パンダとそらまめ

ヴァイオリン弾きのパンダと環境系法律屋さんのそらまめによる不思議なコラボブログです。
(「初めに」をご一読ください)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

政局

2007-09-16 23:49:55 | Weblog
 しかし水曜日は驚いた。午前中出廷した件は、裁判長の異動があって新裁判長の下で初めての弁論だったのですが、辣腕というような訴訟指揮ぶりを発揮してあっという間に争点整理して結審の日取りまでほのめかす程で、こんなの初めて見たというか、かなり驚いた。でも双方こだわりのポイントはきちんと押さえているし、やっぱり人によって大分やり方が違うなぁと改めて。

 が、そんな驚きの余韻に浸ってるうちに午後イチぐらいで流れた総理辞意表明のニュースで午前中の驚きは吹き飛んでしまった。なんでこのタイミング?と皆が首をかしげたはずですが、真相は何年経っても分からないでしょう、きっと。ご病気については無事を祈るばかりですが、脱税疑惑を週刊現代が追っていたという報道が流れていたので、買って読んでみました。感想は大したことなし、というか、安倍晋太郎氏が政治団体に小口の?政治献金(非課税)を繰り返し、安倍晋三氏がその政治団体を引き継いでいて、相続税の脱税に当たるのではないか?ってなストーリーだったのですが、時効になっている点を差し置いて、さらに仮にこれが全て事実であったとしても、献金が偽装で実質は相続だと立証するのはかなり大変なのではないかという印象を受けましたがさてはて。主税局幹部が「これは脱税」と言ったと書かれてましたが、なんか本当にきちんと事実を提示された上で応答したのか、はたまたその「幹部」が有権解釈者であるのかも胡散臭い。もっとも違法性の有無や立件できるかどうかと政治的な是非は当然別であって、相続税が払えなくて不動産を手放すとかいった話とは無縁な政治家の2世・3世達はいいものですなぁという話にしかならないでしょうね。
 
 ついでに言うと、13日に永田町界隈に行く機会があったのですが、もう人の出入りも激しいし、「○○は出る」「△△には敵が多いから出るなと言った」とかいう話が聞くつもりがなくても聞こえてきてもう政局真っ盛りといった感じでした。夜にはもう流れ(福田さん)ができちゃったみたいで、皆が勝ち馬に乗ろうとする傾向がより鮮明になってるというか、小選挙区対応もあって派閥の瓦解というのがやっぱり進んでるんだなぁと思っちゃいました。が、マスコミの論調として「派閥の復活」的な話が多いという印象で(除く田原総一郎)、もし本当に派閥政治が復活してるなら、竹下派時代から派の次代のプリンスだった額賀氏は、第2の派の代表として出馬し、森派以来の同派の支配に反発するその他の派の協力を仰いで結構いい勝負をしてるハズなんですけど、結局は出馬さえできていないわけで、一体何を見れば派閥の復活になるのかネタにしか見えません。
 
 どちらにせよ、早く組閣を終えて体制を整えてやるべきことを粛々と進めてほしいですね。自民党の総裁選の政局が終わったら、今度は民主党との対決が抜き差しならなくなってまた政局、ということが起こるなら本当にウンザリというか、そういうのが好きな人達だけが集まって国民生活と関係ないところで勝手にやってくれという気さえします。立法府の良識に期待したいところです 

コメント (3)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 始まりました、新学期 | トップ | お知らせ »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いや政治って面白そうだけど (ひつじ@@)
2007-09-17 10:38:41
そらまめさん、こちらでははじめまして。
パンダさま、初めまして

安倍さんの記者会見を生で見て、うつろな目の様子から、「ある病名」を咄嗟に思い浮かべました。そうではないかも知れないけれど、たぶん。。

ゆりこサンが意味不明なことを言って去って行ったのも、こうした事態を見越してのことだったかも?・・なんて下種の勘ぐりですが。

しかも自民党東京都連には、にわか党員になって投票したいっていう問い合わせが殺到したそうで。(気持ち、わかるけど)
総裁って一種の人気投票なんでしょうかね。。

>皆が勝ち馬に乗ろうとする傾向
これが政治家なんだろうけど、いまさらながら嫌なものを見る気が・・

Unknown (シロップ)
2007-09-18 00:49:20
凄い、 永田町の雰囲気が伝わってきそうです。

首相辞意 の一報は運転中にラジオで聞きました。
こういう時期の辞任、珍しいですよね? 政治的、社会的記憶が乏しいので、 まず自分(私)の意識を高めるところから・・・、と思いました。

いろいろな事(政治や、自然環境などの)があっても、 日々、こつこつと継続して働く人がいてくれるから、 生活は回っていってくれているのだと、思います。 そういう意味での 愛国心、というか 大きな家族愛って、大切だなぁ、と思う。
ごめんね、 まとまりの無い文章ですが
ここ二日、 夏ばて?で、少々ダウン気味の私・・・
もつぱんさまお二人も、季節の変わり目にどうぞ体調お気をつけ下さいね
RE; (そらまめ)
2007-09-18 01:35:46
>ひつじ@@さん
こんにちはー。
確かにテレビだと話している内容もさることながら表情とか仕草とかの方がよっぽど伝わるものがありますよね。。。
ゆりこさんがどうったかはよく分かりませんが、こういう事態を想像して距離をとった人もやっぱりいたんじゃないんでしょうかねぇ。

>シロップさん
確かに珍しいというか、村山総理や細川総理の辞め際も変でしたが、これほどではなかったように思いますよね。ホント気にせず地道に頑張っていきたいものだなぁと。
なんか熱くなったり寒くなったりで大変なのでご自愛くださいねー。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事