ありがとう!、あてつけじゃないよ。

☆雑記ブログです。
★Blog内に掲載されている画像ファイルの転載及び二次利用を固く禁じます。

年金調査?

2006-10-31 | Weblog
昨日、社会保険庁から封筒が届いた。
年金加入状況の調査のようだ。
文字が一杯書いてあってよくわからん
今日、解読してみよう…。
コメント

YURIMAYI

2006-10-30 | タレント
パッチギ2“ポスト沢尻”に中村ゆり(スポーツニッポン) - goo ニュース

中村ゆりさんって、任天堂DSの「英語漬け」のCMで知ったわけで…、ブログも拝見させてもらってたけど…、今日になってYURIMARIのYURIと知った…。

CD「スーパースター☆モンスター」でデビュー。

スーパースター☆ハムスター」だよ~。

16歳の頃?、めちゃ可愛い。そういえば見たことあるような気がする。…というか好きだったような気さえする。

今は女優業頑張ってるのね。
コメント

功名が辻 第43話

2006-10-29 | 功名が辻(小りん)
家康「この博打いささか早まったやもしれんのう…。豊臣子飼いの大名を此処まで引き連れて参ったは良いが…、果たして我らにつくかどうか…。」

※家康は秀頼がまだ幼い内に決めたかったのでしょうね。もし、大きくなって秀頼自身が家康討伐の命を出せば豊臣ゆかりの大名は家康と戦ってた。そうなる前に家康は博打を打ったわけですが、諸侯がどちらにつくのか?、家康にとっては三成の存在は有難いものだったのかも。

千代の手紙「…石田様に大阪屋敷が攻められるような事があらば徳川様に二心無き事を示すため千代は自害して果てまする。」

※この点に関して、一豊の悩みの描写が少ない。

正則「わしにはもう分からん。」
一豊「今、天下を治める力あるは徳川様をおいて他無しと…某は存じまする。」
正則「確かに北政所様は徳川殿につけと仰せじゃが、だが亡き太閤殿下のお気持ちを思うと分からなくなる。石田治部は憎いが徳川殿も分からぬわ!くそ~。」

※もう、福島正則が哀れと言うか愚かと言うか…。とりあえず家康倒して、三成を暗殺すれば良いでしょうに…。三成は倒せても家康の暗殺は難しいから…。

堀尾の策「もし徳川様が上杉討伐を取りやめて石田治部少殿と戦うため西に向かわれる事があれば浜松の城を空にして一切の家来を率いて徳川方へ加われ!。空き城には徳川様の御旗本衆に入って頂け。身も心も挙げて徳川様にお味方すると申し出よ。」
一豊「茂助の言葉を一人占めにしてしもうた。」

※今日の助っ人は茂助かぁ~。主役がパクリで良いのか?。

一豊「わしは運が強い。皆もその運を信じよ!。」

※この台詞も頂けない!。運だけって説得力無いし…。

家康「いよいよわしがと思うた矢先…、あの秀吉ごとき成り上がりの山猿に仕えるはめとなった。わしは耐えた。今、わしの目の前に道が開けた。その喜びのあまりつまずきとうないのよ。わが運気を逃しとうないのよ。清洲の諸侯は豊臣にゆかりの深い者ばかり。その者達がコロリとこのわしに寝返った。さればこの者達、いつ、わしを裏切るやもしれん。」
三成「正しきは必ず勝つ!。」

※三成の誤算?
・人質失敗
・毛利三本の矢がバラバラ
・秀頼の出馬無し
・正々堂々と戦う

千代「六平太、一豊様を守って…。」

※六平太に死亡フラグがぁ!!!。?、六平太は死なないか…。

黒田長政見たかった。出てくるのかな?。
コメント (8)   トラックバック (27)

急に寒い

2006-10-25 | Weblog
昨日から寒い
シンミリ来る寒さ?。

雨は仕方ないけど風も強かった。
ビニール傘が折れて、ショックー
代わりに198円の傘を買った。

夜も冷え込むし…、もう冬やね。
コメント   トラックバック (1)

