ザウルスの法則

真実は、受け容れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け容れられない者には不快である。
ザウルスの法則

「アップルがそんなことを? まさか!」

2022-06-05 23:52:43 | チップチェッカー、ブルートゥース人間

2022-06-05

「アップルがそんなことを? まさか!」 

 

 

このブログで Apple Inc.(以下、アップル社)を俎上に載せるのは初めてではないが、未だに「アップルがそんなことをするわけないだろう」などと思っている人間が、未接種者の中にもいるものだ。

 

実は、「チップがワクチンによって、接種者の体内にインプラントされている」ということを事実として認めるならば、必然的に「そのチップはアップル製」ということになるのだ。

 

われわれの「チップチェッカー」によらずしても、ワクチン接種者の体内にほとんどナノレベルのチップが埋め込まれていることは日々世界中で明らかになりつつある。

 

「接種者の体内にはチップがインプラントされている」というこの前提事実じたいを受け入れることを拒否するならば、その体内チップがアップル製であることも当然否定することになるだろう。それはそれで、前提と帰結には一貫性がある。 (^-^)

しかし、「接種者の体内にはチップがインプラントされている」という前提事実を受け入れているのに、そのチップがアップル製であること認めるのには「強い抵抗」を覚える人間が少なくない。特に、アイフォンユーザーやアップルファンのワクチン接種者である。あなたはどうだろうか? (^-^)

 

「しかし、体内チップがアップル製だという証拠があるのか?」 

この質問は当然だろう。

 

残念ながら(と言うべきか)、決定的な証拠 がある。毎度ながら、ザウルスは証拠に基づいて論ずるのが大好きである。(^-^)

 

 

(1) 直接証拠 

体内チップからブルートゥース検出される信号には、UUID という、世界で一つしか存在しない32ケタの記号列(アルファベットと数字)が含まれる。以下のものだ。

UUID: 0000fd6f-0000-1000-8000-00805f9b34fb

 

 

この UUID は、ブルートゥースの運営団体の認証を受けた企業しか使えない。そして、体内チップからの信号の、その UUID はアップル社自身が認証を受けて使用しているものと同一の記号列なのである。  

 

そもそも、UUID とは Universally Unique ID という意味であって、MAC アドレス以上に「唯一性」の高いコードであるはずだ。世界に同じものが2つとあってはならないもののはずだ。

UUID: 0000fd6f-0000-1000-8000-00805f9b34fb

 

 

この UUID コードは明らかに Apple Inc.  のものである。

 

この UUID は Apple Inc. が、 Bluetooth の標準化団体から認証を受けたものであって、誰でもネット上でそれを確認できる。

 

Apple Inc. は以下のように、UUID を全部で21件も所有している。

 

 

 

 

 

https://www.bluetooth.com/develop-with-bluetooth/join/

  

 

 

そして、21件のうちの1番目のものが、ワクチン接種者の体内から検出されるのだ。

 

ふつうに考えて、アップル社の UUID が検出されれば、それはアップル社の製品がそこにあるということである。そして、実際に、裸の人間の身体からその UUID が検出されるのであれば、アップル製の何らかのデバイスが、その人間の体内に存在すると考えざるを得ないのではなかろうか?違うだろうか?

 

https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/7e3c35d0a2be58ffc2fb2e92a29c09a6

そして、ほとんどの場合、COVID-19 のワクチンを接種した人間から検出されていて、未接種者からは検出されないのであれば、ワクチンによって体内に注入されたと考えるのが道理というものだ。違うだろうか?

