ザウルスの法則

真実は、受け容れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け容れられない者には不快である。
ザウルスの法則

血栓ではなく、ホワイトクロットと呼ぶ:接種者の体内から続々出てくる?

2022-10-25 12:39:54 | ワクチン、医療

血栓ではなく、ホワイトクロットと呼ぶ:接種者の体内から続々出てくる?

 

先月、米英の遺体処理業者(エンバーマー)によるいくつかの動画で瞬く間に世界を駆け巡った繊維状、ヒモ状の得体のしれない物体の映像、画像・・・。

 

昨日(Oct 24, 2022)、さらにまた新しい画像が浮上してきたので、さっそくここにご紹介する。元動画は Jane Ruby 博士によるものだ。彼女のところに女性のエンバーマーがコンタクトを取ってきたのだそうだ。

LIVE @7PM Exclusive White Clots Making Embalmers Sick

LIVE @7PM Exclusive White Clots Making Embalmers Sick

 

 

 

動画の中では、この物体を  white clot  と呼んでいる。ホワイトクロット=「白栓」ということか?血管から引き出されたものなので、表面は血液の痕があるが、本体には血液は一切ない。血栓は通常、血液の塊だが、これは本体は赤くない。本体の成分が血液とは全く違う。

 

こういったものは、全世界的なコロナワクチン接種キャンペーン以前には見られなかったものだと、発見者である今までの遺体処理業者たちは口をそろえて証言する。しかも、接種者の遺体の70~80%から出てくるというのだ.。

米英の接種者の遺体から見つかるのならば、日本の接種者の遺体からも見つかるはずだ。同じファイザーやモデルナやアストラゼネカだ。死因を究明するために、入念な死体解剖をすべきだろう。

 

 

(コインの直径は19mm)

 

そして、不気味なことに、これらは体内で成長して大きさを増してくるようだ。そりゃ、そうだろう。こんなものを接種者の体内に、この大きさで挿入することなどできるわけがない。ということは、こういった大きさにまで成長する元の何かが、ワクチンによって体内に導入されたと考えるしかないだろう。

 

 

元の何か、と言ってもタネやタマゴのようなものではないように思われる。実際、ホワイトクロットの研究者たちによると、これは生物学的な寄生虫や生き物ではないそうだ。しかし、生物学的な成長をするのだから、限りなく怪しいヤツだ。

ここに厄介な点がある。生物学的な寄生虫ならば、成長して成虫になっても、サイズは決まっているし、宿主に遠慮してひっそりと生きているものだ。それが何億年もの進化の歴史を経てきた寄生虫の、洗練された生存戦略だ。

 

 

しかし、このホワイトクロットは、寄生虫のように人間の体内の栄養物質を吸い取って大きくなっているはずだが、寄生虫のような「オトナ」の生存戦略には無縁で、ひたすら盲目的に成長して肥大するようだ。

 

当然、宿主である接種者の人体の許容量(キャパシティ)を超えるときがやってくる。そのときが来る前に(5年も10年もかからないだろうが)、接種者が別の原因で死亡するかもしれない。そもそも、そのキャパシティに達したときこそが宿主が死亡するときなのかもしれない。

 

 

実際、体内の血管中でこんなものを養っていたら、いつか命取りになるはずだ。

 

前回の記事で、「ワクチンの中身はチップと寄生虫」と書いた。

動画:ワクチンには電子回路と寄生虫の両方が?

