情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

ドコモ光+OCN/IPoEは接続簡単で高速です

2020-08-09 21:17:40 | 通信ネットワーク
お久しぶりです。きょうは「ドコモ光+OCN/IPoEは接続簡単で高速です」について紹介します。

■背景
事務所の引っ越しで回線を新設しました。事務所の回線は一般利用者の契約にしています。携帯電話の関係で今回は「ドコモ光+OCN/IPoE」を選択しました。

IPoE/IPv6を導入すると、ほとんどの場合、回線速度が向上することは、これまでの試験でも明確ですし、実際にお客様先でも良い結果が出ています。

そこで、一般家庭等と同じ、一般的な光回線+ISP契約申し込みで、IPoE/IPv6対応のISPを選択しました。OCNを選んだのは近年IPoEを基本契約に含め、追加料金が不要であり、HGW(ホームゲートウエイ)もWi-Fi込みで、インストールも簡単そうに見えたからです。

■インストール
ONUとHGWが別に送られてきました。ONUはドコモ光から、HGWはISPのOCNからです。光回線は一度開通済みの部屋で光コンセントがあるので、無派遣工事での開通です。

送られてきた機器の物理接続を完了して、ONUから電源を入れ、ランプが落ち着いたところで、HGWの電源を入れました。

HGWのランプも落ち着いたので、先ずは有線でノートPCをつなぎました。

■速度測定
測定したIPv4での通信速度の結果は、以下の通りです。仕事用としては十二分に高速であることが判ります。

■感想
家庭用なので、ケーブルをつなぐだけの簡単設定でした。ルーターの設定も「全く」していません。この簡便性は良いですね。自宅の家族の契約もこの契約に揃えようと思います。

もちろん、仕事柄企業ネットを作りますが、自社内VPNはIPv6に移行しているので、この回線で大丈夫です。


コメント   この記事についてブログを書く
« WSL2は極めてシンプル-Ubuntu... | トップ | IoTデータ収集の軽量実装を始... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

通信ネットワーク」カテゴリの最新記事