 

 

 

 

「そんな注射針を通るようなデバイスが、あるわけがないだろ!」

 

20世紀に、情報を保存するだけでなく送受信もする小さな電子的デバイスとして「マイクロチップ」というものが登場した。まずは、ペットの監視と管理のために、犬や猫の身体に埋め込むようなものとして普及した。それを納めたカプセルは極端に小さ過ぎず、扱いやすい手ごろなサイズのせいか、21世紀の現代になっても、使われている。

ここにはしばしば誤解がある。左の写真の米粒よりも若干大きな物体は、マイクロチップを納めるためのプラスチックのカプセルである。その中にマイクロチップが入っているのだが、10人中10人は、容器としてのこのカプセルじたいをマイクロチップだと思い込んでいる。そして、「注射針を通るわけがない!」 と。(^-^)

 

マイクロチップであっても、以下の図のように、目に見えるレベルから見えないレベルまでの幅がある。しかし、2007年にはすでに注射針を余裕で通っていたのだ。




 

 

しかし、人間の監視と管理のためには、さらにもっと小さく、人間の目には決して目に見えない、しかももっと高機能のものがすでに存在している。21世紀のわれわれが直面しているのは、マイクロチップよりもはるかに小さなものであり、したがって、より脅威である。ナノチップ、もしくはスマートダストとも呼ばれ、超極微の顕微鏡的なサイズのチップである。

ナノチップとは何か?

では、ナノチップとは何であろうか? 「ナノ」という単位は「マイクロ」の1000分の1である。つまり、1ナノメートルは、1マイクロメートルの1000分の1である。1ミリの1000分の1が、1マイクロメートルである。つまり、ナノメートルまで下らなくても、すでに目に見えないのだ。1ナノメートルは、1ミリの1000分の1の、そのまた1000分の1ということである。そのレベルのチップがすでに実用化され、軍事、諜報の分野でステルス的に使われている。世間には知られていない領域で、秘密裏にすでに使われ、その、使われている事実じたいが隠蔽されているのが実態である。

 

 

今日に至るまで日本の日立製作所は、この超極小化の技術分野では世界最先端のレベルである。今から22年前に、ワクチンの伝道師であるビルゲイツが、日立製作所と提携した理由は一体何だったのか?

日立製作所がお得意な究極的な小ささのチップの使い道は、ワクチン伝道師のビルゲイツの頭の中では、「ワクチンに入れること」が最優先ではなかっただろうか?

 

「ビルゲイツはアップルじゃないだろ!」という声が聞こえてくる。もちろんだ。ビルゲイツが総元締めであり、「アップル」や「日立製作所」はその下に来るのだ。

以下の記事は「アップル社」と「日立製作所」が、世界的なワクチンキャンペーンの2年前から繋がりがあったことを示している。

本論の「台湾篇」は割愛して、「日本篇」を見てみよう!https://taiwanmaster.com/apple-supplier2019/#outline__4_1

 

言うまでもなく、「アップル」が設計し、実際の製造は「日立製作所」である。それでは両社は2019年から一体何を作っていたのか?

両社は2021年1月から世界的に大展開する「空前絶後の大事業」に向けて力を合わせていたのではなかろうか?

両者の結びつきのタイミングからして、体内チップのサプライヤー(実際の製造者・供給者)は「日立製作所」である公算が非常に高いこの表現に注意

 

 

今から7年前の 2015年にはIBM 社が、わずか7nmナノメートル(1ミリの700万分の1)のサイズの機能的なナノチップを開発した。比較すると、ヒトDNAの鎖は約2.5 nmであり、単一の赤血球の直径は約7500nmである。

2019年の「日立製作所」は、とうぜんこれをはるかに上回る水準に達しているはずではなかろうか?

これらのナノチップは、体内環境から電力を供給し(バッテリー不要)、100年の寿命がある。それらのチップ上で神経細胞は成長し、チップと融合する。

 

新技術はカッコよくて、効率的で、便利だ、というプロパガンダの達人、アップル社


当然のことながら、やれ5G、やれスマートダストと、新たなテクノロジーが展開されるとき、背後の邪悪な計画の存在とその目的に結び付けられることはない。代わりに、それらがどれほど素晴らしく、クールで、トレンディで、効率的であるかがマスコミや企業によって吹き込まれる。

アップル社のブランド戦略、宣伝手法 が見事にこの流れに沿っていることは言うまでもないだろう。

特に、「速い」「便利」という錦の御旗 は、多くの人々には抗いがたい魅力かもしれない。この2点は、一言で言うと、「スマート」ということである。

スマートフォン、スマートメーター、スマート家電、スマートシティ 等々、

「スマート」 とは技術的には、

● ワイヤレス

● 多機能性

● CPU 内蔵

● 遠隔操作性

● シームレス(デバイス間の接続性)

