ありがとう!、あてつけじゃないよ。

☆雑記ブログです。
★Blog内に掲載されている画像ファイルの転載及び二次利用を固く禁じます。

龍馬伝「霧島の誓い」

2010-09-23 | 龍馬伝
龍馬伝「霧島の誓い」

龍馬とお龍は薩摩に到着。
温泉浸かって傷を癒す龍馬、…というより手は結構深傷やん。
お龍の入浴シーンはありませんでした。
ようやく世の中が大きく変わろうとするこのときに薩摩で療養しないといけない自分が歯がゆい龍馬は、霧島に登って自分を奮い立たせ次にやるべきはことは何かを己の心に刻もうと考えるのでした。

女人禁制の霧島を龍馬と一緒に登るお龍。
天照のお孫さんが日本を治めるためにご降臨されて矛を刺した場所が霧島という伝説があって、その場所を目指す龍馬達。
天の逆鉾を抜いてそれを天にかざし再び深く地中に刺す龍馬。
自らが日本を引っ張っていくと宣言した龍馬なのでした。
…今日はクラスチェンジの回だったか。

イギリスが薩摩と長州に接近。
幕府にはフランス、薩長にはイギリス…、もしかして薩長の軍が強かったのはイギリスの武器のおかげ?
そして幕府は長州を攻めました。
薩摩はまだ長州へ援軍を出さないようです。
薩摩が兵を出すときは幕府を倒すとき、江戸城を落とすときだそうです。
…長州が勝つと読んでたのでしょうか?
今、長州を助けないと単独で幕府と戦うことになるんじゃね?

土佐の弥太郎はついに大仕事の出番が回ってきました。
後藤象二郎の命により長崎で土佐藩の世話役?となって商売をすることに。
そして通訳としてジョン万次郎が弥太郎と共に長崎に行きます。
土佐藩の異国との貿易を任されたということでしょうか。
弥太郎はほんまの下士なのにそれを取り立てた象二郎の目は確かだったのでしょう。

先週手に入れた亀山社仲の船は、悪天候のため池内蔵太と共に海に沈んでしまいました。

長崎に戻った龍馬は、長州と共に幕府との戦に加わることを宣言。
例の有名な写真をとって長州へ向かう龍馬。
ブーツ履いて手にしていたものは短銃という解釈だそうで。

次週、最終章突入、馬関の軌跡

毛利の旗がカッコエェです。

HG 1/144 GNT-0000 ダブルオークアンタ (機動戦士ガンダム00)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (1)

龍馬伝「龍馬の妻」

2010-09-12 | 龍馬伝
龍馬伝「龍馬の妻」

薩摩藩邸に運ばれた龍馬は、怪我をした腕の手術を。
結構痛がるので相当ひどい傷やったんやな…。

龍馬は薩摩藩邸で養生することに。
というかそもそもですよ、最初から薩摩藩邸で匿ってあげればよかったんちゃうんかと…。
まぁ、お龍の居る寺田屋に泊まりたいというのは龍馬の希望だったかもしれんけど。
それに、薩摩を完全には信用してなかったか…、気難しい雰囲気は嫌いだったか…。

木戸が書いた薩長の盟約に裏書をする龍馬。
盟約の証人として裏に朱書きするのね。
名前が、坂本龍なんですけど、なぜ馬を書かんのや?

龍馬「お龍。おまんも一緒に薩摩にいくがや。このまま別れてしもうたらわしらはもう一生会えんがもしれんがぞ。それでもえぇがか?」
龍馬「お龍。わしらは夫婦になるがじゃ。おまんじゃないと、いかんがじゃき。」
お龍「はい、龍馬さん。」

龍馬とお龍は、薩摩藩士に守られながら京を脱出しました。

山内容堂「ご公儀は狼狽えちゅう。嘆かわしいことじゃけんど。風向きが変わってきた、ちゅうことじゃ。」

『目先のことだけ考えとっちゃいかん。この先日本がどうなるか。己は何をすべきか。そのことを考えながらやらんないかん。』
先週の龍馬の言葉が耳に残る弥太郎は、後藤にその言葉を伝え、後藤共々、覚醒?しそうな勢いです。
弥太郎「後藤さま、藩のため、日本のために働かせてくだぁーさい。もうわしは材木屋はやめますきん。」

薩摩へ帰る途中、龍馬達は長崎の亀山社仲によりました。
薩長同盟、そして龍馬達が結婚したこと、それに亀山社仲の船が手に入ったことを伝えたのでした。

これからは亀山社仲の時代じゃーっと上り調子やね。

グラマー邸を訪れた龍馬は、戦をせずに幕府を倒すためには沢山の金が要ると、長崎の商人達の協力を得ようとするのでした。
そしてそのとき、グラマー邸には高杉晋作が訪れていました。
薩長同盟により幕府は長州への戦を辞めるだろうと考えた長州は千両のお金で高杉を留学させようと考えたのでした。
しかし、結核?かな。
血を吐く高杉は悔しがりながら留学を諦めるのでした。

母からもらったお守りをお龍にあげる龍馬。
来週は新婚旅行。

次週、霧島の誓い

高杉晋作(上) (講談社文庫)
池宮 彰一郎
講談社

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (2)

