日帰りスケッチ-紅葉の伊吹山-』

同行講師:岡部隆志先生

※申込み受付中


詳しくはコチラ

 

 

11月14日(火)~11月15日(水)開催 1泊2日

『世屋&宮津・舞鶴 1泊2日スケッチツアー』

同行講師:弓手研平先生

※申込み受付中(シングルの受付は終了しました)


詳しくはコチラ

 

10月23日(月)~10月24日(火)開催 1泊2日

『鞆の浦・仙酔島 1泊2日スケッチツアー』

同行講師:髙橋雅史先生

※申込み受付中

 

詳しくはコチラ

 

お申し込みはこちらから ⇓ ⇓ ⇓

【日曜アートセミナー】

【日曜画材研究】

【日曜画材研究・番外編】

 

◇スケッチツアーのお申込み・お問い合わせはサクラアートサロン大阪まで

Tell : 06-6292-7080

 

このような講習会は、会員の方だけでなく、どなた様でもご参加いただけます。

皆さまのお申込み、心よりお待ちしております。

 

◆サクラアートサロンホームページ

http://www.craypas.com/artsalon/index.html

◆お問い合わせ

Tell : 06-6292-7080

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

国内スケッチツアーのご案内

2017年09月16日 | スケッチ旅行

本日は11月に開催する国内スケッチツアーをご紹介します

 

『伊吹山日帰りスケッチ~紅葉の伊吹山~』

実施日:2017年11月4日(土)

同行講師:岡部隆志先生

 詳しくはコチラ

 

今秋、紅葉で彩る頃の伊吹山にスケッチしにいきませんか

 

移動はらくらくの、大阪より全行程バス利用です  

そして、豪華昼食付となっております

 

同行講師は、サクラアートサロンでは講習会でもおなじみとなりました、日本画家の岡部隆志先生です。


岡部隆志先生


岡部先生による「伊吹山」スケッチ作品

 

 伊吹山とは・・・

滋賀県と岐阜県の県境にある伊吹山地手法の標高1377メートルの山。滋賀県最高峰の山であり、

「日本百名山」、「新・花の百名山」また「関西名山」に選定され、関西が誇る“絵になる名山”です


伊吹山

 

「伊吹山スケッチ」は前回、2014年1月にも開催しました

ただいま、お申込み受付中です!

こちら(ご旅行案内)に掲載の用紙を、お持ち込み・ご郵送・FAXいずれかの方法で

サクラアートサロン大阪までお申込みください。

お問い合わせはコチラまで☞Tell:06-6292-7080

皆さまのご参加、心よりお待ちしております。

 

 

(まりも)


この記事をはてなブックマークに追加

☆★鞆の浦1泊2日スケッチツアーのご案内★☆

2017年07月28日 | スケッチ旅行

今日も暑いですね…

少しでも涼しい気分になれるよう、涼しい秋に開催する、スケッチ旅行をご紹介します!


「鞆の浦・仙酔島1泊2日スケッチツアー」 
実施:10月23日(月)~24日(火) 1泊2日
同行講師:髙橋雅史先生

 

髙橋雅史先生と、歴史ある瀬戸内の港町「鞆の浦(広島県福山市)

そして、仙酔島」(鞆の浦から船で約5分の無人島)でのスケッチを満喫できるツアーです


詳しくはこちら



髙橋雅史先生



◆ポイントその1◆ 歴史薫る港町の空気&大自然を感じながらゆったりスケッチ!!

瀬戸内海のほぼ中央に位置する景勝地、鞆の浦。

波穏やかな瀬戸内海の風景のみならず、江戸時代に北前船の寄港地として栄えた当時のままの町屋や、数多く点在する神社や寺院など、スケッチにぴったりなポイントが数多く存在しています。

鞆の浦について (外部サイト「福山観光・魅力サイト」)

鞆の浦の風景 (外部サイト「鞆物語 ウェブサイト」)

また2日目は、船で約5分の場所に位置する仙酔島に渡ります。

太古の自然が残る無人島でのスケッチ、普段はなかなか描けないシチュエーションです

仙酔島について (外部サイト「鞆物語 ウェブサイト」)


現地のゆったりとした空気の中でスケッチを楽しめます

 


◆ポイントその2◆ 鞆の浦でトップクラス!

予約困難なオーシャンビューのホテルで、瀬戸内海の海の幸&絶景の露天風呂を堪能!!