 

という特質である。

そして、これこそがアップル社の本領なのである。

 

 

特に「アップル脳」されていない、ごく普通の頭脳の持ち主には、以上のこうした物理的根拠の(1)直接証拠だけで、アップル社が「体内チップ埋め込み陰謀」に加担しているという事実に十分納得するはずである。(^-^) 以下の間接証拠は、オマケのようなものである。 “洗脳”という言葉の洗脳力 :洗脳論 1    洗脳か、 染脳 か  :洗脳論 2

 

 

 

 

(2) 間接証拠 

地球人口の大多数に超ハイテクの体内チップをインプラントするという、前代未聞のグローバルな大事業を遂行することができるのは、ビッグテックの一員であって、世界最大の IT 企業でもある、アップル社 をおいて他にはない。

実際、アップル社は、近距離ワイヤレス通信の分野に限らず、数多くの特許を有していて、他社の追随を許さない。2016-2020 の5年間だけで 12.360件の特許を出願している。毎年2千件以上の特許を出願している、世界最大の IT 企業である。毎日平均5、6件の特許を出願している、モンスター企業である。 https://patent-i.com/report/us/applicant/APPLE%20INC/ 

 

ワクチン接種キャンペーンによる世界の何十億もの人間の体内にチップを埋め込むという、空前絶後の歴史的大事業を安心して任せられるのは、いったいどこの企業だとあなたは思うだろうか?シリコンバレーの名も知れないベンチャー企業がこっそり請け負ったとあなたは本気で思うだろうか? (^-^)

 

この酸化グラフェン製の超ハイテクのRFID(チップ)は、世界最高水準の技術の蓄積無くしては決して実現できるものではない。アップル社は、世界最大のIT企業として、何万件もの特許をすでに有している。

 

それでも、「でも、アップルが本当にそんなことをするだろうか?」と、だらだら自問する人間は、文字通りの「アップル信者」であるか、もしくは、アップル社の巧みな「企業イメージ戦略」によって、「アップルに対する高い好感度」を商業的に刷り込まれている、ナイーブな消費者である。どちらも、アップル社に魅了されて骨抜きになった人間である。

わかりやすく言えば、自分がすっかりぞっこんだったので、事実が明らかになっても、非常に魅惑的なその「結婚詐欺師」への未練をいつまでも断ち切れないだけである。「結婚詐欺の哀れな被害者」と変わらないのだ。「まさか、あのひとが・・・ いや、そんなことあるはずがないわ・・・ だって、あれほど・・・ 」(^-^)

 

アップル信者や、アップルファンが「ワクチン未接種者」なら、まだ傷は浅いのかもしれない。彼らがすでにワクチン接種済みで、しかもアップル製の体内チップの事実を知ってしまった場合は、複雑な心理にモヤモヤする可能性がある。

 

アップル製品が大好きで、パソコン、スマホ、イヤホン、タブレット、スポーツウォッチ等々、すっかりアップルに浸っている人間は珍しくない。アップル製品が、自分の皮膚の外側に存在しているぶんには何の問題もなかっただろう。しかし、アップル製のデバイスが、何と自分の皮膚の内側にも、しかも、自分の同意なしにブチ込まれていたとなると、まともな人間なら心穏やかではいられないはずだ。特にアップル信者ではなくても、例えば、アップル社のアイフォン(iPhone)のユーザーは海外に比べて日本では特に多い。

手に持つアイフォンや腕に着けるアップルウォッチだけでなく、体内にもアップル製デバイスが「内蔵」されることによって、アップル社が理想とするような トランスヒューマンな「アップル生活 Apple Life 」が完成するのかもしれない。これから、5Gカバー地域が拡大していくにつれ、社会環境を覆う5Gのミリ波によって、接種済みのアップルファンの体内チップも徐々にフル稼働することになるだろう。

おそらく、「アイフォン」や「アップルウォッチ」と「体内チップ」はアップル製品のご多分に漏れず、「シームレスな接続性」 が保証されている可能性がある。アップルファンには、今までアップル社が提供してきた以上の、「ワクワクするような未来」が待ち受けているのだろうか?