竜馬伝「寺田屋騒動」

2010-09-12 | 龍馬伝
竜馬伝「寺田屋騒動」

龍馬と弥太郎。
龍馬「これから世の中はの。おおきゅう変わる。徳川幕府の時代はもうすぐ思わる。わしはの日本の誰もが笑うて暮らせる日本を作ろうとしよるだけじゃ。」
龍馬「わしゃはのう弥太郎。世の中の新しい仕組みを作ろうとしちょるが。幕府はもうフランスの後ろ盾がのうては何もできんちゃ。幕府が長州を攻め滅ぼした後再び幕府が日本を治めたら日本は半分、フランスのもんになんちゅうことぜよ。そうしたらアメリカ、イギリスが黙っとらんぜよ。わしにも寄こせ、寄こせと日本はバラバラにされてしまう。それを食い止めるためにわしは、この国の仕組みを変えようとしちょる。」
龍馬『もうのぉ。目先のことだけ考えとっちゃいかん。この先日本がどうなるか。己は何をすべきか。そのことを考えながらやらんないかん。』

相変わらず女子にモテるのう~とか言いながら弥太郎は土佐へ帰りました。
龍馬から言われた『』の言葉が結構効いてたようです。

先週、薩長の盟約を結ばせた龍馬ですが、直ぐには京を離れるわけにはいきません。
木戸から盟約の裏書を頼まれたために2、3日京に止まることに。

伏見奉行所は、十名を超える人を集めて龍馬を捕縛しようとしたのでした。

二階に客がいるだろ、名を申せ。土佐の脱藩浪士、坂本であろう。

龍馬「仕方無いのう。迎え討つしかないの~。」
お龍「うちも戦います!」
龍馬「今から伏見の薩摩藩邸に走ってわし等が取り囲まれちょることを知らせてくだせい。」
と、お龍は薩摩藩邸へ向かうのでした。

どうみても多勢に無勢。
鉄砲で威嚇しながら戦うも、二人では難しそう。
龍馬は高杉からもらった鉄砲で戦うんだけど、剣で戦った方が腕の怪我しなかったんじゃね?
槍の三好さんも相当強いけど、二人は寺田屋を出て木材屋敷へ逃げるのでした。
…伏見のみなさん、夜陰とはいえ逃がすなんて…。

走る、龍馬と三好。
龍馬は失血がひどく相当ダメージを受けてます。
龍馬「血が、血が、止まらん。もう走るの無理。」
寺田屋騒動って、龍馬がすんなり逃げたのかと思ってたけど、大けがをした捕り物だったのね。
もうだめだと、腹を切ろうとする三好ですが、最後まであきらめるなと龍馬。
三好も薩摩藩邸へ向かうことに。

龍馬はすぐに見つからないように、這うようにして屋根の上に逃げたのでした。

お龍の知らせにより龍馬の危機を知った西郷。
まぁいいところなんだけどすぐさま三好も薩摩藩邸に到着、龍馬が隠れた場所を西郷達に教えるのでした。

出血多量で意識の無い龍馬は、薩摩藩邸に運ばれました…。

次週、龍馬の妻

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [Blu-ray]

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (1)

龍馬伝「薩長同盟ぜよ」

2010-09-12 | 龍馬伝
龍馬伝「薩長同盟ぜよ」

1866年。

京へ向かう途中、長次郎の奥さんに写真を届ける龍馬。
写真を入れてる箱が古めかしいですが…。
長次郎の奥さん「坂本さん、旦那さんの分までどうか志を成し遂げてください。」
龍馬「必ず成し遂げますきん。」

幕府は15万の兵で長州征伐を考えていたようです。
15万も兵を集められたのね…。

長州の桂は、名前を木戸と変えて京の薩摩藩邸へ向かいました。
てか、何故に故に京なの?
下関かどこか西国で密約を結べばえぇんちゃうん?

薩摩藩邸で木戸(桂)を迎えたのは、家老の小松、そして西郷でした。
面子は揃ったものの立会人の龍馬が居なくては盟約は結べないーっと主役を待つことに…。
薩摩と長州だけが交わす密約、その密約の立会人は龍馬しかいないと木戸(桂)は西郷に言うのでした。
てか、なんで桂と一緒に行動していないんだ龍馬…、う~む、長次郎の写真を届けるためか…。

京では見回り役と新撰組がウロウロ。
後藤象二郎の命を受け京で薩摩と長州の動きを探ってた弥太郎はあっさり新撰組に捕まってしまいました。

薩摩藩邸周辺の見回りが厳しいために龍馬は夜まで寺田屋で身を隠すこと。

龍馬「力の無いもんでも、本気で動いたら、必ず、必ずこの国を変えることが出来るがじゃきん。」

寺田屋の女将やお龍とお別れをして、武市半平太、以蔵そして長次郎たちの思いを胸に薩摩藩邸へ向かう龍馬。
っと出かける前にお龍が薩摩の侍を寺田屋へ連れてきてくれました。
西郷達は、小松帯刀の屋敷へ移ったとの知らせ…。
さらには土佐の侍が新撰組に捕まったとの情報も。
これからももっともっと龍馬に役に立ちたいと思うお龍なのでした。

今度こそ真っ直ぐ帯刀の屋敷へ向かうのかと思いきや、今度は新撰組の屋敷へ。
身代わりで捕まった土佐もんを見捨てるわけにはいかんとか…。
んー引っ張ります。
龍馬の事も口にしてお役ご免となった弥太郎はボコボコになりながらも運よく開放され、屋敷前で龍馬と再会…。

ようやく帯刀の屋敷で薩長同盟。

『薩摩はあくまで戦う!』
幕府との戦に関する約束が交わされました。

そして、『薩長両藩は真の心をもって合体し、日本のために、傾きかけちゅうこの国を立て直すために、双方とも粉骨細心尽力する』

無事に盟約は結ばれました。

お龍からもらったおにぎりを食べてにっこり龍馬。

次週、寺田屋騒動

ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78-2 ガンダム

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント