ありがとう!、あてつけじゃないよ。

☆雑記ブログです。
★Blog内に掲載されている画像ファイルの転載及び二次利用を固く禁じます。

天地人「三成の遺言」

2009-09-27 | 天地人
天地人「三成の遺言」

なんだか妙な回でした。
直接会って聞くことが出来ない三成の遺言を秀秋から聞くってどうかな?

日本の大名の三分の二は豊臣方…。
ん?、じゃ残りは徳川方なのかな?

三成「勝てる戦を…僅か一日で。」

兼続はしんがりを勤めて上杉軍を無事撤退させました。
なにか戦術的な話があるのかと期待してたけど無駄でした。
兼続「ただいま無事戻りましてございまする。」
兼続自身が生傷だらけになるぐらいだから激しい戦だったのでしょう。
で、前田慶次は出てこんのね。

関ヶ原で負けた三成は家康に捕らえられてしまいました。
豊臣方代表として福島正則・小早川秀秋が登場。
後は本田正信と、あと一人は誰だっけ…?、家康を含め五人で捕らえた三成を詮議。

正成「無益な乱を起こし秀頼君を脅かし奉らんとするは貴様ではないか(怒)」
家康「おって沙汰する。さらばじゃ。」

一方、会津の兼続は…。
嫡男が与六…?
これはどうでしょうねぇー。
幾ら人気があるからと言って…。
そこへ初音が登場し三成の最後を兼続に伝えるのでした。
猫のように動けば鈴がなる初音。
初音の存在に気がついた三成は「兼続に伝えよ」と言って、京の六条河原で斬首されました。
三成が居なくなって行く当ても無い筈の初音。
兼続「達者で暮らせよ…。」
ってー、引き止めないのか?
兼続は、上杉家は改易されると読んでたのでしょうか?
そうは見えないしな…、初音を引き止めないなんて。
初音はどこへ行くのでしょう?

真田は領地没収、毛利は四分の一に、そして豊臣家も220万石から65万石に減封。
家臣である家康に減封される豊臣って…。
家康「政は無理というもの。これから先はわしが治めんと…、不服ですかな?」

関ヶ原の戦いで有力大名は兵を失い、負けた西軍は領地没収・減封。
それに比べて秀忠が遅参したために家康の兵はあんまし減ってない。
もはや家康を止める者は居なくなったのね。

死んだ後は良い人三成。
まるで漫画みたいな展開だ。

京へ上った兼続のもとへ福島正則が訪れました。
正則「三成は秀頼君を無礼にも人質にした奸臣。わしはそう信じて疑わなかった。じゃが戦が終ってみれば真に豊臣家のことを考えていたのは三成だったのかもしれん…。」

正則は捕らえられた三成と酒を飲み仲直り?。
三成も怒りが消えて正則に秀頼君のことを頼むぞと、豊臣のために生きてくれ、と伝えるのでした。

正則「わしもつくづく阿呆よの…」

そして兼続は秀秋のもとへ。

秀秋もまた捕らえられた三成と二人っきりで話しをしていたのでした。
秀秋「お主を裏切るつもりはなかったのじゃ…。」
ん~~、正則といい、秀秋といいなんか違和感のある台詞です。

三成「託をお頼み申す。兼続にお伝えください。『何卒生きて我等の正義を後世に伝えよ』。」

直江状を主要キャラに配っちゃんだから兼続は自決しても良いところ。
しかし三成の遺言を受けて兼続は生きて行くのです。
兼続「おぬしの志、しかと受け取ったぞ。わしは生きる。生きて後世に伝えるぞ。われらの正義を…。」
そんなこと言って大丈夫なのでしょうか?
大阪の陣では徳川方に付くんだよね?

次週、上杉転落

上杉にもリーマン・ショック。
コメント   トラックバック (1)

天地人「ふたつの関ケ原」

2009-09-20 | 天地人
天地人「ふたつの関ケ原」

関ケ原。
東軍福島正則ら先陣が西軍の居城岐阜城を落としました。
それを聞いた家康は西への進軍を決めました。
伊達・最上に上杉の背後を突けと命を下します。
家康は三万二千の兵を西へ。
秀忠三万八千は信州上田で真田と対峙し、関ヶ原には間に合いませんでした。
兵二千足らずの真田がどうやって秀忠を足止め出来たのか戦法をぜひ画いて欲しかったです。

西軍は兵十万を集めて家康を迎え撃ちます。
副将宇喜多、そして三成、大谷等が激を飛ばします。
小早川秀秋「安心して任せておれ!」
西軍総大将の毛利輝元は大阪城に。
輝元が関ヶ原に出陣しなかったことが勝利の行方を決めたか?

