田村たかみつの気になるニュース

栗東市内関連の新聞記事のスクラップブックです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2路線統合 10月発車 草津と栗東のコミュニティバス

2013年08月28日 | 京都新聞
 滋賀県草津市は27日、同市と栗東市がそれぞれ運行しているコミュニティバス「まめバス」「くりちゃんバス」の一部を統合し、10月1日から2市間を行き来する「草津・栗東くるっとバス」を運行すると発表した。コミュニティバスが市境を超えて統合されるのは全国初で、両市は運営の負担軽減や活性化につながればと期待する。 ■運営は草津市 利用増図る  「草津・栗東くるっとバス」は2路線で、いずれもJR草津駅を起 . . . 本文を読む

奈良期の土馬出土 栗東・蜂屋の遺跡

2013年08月24日 | 読売新聞
 栗東市蜂屋の下鈎(しもまがり)東・蜂屋遺跡で、馬を模した土の焼き物「土馬(どば)」(奈良時代、8世紀)が出土し、市教委が23日、発表した。脚などが欠損しているが、馬の表情や手綱などが精巧に表現されていた。土馬は雨乞いなどの祭祀(さいし)で使われたとされ、県内では奈良~平安時代の約90点が見つかっているが、市教委は「同時代の土馬の造形はデフォルメされる例が多く、今回のように写実性に富み、リアルな . . . 本文を読む

耐震化率「建物以外」最低の8.3% 滋賀県内公立小中校

2013年08月08日 | 京都新聞
 文部科学省が7日発表した公立学校の耐震化調査で、滋賀県内の小中学校は、窓ガラスなど非構造部材の耐震対策実施率が8・3%で全国最低となり、点検実施率も58・7%と6番目に低かった。その一方で、建物自体の耐震化率は96・7%で全国8位となっており、県教育委員会は「建物の耐震化を優先したため遅れた自治体などがある。本年度中に点検を行うよう、全市町に依頼した」としている。  非構造部材は窓ガラスや内 . . . 本文を読む

栗東市52.4%増の397億円

2013年02月26日 | 読売新聞
◇土地公社債務保証、肩代わり分160億円盛る  栗東市は25日、397億1000万円の2013年度一般会計当初予算案を発表した。市土地開発公社の解散に伴い、市が債務保証している同公社の借金を肩代わりするための160億円を盛り込んだことなどから前年度比52・4%増の大幅増となった。3月1日開会の市議会に提案する。  歳入は、個人市民税が40億2000万円(2・7%増)、固定資産税は55億4000万円 . . . 本文を読む

「低利融資は違法」 栗東市長を提訴 元市長らの支払い求め 滋賀

2013年02月23日 | 産経新聞
 栗東市がたばこ税の増収を見込み大阪市のたばこ販売業者「CSR」に低利融資したのは違法として、市民5人が22日、野村昌弘市長を相手取り、貸付金から担保金を除いた計4億5千万円を当時の市長ら4人に損害賠償請求することを求める住民訴訟を大津地裁に起こした。  訴状などによると、市は平成14年と15年に設立間もない同社に低利で計5億円貸し付けたが、同社の返済能力について十分な検討をせずに貸し付けした当 . . . 本文を読む

栗東市:たばこ会社融資問題 「前市長らに4.5億円請求を」元市議らが市を提訴

2013年02月23日 | 毎日新聞
 たばこ地方税の増収を見込み、栗東市が誘致したたばこ小売会社「TSR」(大阪市)への融資が未返済になっている問題に絡み、同社から営業譲渡された「CSR」への市の融資は違法な公金支出に当たるとして、元同市議ら住民5人が22日、同市を相手取り、融資当時市長だった國松正一氏と、猪飼峯隆氏(故人)の相続人計4人に計4億5000万円の支払いを請求するよう求める訴訟を大津地裁に起こした。  訴状によると、同 . . . 本文を読む

ボードセーリング・板庇選手に栗東市スポーツ賞

2013年02月03日 | 読売新聞
全日本学生選手権優勝  栗東市は、沖縄県で昨年11月に行われた全日本学生ボードセーリング選手権の個人戦男子の部で優勝した同市在住の立命館大スポーツ健康科学部2年、板庇(いたびさし)雄馬選手(21)に、市スポーツ賞を贈った。  板庇選手は小学3年の時、帆を張った板に乗って水面を滑走し、ジャンプなどの技を競うウインドサーフィンを始めた。高校在学中、史上最年少の18歳1か月でプロに転向。大学入学後、 . . . 本文を読む

生きる権利みんなに いじめで娘亡くした女性、栗東で講演

2013年01月25日 | 京都新聞
 栗東西中(滋賀県栗東市綣4丁目)は24日、いじめで一人娘を亡くした女性を招いて講演会を開いた。女性は、自身の体験を紹介しながら「いじめられてる子は決して悪くない。いじめる子も、心に苦しみを抱えているのでは」と語り掛けた。1、2年生約630人は静かに聞き入っていた。  講師は、いじめで子どもを亡くした遺族たちでつくるNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」理事の小森美登里さん(56)=横浜市。1 . . . 本文を読む

栗東市土地開発公社:三セク債活用し解散を 検討委が報告書

2013年01月10日 | 毎日新聞
 経営難の栗東市土地開発公社について、同公社の経営検討委員会(委員長=野洲和博弁護士)は9日、国の第三セクター等改革推進債(三セク債)を活用し公社を解散することが「最善の方策」とする報告書を野村昌弘市長に提出した。野村市長は「報告書を重く受け止め、今後の取り組みを早期に決定したい」と述べた。  報告書によると、公社の保有土地は約11ヘクタールで、簿価計約165億円に対し、時価は計約35億円にとどま . . . 本文を読む

寄付:子どもたちに2000万円を 大阪の梅北さん、父の生まれ故郷に--栗東

2012年10月16日 | 毎日新聞
 栗東市出身の男性の遺族が15日、「子どもたちのために使ってほしい」と2000万円を同市に寄付した。野村昌弘市長は「財政難の中、大変ありがたい。使い道をしっかり考えたい」と感謝状を贈った。  金勝村(現栗東市荒張)生まれで07年に79歳で亡くなった大阪市東住吉区の小林定市郎(さだいちろう)さんの遺産を、長女の梅北富美子さん(61)=大阪市北区=が寄付した。  梅北さんによると、会社員だった小林さん . . . 本文を読む