ナナちゃん逝く(葬儀場)




トマトちゃんが亡くなった翌々日の

6月4日の朝。


義母の愛犬 ナナが虹の橋へ旅立ちました。




(私と遊んでいる際の、この写真は遺影となりました。)




義母が入院したり

旅行へ行く際には我が家でお預かりをしていました。

ブログ上でも度々、お話しとして登場しており

ナナちゃんを見せて!とのお声も戴きましたが

悲しいお知らせとなりました。


ナナは心臓が悪く、義母は高齢。

通院は毎回、とぉさんが付き添い

今年に入ってからは、とぉさんのみで通院させていました。

最期の方は週2回ほど。



こうやって対応してくれる人間の子供がいたとしても

動物を看取る際の自分の年齢を最初に想定しなければなと

実際に体験すると更に考えさせられる部分がありました。



(義母の身体は元気ですが、高齢なのと車の運転が出来ません)



我が家に連れて来る事も考えましたが

白内障が入ったナナちゃんの事を思えば

義母と、慣れ親しんだ自分の家が一番。


それでも彼女は死の淵から何度も蘇る

生命力の強さを見せてくれました。



ナナちゃん、お疲れさまでした。

これまでお義母さんの傍に居てくれてありがとうね。


お義母さんはナナちゃんとの楽しかった日々を沢山想い出してね。




そして、とぉさんもお疲れさまでした。







★ 最後に 葬儀場 があります ★









= 迷子のお知らせ と お願い =





【 緊 急 で す!!】

 スコティッシュフォールドの マルコ が行方不明になりました





※ 各所掲示物には電話番号を記載してあります。

※ 首輪は着けていません。



もしも、既にマルコを保護してくださっている方がいらっしゃいましたら

どうか生存確認をさせてください。



大切にされているなら、取り上げるようなことは致しません。

どうかご連絡をお待ちしております。
見かけた方は捕獲せず、情報を送って頂きたいです。(すぐに付近に捕獲器を仕掛けます)


yaizuneko@mail.goo.ne.jp までご連絡をお願いします。




ブリーダー崩壊より救出され、里親希望宅よりトライアル中に脱走しました。

生存救出数41匹の内、この子だけが 愛される事を知りません。

心残りです。再度、皆様のご協力をお願い申し上げます。


マルコ詳細はこちら → 迷子猫 マルコ







【 葬儀場 】



昨日、ナナは荼毘に付しました。


私はこのような場所で写真を撮ってはいけないと

以前、神主さんから言われているのですが

ここは大切にされた子が最期に運ばれてくる場所。




我が家の子達がお世話になっている

どうぶつの森霊園 』 さんです。


参列者が5人くらいまでなら、こちらで葬儀を執り行い

お経の後に法話もしてくださいます。



充分すぎるほどのスペースで




清潔な環境で気持ちも安らかにお見送りができます。


この後、火葬となりますが

収骨の際には

頭からシッポまでの骨を綺麗に並べてくださり

説明と共に、丁寧に骨壺に収めてくださいます。

(教えて戴きながら自分で入れることも出来ます)



行きたくはない場所ですが

こちらは本当にお勧めできる施設。

大切な家族を理解して下さる対応に

いつも感謝しております。



下の写真をポチッと押して
迷子情報の拡散にご協力下されば幸いです。
いつも応援をありがとうございます。 励みになります。

にほんブログ村 猫ブログ 完全室内飼
にほんブログ村



虹の橋で走り回ってね。

お手数をお掛けしますm(v v)m






コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )


訃報:トマトちゃん ありがとう




2013年7月に発生した

焼津市での個人ブリーダー崩壊。

この事件はペットショップから購入した

たった2匹から始まった。



最初からお金儲けのために買われ

多くの子を産まされた・・・

それが、トマトちゃんでした。










トマトちゃんは保護場所では

『 モモ 』 と名付けられました。




高温の締め切った家から最後に救出。

脱水をおこしていましたが、輸液で復活したのでした。

人間にいいように使われ、そのうえ飼育放棄されたのに




モモは甘えん坊さんで




とっても人懐っこかった。

何も考えていないワケではなく




時折、寂しそうなお顔も見せるけれど




明るく振る舞う可愛い子。


そんなモモにも、里親希望を戴いたのですが

急遽キャンセル。

きっとトイレに ちっこ出来ないことが原因だと思います。

(別の断り方をされましたが・・・)

それでも




モモ: いいのよ、べつに!


