虹の橋


1月18日に亡くなりました わんこ 『 あんず 』 の葬儀は
1月22日に執り行われ、荼毘に付しました。

これまでも、見送ってきた子達は沢山おりますが
二度とあってはいけない事とはいえ、ブリーダー崩壊によりブログを始め
こんなにも多くの方々に励まされ、見送って頂けた子はおりませんでした。

あんずの親として、皆様からの優しいお声により
幸せな最後を迎えさせてあげられたことを心より感謝申し上げます。



同じように動物を大事に思ってくださる方々に巡り会え、私共も心強かったです。
心痛を察して戴き、有り難い気持ちでいっぱいです。



亡くなった日の翌日には、スコティッシュのブリーダー崩壊時にも
いつも応援してくださった ご近所の 『 Tさま 』 よりメッセージ付きのお花を戴き
お手を合わせて頂きました。



その翌日には、4匹の里親さまになって戴いた 『 なかちゃんさま 』 が
ガープ(現:リッチくん)の容態も心配な中お越し下さり、お花を頂戴致しました。

沢山のお花に囲まれ、最後のあんずの姿は お花畑にいるようでした。
本当にありがとうございました。




わんこの 『 あんず 』 とは、15年の付き合いでした。
家族として、いつも笑顔のあの子が歩きまわっていないのが寂しくて仕方ありません。
キッチンの横にある わんこ部屋を 当たり前のように気にしてしまいます。
12月31日の午前中までの 寝ている時のあんずは
部屋を覗いては 『 動いてる? 』 と確認が怖くなるくらいの落ち着いた呼吸でした。
まだまだ元気に行けるだろうと、思っていた矢先でした。

聞こえるはずのない鳴き声も、足音も はっきりと聞こえ 感じます。
昨夜も、夫婦同時に足音を聞き 顔を見合わせました。
外に出ても、早く帰らなければ。。。とまだまだ心が急いでいます。
朝も夜も、ごはんは あんずが一番先。(怒らないので、猫達にとられてしまうから)
その仕度が無くなり、催促の声もない。まだまだ慣れるには時間がかかります。



亡くなった姿は掲載できませんが、我が家では姿あるうちに、手形をとります。


あんずは 犬にも猫にも優しく 賢い子でした。あの子を思うと、笑顔しか浮かびません。
庭の穴掘りが大好きで、植えたばかりの球根を掘り起こし 『 埋まってたから救出した! 』
とばかりに得意げに 土だらけの顔で笑っていました。( 遺影もそんな時のもの )
ごはんが大好きで、キッチンで用意しているとすぐにバレてしまう子でした。

ブリーダー崩壊時の里親希望さまの中にも
犬と猫の共存が大丈夫か心配されている方がおられました。
我が家の事があるからこそ、アドバイスもできました。
寝たきりだった犬が居たときも 『 みるく と そら 』 が1年間ずっと優しくそばで寝てくれました。
そらがおとなしい子なのは、みるくの血筋と その経験からだと思います。

そして、今言えることは

『 大家族となった我が家で 介助状態になっても共存は大丈夫だった 』 こと。

もう、わんこは居なくなってしまったけれど
これまで我が子として共に暮らしてくれた犬達に 心から感謝しています。

幸いにも我が家には、まだ沢山の猫達が 私達を必要としてくれています。
この子達も人間とは違う速度で、一日一日を一生懸命生きています。
その成長・変化を見逃さないよう、励まされながらですが 共に頑張っていきます。



虹の橋のパスポート( 葬儀場で戴きました )と遺髪入れ

こちらの時間は、向こうでは あっという間の事だといいます。
先に行っている仲間を見つけ 『 虹の橋 』 で いつかまた会える日まで
楽しく待っていて欲しいです。

当家の猫の“ ジジ ” と マーガレットさんの “ たまちゃん ”も
永遠ママさんの先代猫ちゃんも、向こうでみんな仲良くしていて欲しいです。

皆様、本当にありがとうございました。
コメント・メールをくださった方々へのご報告にかえさせて頂きます。
明日からは、また元気いっぱい 親バカ全開でいきます!
これからも、どうぞお付き合いくださいませ。