功名が辻 第42回

2006-10-22 | 功名が辻(小りん)
オープニングで一豊は「まだ迷ってる」って言うけれど、やってる事は家康側じゃん!。

家康「損得のみでわしに追従する者はいつかまたこのわしを裏切るやもしれん。迷いなされ。じっくりと迷いなされ。その果て、戦場にて刃を交える事になったとしてもこの家康、山内対馬守一豊殿を恨みはせぬ。武士として正々堂々戦いましょうぞ。」
※国力が100倍以上違う人から正々堂々って言われてもね…。

妻子(妻女?)を人質に取るから…、三成の印象悪いな…。

千代「嘘でございましょう。増田様は今どこにお座りでござますか?。そこは下座でございます。秀頼様の御使者ならば当家にとっては上司?、お座りあそばすなら下座ではありますまい。」
千代「秀頼様の御名を乱用なさるは宜しくござません。」
千代「私は対馬守の妻ございますゆえ、対馬守の言いつけしか聞きませぬ。私にとって夫は天地只一人の相手に御座いますゆえ。」
千代「お奉行様とて私と添い寝はして下さいませぬ。添い寝して下さるは旦那様ただ一人。旦那様の申されることを聞くのは女子として当たり前にございます。対馬守の意向を聞いたのち進退を決めまするゆえお引き取り下さいませ。」
※添い寝ぐらいなら…。

ガラシャ「逃げませぬ。逃げれば、やはり明智光秀の娘よと人々は面白がりはやしたてましょう。まことならば逃げ隠れするように生きていくのがこの身にふさわしいのかもしれませぬ。されど逃げることは父を信じる事を捨てるという事にございます。」
ガラシャ辞世の句「ちりぬべき時 知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」

千代から一豊への手紙
「石田三成殿からの書状がそのまま入っております。もし徳川様におつきになるなら封を切らぬまま徳川様にお渡しなさいませ。もし石田様に御味方為さいますなら包みの封を切り大阪にお帰りなさいませ。」

一豊「決断の時じゃ。…石田様の義をとるか、徳川様の利をとるか、これまで迷いに迷って参ったが、山内家存続のためには利を取るしかあるまい。」
※…普通、主人公って「義」をとりません?。しかも、徳川につくと千代の命が危ないかもしれないのに…。
コメント (8)   トラックバック (30)

お好み焼き

2006-10-22 | 料理
今日も朝からキャベツ切りました!。

お好み焼きのソースとマヨネーズの味が強すぎたか…。
しばらくは、お好み焼きはいいかな。

結構カロリー高いかもしれん。
コメント

フライパンオヤジ

2006-10-22 | 料理
昨日、お好み焼き作りました。
先週の鉄板少女アカネを観て、作ってみたかったのだー。

キャベツを切るのが面倒臭い。
でも久しぶりの割には旨く焼けたかも…。

コメント

千代谷美穂・鷲尾春果・ニュータイプ

2006-10-16 | タレント
■千代谷美穂

ポカリウタ・スパ編に千代谷美穂が出演してるらしい。

■鷲尾春果

久々に検索してみたら「小悪魔セクシー」になってた。

佐藤めぐみと千代谷美穂を足して2で割った感じ…。

恋する日曜日 ニュータイプ

主演の子は、fanatic memberなのね。

この事務所、売れてきたらメンバーに加えてるとしか思えん!。
少数精鋭過ぎる!。
麗菜c、演技力では抜かれそうです…。
コメント

功名が辻 第41回 女大名の山内家

2006-10-15 | 功名が辻(小りん)
■功名が辻

三成19万石に対して家康は250万石。
たった19万石で家康と戦ったのかと…。
秀吉が三成に100万石あげてたらもっと良い戦になったかもしれないのに…。

一豊、堀尾、中村の三人組。三十年来の付き合いです。
堀尾は先週、家康側につくと言って隠居。
一豊の頬っぺたに矢が刺さった時は助けてくれたね~。
三人の友情が崩れそうになったときも、助けてくれました。
今週は中村の隠居話。
中村は、来年の春を迎えられないと言われる程の重病。
現役なのは一豊だけになりました。