と落ち込むこともなく笑顔で過ごしてくれました。




最後まで残った子達の中に、モモはいた。

そこから

気ままに・・・にゃん!我が家のにゃんず 』 の

なかちゃん宅のお嬢さまに昇格。

新しい名前は 『 トマト 』 。




遊びに行けば




いつも率先して接待係の任務をこなし




いつもどこかで おっ広げていて

なかちゃんからは 『 女帝 』 とまで言われるほど

自由に豪快に暮らすことが出来ていました。




相変わらず、触り放題な子。




大家族の中でも自分の居場所をちゃんと作れていました。




旦那様にも 沢山可愛がってもらったね。





(崩壊についての色んな気持ちは置いておき)



保護場所に来て、避妊手術を行った際に

獣医から、この子は お腹が脆弱と言われた。

産ませすぎで、皮膚が薄くなっているということ。

頑張ったね。そしてごめんね。







それでもあなたから産まれた命は

今、それぞれのお宅で愛されています。

なくてはならない子になっています。

あなたに似ている部分を持つ子が沢山います。


愛すべき命をありがとう。


そんなあなたが、なかちゃん宅で

沢山愛して貰えて本当に良かった。



虹の橋で、ゴロゴロと転がりながら

なかちゃん宅の家族と

あなたの子達を見守ってね。


トマトちゃん、お疲れさまでした。





下の写真をポチッと押して
迷子情報の拡散にご協力下されば幸いです。
(行方不明中のトマトちゃんの子を探しています)

いつも応援をありがとうございます。 励みになります。
にほんブログ村 猫ブログ 完全室内飼
にほんブログ村



お手数をお掛けしますm(v v)m






コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )


ショコラ君の旅立ち




2013年7月、ブリーダー崩壊が発生。

その際に、こたまちゃんの里親になってくださったのがマーガレットさん。

そのマーガレットさんは人形作家。

先住猫のショコラ君の長期の闘病で

日々、多額の医療費がかかり

当方でも猫人形制作依頼を募って参りましたが・・・












残念ではありますが、ショコラくんを褒めてあげたい。

何度も何度も危篤状態を乗り越え

生きるという事を魅せてくれたような気がします。







2014年6月、まだ焼津にいらした時にお邪魔した際の写真。

美しい黒毛にエンジェルマーク。




とっても優しく男前なショコラくん。

最初はこたまちゃんからの猛アタックから始まったけれど

既にこの頃には尻に敷かれてたね (´―`*)




辛い思いをした子を優しく迎え

大切にしてくれて、ショコラくん本当にありがとう。



マーガレットさんもお疲れさまでした。

お力落としのことと思いますが、どうぞご自愛くださいませ。






ショコラくんは慢性腎不全を患いながら心臓病も発覚。

最期は心臓の方が辛そうに感じました。

愛猫への定期的な心臓検査をお勧めします。






★ 皆様からの応援や制作依頼、ありがとうございました。

コメントは、共に闘病生活を頑張った

マーガレットさんのブログへお願いします (。-人-。)