 

前回は話が複雑になるのを避けるために触れなかったが、実は、「寄生虫」と言っても、ワクチンに関しては、どうやら2つのカテゴリーがあるようなのだ。

 

1つめのカテゴリーは、通常の生物学的な意味での古典的な寄生虫である。具体的には、トリパノソーマが実際にワクチン内に見つかっている。これは、古典的な寄生虫として、古典的な有害な症状をもたらす。

 

 

もう1つのカテゴリーは、前回の動画でも繰り返し出てきた、ナノテクノロジーによって開発された人工的な寄生虫である。あの動画の中では、A I 寄生虫とか、ナノテク寄生虫とか呼ばれていた。

 

こちらの 人工寄生虫 は、体内の体温環境で自己構築、自己組織化を始め、体内でさまざまな働き(破壊、攪乱、操作)をする。

人工寄生虫とは、つまり  人工知能寄生虫  ということだ。A I パラサイト  と呼んでもいいだろう。

携帯基地局からの5Gなどの電磁放射線に乗せた信号に従う場合もあるはずだ。

 

1) 血液脳関門を易々と通過して脳に潜入し、宿主の情動、思考、行動に影響を与える

2) 体内の臓器に集中して毒性を高め、宿主の人体の機能不全をもたらし、死に至らしめる

 

大きく分けて、この人工寄生虫の機能は、以上の2つと思われる。

 

 

そして、ホワイトクロット は、この 2)に該当するように思われる。血管や心臓で盲目的に肥大して人体の機能不全をもたらしているのではないか。

しかし、このホワイトクロットの成長には時間がかかるようだ。少なくとも数カ月はかかるだろう。十分な大きさ(何に十分?)になるのには1,2年もかからないだろう。

 

 

 

 

コメント (10)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 動画:ワクチンには電子回路... | トップ | マスク民は奴隷階級? 素顔... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (オカ由)
2022-10-25 19:40:21
ガンのように思えます。
今までのガンと見なされてきた部位に到達する前に体内での処理が追い付かずに血管内で急激に大きくなって留まってしまった状態と言いましょうか。
戯言を。トリパノソーマ、マラリア、汚染原因物質、重金属中毒、原虫はその結果の一部、むしろ重金属や汚染物質を処理する補助をするのでは。
ゴミが多すぎて処理が追い付かなければ畑とも言える体はゴミと処理係共々崩壊する。
戯言です。
干瓢(かんぴょう)みたい! (CAZ)
2022-10-25 21:23:45
ホワイトクロットと呼ぶんですね。
私は誰かに説明するときに「干瓢みたいなやつ」と言っていました。
あの瓶の中のやつは干瓢が押し込まれているように見えたから・・・!
仮に食べたとしても、美味しくはないでしょう。

酸化グラフェンと一緒に入ったナノチップパウダーや他のナノレベルの何らかの物質(寄生虫!?)が人間の体内の温度で成長し活動しやすくなるのでしょうか?
プラモデルのパーツのようにナノレベルのパーツが合体するとか、いろいろなことを妄想してしまいます。

どっちにしても血管に入ってしまったら血管より太くなるので、そんなものが入ったままだったら死ぬのは当然のことですね。
サイボーグになる前にあの世行きです・・・DEATH。

「ミクロの決死圏」ではないけれど、人体の中に入っていって、干瓢みたいなやつの成長過程を見てみたいものです。
実際に自分が小さくなるのは無理ですが、毎年ナノカーレースが開催されているのだから、接種者に協力してもらってカメラ搭載のナノカーを走らさせてもらうとか、そういうことができれば、どんなふうにこの物体Xが成長するかわかるんじゃないの〜〜?
とか、バカなことを考えてしまいました。

まったく、干瓢なんかに身体を乗っ取られてたまるもんか!
特定の周波数とは (哀れな素人)
2022-10-26 16:04:51
これがスパイクタンパク(磁化された資質ナノ粒子)が肥大化したものか。

