情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

Raspberry PiでBUFFALOのUSB無線LANアダプタWLI-UC-GNMを動かす

2015-04-06 10:03:05 | Linux/Android
匠技術研究所
Raspberry PiでBUFFALOのUSB無線LANアダプタWLI-UC-GNMを動かす


いつもアクセスありがとうございます。匠技術研究所の谷山 亮治です。
今回は「Raspberry PiでBUFFALOのUSB無線LANアダプタWLI-UC-GNMを動かす」です。

■Raspberry Piの画面


Raspberry Piには有線LANはついていますが、無線LAN機能はありません。そこで、無線LANアダプタをつけてみました。選択したのはBUFFALO WLI-UC-GNMで、USB2.0用の超小型無線LANアダプターです。たまたまお店で見つけて買ったもので、事前に動作情報を確認したわけではなかったのですが、結果的には実用的に動作しました。

■Raspberry Pi上で認識したアダプタと無線LAN
アダプタはすぐに認識されましたが、実用的に使うことができません。
Raspbianアップデート後は、以下の通り正常に動作しました。


SCANを押すと無線アクセスポイントの状況を確認することができます。


私の環境では、Linux/Raspbianを使っていますが、昨年末にダウンロードした版では認識をするものの使えません。接続しては切断する動きをずっと繰り返します。一瞬つながることもありますが、実用的に使うことはできません。

そこで、Raspberry Piの基本ソフトRaspbianをアップデートすることにしました。アップデートはDebian、Ubuntuなどでおなじみの手順です。私の環境では、多くのアップデートがかかり、とても長い時間がかかりました。アップデートが完了したら再起動します。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo reboot

これで、BUFFALOの無線LANアダプタが正常に動きました。

コメント   この記事についてブログを書く
« 4月5日(日)のつぶやき | トップ | 4月6日(月)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Linux/Android」カテゴリの最新記事