 楽しめるのはスケッチでけではありません

 海を一望できるホテルで、お食事・お風呂を満喫しながら、旅の疲れを癒せます♩



◆ポイントその3◆ 新幹線・送迎バス移動&ホテルへ荷物を預けスケッチできる快適旅行!!

大阪からの移動はすべてサクラアートサロンで手配しています!

また、現地到着後は、お荷物を先にホテルへ預けられるので、身軽な状態でスケッチに集中できます

 




ただいま、お申込み受付中です

こちら(ご旅行案内)に掲載の用紙を、お持ち込み・ご郵送・FAXいずれかの方法で

サクラアートサロン大阪までお申込みください。

お問い合わせ(06-6292-7080)のみでも、大歓迎です~

 

 

 

【追加情報①】

下のリンクから、前回の長崎での髙橋先生によるスケッチ旅行の様子をご覧いただけます

長崎スケッチ旅行~1日目~

長崎スケッチ旅行~2日目・午前~

長崎スケッチ~2日目・午後~

長崎スケッチ旅行~2日目・合評会~

 


【追加情報②】

旅行に申し込む前に髙橋先生の教室を体験してみたい…という方は、

こちらの講習会がおすすめです^^(たでもご参加いただけます)

 

Webでのお申込みはこちら

 

 

どちらの催事もお待ちしております~

 

 (ちょこりん)


この記事をはてなブックマークに追加

室津・新舞子1泊スケッチ旅行レポート その7

2017年05月08日 | スケッチ旅行
弓手先生と行く1泊2日のスケッチ旅行@室津・新舞子

2日目午後の新舞子。

午後はというと…
2日目メインの、潮干狩りをする人々を描きます
この時季ならでは、遠浅の新舞子浜ならではの光景です





干潮で濡れた砂浜が広がります〜


皆さん、日陰から海を見ながら…


そして、浜に出る方もいながら…


熱心に描かれています


あっという間に時間が過ぎ、講評の時間です
旅館の駐車場を借りて、皆さんの作品を並べます。熱意が込もった作品、並べて見ると、全てからアツいオーラを感じる気がします…!



先生も嬉しそう…







































まだまだ載せたりない…!

午前に描いた方も多い岩は


下地や画材による色の重なりで、深みのある岩の色を表現されていました。


先生からは、岩はもちろん、背景や全体的なまとまりについてもアドバイスも改めて自然の表現の難しさを感じます…

潮干狩りする人々に関しては、いい意味で人を細かく描き過ぎずに表現するポイントや、
それぞれが捉えた干潮の風景を、作品にどのように展開していくか、といったお話をされていました


先生の作品✨先生ブログから




ご参加された皆さん、暑い中2日間本当にお疲れ様でした


大阪駅へ帰ります
今日はゆっくり休んでくださいね




おまけ


潮干狩りをしていた方のバケツ。
熱烈に?砂と格闘している空気の中、「沢山採れますか〜、写真撮っていいですか〜」とウロウロさせてもらいました。
アサリ、時々、ハマグリ。だそうです。
お味噌か、酒蒸しか、、、想像が膨らみます


(ちょこりん)

この記事をはてなブックマークに追加

室津・新舞子1泊スケッチ旅行レポート その6

2017年05月08日 | スケッチ旅行
弓手先生と行く1泊2日のスケッチ旅行@室津・新舞子

2日目は、新舞子浜をスケッチします。
まずは周辺を歩いてスケッチのポイントを探します


関西随一の遠浅海岸で、春には潮干狩りの人々で賑わう新舞子浜。

潮干狩りの人々が来る前に、先生と皆さん、描きごたえのありそうな岩を発見




日陰から岩のある海面に向かって、早速スケッチに取り掛かります










ほとんどの方が下地づくりを終えた紙を複数枚ご用意されていたのですが、
海・岩を見たときのインスピレーションをもとに、迷うことなくご自身の紙を選んでいました

マスキングテープを使ったり、ニードルで画面を削って行ったり、盛り上げ材を加えたり…。普段の講座で習得された内容を、余すところなく活用されています


合評が楽しみですね♩♩





岩を描く先生




この場所のみならず、丘の上から海を描いた方もいらっしゃいました

涼しい風が吹いて、爽やかな気分になります



(ちょこりん)

この記事をはてなブックマークに追加