 

 

 

 

しかし、信頼を裏切って、相手の同意なしに体内チップを埋め込むという行為は、由々しき「背信行為」ではなかろうか?使用目的を知っていながら、設計して製造したのなら「犯罪行為」だろう。「アップル社」と「日立製作所」? しかし、だからといって、「同意なしのチップブチ込み」という一方的な虐待を受けた日本国民が、これだけ証拠の挙がっているアップル社に抗議の声を上げるだろうか?

 

ここでは、日本人の国民的マゾヒズムが作用するように思われる。原爆投下であれ、3.11であれ、どんなに多大な被害を受けても、黙って耐え忍ぶという、美化して言えば「忍耐心」、客観的に言えば「奴隷根性」が、日本人の精神に深く根差しているからである。今回もこの「奴隷根性」が作用して、「背信行為」、「虐待」、「屈辱的な仕打ち」から目を背け、「事実否認という自己欺瞞の道」を辿ることになるだろう。

 

● 「アップルがそんなことをするわけがないだろ!」

● 「アップルが体内チップ? まさか! ハハハハハ!」

● 「アップル製の体内チップ? そんな陰謀論を信じる奴がいるのか?」

● 「アップルがそんなバレるようなことを本気でするわけがないだろ、考えてもみろ!」

● 「それ、アップルの UUID じゃなくて、新型コロナウイルス接触確認アプリの UUID なんだってさ。勘違いしている人がいるみたいだけど。」

 

 

「勘違い」は自分の方なのである。それは、「アップル社による巧妙で周到な迷彩工作」なのである。アップル社は、みずからが「人類への体内チップ埋め込み陰謀」に深く関与しながらも、その事実が露見することを恐れていたに違いない。普通の人が知ったら目を剥くような「体内チップ埋め込み陰謀への加担」が露見すれば、営々として築き上げてきた、好感度抜群のブランドイメージが一挙に崩れ去るだろう。とうぜん世界中から非難を浴び、ヘタをすれば、世界的なアップル不買運動にも発展しかねないだろう。

であるからこそ、アップル社はあえて自社の UUID を堂々と使ったのである。この「逆説的な作戦」こそ、彼らにとって「完全犯罪のカギ」だったのである。

 

 

 

逆説的「完全犯罪」計画

 

ご説明しよう。

電子的に作動するナノレベルの体内チップは、ワクチンによって世界中の人間にインプラントされていけば、いつか誰かに発見されるのは時間の問題である。必ず誰かが体内チップを電子的に検出することになるのだ。(^-^)

この問題についてアップル社の秀才ぞろいのブレーンの中に、こう提案した人間がいたに違いない。「検出できないようにはどうやってもできない。そもそも信号のやり取りのために埋め込むのだから。しかし、どうせ発見されるのだから、それと同じ UUID  をあらかじめ「体外」に拡散しておけば混乱して、逆に突き止められることはない」と。つまり、「おおっぴらにばら撒くのが、いちばんの隠し方」というわけだ。

 

そうして、その「ばら撒く」方法として、「COVID-19 接触確認アプリ」なるものが、考案されたのである。もちろん、このアプリには体内チップとおなじUUID が組み込まれている。このアプリを、ワクチンキャンペーンによって体内チップ保有者が爆発的に増える前に世界中の多くのスマホにインストールさせておけば、体内チップの信号は、「接触確認アプリ」からの同じ UUID 信号と社会環境中に混在して、識別不能になる、という算段だったのである。

 

 

グーグルとアップルの「濃厚接触通知アプリ」APIが登場、開発の課題は何だったのか

 

 

そして、グローバルなチップ埋め込みのワクチンキャンペーンが 2021年1月に始まる8か月も前に、「COVID-19 接触確認アプリ」を開発するためのプラットフォームが、グーグルとアップル社とによって公開されたわけである。先進諸国はそれを使って争ってアプリを開発したものだ。日本では、COCOA である。