東軍に誘われるまま西軍は関ケ原に陣を敷きました。

一方、上杉は最上の長谷堂城を包囲していました。
国が米沢と会津で飛び地になってるから、まぁ確かに攻めるなら伊達よりも最上側かな…。
兼続「時は良し。かかれー。」

霧の関ケ原。
宇喜多勢は井伊・福島と、大谷は藤堂・京極と対戦。
家康の背後に陣取るは、毛利勢。
三成の陣へは黒田・細川です。
大阪から運んだ大筒が黒田・細川の騎馬隊を蹴散らします。
開戦当初は西軍有利。
家康「何をしておる。押されておるではないか…。」

開戦2時間後、西軍の主力毛利・小早川勢は動かず。
何度も狼煙をあげて参戦を催促する三成。
秀秋「どちらとも戦いたくないのじゃ…。」

三成は小早川の陣へ赴き説得を試みました。
三成「家康成敗の暁には小早川様には関白に御成りになってもらいますゆえ。なにとぞ、何卒、お頼み申す。」
『関白』と聞いて秀秋の頭を過ぎったのは先の関白豊臣秀次の最後でした…。
関白の餌が裏目に出るとは、やはり三成に総大将は無理だったのでしょう…。
秀秋「皆の者~。討って出る。ええーい。打って出ると申すに…。」

三成「…。…。小早川が刑部の方へ向かっておる。」
小早川v.s.大谷勢。
陣の横っ腹を攻められたら堪りません。
前から東軍、横から裏切り者小早川…、大谷、宇喜多と総崩れ。
そのタイミングでいよいよ家康の本陣が動きます。
しかし家康の背後に陣取る毛利は動きません。

家康は福島等の働きを見てから江戸を発ち決戦に臨みましたが、西軍は一枚岩ではないままそれを向かえたのが敗因か?
三成「毛利まで戦わずして逃げるか。」
福島正則が三成の本陣まで攻め込んできました。
三成「勝てる戦を…僅か一日で…。」
兼続へ申し訳なく思いつつ死を覚悟した三成でしたが、島左近がしんがりを務め三成を逃がすのでした。

三成は佐和山城へ逃亡。
しかし、城は陥落。
初音と合流して大阪城へ向かうことに…。

上杉は、最上・伊達を滅ぼした後に西へ向かうつもりでした。
日本全土を巻き込んだ大戦になると見た兼続と景勝は確実に足場を固めながら兵を動かして行こうと。

長谷堂城への総攻め前夜。
関ケ原の西軍敗北が上杉にも届きました。
兼続がしんがりとなり上杉は会津へ退却。

前田慶次は?

次週、三成の遺言

黒田長政―関ヶ原で家康に勝利をもたらした勇将 (PHP文庫 こ 40-8 大きな字)
近衛 龍春
PHP研究所

このアイテムの詳細を見る
コメント

天地人「家康への挑戦状」

2009-09-13 | 天地人
天地人「家康への挑戦状」

1600年。
天下分け目の大戦。
九州や四国は東軍と西軍に分かれてますね。
中国地方から近畿は西軍が多い。
東海・中部・北陸・関東から東北にかけては東軍が圧倒的。
会津と茨城だけ西軍…。
領地の広さと配置をみると東軍有利かな?

家康から謀反の疑い有り~!と手紙が届き、上杉家は動揺します。
景勝そして上杉の家臣達は家康からの脅しに屈せず戦をする覚悟を決めます。

兼続「たとえ10万の軍勢が押し寄せて来ようとも私には策があります。負けはいたしませぬ。」
秀吉の小田原北条攻めのように大軍が会津へ攻め込んで来るというのに…。
かつて信長に攻め込まれて何も出来ず大ピンチだったのに大丈夫か、兼続?

上杉の潔白を示すために兼続は家康へ返事を書きました。
家康だけでなく主だった出演者全員に手紙を配る兼続。
ちゃんと景勝に添削してもらったのでしょうか?
謀反の気持ちは無いといいつつかなり挑発的な返書でした。

激怒した家康は10万の兵で会津討伐に向かいます。
迎え撃つ上杉は地の利を生かして戦うつもり。
囮を使って敵を防塁に誘い込み水攻め&鉄砲攻撃で敵を混乱させる作戦。
野戦が得意な家康勢にこの手が通用したのかぜひ見てみたかったです。
上杉の兵は5万…。
佐竹と合わせて5万かな?それとも上杉だけで5万???
さすが五大老の一人上杉、五万の兵とは大したものです。
かつて信長に攻め込まれてた頃は数千の兵しか動かせなかったのに…。

三成は大谷吉継らを説得し、毛利輝元を総大将にして家康討伐の兵を挙げるのでした。
吉継「三成。なぜお主が大将に立たぬ。」
三成「わしには人望が無い…。…天に誓って言う。わしに私利私欲は無い。…只々良き国造りを成し得たいだけじゃ。」

