情報技術の四方山話

ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

docomo Xi L-04D Wi-FiルーターをBIC SIM/IIJ mioで使う-何故この組み合わせ?

2013-12-25 06:01:07 | 通信ネットワーク
匠技術研究所
docomo Xi L-04D Wi-FiルーターをBIC SIM/IIJ mioで使う-何故この組み合わせ?


こんにちは。匠技術研究所の谷山 亮治です。
何度かに分けて、docomo Xi L-04D Wi-FiルーターをBIC SIM/IIJ mioで使うまでを紹介します。



docomo Xi L-04Dは2013年12月現在で現行販売機種です。私の場合は事務所へリモートデスクトップしたり、メールを確認する程度なのでこの機種の通信速度で充分です。また、これまでもL-09Cを使ってきましたが、日常の利用範囲で、理想的に高速(下り75M/上り25M)で繋がることはありませんが、充分に活用できています。

L-09Cはスマートホンほどの大きさがあり、電話をスマホに変えた関係と複数のモバイルWi-Fiルーターを使う関係で荷物になるため、L-04Dへの変更をします。また、それに併せて運用費用の安いBIC SIM等MVNOによるXi対応SIMを試してみます。

BIC SIMは実際にはIIJ mioのSIMです。この製品はSIMカードの契約によりSIMカードの枚数を選ぶことができ、最大三枚まで発行されます。私の場合は、モバイルWi-Fiだけで無く、ヤマハルーターのXi接続用のデーターカードなど複数のSIMが必要なので、この制度が好都合なのです。一般の方でも、家族をまとめて契約することでさらに割安になります。

費用などの詳細はこのブログの以下の記事に書いています。
BIC SIM powerd by IIJ(IIJ mio + Wi2 300)を購入しました

今後、

L-04D Micro SIM
L-02C 標準SIM
L-09C 標準SIM

で使う予定です。
ジャンル:
最先端技術
コメント   この記事についてブログを書く
« 12月24日(火)のつぶやき | トップ | ヤマハNVR500でNTT東西ひかり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

通信ネットワーク」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事