〈川俳会〉ブログ

俳句を愛する人、この指とまれ。
四季の変遷を俳句で楽しんでいます。「吟行」もしていますよ。

大宮吟行

2018年05月31日 19時31分29秒 | 俳句
大宮に老人集結生ビール
         富翁
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大宮吟行

2018年05月31日 16時42分31秒 | 俳句
気を放つ梅雨の大木一宮

一頭のハイエナ悲し五月雨(さつきあめ)

先輩
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茅場町の花見

2018年03月28日 06時54分23秒 | 俳句
素晴らしい桜の満開の日。会長の判断がピタリ的中でした。
10年ぶりの辰巳の鯖の塩焼き、たまりません!!
しっかし茅場町公園の取り壊しにはガックリしました。

でも桜どおりの桜並木。素晴らしかったですねえ。来年もぜひ!!

桜通り 見上げるわれら 感嘆す
桜通り 現役諸君 足早に
この対比 とても気分が よろしいね
安楽
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茅場町の花見

2018年03月27日 20時27分59秒 | 俳句
桜道浮かれて行けば隅田川
行いの良き人たちや花日和
          富翁
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茅場町の花見

2018年03月27日 17時40分41秒 | 俳句
今回は茅場町の割烹辰巳で焼きサバ定食を食べて、近くの公園で花見と
思ったらその公園が更地になっていました。東京駅に続く桜通りが満開で
それを見ながら、新川超えて墨田川沿いの桜を見に行きました。陽気良し、
満開の桜を堪能しました。

焼きサバの定食旨し花日和

陽気良し川辺の花を友と見る

先輩
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒の戻り

2018年03月22日 09時54分26秒 | 俳句
喜びも試練の後に訪れる

寒戻り蕾の力蓄えて

律儀なり必ず咲くよ春くれば

先輩
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

筑波山吟行

2018年03月08日 20時15分17秒 | 俳句
紅白の梅霧の中老いの坂
           富翁
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大寒

2018年01月21日 09時23分01秒 | 俳句
大寒に野菜が無しの鍋囲む
(野菜が高すぎです)
先輩
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

酷寒の一句(5)

2018年01月13日 11時29分23秒 | 俳句
吐く言葉 連ねてみれば 氷柱なり
五七五 いつか春来る 待ちわびて
家を出て あまりの冷たい 空気なり
安楽
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

酷寒の一句(2)

2017年12月25日 08時40分35秒 | 俳句
凍る夜 闇は一つの 刃なり
風吹いて それも冷たい 刃なり
赤提灯 心やすらぐ 温かみ
安楽
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さみだれ句集(50)

2017年12月19日 20時50分50秒 | 俳句
ほっこりと昔談議の年忘れ
          富翁
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酷寒の一句

2017年12月17日 10時48分34秒 | 俳句
息を吐く 氷柱のように 円を巻く
眼を開く 網膜凍る 世界かな
耳を閉じ 熱い音楽 鳴り響く
口を開く 硬く冷たい 言葉なり
鼻を通る 剣のような 大気なり
安楽with"顔面麻痺"
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

冬の匂い

2017年12月09日 13時57分08秒 | 俳句
ピンと張る 空気と時間 冬が居る
喉越しに 入りこんだよ 冬匂い
朝早く 窓辺に曇る 冬の陰
安楽
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

秩父吟行

2017年11月22日 08時38分40秒 | 俳句
久しぶり 皆さん健脚 スタスタスタ
一時間 待ってかいある くるみ蕎麦
クタクタを ほぐす温泉 母心
安楽

※長瀞とくるみ蕎麦の写真を4枚「フォトチャンネル」にアップしておきました。
スクロールして一番最後、箇所をクリックしてください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秩父吟行

2017年11月22日 08時19分35秒 | 俳句
平き野に冬風吹けば白き富士

岩畳岸下の紅葉船下り

温泉で冬吟行の温かさ

先輩
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加