↓  ↓  ↓

『 マーガレットの妄想日記 』





どうかマルコの情報へ繋がりますように (-人-)
下の写真をポチッと押して、ご協力下されば幸いです。
いつも応援をありがとうございます。 励みになります。

にほんブログ村 猫ブログ 完全室内飼 ←ぽちっとニャ
にほんブログ村



お手数をお掛けしますm(v v)m










= 迷子のお知らせ と お願い =






【 緊 急 で す!!】

 スコティッシュフォールドの マルコ が行方不明になりました





※ 各所掲示物には電話番号を記載してあります。

※ 首輪は着けていません。



もしも、既にマルコを保護してくださっている方がいらっしゃいましたら

どうか生存確認をさせてください。



大切にされているなら、取り上げるようなことは致しません。

どうかご連絡をお待ちしております。
見かけた方は捕獲せず、情報を送って頂きたいです。(すぐに付近に捕獲器を仕掛けます)


yaizuneko@mail.goo.ne.jp までご連絡をお願いします。




ブリーダー崩壊より救出され、里親希望宅よりトライアル中に脱走しました。

生存救出数41匹の内、この子だけが 愛される事を知りません。

心残りです。再度、皆様のご協力をお願い申し上げます。


マルコ詳細はこちら → 迷子猫 マルコ




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


たぬ吉くん、ありがとう




2013年7月に発生した

個人ブリーダー崩壊。








集合保護場所は、猫さんも人の心も荒んでいた。

そんな中、明るく振る舞ってくれていたひとりが




この子だった。

柄といい、見た目の愛らしさから

猫なのに 『 たぬ吉 』 と名付けてしまった。




幼く、何が起こったのかも理解していないふうで

それがまた悲しくもあり

また、明るさに励まされました。

人懐こい この子には “ 広報部長 ” をお願いし

人を怖がったり怯えたりする子ばかりのなか

お越し下さる里親希望の方々を和ませてくれました。

それでも、自分の幸せを探すように




寂しそうにお外を眺める日もありました。





里親さまは、早々にお越し下さったにもかかわらず

選ばれにくいであろうと思っていた

人慣れもしていなく、片目の不自由な

ロロちゃんをご希望下さいました。

そして後日、その相方に たぬ吉くんをとご希望下さった

とても優しいご夫婦。




里親さま宅に行ってからは

栄養もまわり、みるみる長毛化し

ブラッシングを楽しみ




夏にはサマーカットでも笑わせてくれました。

穏やかな優しさで包まれた たぬ吉くんは

もっともっと素敵な子になり




眼球摘出手術を受けたロロちゃんを

ナイトのように見守ってくれました。







本年6月に受けた定期健診で

前回より体重が急激に減っていた。

検査の結果は腎不全。

自宅輸液を続けてくださいましたが・・・

昨日の朝、苦しまずに旅立ったそうです。




何度も何度も電話越しで私に謝るお母さん。



『 ペットではなく家族でした 』



その言葉だけで、全てがわかります。

謝る事なんて何もない。

彼は幸せだった。



ごはんもロクに貰えず、愛情も貰えず

汚物まみれで異臭を放つ家で産まれ育ち

全員、生死がかかっていた。



新しい家族の元では

沢山の愛情を貰う事ができ

楽しい時間を過ごし

病気と共に闘い

大好きな家族に見守られながら

最期の時を、お家で看取って貰えました。



どれだけ対応しても

もっと こうしてあげれば良かったと

悔やむことは誰にでもありますが

恥じる事なんて、謝る事なんて何もない。



胸を張って、沢山愛したことを誇りに思ってください。






幸せなのが手に取るようにわかるお写真。


たぬ吉くん、がんばったね。

そしてありがとう。

里親さま、この子を愛してくれてありがとう。

お辛い中、お電話を下さって本当にありがとう。



たぬ吉くんは本日、荼毘に付されます。

明るいたぬ吉くんに似合う、穏やかな晴天の日です。




里親さまから皆さまに

【 定期健診は必ず受けて欲しい 】

そう言付かりました (。-人-。)




にほんブログ村 猫ブログ 完全室内飼 ←ぽちっとニャ
にほんブログ村



虹の橋からご家族とロロちゃんを見守ってね。
コメント ( 32 ) | Trackback ( 0 )


