ありがとう!、あてつけじゃないよ。

☆雑記ブログです。
★Blog内に掲載されている画像ファイルの転載及び二次利用を固く禁じます。

功名が辻 第43話

2006-10-29 | 功名が辻(小りん)
家康「この博打いささか早まったやもしれんのう…。豊臣子飼いの大名を此処まで引き連れて参ったは良いが…、果たして我らにつくかどうか…。」

※家康は秀頼がまだ幼い内に決めたかったのでしょうね。もし、大きくなって秀頼自身が家康討伐の命を出せば豊臣ゆかりの大名は家康と戦ってた。そうなる前に家康は博打を打ったわけですが、諸侯がどちらにつくのか?、家康にとっては三成の存在は有難いものだったのかも。

千代の手紙「…石田様に大阪屋敷が攻められるような事があらば徳川様に二心無き事を示すため千代は自害して果てまする。」

※この点に関して、一豊の悩みの描写が少ない。

正則「わしにはもう分からん。」
一豊「今、天下を治める力あるは徳川様をおいて他無しと…某は存じまする。」
正則「確かに北政所様は徳川殿につけと仰せじゃが、だが亡き太閤殿下のお気持ちを思うと分からなくなる。石田治部は憎いが徳川殿も分からぬわ!くそ~。」

※もう、福島正則が哀れと言うか愚かと言うか…。とりあえず家康倒して、三成を暗殺すれば良いでしょうに…。三成は倒せても家康の暗殺は難しいから…。

堀尾の策「もし徳川様が上杉討伐を取りやめて石田治部少殿と戦うため西に向かわれる事があれば浜松の城を空にして一切の家来を率いて徳川方へ加われ!。空き城には徳川様の御旗本衆に入って頂け。身も心も挙げて徳川様にお味方すると申し出よ。」
一豊「茂助の言葉を一人占めにしてしもうた。」

※今日の助っ人は茂助かぁ~。主役がパクリで良いのか?。

一豊「わしは運が強い。皆もその運を信じよ!。」

※この台詞も頂けない!。運だけって説得力無いし…。

家康「いよいよわしがと思うた矢先…、あの秀吉ごとき成り上がりの山猿に仕えるはめとなった。わしは耐えた。今、わしの目の前に道が開けた。その喜びのあまりつまずきとうないのよ。わが運気を逃しとうないのよ。清洲の諸侯は豊臣にゆかりの深い者ばかり。その者達がコロリとこのわしに寝返った。さればこの者達、いつ、わしを裏切るやもしれん。」
三成「正しきは必ず勝つ!。」

※三成の誤算?
・人質失敗
・毛利三本の矢がバラバラ
・秀頼の出馬無し
・正々堂々と戦う

千代「六平太、一豊様を守って…。」

※六平太に死亡フラグがぁ!!!。?、六平太は死なないか…。

黒田長政見たかった。出てくるのかな?。

コメント (8)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« 急に寒い | トップ | YURIMAYI »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようゴザイマス♪ (bluestar1719)
2006-10-30 09:33:50
cocktail-lightのbluestar1719です。

いつもありがとうございます。

TBありがとうございました☆



一豊さんの“言ったもん勝ち”でしたね。

いくらいい案を出してもその場で

臆していえないのではダメね。

忠氏は父上になんて報告したんでしょ。



http://tb.plaza.rakuten.co.jp/bluestar1719/diary/200610290002/ba6bf/
六平太危うし? (あむろ)
2006-10-30 11:50:58
こんにちは♪



六平太に死亡フラグですか!

千代もあんなこと言っちゃダメですよ…。

千代のためなら何だってする六平太なんですから。

一豊をかばって矢を受けて…うわー。いやだな。
死亡グラグ?! (うさ)
2006-10-30 18:28:03
私もちょっと思いました・・・。

あんなお願いしたら絶対一豊をかばって・・・になりますよね。いやだぁ~~。

bluestar1719さんへ (トールギス)
2006-10-30 20:47:51
>忠氏は父上になんて報告したんでしょ。



正直にありのままを伝えたんじゃないかな?。

そして茂助も、「良しよし」って感じかな?。
あむろさんへ (トールギス)
2006-10-30 20:50:14
>一豊をかばって矢を受けて…うわー



どうなるでしょうね。

大阪の陣は無いのかな?。

まだ11月だから早いような気もするし…、でも関ヶ原の合戦が壮絶なものであったという描写には打って付けだし…。
うささんへ (トールギス)
2006-10-30 20:52:20
六平太も随分と年だから、いくら忍びでも危ないですよね。
こんにちは♪ (ミチ)
2006-10-30 23:30:06
私も六平太に死亡フラグ・・・って思いましたよ。