こちらのブログには、初めての猫 ! という里親さまもおられるので
『 虹の橋 』 をご紹介します。
私も、これまで何度も励まされてきました。
いつか必ず来る悲しい出来事ですが
“ 愛しあった ” と胸を張って言えるくらい溺愛したいですね。
(小さな絵をクリックして見て下さい。携帯の方は見えないかも。。。)




そして、もうひとつの 『 虹の橋 』 があります。
悲しいですが、嬉しい気持ちにもなります。





私が死んだら、虹の橋で 我が子にならないか 勧誘しそうで 今から自分が心配です。



《連絡先》
yaizuneko@mail.goo.ne.jp





【 緊 急 で す!!】

 スコティッシュ マルコ が行方不明になりました




※ もしも、マルコを保護されている方がいらっしゃいましたら

   どうか生存だけでもお知らせ下さい。ご連絡をお願い申し上げます!!


” 情報を求めています! ” 


・ 10月4日 朝~夕方16:30頃の間に、焼津市中里付近より脱走しました。

・ 19:00に見かけるも保護できませんでした。

・ 現在、付近に捕獲器を設置し ポスターを掲示して捜索しています。

・ 首輪などは身に着けていません。

・ 人間に慣れていませんので、呼んで出てくるとは思えません。


見かけた方は捕獲せず、情報を送って頂きたいです。

 (すぐに付近に捕獲器を仕掛けます)



yaizuneko@mail.goo.ne.jp までご連絡をお願いします。



マルコの命を第一に、皆様からの情報提供を求めます。

少し遠くにも、行っているかもしれません。

どうぞ、ご協力を 宜しくお願い申し上げます!!

★焼津市内のかたは情報を拡散して頂けると助かります。


2013.10.7 9:39掲載記事


追記:去勢済みの男の子です。



《連絡先》yaizuneko@mail.goo.ne.jp

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


あんずへの 暖かいお言葉と 私共への励ましに感謝申し上げます

皆々さまからの暖かい励ましや、お悔やみのメールを頂きありがとうございます。

人間社会の不幸もあり、忙しく心の整理はまだまだ出来てはいませんが
徐々に感じてくる寂しさと向き合いながら、がんばった あんずを心から褒めてあげたいです。

遊びやごはんを要求する 可愛い我が子達が、まだまだたくさんおります。
走りまわる子達に元気を貰いながら、がんばります!

我が事もありますが、ご近所のお葬式も大事な事です。
気を引き締めて、お手伝いしてきます。

あんずのお葬式が終わるまで少しお時間を戴きますが
コメントやメールは必ずお返事させて頂きます。

いろいろと落ち着かないので、無礼をお許し下さい。



《連絡先》
yaizuneko@mail.goo.ne.jp






【 緊 急 で す!!】

 スコティッシュ マルコ が行方不明になりました




※ もしも、マルコを保護されている方がいらっしゃいましたら

   どうか生存だけでもお知らせ下さい。ご連絡をお願い申し上げます!!


” 情報を求めています! ” 


・ 10月4日 朝~夕方16:30頃の間に、焼津市中里付近より脱走しました。

・ 19:00に見かけるも保護できませんでした。

・ 現在、付近に捕獲器を設置し ポスターを掲示して捜索しています。

・ 首輪などは身に着けていません。

・ 人間に慣れていませんので、呼んで出てくるとは思えません。


見かけた方は捕獲せず、情報を送って頂きたいです。

 (すぐに付近に捕獲器を仕掛けます)



yaizuneko@mail.goo.ne.jp までご連絡をお願いします。



マルコの命を第一に、皆様からの情報提供を求めます。

少し遠くにも、行っているかもしれません。

どうぞ、ご協力を 宜しくお願い申し上げます!!