家康暗殺の噂を流して大阪城に兵を入れたり、暗殺を企てたのは前田家として「松」を人質に取ったり…、六平太曰く「家康最後の賭け」、少々荒っぽいこともやります。
家康は乱を起こして自分に逆らう大名を一掃しようと企みます。

前田家の次は上杉家が狙われると…、上杉家家老の直江は三成と組んで家康打倒を誓います。
上杉が東から、三成は西から家康を挟み撃ち!。イイ作戦なのにね。
…しかし、上杉は伊達で抑えられるから、前田、毛利が全力で徳川にあたらないとね。
と思ってたら毛利は家康に調略されそうです…。

石高の加増(恩賞)か、それとも豊臣への忠心(義)か、…というより大名達は「家の存続」が一番大事。
中村も家康につくと決めて、関ヶ原前に病死。
一豊はギリギリまで決断しない様子。でも、千代の指示?もあってか、上杉討伐の家康に従軍。
所領が遠江だから家康側についた方が家臣達も守りやすいし…。

それにしても豊臣勢は前田利家が亡くなったのがイタい。
利家が居れば、家康が大阪西の丸に入ることもなかったかもしれないし、西国の大名も豊臣についたままだったかも…。

家康は59歳にしてまだまだ元気。秀吉は淀に色々吸い取られて…早死に?。恐ろしや~。

来週は関ヶ原前夜かな。ガラシャが再登場。

■鉄板少女アカネ

それはそうと、アカネスペシャル食べてぇ~。
普通、堀北が焼いてるだけで大繁盛の筈。
リンゴ入れるとホントに上手いのか?。

「世界中が私にひれ伏しますように…」(笑)。
ソースが無くなって、どうなるかとおもったけど三ヶ月伸びたか…。

俺も鉄板で焼いてみてぇ~。
コメント (6)   トラックバック (21)

『鉄板少女アカネ!!』の第2話に

2006-10-12 | 柳沢なな
「鉄板少女アカネ!!」第2話<10月22日(日) 21:00~21:54>
柳沢ななさんが出演するそうです。

この番組、土曜日の夜に放送してくれると観やすいのに…。
「功名が辻」のあとは忙しいなぁ~。

麗菜cは出ないのかな?。
コメント   トラックバック (1)

そういえば払ってない…。

2006-10-11 | Weblog
支払い申し出が3千件以上 受信料督促発表でNHKに(共同通信) - goo ニュース

前の半年分は「振込み用紙」がポストに入ってたけど…今回もそろそろ来るかな…。
通知書はまだ来てない
コメント

功名が辻 第40回

2006-10-08 | 功名が辻(小りん)
加藤清正、福島正則と三成は相当仲が悪い。どうしてこんなに悪いのか?。

正則「ぬくぬくと日本におって楽をしていた者に何が分かるか?」
三成「某の言葉足らずならばお許しくだされ。」
清正「治部少!。わしはお前を許さぬ。」
三成「何で御座る?。」
清正「この上はそなたを打ち殺す。」
三成「われらは上様の御遺戒の下、合議をもって豊臣の世を守りぬかねばなりませぬ。…殿の御遺戒じゃ! 控えよ!」
清正「くそっ!」

清正の激怒の理由が良く分からんが…、三成も「太閤の御遺戒」なんて言うから溝が深まるばかりじゃ…。
こういうシーンは泣くのが効果的だぞ、三成…。

一豊「石田治部少は聡明な男じゃ。少々取り澄ましたところが鼻にはつくが、治部少の豊臣への忠心はまことじゃ。石田治部少ある限り徳川殿もそう容易に豊臣のは手を出せぬであろう。」

