ありがとう!、あてつけじゃないよ。

☆雑記ブログです。
★Blog内に掲載されている画像ファイルの転載及び二次利用を固く禁じます。

ザクに

2006-11-28 | ゲーム/ガンダム
ビームサーベルは似合わない
コメント

功名が辻 第47回

2006-11-26 | 功名が辻(小りん)
昔から、大河ドラマは、暗い感じが好きです。
戦国時代の大河ドラマって、真っ暗な部屋の中で武将達が怪しい会話をしているシーンが好きで、色に例えると「黒」(←そのまんまやん)。
今日はそんな黒い大河ドラマが見れて面白かった。

オイラは四国の香川県出身だからちょっとだけ高知びいきがあるかも。
山内家って、侵略者のようなもんですかね?。
あんなに可愛い娘のお父を磔にするなんて…。

先週の予告を観たときは、千代に怪我を負わせた一領具足に対して一豊が残酷な仕打ちをするのかと思ったけど、…六平太の策とラストシーンがメインでしたね。
六平太は死を覚悟して山内家に仕えたのですね。それで先週の仕官のときに厳しい表情をしていたのかぁ…。

一豊「分け与えてやる土地は無い。我が家臣に皆、分け与えてしもうた。…猶予がないんじゃ。わしはこの土地で早急に答えを出さねばならぬ。」

六平太「一領具足の各地の一揆には頭となる者がおりまする。その頭さえおらねば謀反はおこりません。一領具足の長は武勇にも優れえらく相撲好きに御座います。…在郷の強者はこぞってはせ参じましょう。かく集まってきたところを鉄砲組によって一人残らず討ち取りまする。むごうをやらねば一領具足の長を根絶やしにする事はできませぬ。…人というものが鹿や猪達よりも知恵があるとは限りませぬ。鹿も猪も由来臆病でわが身を守るための人も及ばぬ知恵がございます。人も臆病者ほど知恵は深こうござる。しかし一方、人にも獣に無いものがござる。…勇気でござる。」
一豊「人にはまた獣にはない『ことのは』というものがある。罠に落として人を殺めればそのことは子々孫々にまで言い伝えられる。ひと時謀反が治まってもその言い伝えを聞いて育てられし子孫は必ずや山内家に復讐を企てるであろう。」
六平太「殿! ただいま山内家に迫っておる苦難は今日明日に迫るものにございます。子々孫々のことはこの場を凌いだ後にお考え下さいませ。」

千代「この世を綺麗な絵空事にすることが旦那さまの仕事なので御座います…。」
一豊「…(プレッシャー)」

後味の悪い回だったけど、黒い大河ドラマって感じで良かった…。
コメント (4)   トラックバック (26)

複数画像の練習

2006-11-24 | Weblog


コメント

300 pv 150 ip

2006-11-23 | Weblog
偶然か、適当か?。

11/22(水) 300 pv 150 ip -位(677937 BLOG中)
コメント

火縄銃娘の正体

2006-11-22 | タレント
功名が辻の火縄銃娘は木村文乃って方だそうです。

必然的なヒストリーに書いてた。
コメント

Happy!2とアテプリ

2006-11-21 | タレント
相武紗季公式サイトによりますと、Happy!とアテプリがまたあるようです。

★2007年1月14日スタート 毎週日曜21時~
TBS日曜劇場「華麗なる一族」 万俵二子 役

★2006年12月26日 21:00~23:00
TBS「Happy!2(仮)」 海野幸 役

★2007年オンエア予定
CX「アテンションプリーズ SP」 若村弥生 役
コメント

功名が辻 第46回

2006-11-19 | 功名が辻(小りん)
土佐の名物ってかつお以外にもあったような気がするけど…出てこない。…深層水か?。

一豊「器量かのう。わしも天正以来、運には恵まれてこなんだがここに来てようやく芽が出たのよ。亡き太閤殿下には見出されなかったわしの器量が徳川様によって見出されたのよ。」