これでもうバレることはないわいと、アップル社はタカをくくっていたに違いない。そして、あとは、主に先進国の政府がそれぞれ自国の接触確認アプリの普及に全力を挙げてくれればいいのだ。そうやって、どこの国でも、体内チップと「誤認」されるような信号が溢れれば、仮に誰かが体内チップを検出しても、「それって、接触確認アプリでしょ?」が「殺し文句」になるはずだった。

 

「アップル社 の UUID  が検出されたって? だって、接触確認アプリの大元のソフトの提供者がアップル社なんだから当然でしょ」と言えば、普通の人は納得するという算段である。「いや、違います、体内チップなんです!」と食い下がってきても、「あのアップル社が体内チップ?何言ってんだよ!そんなのあるわけないだろ!」と、一蹴できるというわけだ。

 

1) ワクチンによる体内チップ埋め込みという陰謀作戦がすでに進行している事実の隠蔽、

  そして、

2) その悪逆非道な陰謀作戦の伏魔殿が、なんと世界から愛されるトップブランドのアップル社であることの隠蔽、

 

この2つの隠蔽のために、アップル社はあえて自社の  UUID  を、接触アプリなるものに仕込んで組織的にばら撒いたのである。頭のいい連中がやりそうなことではないか? (^-^)

 

このアプリが、実際は「接触確認アプリ」としてはほとんどまともに機能しない、お粗末なものであることはすでに別記事で詳述した。「チップチェッカー」バージョンアップ 1.1   → 1.2

 

要するに、「接触確認アプリ」と思わせておいて、体内チップと誤認されるような信号を発する UUID をそのアプリに忍び込ませて世界中に拡散するのが本当の目的だったのである。疑われないようにひとを騙すのは、こんなにも手間のかかることなのだ。しかし、「完全犯罪」を成就するためならば、全然苦にならなかったに違いない。

ところが、「接触確認アプリ」としては、どこの国でも「ポンコツアプリ」として失敗している。まともに機能していないのは、日本の COCOA だけではないのだ。

 

しかし、アップル社はどこ吹く風である。体内チップと誤認される信号を出す UUID が社会環境に拡散されて自分たちの「完全犯罪」が保証され、追及されるリスクが無くなるのであれば、「接触確認アプリ」がアップル社の失敗作として非難されても、屁でもないのだ。

 

 

秀才ぞろいの世界一の IT 企業のアップル社は、自分たちの、史上最大級の悪事が露見するはずはなく、今まで通りの「愛される企業、アップル」のブランドイメージを守り抜けると思っていたに違いない。実際、「体内チップ埋め込み陰謀」の存在を主張する論者は海外にも多いが、「アップル社の多大な関与」について言及している記事も動画も今日に至るまで目にしたことがない(もしあったら、ぜひ教えて欲しい)。しかし、アジアのはずれの島国には、この巨悪の陰謀を見抜いて声を上げてきたチームがあったのだ。

 

紛らわしい、体内チップの信号と COCOAの信号を識別し、色分けして検出するアプリを開発し、それを使って実際に体内チップを検出する動画を次々に公開してきた。 そして、ついには、接触確認アプリの入っているようなスマホが存在しない環境で、生まれたままの姿の人間から体内チップが検出され、その UUID がアップル社のものであることを証明したのである。

 

 

接触確認アプリからの同じ UUID が街中に溢れていることが、アップル社の言い逃れの辛うじての余地だった。しかし、「それって、COCOA でしょ?」という、その「殺し文句」がもはや使えない動画が、こうしてすでに厳然と存在しているのだ。もはや「言い逃れ」ができないところに彼らは追い詰められている。いや、実質的には、「もう詰んでいる」と言ってもいい。

 

 

われわれ(ザウルス・ナゴヤチーム)としては、自分たちがすべきことはほぼ完了したと思っている。少なくとも、大きな節目は過ぎたと。重大な事実を証明して、社会に問題提起をしてきた。違うだろうか?

