まちのさんぽみち

日々のできごとを思いつくままに書いています
手話や俳句や関節リウマチや色えんぴつ画など
☆ カテゴリーを見てね ☆

5月の俳句

2024年05月04日 | はいくのこみち

いつもの兄のFaxにメモ書きがあって、
パークゴルフ(本物のゴルフではないらしい)で、
フォールインワンを出したと書いてあった。

さっそく電話をして、フォールインワンを讃えた
そして、元気にゴルフができてよかったと。
しばらく脊柱管狭窄症で辛かったみたいだけれど、
治療の甲斐もあり、大分調子がよさそうだ
無理しないで、楽しみながら、
体も動かせたらいいね、と話した。

そして俳句談義も。
「郭公」に、2句だったとか、3句だったとかよりも、
結果にはとらわれず、また作ればいいね、
という話をした。

もちろんうまくなりたいし、
3句4句を目指したいけれど、未来志向でね。
さあ、今月も投句しよう。
そしてまた、作ろう。

〇暮れ泥む桜堤を花吹雪
〇花の下花の色なる春紫菀
〇兜と並ぶ一歳の誕生日
〇「復興」と手書きの文字や能登の春
〇花の名はフォト検索に夕化粧

ちらちらと紋白蝶はいつまでも
青空にふっくらとした藤の花
星川の花の浮橋追ふ子らよ
延々と続く菜の花線路沿ひ
道の傍数多の小さき春の花
一歳の一升ベーグル武者人形
門口に見送る人や入学式
それはそれ千本桜は花吹雪
雨上がり初夏の日差しの草の露
道端に一本伸びしひなげしよ
汗をかき汗を拭き拭きアルバイト
晴れ渡る四月の空の明るさよ
花散らし単身赴任送る朝
タンポポとつくし原っぱ埋め尽くし
蒲公英の花と綿毛の原っぱよ

コメント    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« お気に入りの俳句 | トップ | 赤ちゃんも高齢者も高校生も❤ »

コメントを投稿

はいくのこみち」カテゴリの最新記事