相撲古美術

相撲に関する資料の紹介や相撲史の研究の成果を発表していきたいと思います。

いろいろな相撲備品(その6)

2017年10月13日 | 日記

これは軍配型の矢立である。

軍配のところが蓋となってい

て、めくると筆と墨が現れる

式になっている。矢立はいわ

ば江戸時代の携帯筆記用具と

いえるものである。長さは

19.5センチである。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろいろな相撲備品(その5)

2017年10月13日 | 日記

これは指貫というもので、縫い物をする時

中指にはめて針の頭を押さえる裁縫道具で

ある。長さは約3センチである。相撲の図

柄は珍しいのではないか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加