大好きな まちゅり~ぬ



ブログ 『 MARK - HEART* 』 の さとさん宅の祭ちゃん。

可愛さに勝手に まちゅり~ぬと愛称を送ってしまった子。




勝手にお借りしてしまっているお写真ですが

お気に入りで保存し、密かに待ち受けにもさせて戴いていました・・・









まちゅり~ぬの笑顔が大好きでした。


寝たきりでも負けない明るさと


さとさんや周囲の方々から受け取る愛情を


満面の笑みで表現しているように見えたから。



精一杯生き抜いた事を褒めてあげたいけれど


何処かでは解っていたけれど


やっぱり涙が止まりません。


頑張ったね、さとさんがお母さんで幸せだったね。




さとさん・・・選択した事を後悔しないでね。

祭ちゃんは、どんな選択でも大好きなお母さんの選んでくれた事だから

これまで頑張って来られたのだと思います。

ずっと拝見させて戴いて、沢山の勇気と希望を貰いました。

どれだけ励まされたか・・・


祭ちゃん、さとさん 本当にお疲れさまでした。










コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )


小太郎君 虹の橋へ




ブログ 『 猫に目薬 』 の うてなさん宅の愛息子 小太郎君。



本日 朝9:00過ぎ頃、お父さんに看取られ、虹の橋へ向かったそうです。



小太郎君は まだ7歳。

崩壊屋出身で、譲渡時には既に腎臓病での入院記録があった子でした。

年齢的には あまりにも早いのですが、元から腎臓の悪かった子を

よくここまで診て、大事に大事に育てられたなという気持ちが強いです。

これまで共に闘い、ご自身で看取れなかった寂しさが痛いほど解ります。




これまでの闘病生活で、心身共にきつい状態のうてなさん。

お見送りの母として最期のお仕事を終えたら、ゆっくり過ごして欲しいです。

小太郎君、うてなさん、本当にお疲れさまでした。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


亡くなった子達へ (虹の橋のたもと)



2013年7月17日、焼津でブリーダー崩壊が発生。

救出に入った際には、既に多くの子の命が失われていました。





謝って許されることではないけれど

同じ人間として・・・ごめんなさい。







******************************************************************


今後の大地震を想定し、国会へ提出します。ご署名をお願い致します


『ペットも一緒に避難させて! 災害時のペット同伴避難所の開設を求めます』



詳細はこちら → 


******************************************************************








★ 最後に 虹の橋のたもと があります ★







= 迷子のお知らせ と お願い =


【 拡散をお願いします!!】

 スコティッシュフォールドの マルコ が行方不明になりました





※ 各所掲示物には電話番号を記載してあります。

※ 首輪は着けていません。



もしも、既にマルコを保護してくださっている方がいらっしゃいましたら

どうか生存確認をさせてください。



大切にされているなら、取り上げるようなことは致しません。

どうかご連絡をお待ちしております。

見かけた方は捕獲せず、情報を送って頂きたいです。(すぐに付近に捕獲器を仕掛けます)


yaizuneko@mail.goo.ne.jp までご連絡をお願いします。




ブリーダー崩壊より救出され、里親希望宅よりトライアル中に脱走しました。

生存救出数41匹の内、この子だけが 愛される事を知りません。

心残りです。再度、皆様のご協力をお願い申し上げます。


マルコ詳細はこちら → 迷子猫 マルコ





【 虹の橋のたもと 】


当方では、虹の橋の検索がとても多いです。

崩壊で亡くなった子達には 『 虹の橋 』 ではなく、こちらになると思い

以前掲載したものの背景を少し変えてみました。

(クリックで拡大表示されます)







亡くなっていた子達みんなに

虹の橋のたもとでの 素敵な出逢いがあってほしいと願うばかりです。



どうかマルコの情報へ繋がりますように (-人-)
下の写真をポチッと押して、ご協力下されば幸いです。
いつも応援をありがとうございます。 励みになります。



にほんブログ村 猫ブログ 完全室内飼 ←ぽちっとニャ
にほんブログ村



待てる家族が居て欲しい・・・

お手数をお掛けしますm(v v)m







コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )


命日



7月13日は、黒猫ジジの命日。




あの日から3年。



頭の中では 覚悟をしつつも

心では必ず助ける!! と思っていた。




仕事中も私の膝の上に居たり・・・でした。

( この子にはパパとママだったな




パパやママの方が幸せだった・・・




おひとりさま生活で、自由気ままだったよね (*´∀`人)