※盛親他、三成側についた大名達よりも器量があるのかと…。関ヶ原の前に運だけでここまで来た!って言ってたじゃん。

一豊「今、わしには天運がついておる。鉄砲の弾とてよけて通るのではないか?」

※康豊は右肩をかすめたな。千代は来週元気に動いてたから当たってないか…。康豊が舟の上で右肩を撃たれるシーンのときに、一領具足中に可愛い娘がいたね。この娘だれ?。おじちゃんに渡さずそのまま鉄砲で撃ってもらいたかった。

寧々「夫がいかなることになろうとも見捨てずに居てやることじゃ…。何があろうと…。最後までしっかり…。見届けてやりなされ。」

※何?、まだ大変なことがあるの???。

家康「あの実直、正直、律儀はまだまだ使えるでの…。」

家康 >> 井伊直政 >> 一豊 > 盛親の重臣 > 一領具足

※何か縦社会やね、、、。盛親の命をエサに盛親の重臣 v.s. 一領具足とは。

六平太が一豊の家臣になった。
土佐平定にために、策を行うのは六平太の仕事か。
千代が、「一領具足など成敗してまえ!」とは言えんから。
コメント (8)   トラックバック (25)

功名が辻 第45回

2006-11-12 | 功名が辻(小りん)
六平太が出てくるまでは哀愁漂うまるで最終回のようでした…。
土佐20万石って地方に飛ばされたような気もするけど、一国一城の夢が叶ったという意味では大きかった。
三成の最後は中途半端だったな。家康とは無言だし…。
あと一ヶ月ぐらいで終了だと思うけど、淀 v.s. 家康はどれくらい描かれるのだろう?。大阪の陣もあるのかな?。

三成「英雄たる者最後の最後まで生を思い機会を待つものである。」

三成「『徳川家康を頼もうとも豊臣家と秀頼さまをお守りなされよ。秀頼さまが一大名になろうとも生き延びられよ』と…。」

寧々「淀と三成が黙って天下を内府殿に譲っておけば多くの者の命も失われずに済んだやもしれぬ。」

※寧々は自分の子供も居なかったし…、天下に執着する気もなかったのでしょうね…。

淀「形の上では豊臣の家臣同士の争いである。『天下を騒がせてすまなかった』と家康より詫びられこそすれ、こちらから頭を下げるいわれはない。」

淀「千代…、われの代わりに三成の最後を見届けよ。…祈ってほしい。われの代わりに三成がこの世に生まれた事を悔やむ事なく静かに生涯を閉じられるようにと。」

家康「その方のおかげで東海道に居城を持つ諸大名は競ってわしに城を差し出し我が方についてくれた。徳川の家を興す礎を築いてくれたは対馬守殿じゃ。その褒賞、土佐一国では安いやもしれんのう…。」

※それなら近江一国あげればよいのに…。

六平太「土佐二十万石はめでたいかどうかわからぬぞ。…土佐にはまだ元の領主、長宗我部の家来が残っておる。新しい領主は土佐には入れんと必ずや歯向かうであろう…。家康は一豊を試しておるのだ。土佐を治めるためには長宗我部の残党を成敗するしかない。戦って奪い取るしかない。…できなければ国を召し上げてしまえばよい。」

※う~む、まだ争いが…。
コメント (2)   トラックバック (21)

要するに?

