情報技術の四方山話

ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

企業メールサーバー管理-SPAM削減のためにDNS逆引きを可能にしましょう

2017-11-23 12:16:32 | 情報セキュリティ
匠技術研究所

企業メールサーバー管理-SPAM削減のためにDNS逆引きを可能にしましょう


メールを送受信するサーバーは必ずDNS逆引きを可能にしましょう。
これまで「国内の企業メールサーバー」にてDNSの逆引きができない「発信メールサーバー」が散見されています。発信機能のみのメールサーバーは理屈の上では、DNS登録していなくても機能します。が、いまや、これは自身を「SPAM/迷惑メール」と名乗っていることと同じです。

DNS登録が全てを解決するわけではありませんが「受信側のSPAM/迷惑メール判定の判断基準」であることは間違いありません。受信者のメールサーバーが「あなたはほんとのメールサーバーですか?」と確認することは「SPAM/迷惑メール対策としてはもはや当然」なのです。SPAM/迷惑メールを少しでも検出しやすくするために、お互いにメール関連サーバーは、必ず送受信ともDNS登録し、逆引き可能にしましょう。

理想的にはDNSの正引き、逆引きが一致したほうが良いのですが、クラウドサーバー等では一致しないこともあります。それでも、DNSの逆引きができれば「少なくともDNS登録されたサーバー」であることは明確です。

匠技術研究所 谷山 亮治
ジャンル:
セキュリティー
コメント   この記事についてブログを書く
« 匠技術研究所のSPAM/迷惑メー... | トップ | 匠技術研究所のSPAM/迷惑メー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

情報セキュリティ」カテゴリの最新記事