会社の事務所の奥には、ジジのキャットタワーがありました




寂しいよ・・・

だからこそ、15時のジジのごはんタイムに泣かないよう

今もブログの更新時間にしているんだよ (´―`*)








3年経ち、やっとジジの声を入れてみる気になりました。

でもこれは全て私の希望の言葉。

彼がこんな風に思っていてくれたらと・・・


もう大丈夫!と思っていましたが、ポロポロと目から汗が

本当に本当に 愛おしい可愛い子でした。








★ 最後に い つ か があります ★







= 迷子のお知らせ と お願い =



【 拡散希望です!!】

 スコティッシュフォールドの マルコ が行方不明になりました




※ 各所掲示物には電話番号を記載してあります。

※ 首輪は着けていません。



もしも、既にマルコを保護してくださっている方がいらっしゃいましたら

どうか生存確認をさせてください。



大切にされているなら、取り上げるようなことは致しません。

どうかご連絡をお待ちしております。
見かけた方は捕獲せず、情報を送って頂きたいです。(すぐに付近に捕獲器を仕掛けます)


yaizuneko@mail.goo.ne.jp までご連絡をお願いします。




ブリーダー崩壊より救出され、里親希望宅よりトライアル中に脱走しました。

生存救出数41匹の内、この子だけが 愛される事を知りません。

心残りです。再度、皆様のご協力をお願い申し上げます。


マルコ詳細はこちら → 迷子猫 マルコ








【 い つ か 】


ジジを保護したときから余命3年と言われていました。

猫エイズ(FIV) と 猫白血病(FeLV)の ダブルキャリアだったから。

享年 推定4歳10ヶ月。




必ず! 必ず逢おうね!!

ぎゅっと抱きしめたい。


どうかマルコの情報へ繋がりますように (-人-)
下の写真をポチッとご協力下されば幸いです。
いつも応援をありがとうございます。 励みになります。

にほんブログ村 猫ブログ 完全室内飼 ←ぽちっとニャ
にほんブログ村



もしも生まれ変わるのなら、必ず私の元に・・・
そして今度は ご長寿であってほしい。

お手数をお掛けしますm(v v)m










コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )


のり塩ちゃんが旅立ちました




気ままに・・・にゃん!我が家のにゃんず 』 の

なかちゃんさん宅の のり塩ちゃん。

スコティッシュながら19歳。

いつも可愛らしい瞳で見つめてくれました。




最初の頃は人見知りで、机の下の椅子に隠れるように居たけれど




伺う度に、興味を持ってくれ セルフぬりぬり




それからは、全然平気になってくれたね。




痩せていく姿に寂しさを感じていたけれど

私達、スコティッシュの親の希望の星でした。




のり塩ちゃん、頑張ったね、おつかれさま。

忙しかったお母さんに、神様がくれた時間。

一緒にたっぷり楽しめたよね。




今度は虹の橋で待っている家族と共に

お空の上から、なかちゃん家を見守ってね。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


ガーリックちゃんが旅立ちました






気ままに・・・にゃん!我が家のにゃんず 』 の

なかちゃんさんのお宅のガーリックちゃん。

応援してきましたが、本日 虹の橋へ旅だったそうです。

持病を持ちながらの18歳。

本当に頑張ってくれました。




遊びに行けば、いつも とぉさんをデレデレにさせてくれ




アレルギーからのカラー生活も頑張り




手の届かないところを撫でてあげると嬉しそうにしてくれた。




この笑顔を見たいのも、お伺いする楽しみのひとつでした。

ありがとう・・・



大好きなガーリックちゃん。

先に行って待っている家族と逢えたかな。

謹んで お悔やみを申し上げます。


コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )


