『陽当たりまぁまぁ』

事実に惹かれ、事実に学ぶ

「シジミでしみじみ」

2009年04月30日 | そこの細道
おとつい子供が寝てから、借りてたバットマンの『ダークナイト』のDVDを観ました。
もんのすごい多くのメッセージを感じた映画だった

多分そん時、わしは兼好法師と同じくらい感性が研ぎすまされとったんだと思うわ。
一を聞いて十を知る・・・もぅええか。

寝たのが3時まわってたから、朝起きて(・・・ねむっ
当日はダンナの会社の人達と潮干狩りに行く約束をしてて、
ダンナが出張から昼前に帰って来てからGO!

しかしシジミがあんなにドロドロの中にいるもんとは思わんかったな
足を踏み入れるとサンダルが脱げる程の粘着力。
そんな泥ん中へ会社の人やダンナや長男はズブズブと入って行ってった。

ところがその泥まみれの泥を落とす洗い場なぞ無く、トイレも壊れてて
近所の店と言えばさびれたようなボーリング場だけ。
(トイレ借りるのに、ボーリングしなイカンかな・・・いやいや、それはおかしいやろ
  ほいでパチンコみたいなゲームして帰った。寒かったから3回も借りたけど、
店出る度に、「ありがとうございました」ってでかい声のアナウンスが入ってよ
(イエイエ、トイレ借りたお詫びに100円のパチンコしただけで
(この町はまず、あそこのトイレを直すこっちゃ)

わしは水まわりの大切さをしみじみ感じとった。
次男はたったひとつのシジミを大事に持って帰とった。
(なんぼダシがうまいからって、1個じゃなぁ

長男は「お味噌汁に1個しか無いとケンカになるから」って次男と相談して、捨てることに決めた。

その長男は布団に入って寝てたのに、「あっ宿題!」と飛び起きて
電気付けて宿題の日記を書いた。
取ったシジミで作ったお味噌汁がおいしかったようで、(えがったね~っ)
コメント

「ヒラメキ降臨」

2009年04月30日 | 息子の絵
次男は急にモノ作りを始める子でフ

とにかく今、作りたいんだ!って感じで、

「ママ、箱ない?」

ほいでジュースが入ってたダンボール箱を渡すと、自分でうまくカットできんことが分かって、

「ママ、ここ切って」

ほいで切ったると、

「違う!そうやって切るんじゃない!」

「アンタねぇ ど~ゆ~風に切ってほしいか最初にちゃんと言いなさいよ」

結局フタなしの平べったい箱状態にして紙を乗せとった
今度は絵の具を出し始めて、そこにビー玉をチョンチョンとつけて

箱の中で転がして描いたのが写真の絵です。キレイでしょう?

こ~ゆ~のって応援したりたいけど 寝る前に始めることもあるんだよね~


コメント

「依存症」

2009年04月27日 | 息子の絵
次男が保育園で作った、「鯉のぼり」です。

色がキレイでしょう?
作り方は、紙に水彩絵の具で色を塗って、その上から霧吹きをかけるらしい。

そのノリで家でもあちこちに霧吹きしまくって、「カビが生えるからヤメテ!!」
じゅうたんだろうが畳だろうが本の上だろうがかけまくっとったので「ウリャ~ッ!!」

でもこの鯉のぼりを見たら、許してしまいそうだ


こないだ家の椅子が壊れた時に、わしが木工用ボンドでくっつけてたら、次男が、

「ボク、ぎょうささん(業者さん)になる!」って言って、
  スボンにトンカチやらヒーローもんの武器をいくつかはさんで
「どこが悪いんですか~?今、直しますからね~」と見よう見まねで業者さんのマネをしとった。
(可愛らしいじゃんか)と思ってしばらく放っといた。