2006-11-11 | Weblog
将来の年金「現役収入の50%」困難、厚労相が示唆(読売新聞) - goo ニュース

紙幣価値が同じだった場合…、今の手取りの半額以下で老後の生活を…!!ってコト?。
…かなり苦しいな…。
コメント

ディバイン・ウォーズ

2006-11-11 | ゲーム/ガンダム
スーパーロボット大戦 ディバイン・ウォーズ

リュウセイの弱さが気になるけど、まぁまぁ面白い。
アルトアイゼンも出てきたし、グランゾンもなかなか。
先週はサイバスターも登場して懐かしかった。

来年1月にゲームも出るけど、これはWii+暁の女神の後だな…。
今、暇だからTV放送開始と同じタイミングで発売してくれると、即買いだったのに…。
コメント   トラックバック (1)

筋肉痛

2006-11-08 | Weblog
昨日、三枝夕夏INdbのライブに行ってきました。
今日は筋肉痛です。縦揺れ?しすぎ!。

「謎」とかアンコールで歌ってくれた「ココロが止まらない」を聴けて嬉しかった。
MCも面白かった。ファンは「S」が多い、きっと。

愛内里菜さんの地声の高さにも驚いた。もっと怖い姉ちゃんかと思ってたけど…。
オスの犬にスカート履かせるのは少しコワイ。

もしかしたら、昨日の三枝さんは調子が悪かったのかもしれないけど、まぁ~良いライブでした。
良い曲が揃ってきたのでそろそろ中盤に歌う洋楽は卒業しても良いのではないか、とも思った。
コメント

功名が辻 第44回

2006-11-05 | 功名が辻(小りん)
今日の放送は、「その時歴史が動いた」でしたね。

吉川広家がなんで東軍の味方をするのか、よくわからん?。
家康が勝つことを見越したとしても輝元が西軍の総大将として担がれた時点で西軍側に寝返るべきだったのでは?。
吉川/毛利軍が背後から攻めれば東軍を壊滅できたかもしれないのに…。
ついでに小早川秀秋が西軍から東軍に寝返って西軍も壊滅してから、家康撃退後の吉川/毛利軍と合流したら、西国はほとんど毛利、吉川、小早川のモノになってたかもしれないのに…。

関ヶ原の布陣を見るに…、東軍は笹尾山の西軍本陣に対して背後は南宮山の毛利勢、横から松尾山の小早川秀秋勢と、もの凄く東軍不利にみえるけど、そもそもこの布陣になること自体がヘンですよね?。
もし、内応者が居ないと仮定してオイラが東軍なら、まず最初に南宮山を攻める。東軍本隊を南宮山より前に出すなんて考えられない。しかし、実際にこの布陣になったと言うことは、東軍は吉川広家を完全調略してたと言うことか?。黒田長政の調略ってスゴカッタのね。
小早川秀秋も調略済みだったから、東軍は初めから笹尾山だけ攻めれば良かった!、ということなのかな?…。
しかしなんで、そこまで吉川広家の調略がうまく行ったのか、判らん…。

一豊「わしはこれまで数多くの戦場に立って参ったが、いずれもそのつど涙が出るほど辛かったわ。」

※涙が出るほど辛いなら戦場に出るなよ、弟に行かせれば良いのに。

一豊「われらがここを守っておるからこそ毛利は容易には動けんのじゃ…。」

※オイラも最初この台詞を聞いて納得した。後で六平太に否定されたけど…。…それで考えたらそもそも東軍の背後に毛利勢が居ること事態が変なんじゃないかと思ったしだいで…。

六平太「馬鹿者!、そう思っているならなぜ動かぬ?。徳川勢を勝ちへと導かんでどうする?。行け。前へ出ろ。」
一豊「死ぬも…、生きるも…、戦ってこそか…。」

今日は六平太が大活躍でしたね。先週、千代から頼まれたので千代の手柄ということなのでしょう…。前々から毛利に潜伏してたのは関ヶ原のためか…。

六平太「お言葉ながら治部少様の約束は当てにはなりませぬ。石田治部少は高々20万石の小大名…。関白は毛利輝元様になりましょう…。」

※この台詞を聞いて心が揺らぐ秀秋もようわからん。西軍勝利のあとに要職につける可能性と、徳川勝利の後と、どちらの確率が高いのか…。
 豊臣家の血筋&輝元が西軍の総大将&伏見城を攻めたのに、よく裏切ることが出来たなぁ…。
コメント (2)   トラックバック (32)