情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

自宅無線LANの802.11nでの2.4G帯と5G帯の通信速度の比較-2014年4月27日版

2014-04-28 05:10:13 | 通信ネットワーク
匠技術研究所
自宅無線LANの802.11nでの2.4G帯と5G帯の通信速度の比較-2014年4月27日版


こんにちは。匠技術研究所の谷山 亮治です。
今回は、自宅無線LANの802.11nでの2.4G帯と5G帯の通信速度の比較です。
2014年4月27日と4月28日に測定しました。インターネットの特性上この比較は厳密なものではなく、おおよその通信速度を参考までに紹介するものです。

自宅内では、無線LANを常用しています。2.4G帯は近隣のアクセスポイントも沢山在ります。一方5G帯は他のアクセスポイントは検出されません。

はじめに、同じアクセスポイントの有線LANでの測定速度です。フレッツ光ネクストの性能が良く出ています。100Mbpsまでの簡易測定でお世話になっているUSENスピードテストでは、この速度は測定できません。

■フレッツ光ネクストでの有線接続通信速度



次に、無線アクセスポイントとPCの無線リンク速度は以下の通りです。無線リンク速度は無線区間が実現可能な通信速度です。この速度より速い通信はできませんが、通速度は通信している無線の状態とアプリケーションに依存するので、この速度より遅い速度で通信します。また、実際には時々刻々と変化しています。

■無線区間のリンク速度と実通信速度
2.4G:リンク速度=130Mbps,通信速度=21.6Mbps


5G:リンク速度=300Mbps,通信速度=65.2Mbps



コメント   この記事についてブログを書く
« 4月26日(土)のつぶやき | トップ | ヤマハNVR500/RTX810/RTX1200... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

通信ネットワーク」カテゴリの最新記事