情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

CentOS 7 pre-release nightly buildの試用を始めました

2014-06-26 13:46:36 | Linux
匠技術研究所
CentOS 7 pre-release nightly buildの試用を始めました


こんにちは。匠技術研究所の谷山 亮治です。
今日はCentOS 7 pre-release nightly buildの試用を始めたことを紹介します。

2014年6月10日にRed Hat Enteroprise Linux 7がリリースされました。CentOS 7はこのRHEL7を源流とするクローンOSで、サポートはコミュニティサーポートです。既に、CentOS 7のpre-release版の公開が始まりました。CentOSプロジェクトはRedHatが支援するプロジェクトとなり、この素早い対応が変化を感じさせます。

CentOS 7の源流RHEL 7の大きな変更点は、以下のとおりです。Fedora19と20を基本として、その他の変更を行って開発されました。

1.Kernel 3.10.0-123
2.起動管理フレームワークをinitからsystemdに変更
3.Dockerコンテナ型仮想サーバーフレームワークを標準採用
4.XFSをext4の代わりに標準ファイルシステムに採用
5.MariaDBをMySQLの代わりに標準DBに採用

まだ、仮想マシンとして起動したばかりです。

■CentOS 7 Live KDE AMD64

クリックで拡大


コメント   この記事についてブログを書く
« 6月25日(水)のつぶやき | トップ | 6月26日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Linux」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事