われわれに肩書も知名度もないことと、アカデミックな学術論文でないことをもって、イチャモンをつける人間は必ずいることだろう。もはや、つけられる難癖はそのくらいだろう。

 

とにかく、あとは、世間の人々がこれをどう受け止めるかである。違うだろうか?誰でも「チップチェエッカー」を無料でダウンロードして、いくらでも自分で確かめることができるのだ。あなたはやってみただろうか?

 

「チップチェッカー」を実際に使って体内チップの存在を証明している動画は今現在で22本ある。すべて英語字幕もついている。われわれは、体内チップを検出するデバイス(アプリ)と、その検出を証明するコンテンツ(実験動画)の両方を十分提供してきた。ダウンロードマニュアルまで作った。「至れり尽くせり」 と言っては言い過ぎだろうか?

 

 

いずれにせよ、われわれは、ワクチン騒動に揺れる今の社会に対して重大な問題提起をさせて頂いたと思っている。しかし、われわれにできるのは「問題提起」までである。もちろん、われわれの活動は今後も続く。

しかし、「問題解決」までわれわれに期待するのは、お門違いであろう。

そもそも、「問題」の捉え方や、「問題解決」の方法は、ひとによって、派閥によって千差万別であろう。

 

「チップチェッカー」が、未接種者と反ワクチン派にとって、防御や反撃のための武器となるかどうかは、あなた自身にかかっている。

 

新カテゴリ: チップチェッカー、ブルートゥース人間

現在の記事数:50本以上

< 当ブログでは、名無しコメントは不可 >
このブログでは、名無し、匿名のコメントは承認されない。
せっかくのいいコメントでも反映されない。
十分にご注意頂きたい。
コメント (25)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« チップチェッカー:困惑する... | トップ | チップチェッカーって、なあ... »

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (海)
2022-06-05 06:31:07
文章といい、検証の厳密さといい、お見事としか言えない記事ですね。
よくぞここまで書いて下さました。

アップル社がスマートだろうと、お洒落だろうと、素敵だろうと、それとは別にただの事実をあっさり書いて下さることにスカッとします。
ザウルスさんは私にとって様々な夢をぶち壊してくれた方なんですが(笑)、それ以上の爽快感を教えてくれる方です。

ありのままを報道することを、いちいち「すっぱ抜く」とかめんどくさいことを言わなければならない世の中がうんざりですね。
Unknown (四方山)
2022-06-05 09:35:02
長年のアップルファンとしてはかなりショックですが、GAFAの横暴ぶりを見ていると納得せざるを得ません。だからと言って、今更、スマホやパソコンの全くない生活は考えられませんし、どこかで割り切るしかないのかなと思います。テクノロジーというものは進化すれば良いというものではありませんね。
Unknown (オカ由)
2022-06-05 17:46:37
健康チェックアプリ程度にしか使いこなせていません。
なんとも言い難い屈辱というか情けないというか悩ましいというか歯がゆいというか。
バイアルよりも入手しやすそうな錠剤や食品やその他の添加型などが出回るまで待つべきかどうか考えます。
それまでCCアプリが無事なのかどうか気にもなります。
自身で試す、それを思うと予防接種を打ててしまう人の無謀さだけは恐怖という敬意を持てます。
インパール作戦をバカにしてインパール作戦に喜んで参加しているのですから恐怖です。
Bluetoothマークの表示は? (しゅり)
2022-06-06 20:13:42
業務で輸入雑貨のネット販売をしております。
ある電機機具でスマフォに専用アプリを入れるとリモコンになるモノが有りました。
Bluetoothを介してるのですが、ある時Bluetooth内蔵の商品は総務省に申請登録など必要では?と指摘が有りました。
調べてみると、機具の方では受信だけで電波を発しないので大丈夫かと思いましたが、
Bluetoothは、受信だけの様でも必ず電波の発信をしてる様で申請登録が必要。
商品パッケージにはBluetoothマークの表示が必要という事でした。
生産の本国ではそのようにされてるようですが、当然日本国内で別で必要ですので結局取り扱いをやめました。

