「主婦っとサーベイ」美味しいものと美味しいものが並んでいるお店

スーパーマーケットの評価サイトを作っている私達です。
ブログでは”美味しいもの”の紹介をして行きます!

・三菱食品ダイヤモンドフェア2018

2018年07月18日 | 展示会

立命館大学食マネジメント学部教授の田中浩子先生からご縁を頂き
株式会社キュービック・アイの坂口みどり社長とご一緒致しました。
三菱食品戦略オフィスの皆様の解説付き、Zone全てを
丁寧な説明を聞きながら、疑問・質問にも答えて頂き感謝です。
食品卸の展示会ですが、商品の紹介も新商品の試食だけではなく
Zone1からのテーマや課題解決に沿ったコーナーになっている事にも感心。



社会、食市場、技術、業界の変化について小売の現場で
どのような提案の仕方があるかのビジネスフォーマットの紹介。

●2018年着目すべき事象

生活者層を
ミレニアルズ(2018年時点で20歳~38歳の男女)
ミドル(2018年時点で39歳~64歳の男女)
シニア(2018年時点で65歳~74歳の男女)
に分けて課題と特徴を分析し展示。

ミレニアルズ世代について
【新たなボリュームゾーンの台頭として注目。
一般的には1980年代から2000年初めまでに生まれた
若者世代を指し、1000年間という意味を持つ
ミレニアムという単語が語源になった、アメリカで生まれた造語】
*三菱食品で定義したミレニアルズとは、1980年生まれ以降の成人男女
ニューエコノミカル層(年収400万円未満の世帯)

 

シニア世代について
「シニア」への課題と特徴がシニア予備軍としては、気になるところ。

【シニアが持つ新しい価値観。
「知的好奇心」、「探究意欲」、「周囲への感謝」
老後の自由な時間があり、食生活に対する知的好奇心が旺盛だが
身近なスーパーマーケットからの情報発信や品揃えに物足りなさを感じている。

シニアは食の文化度が高く現在は自由を楽しんでいるが
将来の行動範囲の狭まりを危惧する】

●売り場提案
目を惹いたのは
雑誌サンキュ!やYouTubeとのコラボ企画。
雑誌に掲載されている商品の売り場でのPOPは
ロゴと共に新鮮。




●炊飯器を使った惣菜売り場での煮物
野菜煮物惣菜は買いたい。
でも出来立て感のある惣菜が食べたい!
のニーズに応えてもらえそう。
(株)MSフレッシュデリカの商品。






●酒売り場
《AIソムリエ》
試しに、AIソムリエさんにお聞きしたところ
的確な商品を選んで下さった。
スーパーマーケットの酒売り場で細かい文字のPOPを読むより
料理や好みを入れるとサクッと選んでくれるから
ワインを選ぶ解決策のひとつにはなると思った。
AIソムリエさんが選んでくれたワインが売り場の
どこに並んでいるかがすぐわからないと意味ないと思うけれど。







●コミュニケーションゾーン
最後に商談コーナーは照明を落とし、おつまみとワイン、
お茶などが用意され、なかなかオシャレ!

どのZoneのご提案もここからの応用が楽しみな内容満載。
ミールソリューションの研究をテーマにし、田中浩子先生を中心として
動いている私達にとって「三菱食品が考える日本型グローサラント」では
特に丁寧に時間をかけてご提案を見学。
私達なら・・・とムクムクとアイデアが湧いてきた。
気づいたら、4時間も滞在させて貰っていたのね!
と大変興味深い時間でした。
ありがとうございました。


コメント

・北野農園 泉州水なす

2018年06月26日 | 農産物

「北野農園」 https://kitakiyo.ocnk.net/

の水なすはどうして美味しいのだろう?
農園に直接お訪ねして聞きたくてずっとウズウズしていた。
ようやくお伺いできる機会を頂き
北野忠清さんにお話を聞いてきた。

現在の「泉州水なす」はブランド名。
品種は「泉州絹皮水茄子」
明治時代からきんちゃく型の水なすがあり
泉州(堺市、岸和田市、泉大津市、貝塚市、泉佐野市、和泉市、高石市、泉南市、阪南市、忠岡町、熊取町、田尻町、岬町の13市町)は
明治時代からきんちゃく型の水なすを浜側で作っていた。
昭和30年代に入り、家庭で食べられていた水なすの
漬物を専門店で販売するようになり
より漬物に適し、販売しやすい形・見栄え
に品種改良され、現在の品種になったそうだ。

向かって左、明治時代に作られていた巾着型の水なす。
向かって右、現在の改良された「泉州水なす」。
巾着型の水なすは、泉州では
姿を消してしまったのだが
新潟の農家さんが育てていた。
大切に育てて来られた種を
分けて頂く事は難しかったが
交流を重ね、親しくなる事で、
泉州の北野さんの手元に里帰りし
大切に育てられている。