黒くんが旅立ちました


こちらにお越し下さる皆さまは、ご存知かと思います。

猫白血病を発症し、化学療法で頑張っていた

なかちゃんさんの愛猫 黒くん。




とても残念でなりません。

短い時間ではありましたが、なかちゃんさんのお宅で過ごし

愛情を沢山貰えた 黒くん。

何にも変えられない幸せな時間だったと思います。


全てを知って受け入れてくれた なかちゃんさん。

頭で解ってはいても、心は奇跡を信じてたでしょう。

本当にお辛いと思います。




私達に出来ること・・・

せめて、自分の子はお外に出さないこと。

そしてお外の子達に、去勢・避妊手術をさせること。



愛らしい命と、優しい人の心を傷つけないで欲しい。






マルコ&こいちゃんの情報へ繋がりますように (-人-) ポチッとご協力下されば幸いです。
いつも応援をありがとうございます。 励みになります。

にほんブログ村 猫ブログ 完全室内飼 ←ぽちっとニャ
にほんブログ村


お手数をお掛けしますm(v v)m





【迷子のお願い】


迷子の こいちゃん。 未だ戻ってきません (T ^ T)

どうか無事保護されていますように


静岡県榛原郡吉田町から脱走しました。



【 配 色 】


・ お顔のサイドと胴体右側面に大きな模様がひとつ → こげ茶

・ 頭頂部と尻尾 → こげ茶に黒の縞柄

・ ハート柄は歪んでいるため、ハート型に見えないかもしれません(角度による)

・両足太もも裏側にも模様有り

・鼻の色はピンク



焼津市で発生しましたブリーダー崩壊より、2にゃんの里親さまになって下さった

お宅の、先住猫のこいちゃんです。

完全室内飼育・ミルクから大切に育てた子で、お外を知りません。

人慣れしていないとはいえ、誰かが保護してくれている可能性もあります。

吉田町周辺で、似たような子を見かけましたら、是非ご連絡をお願い申し上げます





コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )


愛しのジジ 2回目の命日


2013年7月13日




我が家で初めて猫さんが亡くなりました。

名前はジジ。 享年 推定4歳10ヶ月。

詳細はこちら → ◆

私達の子としては2年10ヶ月しか居られなかった。




棄てられたのか、放浪して我が家にやって来た時には

既に 猫エイズ・白血病のダブルキャリア。

余命3年と言われた。




キャリアのために、一度も自宅には入れなかったのが残念ですが

賢く、気高く、そして特別甘えん坊さんになった。




この子が居なくなってしまって、どうにもならない気持ちでしたが

この子が居たら、この後すぐに起こるブリーダー崩壊の助けは出来なかった。




きっとジジが『 助けてあげて! 』 と言ってくれたんじゃないかと

・・・今は思う。



この子が来る前から、病気については気をつけていたけれど

何度も繰り返す貧血と闘い、頑張った子を目の前で看取ってから更に私は慎重になった。

ほんの少しお外に居ただけでも、仔猫でも感染している可能性があること。

この怖さは体験しなければ解らない。でも少しだけ皆さんにも慎重になってほしい。

お外からの子と接触して感染しないのは、あくまでラッキーだということ。

当家ではそのため必ず期間をあけて エイズ・白血病検査は 2度確認する。

健康な子に感染を広めてはならないから。

確認のために少し時間がかかり、先住さんとの対面が遅れたとしても

親の私が守ってあげられる事だから。



自分の子をお外に出さないで欲しい。

そして、口のきけないこの子達を簡単に棄てないで欲しい。





今日は朝からお掃除!!

いろいろ使ってしまっているけれど、どうにも仕舞えないジジのケージ。




見守ってくれていると思うから、頑張れることもある。

いつもありがとう。



ブリーダー崩壊が一段落して この動画を見た時、涙が止まりませんでした。






今居る子達にも、こんな風に思って貰えるほど 沢山愛情を注いでいきたい。

そしていつか、どんな形であれ 必ずジジに出逢えるように、しっかり生きなくちゃ!!