★焼津市内のかたは情報を拡散して頂けると助かります。


2013.10.7 9:39掲載記事


追記:去勢済みの男の子です。



《連絡先》yaizuneko@mail.goo.ne.jp

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )


わんこ あんずの旅立ち

12月31日より 心臓病を患い 心不全・肺水腫と闘ってきた
わんこの 『 あんず 』 は、 1月18日 午前5時 に 旅立ちました。

自宅療養で、亡くなるまでの約7日間 介助給餌を行っておりましたが
胃を通さずに戻すことがほとんどでした。

ずっと元気だったあんずは、急激な身体への負担に一生懸命順応しようとがんばっており
ヨタヨタしながらも歩いていましたが、昨日深夜から容態が急変し 他界致しました。



我が家へ来た頃のあんず



15年8ヶ月と1日 を立派に生き抜いてくれました。

猫ブログにもかかわらず、コメント・メールなど 沢山の応援を戴き
皆様に心より感謝申し上げます。


明日・明後日と ご近所のお葬式と重なったため、あんずは22日に荼毘に付します。


《連絡先》
yaizuneko@mail.goo.ne.jp
コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )


あんずの護衛隊 ( 昨夜のこと )

あんずが調子を崩してから2週間。
心臓が悪く、肺水腫でずっと溺れたような状態のあんず。
今は自宅から動かすことはできません。
昨日の午前中も、口や鼻から泡のような水を出し 自宅にて利尿剤を注射。食欲もない。

まだまだ若年の子が多く、大運動会を繰り広げる我が家で
猫達との接触は極力避けた方が良いと思い、あんずは自室で過ごさせていました。

昨日は居間に出たいと言われ、まずは猫達をケージin。
あんずを自由にさせてみたところ。。。
ひとつひとつのケージの前に行って 『 何で出てこないの? 』 とみんなに挨拶。
お顔の表情が嬉しそうに変わったのを見たので、猫達をケージから出してみました。




優しい『 むぎ 』は あんずの護衛隊長




テラス付近で 追いかけっこ発生




じゃれまくっています。
ちゃたろうは子供達の遊び相手。特に 『 ぽん太 』 が可愛いので いつもこんな感じ^-^;




『 むぎ 』は ずっとあんずの側にくっついて護衛。 かた時も離れません。




ストレスだろうと思っていたけれど、思いのほか あんずは猫達のことが好きだったみたい




ボスの『 みるく 』 と おとなしい 『 そら 』 も心配そう




いつもは気遣い無く遊ぶ子達も、昨夜は加減をしてくれました




そして、今朝。
昨夜の むぎ を見習ってか 今度は 『 トラ 』 が護衛。
頼りないけれど、いつもは あんず に あまり近づかないトラの気持ちが嬉しかった。



みんな優しい子。
あんずは、猫に一度も吠えたことがない。逆にネコパンチをくらってしまう。
どんどん増えていく猫達を、あんずは あまり良く思っていないのでは?と思っていました。
言葉が通じているのかは判りませんが、あんずはみんなが大好きなんだと実感しました。
そして、猫たちも。



《連絡先》
yaizuneko@mail.goo.ne.jp




【 緊 急 で す!!】

 スコティッシュ マルコ が行方不明になりました




※ もしも、マルコを保護されている方がいらっしゃいましたら

   どうか生存だけでもお知らせ下さい。ご連絡をお願い申し上げます!!


” 情報を求めています! ” 


・ 10月4日 朝~夕方16:30頃の間に、焼津市中里付近より脱走しました。

・ 19:00に見かけるも保護できませんでした。

・ 現在、付近に捕獲器を設置し ポスターを掲示して捜索しています。

・ 首輪などは身に着けていません。

・ 人間に慣れていませんので、呼んで出てくるとは思えません。


見かけた方は捕獲せず、情報を送って頂きたいです。

 (すぐに付近に捕獲器を仕掛けます)



yaizuneko@mail.goo.ne.jp までご連絡をお願いします。



マルコの命を第一に、皆様からの情報提供を求めます。

少し遠くにも、行っているかもしれません。

どうぞ、ご協力を 宜しくお願い申し上げます!!