特定の周波数によって無効化できるらしいから、一刻も早く、その周波数を見つけてもらいたい。
Unknown (ドラ猫)
2022-10-27 00:00:19
共振周波数の事じゃないですか?
432hzの、純正律で弾いた、
さとうみつろうさんの発売されたばかりの、
CDがありますが、
完売らしいです…
ビルゲイツは… (コケコ)
2022-10-27 15:07:35
本当に、本当に、想像を絶する。シェディングにより接種、未接種の違いは無いように思えてきます。すると、疑問なのはビルゲイツがつい最近、東京に来ましたが、なぜ、東京を観光できたのでしょうか?シェディングを防ぐための対策、もしくは、これらが体内に入ってきても無効化できる対策などを施して、東京にやってきて勲章をもらったということなのでしょうか?質問ばかりですみません。
ここまでとは… (ぬ_こ)
2022-10-27 22:32:11
ここまでくるともう、地球上の表で発表されている科学技術ではないようにしか思えません。ウクライナではないけど地下の秘密の科学実験場とか、地球外の技術としか… それと明らかに人体を害する特許申請も通ってしまってるのも妙です。中見てないのか、賄賂貰っているのか…
学校での現実 (Silvia88)
2022-10-28 19:58:01
私は高校の英語の教諭をしています。おそらく教諭で1回も打っていないのは私だけです。生徒たちも3回目を打ってる子が多いためシェディングも酷くて、授業が終わるたびに蕁麻疹が出てきます。専門が英語ですので、世界中の情報を以前から収集しているためシェディングの恐ろしさを痛感しています。職員室でチップチェッカーに表示されるその数の恐ろしさにも絶句する日々です。癌になったり具合が悪くなる生徒たちもどんどん増えてきました。学校の先生は圧倒的に567脳が多くいまだにフェイスシールドをしている原始人みたいな人も多いです。少しづつ生徒たちにワクチンの恐ろしさを伝えていますが日本人の洗脳の深さにも恐怖を感じています。
Unknown (FLCCC)
2022-11-26 01:10:13
共鳴振動を利用した方法
低い周波数と高い周波数で11倍か17倍かで体の悪いバクテリアなどを分解する方法が昔にあったはず
もちろん隠蔽没収されているが顕微鏡で高低差の周波数を一つ一つ試していって細胞がどうなったか研究したひとがいるとおもいました。どこかのサイトで動画を見たことがあります。それを利用すればどうにでも成るはず、でもそこまで生きていく方法をみつけながら生活しないといけません。イギリスはたまごすら売っていません。光熱費が10倍になって生活ができる状態ではありません。アメリカがEUをつぶしたいらしいから、まだ日本はましな方です。未だにマスク信者がいるがまあしょうがないな
スマホ中毒とアップル信者で体の細胞こわされているぞ、もう少し周りを見ましょう。そのうちくるくるバタンと死んじゃうよ。もしくはハングアップするぞ、スマホの周波数相手が60GHZにしたらヘモグロビンがとまったままになるぞ
Unknown (ローズマリー)
2022-11-27 09:24:32
先月、海外出張先で身内が亡くなりました。エンバーミングされて帰国したのですが、検死されておらず死因が不明。地元の市の火葬場では、死因不明は火葬出来ないルールでしたが、会社等が手を回してそれを曲げて火葬。
亡くなった身内はワクチン4回接種してました。仕事で渡航するためだったようです。今回の記事、もしかしたらと思いました。ものすごくモヤモヤしています。
私はワクチン未接種ですが、亡くなった身内には、接種を止めませんでした。強く止めても、接種するだろうと思ったからです。
感謝 (青火)
2022-11-28 14:49:40
とんでもない情報ありがとうございます

ニコニコ動画にもこんな動画がアップされてます
秘密契約によってワクチンの安全性や内容物の研究はできない
https://www.nicovideo.jp/watch/sm41428160

政府機関が堂々と国民を殺しに来ていると見ていいでしょう
世界の終わりは近いのかもしれません
ザウルスさんはフラットアース否定派のようですが、聖書の悪魔のように振舞う何かが世界を支配してるのは間違いないです
ユーフラテス川が干上がったり、黙示録を人工的に実現しようとするサタニストに世界は支配されています
いつでも核戦争で死ぬ覚悟をしといたほうがいいですよ
とりあえずワクチン打ってなくてよかったです

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ワクチン、医療」カテゴリの最新記事