情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

CentOS 6は2020年11月30日に公式提供完了になり、リポジトリが変更になっています

2020-12-06 07:49:49 | Linux/Android
今日は「CentOS 6は2020年11月30日に公式提供完了になり、リポジトリが変更になっています」です。

まだまだ、利用者の多いCentOS 6がEOL(End of Life)になりました。EOLになると、CentOS公式のリポジトリが変更され、アップデートやソフトのインストールができなくなります。ただ、変更の設定をすることで、EOL後も使い続けることや、インストールすることはできます。

ただ、そのことをCentOSプロジェクトは積極的にサポートはしません。当然のことです。

本来は、新しいOSに移行するほうが良いのですが、システムとして作り上げたものは、そう理想的に移行できるものではありません。

CentOS 6を継続して利用するリスクは、セキュリティ対応です。当方も困ったので、有償ですが、セキュリティサポートを2014年まで延長する技術支援を始めました。


いつもアクセスありがとうございます。CentOSはサーバ用Linuxの代表で、とてもたくさん使われていると推定しています。

コメント   この記事についてブログを書く
« はやぶさ2カプセル着地成功-... | トップ | Windows/nslookupでFQDNホス... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Linux/Android」カテゴリの最新記事