しかしこの「少々取り澄ましたところが鼻につく」が豊臣を二分するのでしたぁ~。

家康「人間、機敏な者ほど他者がたわけに見える。従うて怒りやすくなる。三成と太閤はよう似ておる。知恵はよう回るしさまざまは手は打つ。じゃが太閤はここ一番待たねばならぬ時には大地が腐るまで我慢する気根があった。三成にはそれが無い。」
家康「この囲碁はのう…、一手、一手が面白う打てそうじゃの…」
家康「豊臣の火事を大きくするためには治部少はまだまだ泳がせておけねばのう。…そのためには石田治部少三成にはもっともっと大きゅう育って貰わねばのう。」

千代「旦那さまのようにお言葉とお心に隔たりのないお方はこの国に何人ともおりませぬ。」
…褒め言葉なのか?。

三成が出て来た頃は、一豊と馬があわずどんどん仲が悪くなるのかと思ったけど、…今回三成のピンチを助けたりして、仲が良いじゃない!。
でも、豊臣 > 徳川 > 三成だから東軍につくのか…。清正と正則は関ヶ原の後、悔やんだのかな?。

先週の予告であった「食べて良いのか?」の台詞がなかったなぁ~。

来週は上杉討伐…。
コメント (8)   トラックバック (16)

森は生きている 神戸バージョン

2006-10-06 | 柳沢なな
「森は生きている 神戸バージョン」のDVDが届いた。
とりあえず第一幕を観ました。
感動が甦る!って感じ…。
コメント

牧野紗弥

2006-10-02 | タレント
先週、銭形雷の放送が終了しました。
銭形雷のインフォマーシャル「CANDY HEART」に出演してた二代目キャンディーハートを調べてみたら、オスカー所属の「牧野紗弥」でした。
本人のBlogは無さそう…。
検索したら今春の情報はGet出来たけど。

昭和シェル石油イメージパーソナリティ
昭和シェル石油イメージパーソナリティーPR
オスカーグラビア美女軍団/牧野 紗弥
オスカーモデル Mピックアップ
コメント   トラックバック (1)

功名が辻 第39回

2006-10-01 | 功名が辻(小りん)
今日は「老い」について、生々しかったですね。
一豊も白髪が増えるし、千代も子供を諦めるし…。
利家と一豊の絡み(会話)が無かったのが残念かな。

秀頼4歳にて元服。秀吉は60歳。淀から見れば秀吉は要済みのようです。

■秀吉撃退!

淀「これからは秀頼の養育に専念致しとうございます。」
太閤「そなたが決めることでは無いわ。」
淀「殿下の息が臭うございます。」

…この日から秀吉の容態は急激に悪化した…、ホンマかいな。

■止めの一撃!

淀「サル…。市である。茶々の産んだ世継ぎは豊臣の世継ぎにあらず…。織田の天下を受け継ぐ織田家の世継ぎなり。分かったか?、サル。早う、逝きなされ。天下は織田が取り戻すゆえ…。安心して逝きなされ。」

丸ーい眼がこわーい。

■山内家家督相続決定!

一豊「わしは心を決した。わしはもはや実の子は望まぬ。」
新右衛門「殿っ!、殿、恐れ入りますがいま一度…」
一豊(スルー)
一豊「掛川におる康豊の子、国松が元服し次第、山内家の跡取りと致す。それに異を唱える者はわが家臣にあらず。…妻にもあらず。よいな?。」

千代の血筋が残らなかったのは少し残念ですね…。

■家康起つ!

家康「直政、天下は変わるぞ!。その方、直ちに江戸に立ち戻りいつなりとも5万の兵を上方に向かえるよう戦の支度を整えておけ。長かった…。長かった…。長かった…。長かった…。待った、待った、待った。」

「飛んで、飛んで、飛んで~」って続くかと思った。

■秀吉辞世の句

つゆとをち つゆときえにし わかみかな なにわの事も ゆめの又ゆめ
コメント (12)   トラックバック (23)