気がついたら、木工用ボンドで固めてるとこに霧吹きをシュッシュシュッシュかけてっから
「コリャ~ッ!!」

そんな彼はわりと大人向けの番組が好きで、
昨日も金スマの「『壮絶人生』が見たい」と言って、一人テレビの前に座って見とった

今朝になって、「ママ、アルコール依存症って、怖いよね」と延々と話しだし、

「ボクもマミーばっかり飲んでたら、ああなるのかな

「いや、マミーにはアルコール入ってないから大丈夫だけど、おデブっちょにはなるかもね」

コメント

「災い転じて」

2009年04月25日 | そこの細道
(な~んかビンボーくじ引いてないか?)と思うことはよくあって~、

賃貸・分譲に関わらず、赤水発生とか水漏れとかガス器具の故障があったんだよね~。
その他、玄関の鍵が壊れるとか、シャワーからお湯しか出んとか、逆に水しか出んとかね。ドアノブロックとかあった訳よ。

今回はガスコンロ。築16年のマンションに住んでまフが、この部屋は入居してもうすぐ1年
前から火の付きが悪くて、電池を替えても点火もままならず、チャッカマンを使っとった。
カセットコンロじゃ無いのよ。キッチンに備え付けのガスコンロよ!

次第にチャッカマンの火でも付かないわ、点火操作繰り返すうちに
(うぅっ・・・ガスくさっ あっぶね~っ

で、管理会社に連絡したら ガス屋さんが見に来て、取り替えることになった「ヒャッホウ!!」
業者さんがサイズを計りに来て、金曜日に新品を持って来た。
「あれ?明日じゃなかったでしたっけ」
「スイマセン、明日、わたし来れなくなったんで~」

で、土曜日にガス屋さんが来て古いのを取り外して新品に替えて点火したら、火力が弱いそうで。
「これ・・・、マンション対応のガス器具と違うんじゃないかな~」

で、それを持ち込んだ業者に連絡を取ろうとしても、全然つながらん!
わし、管理会社の3人が代わるがわるかけてもつながらん!

「困ったぞ~ 次の仕事があるし、でもこのまま設置してはおけないし
取り寄せにまた1週間かかるのか?!それまでコンロ無しで暮らすのか?!

(ま、またビンボーくじをひいてもた

結局ガス屋さんが同僚に仕事代わってもらって、自分のお店の店頭にある、同じガス種対応のを持って来てくれた。
ようやく連絡のついた業者は、「一番やってはいかんミスをした」と注意されとった。

ところでわしは、
毎回食事の準備に、(今日は火がつくかなつかんかな)と、原始時代のように
火起こしに時間をかけとったので、今ではウソみたいに、
「キャ~ッ!1回で火がつく~!」って、そんなことで喜んでおりまフ。


コメント (2)

「狂う」

2009年04月25日 | そこの細道
ダンナが海外出張から帰って来ると、時差ボケの成す、素晴らしい効果が!!

朝、自分から起きる 朝食モリモリ食べる
勢い余って朝食を作ってくれることもある

そのあとすぐに国内出張もあって、朝、
「今日、何時に出んの?」
「9時半か10時」
「よっしゃ!」


そいでわしは先に家を出て、次男を保育園に連れてってから職場へ。
(ん?・・・無いぞ・・・ホントに無い「・・・かっ、鍵を忘れた~っ!!」

          

(待てよ~っ 落ち着け~っ
  ダンナは9時半か10時に出るって言ってたろ~?

まずはにかける。RRRR・・・RRRR・・・(出~せん・・・ウンコしてんのかなぁ)

今度は家のにかける。シャレみたいだぞ。RRRR・・・RRRR・・・(・・・やっぱり出~せん!!

          

とにかく留守電に入れとこ!!
「鍵忘れたんで、玄関開けといて下さい。すぐ戻りま~す!」
(急げ~っ よりによって今日から出張だかんな)     

そんで家に到着!!・・・・・・・・・(えっ?)(あ、開かない・・・

          

携帯がつながった時にはもう駅におった

「9時半か10時に出るって言ってたじゃん」
「うん、だけど早く出た」

時差ボケで・・・・・行動まで早なっとる









コメント