あれは確実ですね~

ああ、六平太の純愛が哀しいです。
ミチさんへ (トールギス)
2006-10-31 08:17:26
>あれは確実ですね~



むむ、確実ですか…。

一豊はしっかりして来たけど戦場ではどこからでも矢や鉄砲が飛んできますからね…。

コメントを投稿

功名が辻(小りん)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

27 トラックバック

功名が辻、感想~関ヶ原前夜、オモシロ兜の競演! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
功名が辻ですが、関ヶ原直前の人間模様が描かれており、なかなか面白かったです。山内一豊(上川隆也)は大活躍で、徳川家康(西田敏行)に石田三成からの書状を封を閉めたまま渡すなど忠誠心を強調します。 小山評定でも、一豊は家康への忠誠心を積極的にアピ ...
「功名が辻」第四十三回 (日々“是”精進!)
第四十三回「決戦へ」壮絶な最期を遂げた玉に続く者が次々に現れ家康方の結束が強まることを恐れた三成は、城下の屋敷を囲む兵をすべて退け戦に専心する決断をする。一方、下野の小山まで兵を進めた家康の陣では、一豊が、千代から届いた包みを家康に差し出してい ...
「功名が辻」第43回「決戦へ」 (つれづれ さくら日和)
「それがしも!」「それがしも!」 って、前にも見たことのある光景です。 一人一人の戦は、出陣の前に既に始まっている。 関が原の合戦前、小山評定での出来事でした。 千代から受け取った未開封の三成からの弾劾状を、一豊は家康に差し出すことで、家康への強 ...
「功名が辻」第43回「決戦へ」 (つれづれ さくら日和)
「それがしも!」「それがしも!」 って、前にも見たことのある光景です。 一人一人の戦は、出陣の前に既に始まっている。 関が原の合戦前、小山評定での出来事でした。 千代から受け取った未開封の三成からの弾劾状を、一豊は家康に差し出すことで、家康への強 ...
功名が辻 第43話 強運の男、カッコいいぞ! (レベル999のマニアな講義)
内容家康方につくことを決めた一豊。千代から渡された『未開封の弾劾状』を持って、一豊は家康に決意を述べに行く。そして、出陣を決める『小山評定』が始まる。そこで一豊は。。『未開封の弾劾状』を持っていく。小山評定で、『城、所領』の明け渡し宣言。そして ...
「功名が辻」第43話。 (Creme Tangerine)
テレ朝のフィギュア番組に心をひかれつつ、「功名が辻」の第43話を 見ました。サブタイトルは「決戦へ」。前回引越しのサカイの人が仕事 きっちりで届けた書状を、一豊はいかに活用するのか。旦那様の腕の 見所です…って、そもそもそんな技量、一豊にあったっ ...
功名が辻 43話 (異世界への扉)
 ようやく、一豊も徳川方に味方することを決め、光成からの書状を封を切らずに家康に
功名が辻 (Fere libenter homines id quod volunt credunt)
第四十三回「決戦へ」 本編初公開、一豊全てがカッコイイの回!! くみ殿のリクエストにお答えします。⇒特別編 「細川家兵法
功名が辻43一豊クン他人のアイデアをパクる! (ぱるぷんて海の家)
いよいよ決戦の関ヶ原近づいて来ました。最後はどんな大円団を迎えるのかも楽しみになってきました。最後の高知ロケでは尼僧姿の千代様が!!このロケは47回から最終回に放送されるとか。 と言うことも気になりつつ、いよいよ関ヶ原です。関ヶ原で思い出した ...
『功名が辻』 第43回 「決戦へ」 (なんでもreview)
小山評定!
功名が辻43・・言うたもん勝ち♪ (・*:・ふわゆら生活・:*・)
三成対家康。。ついに決断した一豊さま。。さっそく家康の下へ。。三成からの書状を封を切らないまま渡す。。そんな一豊さまに次々と悩み相談に来るよ~。。どうしたらいいか悩んでいたのは一豊さまだけではなかったのですね~~。。でも、相談する相手間違ってま ...
『功名が辻 第43回「決戦へ」』を観た (TV視聴室)
いよいよ、クライマックスへ。全てのエピソードが、「関ヶ原」に向かって突き進みます。
功名が辻 第43話 (くつろぎ日記)
このような評定の場でも一人ひとりの戦は始まってることをしかと学んだ。
功名が辻~勝ったも同然 (うさうさ日記)