★ 最後に お ま け があります ★






= 迷子のお知らせ と お願い =


迷子の こいちゃん。 未だ見つかっていません(T ^ T)

どうか無事に戻ってきて欲しいです


静岡県榛原郡吉田町から脱走しました。



【 配 色 】


・ お顔のサイドと胴体右側面に大きな模様がひとつ → こげ茶

・ 頭頂部と尻尾 → こげ茶に黒の縞柄

・ ハート柄は歪んでいるため、ハート型に見えないかもしれません(角度による)

・両足太もも裏側にも模様有り

・鼻の色はピンク



焼津市で発生しましたブリーダー崩壊より、2にゃんの里親さまになって下さった

お宅の、先住猫のこいちゃんです。

完全室内飼育・ミルクから大切に育てた子で、お外を知りません。

吉田町周辺で、似たような子を見かけましたら、是非ご連絡をお願い申し上げます

人慣れしていないとはいえ、誰かが保護してくれている可能性もあります。

再度・・・情報拡散を宜しくお願い申し上げます








= 迷子のお知らせ と お願い =




【 緊 急 で す!!】

 スコティッシュフォールドの マルコ が行方不明になりました





※ 各所掲示物には電話番号を記載してあります。

※ 首輪は着けていません。



もしも、既にマルコを保護してくださっている方がいらっしゃいましたら

どうか生存確認をさせてください。



大切にされているなら、取り上げるようなことは致しません。

どうかご連絡をお待ちしております。
見かけた方は捕獲せず、情報を送って頂きたいです。(すぐに付近に捕獲器を仕掛けます)


yaizuneko@mail.goo.ne.jp までご連絡をお願いします。




ブリーダー崩壊より救出され、里親希望宅よりトライアル中に脱走しました。

生存救出数41匹の内、この子だけが 愛される事を知りません。

心残りです。再度、皆様のご協力をお願い申し上げます。


マルコ詳細はこちら → 迷子猫 マルコ





【 お ま け 】




優しい猫友さんに頂いた




猫のひげケース (´―`*)




今はお掃除をしても拾えないジジのひげ。

大事に保管しています。




マルコ&こいちゃんの情報へ繋がりますように (-人-) ポチッとご協力下されば幸いです。
いつも応援をありがとうございます。 励みになります。

にほんブログ村 猫ブログ 完全室内飼 ←ぽちっとニャ
にほんブログ村


お手数をお掛けしますm(v v)m




コメント ( 17 ) | Trackback ( 0 )


天ちゃんが旅立ちました







天ちゃんは、動物病院に保護されていた子。

インターフェロン(陰転の可能性がある治療)を投与しましたが陰転せず。

持病を承知で なかちゃんさんのお姉さんが迎えた子です。

天ちゃんは発症も早く、再生不良性貧血となってしまい輸血をし

一時は順調かと思われましたが、進行も早く腫瘍も出来てしまいました。

ずっと身体も辛かったと思います。

ここまで治療をして貰い、たくさんの愛情に包まれた時間は きっと幸せだったと思います。

天ちゃん、がんばったね。


なかちゃんさんのブログ 『 気ままに・・・にゃん!我が家のにゃんず 』


ずっと共に応援してくださった皆様、本当にありがとうございました m(v v)m



コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )


グリちゃんが旅立ちました





腎不全・多臓器不全で闘病中でした。

グリちゃん頑張ったね、おつかれさまでした。



看取ることはとても辛いけれど、傍に居られる最期でもあります。

その時をマーガレットさんと共に過ごせて、きっとグリちゃんも嬉しかったと思います。

こたまちゃん、グリちゃんと同時に調子を崩してしまい

ご心痛もよほどの事だったと思います。

マーガレットさんも お疲れさまでした。


ブログはこちら → 『 マーガレットの妄想日記 』




共に応援して下さった方々、ありがとうございました m(v v)m



コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )


宗滴君が 旅立ちました





お辛かったでしょうに、先程ご連絡を戴きました。

皆様からの応援にとても励まされたと書かれていました。

宗滴くんも うてなさんもとても頑張った闘病生活だったと思います。


本日 10月13日 AM10:00に荼毘に付されるそうです。

うてなさんのブログも皆様へのご報告が掲載されていますので

添付させて戴きます。

うてなさんのブログ 『 猫に目薬 』





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