★焼津市内のかたは情報を拡散して頂けると助かります。


2013.10.7 9:39掲載記事


追記:去勢済みの男の子です。



《連絡先》yaizuneko@mail.goo.ne.jp

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


わんこ あんずの急変

我が家の唯一のわんこさん 『 あんず 』
これまで、大きな病気といえば“ 乳腺混合腫瘍・ 軽度の子宮内膜炎・黄体形成 ”の
一度のみで、腫瘍は摘出し良性の結果で全て完治した。
15歳という年齢で、この子の医療ファイルはダントツに薄い。
そんな 『 あんず 』 が12月31日から急に変な息づかいをするようになりました。
これまでの検査では心臓には問題なし。
現在は食欲もあり、舌は真っ赤。ゼーゼーしながらも私達について回る。
そして、1月3日の夜から左後ろ足を引きずる感じもみられました。
動物病院は何処もお休みだったため、正月休みが明けた1月4日 病院に直行!



血液検査・エコー検査・レントゲン撮影を実施

検査で判ったことは
・ 血液検査の結果は、全て良好。(いきなり襲って来た病気です)
・ 第1~第3ステージがあり、現在は2の後半か3(数が多い方が悪い)
・ 心臓の肥大は無し
・ 胃にガスが溜まっている(変な息づかいによる)
・ 肺に白い影がみられる(肺水腫で水が溜まっている)
・ 食道に詰まり物などはみられない

検査結果は 『 僧帽弁閉鎖不全症

第3ステージであっても、投薬で第2ステージに戻る事もあるそうです。
先生も、この歳なので心臓が急に異変を起こしたのでは。。。との事でした。
通常は、息が苦しくなり血液の循環が悪くチアノーゼになりますが
あんずの心臓は、何とか がんばろうとしているようです。
足の方は、レントゲンでも関節や骨盤にも異常が無いため
まずは現在の心臓から来る辛さを取り除くことを優先して治療していきます。

とりあえず病院では、即効性のある注射を打っていただきました。

当家としての初代犬も同じ心臓病を患い、7歳の時に第1ステージ前半で早期発見。
この子は心臓肥大もありましたが、毎日の投薬で14歳までがんばってくれました。
最後の1年は盲目で寝たきりでしたが、嗅覚と聴覚で私達の存在を把握し
甘えて来てくれました。
治る病気では無いし経験もあるので、焦らずに精一杯お世話をしていこうと思っています。
昨夜より毎日の投薬が始まりました。

お薬(血管拡張のお薬・心臓に働きかけるお薬・利尿剤)を まずは1週間。

あんずのサポートが出来るようにがんばります!



《連絡先》
yaizuneko@mail.goo.ne.jp



【 緊 急 で す!!】

 スコティッシュ マルコ が行方不明になりました

 

※   もしも、マルコを保護されている方がいらっしゃいましたら

   どうか生存だけでもお知らせ下さい。ご連絡をお願い申し上げます!!

” 情報を求めています! ” 

・    10月4日 朝~夕方16:30頃の間に、焼津市中里付近より脱走しました。

・    19:00に見かけるも保護できませんでした。

・    現在、付近に捕獲器を設置し ポスターを掲示して捜索しています。

・    首輪などは身に着けていません。

・    人間に慣れていませんので、呼んで出てくるとは思えません。

 

見かけた方は捕獲せず、情報を送って頂きたいです。 

 (すぐに付近に捕獲器を仕掛けます)

 

yaizuneko@mail.goo.ne.jp までご連絡をお願いします。

 

マルコの命を第一に、皆様からの情報提供を求めます。

少し遠くにも、行っているかもしれません。

どうぞ、ご協力を 宜しくお願い申し上げます!!

 ★焼津市内のかたは情報を拡散して頂けると助かります。

 2013.10.7 9:39掲載記事

追記:去勢済みの男の子です。

 

《連絡先》
yaizuneko@mail.goo.ne.jp

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )