情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

WSL2(Windows Subsystem for Linux 2)が降りてきました

2020-12-18 08:26:27 | Windowsの備忘録
こんにちは。
私の常用WIndows 10 ProがUpdateし、WSL2(Windows Subsystem for Linux 2)が利用可能になりました。Windows 10 Pro上のLinuxは、これで完全にネイティブで動きます。早速、設定を済ませUbuntu 20.04 LTSの環境はWSL2化しています。

もう一つのUbuntu 18.04 LTSはWSLのままです。理由は以下の通り。
WLS2は完全な仮想マシン上でWindowsとは独立にLinuxOSが走ります。そのため、WLS2のLinuxは、仮想マシン用のネットワークに接続しています。仮想レイヤネットワークを外部につなぐソフトルータを通じて、Windows 10のLANのIPに変換され、外部と通信します。このネットワーク構造の変更に伴い、WLS2上のLinuxには新しいプライベートアドレスが振られています。また、これまで利用できていたグローバルIPv6が付与されなくなりました。

この形は、一般的な仮想化ソフトウエアで実現されるものと相似です。仕事上、頻繁にIPv6化したLinux shellをつかうので、IPv6を直収できるWLSを残しました。WLS2上のLinuxでは、Docker等これまでできなかったことを試して行くことになります。また、クローバルIPv6が来るように調整します。

WSL2(Windows Subsystem for Linux 2)が降りてきました。待望のアップデートです。

コメント   この記事についてブログを書く
« ヤマハが企業ルーターRTX1220... | トップ | 2021年の匠技術研究所の取り... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Windowsの備忘録」カテゴリの最新記事