で、このアップル製チップが入った製品?はそのような手続きは不要なんでしょうか?
マル秘事項なので、そんな事は無視で良いのでしょうか?
某林檎社のやりくち (アキラ)
2022-06-07 13:26:23
余談ですが、某林檎社といえば、下請を使い捨てにしまくるので、以前問題になりましたね。

http://bluearth.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/apple-1f3d.html

https://web.archive.org/web/20160610182351/https://www.iza.ne.jp/topics/economy/economy-5630-m.html

マナーモードを開発した神奈川の会社も、倒産に追い込まれたとのこと。
https://biz-journal.jp/2012/09/post_626.html

私が最初に見たのは、上記記事中にある、新潟の会社のことでした。
もう30年以上、某林檎社製品を使っていますが、この頃から無邪気には使えなくなりました。
そういう社風だとしたら、チップぐらいバラ蒔きそうです。
Unknown (ノヴァ)
2022-06-07 21:10:02
このブログの読者であれば、ザウルスさんの動画も見て、チップチェッカーも使って、これだけ証拠があるぞ!言い逃れできないぞ、と理解できることでしょうが、その辺の一般人に、ザウルスの法則を見ろとか、動画を見ろとか言ったところで、それは全く興味のない映画を映画館で最初から最後まで見ろ!と人に勧めるようなもので、最初から無理な話なんですよ。うちの親にも言ったんですが、鼻から相手にしてないんですよ。だから無理なんです。
Unknown (Durden)
2022-06-08 10:16:24
林檎だけじゃなく、ビッグテックのA.G.Mが関わってますからね。
クラウド管理はMの関連会社。

※Privacy-Preserving Contact Tracing

https://covid19.apple.com/contacttracing

https://i.imgur.com/YpYpXf8.jpg
ノヴァ様の言われる通りです。 (アシール)
2022-06-08 11:33:19
>全く興味のない映画を映画館で最初から最後まで見ろ!と人に勧めるようなもので、最初から無理な話なんですよ。

今年2月に3回目接種済の妹にスーパーにてCCの実演。
自分の体内から電波?
よく理解出来ないようでした。
CCが切り札になると思いましたがそもそも体内チップ云々が彼等の関心を引く事はないです。
想像外の事と思います。
洗脳のすごさ (アーサ)
2022-06-08 14:15:44
周囲の友人たちに2021年からいろんな情報を伝えましたが、WHO・政府・医師・弁護士・専門家らがTVで嘘などつくはずがないとまず思い込んでいるところへ、2年間朝から晩まで「早くみんなでワクを!」という呪文を聞かされて彼らは完全に洗脳されています。そのような状態にある友人は誰1人として、途中で真実に目覚めることはなかったです。今回、洗脳テク(ニュースで1分に何度同じワードを使うかなど)やそれを脳に入れやすくするための特殊なデジタル周波数などをメディアやスマホなどで世界規模で用いたのかも。
Unknown (kiriko)
2022-06-08 14:42:02
思考停止、追及しない者は命を奪われる時代
(週間事実報道)

私的には、この世はサバイバル と思っています。

昨日のお客、去年ワクが始まる頃、
(危険性を説明しながら「あのワク死ぬよ」)
と言っても「誰もが死ね訳ではない」と3回目も打ってる様子。

チップチェッカーで、数回試してみました。
チップチェッカーを開くと、チップが入ってる人は
直ぐに反応しますね。数回とも、入るわ、入るわ。
今までは打ってる数ほど、チップ反応と思っていましたが,殆ど1個の方が多いです。

我が家の後ろ、ホンの3mの所に大東建託の
アパートがあり、今まで、Bleutooth 、
BLEスキャナー共々アパートのがよく
入ってきていて、結局は誰のかよく分からなかったのですが、このアプリは厳密ですね。

打ってるお客、試していますがチップチェッカーで
赤文字が出る人はホンの2割から3割弱のように思います。

試しにコンビニで、AII で試してみたら
11個 は黒文字 赤文字は2個 ほどでした。

今まではBLEスキャナー,,BLuetooth 共々
入ってきているのは全て体内チップだと
思っていましたが このアプリは正確ですね。
よく分かります。
スマホはエクスペリアです。ベイシオは10でしたが
性能は鈍かったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

チップチェッカー、ブルートゥース人間」カテゴリの最新記事