NHK大河ドラマ「功名が辻」第43話~決戦へ堀尾氏の息子、堀尾忠氏が登場♪上川一豊が所属している演劇集団キャラメルボックスの大内厚雄さんが演じていました公式HPに一豊の転機に出演してほしかったというスタッフのこだわりが掲載されていましたが・・・ ...
大河ドラマ 功名が辻・第43回「決戦へ」 (真田のよもやま話)
悲劇の人生に終止符を打たれた玉ちゃんことガラシャ様、なんて空しい人生なのかと思っておりましたが、これが意外なボディーブローとなって三成様を苦しめているご様子。
功名が辻:第43回「決戦へ」 (食う♪読む♪歩く♪)
今日は山内一豊デーでしたね。 まずは千代さんから届いた石田殿の書状を徳川殿へ差し
功名が辻のすばらしさを語ろうの会  関が原へのアドレナリン (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
タイトルの通り、迫り来る関が原に、緊張感とともにアドレナリンが湧き出るような印象でしたね、今回。実生活でもアドレナリンを、、、ってそれはおいといて、レビューすることにしましょか
功名が辻第43話「決戦へ」 (さくら色通信)
今日はまだ関が原まで達しませんでしたね。皆がこの天下分け目の合戦に迷いがあるようです。小山評定でも誰かが最初の一言を発すると「それがしも!それがしも!」と皆が右にならえ状態なので家康も「感服いたした」なんて態度をとるんだけど、結局家康は真には受 ...
「功名が辻」第43回 (ミチの雑記帳)
「決戦へ」 先週の続き、屋敷に火を放ってでも三成の言いなりにはならないと抵抗する千代。 玉や千代のように次々と抵抗する者が表れるのを恐れた三成は、城下の屋敷を取り囲んでいる兵をすべて引き払います。 一方、家康はたくさんの大名が参陣してきたにも関わ ...
功名が辻第四十三回「決戦へ」~いざ!鎌倉!じゃなくって関ケ原!~ (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
一豊、堀尾氏のアイデアをパクル? 盛り上がってまいりました! そして、次週はいよいよ関ケ原! 関ケ原町HPもヨロシク!          
功名が辻第四十三回「決戦へ」~いざ!鎌倉!じゃなくって関ケ原!~ (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
一豊、堀尾氏のアイデアをパクル? 盛り上がってまいりました! そして、次週はいよいよ関ケ原! 関ケ原町HPもヨロシク!          
【功名が辻・感想レビュー】決戦へ (必然的なヒストリー)
一豊が徳川方に付く事を決意した前回。「功名が辻」最後のメインイベント「関ヶ原の戦い」がいよいよ近づいてまいりました!前回からの伏線で千代からの手紙をそのまま家康に渡す一豊様。これでまず、家康に二心なき事を強調。これは千代の機転です。そして場面は ...
功名が辻(10月29日) (今日感)
千代の機転を利かした書状を家康に渡し、徳川につくことを明らかにした一豊。家康の心証もがっちりつかんだようですが・・・この家康が食えないんだな、本当にそう思っているのか(笑)
いざ!関ヶ原へ・・・~功名が辻・第43話~ (りっきーのブログ日記)
 ようやくブログが復旧し、一時はどうなるかと思ったのですが・・・^^;  さて、今回の『功名が辻』第43話ですが、ついに一豊は家康方につく事を決意します。  当の家康はと言うと・・・、不安に駆られたものがあったのか、今回の『行動』が『時期尚早』だ ...
功名が辻 43回 (賃貸営業よもやまばなし)
上杉討伐のため下野(現栃木県)の小山まで兵を進めた徳川家康。やっと家康に加勢することを決断した一豊が千代の機転の千代の自害をほのめかす書状と石田三成の未開封の書状を家康に渡します。この未開風がミソですね、流石才女の千代と言ったところでしょうか。 ...
功名が辻43回 (森の中の一本の木)
今回も詳しいあらすじは大河ドラマ「功名が辻」ホームページでどうぞ   小山評定のシーンもそうですが、その前も、その後も、ずっとずっと、一豊様大活躍でしたね。 ああ、もう、「待った、待った、待った、長かった長かった長かった。」と、心の中で言ってし ...
「功名が辻」第四十三回 (リリコ雑記)
いよいよ、「関が原」の闘いに向けた前哨戦。今週は一豊さんがカッコよく見えて嬉しい私です。今週の小山評定はよかったと思うけどなー。さて、千代の髪の行方は……?(←っておいおい)