上杉の背後に位置する伊達は上杉領内に攻め込みました。
家康や政宗が主人公のドラマなら上杉はコマッタちゃんだけど、上杉目線で観ると政宗が随分厄介な存在だな…。

三成挙兵の話は上杉・徳川両陣営に届きます。
家康「いかに…西に引き返すか…。」
そこへ現れたのは福島正則。
正則「秀頼君が人質?」
家康「福島殿。ここはひとつこの家康を助けてくださぬか。方々を説得して頂きたい。これも秀頼君の御為じゃ。お頼み申し上げる。」
みんな三成って嫌いだよね~作戦を用いて上手く豊臣恩顧の大名達を仲間に入れた家康。
会津討伐軍から豊臣恩顧の大名達が抜ければ、家康を関東に孤立させることが出来たのに…。

引き上げる家康勢を背後から攻め込もうとする上杉家臣。
景勝「兼続。それを御館様がお望みになると思うか。…敵を背後から襲うは義の心に叛く。」
アレレ。。。なぜ背後から攻めぬ?
敵は10万だから5万の兵で背後から攻めてもそんなに卑怯な手じゃないんじゃね?
会津の守りも必要だから2万の兵を残して3万の兵で追っかければ西への進軍の妨害にもなり~の、三成の援護にもなったのに…。

景勝「義に叛いてまでして敵を討てば天はいずれ我らを見放すであろう。それでも追いたくばわしを斬ってからにせよ…。」
…う~むこれは無理があり過ぎ~。
伊達や最上に攻め込まれた領地を守るんだぁ~ぐらいを理由にしとけば良かったんじゃ?

次週、ふたつの関ヶ原

PlayStation 3(120GB) チャコール・ブラック(CECH-2000A)

ソニー・コンピュータエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (2)

天地人「史上最大の密約」

2009-09-06 | 天地人
天地人「史上最大の密約」

『あいつが悪い』

三成を悪者にすることで味方を増やして行く家康。
五大老制が家康を抑え込むって言ってもその家康が五大老筆頭じゃぁねぇー。
前田利家が生きていれば良かったのか、毛利、上杉がもっとしっかりしていればよかったのか…。

福島正則や加藤清正が三成討つべしと兵を挙げます。
この二人も家康に良い様に使われたもんだな…。

三成は家康の館へ逃げ込みました。
兼続は淀の力を借りて三成を救うのですが、その淀の使者は兼続の弟。
これでは上杉が手を回したことが丸わかりです…(汗)。

カリスマの無い三成に天下万民を仕切る政が勤まるかの~、と家康から責められる三成。
家康「そなたには所詮人は付いてこぬと知れ~(怒)。」
三成、痛い事を言われて蟄居謹慎処分。

利家亡き後の前田家もピンチです。
家康暗殺の疑いをかけられた前田利長は母、松を人質に差し出し家康に屈するのでした。

そして上杉家に対しても厳しい態度を示す家康…。
力を合わせても家康の抑止力にはならないのか…五大老。

兼続「天下はただ一人のためだけにあらず…」
って今まで信長、秀吉に右往左往させられたけど…(汗)

家康からの挑戦を受けて国に帰る上杉。
上杉からは手を出さないという証として菊姫やお船達を置いて景勝と兼続は会津へ戻ることに…。

会津へ戻る前に…。
秀秋「景勝、必ずやまた生きて会おうぞ。兼続、そちもじゃぞ」
秀秋にだけは言われたくありませんでした(爆)。

会津へ戻る途中…。
三成を訪れる兼続。
佐和山城で草鞋を編む三成。
お前は劉備かー。

三成「(兼続)おまえには人が付いて来る。お前の言うことなら福島や加藤さえ耳を傾ける…。家康にここまでやられる事態を招いたのは俺だ。おれの人望の無さゆえだ。」
兼続「(三成)私利私欲無く誠実な男。心あるものはだれもが知っている。おぬしはそれほどまでに優しく強くもなれる…。」

天下万民の目が会津に向けられたとき、京、大阪に大きな隙が生まれる。
まさに、合図。
家康が会津に向かった後、がら空きになった京、大阪を三成が抑え家康を逆賊に。
上杉は地の利を生かして家康勢を初戦で打ち負かす、そのときが天の時。

…しかし、尾張~東海の諸大名が家康に付いたのが痛かったね…。

国の政に力を尽くしたい兼続と、海の向こうに何があるのかその目で確かめたい三成。
二人の今生の別れでした。

次週、家康への挑戦状

シルバニアファミリー NEWバスルームセット セ-151

エポック社

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (3)