情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

ヤマハWLX313をクリニックに設置しました

2020-06-01 07:12:27 | 通信ネットワーク
今日は「ヤマハWLX313をクリニックに設置しました」です。
今回は、クリニックの情報端末のために、急ぎで無線LANアクセスポイントを更新しました。

WLX313は、これからの企業アクセスポイントとして使いやすい方だと思います。
この機種は複数のCPUを搭載しています。2.4Gx1、5Gx2を搭載しており、負荷に強いハード設計です。また5Gを二つのCPUで並行運用し、気象レーダ検出などでの停波と自動回避機能を備えており、5Gを積極的に運用できます。

アクセスポイントの管理IPを固定する
集中管理コントローラとしての設定をする
VAP単位でWi-Fiの設定を行う

VAP=Virtual Access Pointの略で、一つのアクセスポイントの中に複数のアクセスポイント機能を持たせることができます。
夫々のVAPはTagVLANとの紐づけができるので、同じ物理ネットワークと物理アクセスポイントを利用して、複数のネットワークを安全性を高めて構築することが容易です。

今回は既設の無線LAN専用のセグメントにUnTagで接続しました。
VAPにつながった無線端末には、ルータRTX1210のDHCPサーバでアドレスを配布します。

上流の経路はルータがRTX1210でフレッツ光回線です。

■ヤマハWLX313


コメント   この記事についてブログを書く
« Windows 10 Version 2004 /Ma... | トップ | ヤマハSWXでVLANの設定-ポー... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

通信ネットワーク」カテゴリの最新記事