茄子は種の自家採取がしやすい上に
種は長く保存可能なので、
優秀な樹の茄子から種を取っている。

●美味しい水なす
1、土作りに尽きる!
土を触る北野さん

1ヶ月半~2ヵ月は丁寧な土作り。
堆肥作りに必要なわらのために
稲を育てる事から始まる。
一般的には手に入りやすい
輸入さとうきびカスのバカスを使う
農家さんも多いようだが、土の力強さが無くなる。
又、おじい様が確立された
動物性と植物性肥料の配合は
孫である北野忠清さんが
他の方法を試しても、やっぱり
おじい様の配合が最良である
という結論に達し、現在に至る。



2、水なすと意思の疎通
写真の樹は、9月に種から育てこの地に11月に
定植。3月に現在と同じ背丈で止め
育てる脇芽を見定めながら剪定し
8月まで実を付ける。


水、肥料の与え方はタイミングがあり、最初から甘やかしてはいけない。
のびのび育てる時期と厳しく育てる時期があり、押さえこんだらダメ。
かと言って押さえ過ぎると、すねてしまうから、
「生きるって楽しいね!」と
苗に語りかける気持ちが何より大切。
実、葉、幹をみつめていると
樹全体の姿や体調もおのずと視えてくる。
水なすは先生でもあり子育てでもあると語る北野さん。
 

●2012年「りょくけん 渋谷ヒカリエShinQs店」
2012年に「りょくけん 渋谷ヒカリエShinQs店」の店頭で
よそゆき顔で並ぶセロファンに包まれた北野農園さんの「泉州水なす」と
「泉州水なす」を使ったサラダをみつけた時は嬉しくなったもんだ。
渋谷駅再生のひとつとして、話題の新施設だった。



●2012年「りょくけん 渋谷ヒカリエShinQs店」
サラダ惣菜コーナー


こうして、大阪産の野菜の価値を東京で広める事もお早かった。
水なす作りばかりだと飽きてくるかもと思ったが
35歳になった現在、ますます楽しくなっていると
ニコニコ顔で語る北野さん。
共に働き、教えたお弟子さん達は
貝塚の地元で土地を借り独立されている。

●美味しく頂きました。
北野農園は生産・加工・直売所をされている。
10時オープンには行列。水なすを知っている
地元のお客様が沢山押し寄せ、
即!完売。
自宅に糠床を持っている方も多いからだ。

●水なす糠漬け
大阪では生姜醤油で食べるのが一般的だが
ごま油とすりごまも美味しい。
素直な風味の鹿児島「鹿北製油ごま油」
だから尚更!


●泉州生水なす(きんちゃく型)
畑でもいだ貴重なきんちゃく型水なすは
こぶりで外観は緑も交じっている。
実は柔らかく、甘味がある。
オリーブオイルと塩を少々を振って
ブルゴーニュの白ワインと。



●泉州生水なす
焼くだけ。半分に切って実に焦げ目を付ける。
フレッシュ感と増す甘味で上質な
水なすのステーキの出来上がり。

美味しく頂きました!

コメント

・初!!台北への旅④【オーガニックスーパーマーケット】

2018年03月17日 | スーパーマーケット

デパートやショッピングセンターの中には
日本のデパ地下の生鮮品売り場のように
「ジェイソンズ(JASONS Market Place)」
「シティースーパー(City Super)」
が入っている。街中にはよく見かけた
「頂好超市(ウェルカムスーパー)」
「全聯福利中心」などなど。
売り場構成や棚の使い方など日本の
スーパーマーケットと変わらない。
肉は薄切り、細切れ、ミンチなど
小パック商品が並ぶお店もあるし
台北なら今日からでも馴染んで
買い物が出来る!と思ったぐらい。
初日に地元の主婦にご案内頂いたブログ
ご参照ください。

台北へ旅をした目的のひとつ。
オーガニックスーパーが増えている。
そのスーパーマーケット内で
売っている食材を使いレストラン
カフェを併設しているお店がある。
それをこの目で見てみたかった。

①「GREEN&SAFE 東門店」
GREEN&SAFEは台北に現在5店舗。
外壁にロゴのペイント製作中。
店舗は2階にあるから
このロゴが無いと
見逃してしまいそう。



2階にあがると、生鮮品、ドライグロッサリー、冷凍食品の棚。
初日に買い物に行った「GREEN & SAFE 市東店」
とほぼ変わらない。


・冷凍食品
次回は保冷バックを持参して
PBの冷凍食品を買って帰りたい。

・店の奥にある飲食店。
GREEN&SAFEで扱っている食材を
使った鍋料理のお店。
カウンターの周辺には
テーブル席もあるが
鍋は1人に1つずつ。
鍋つゆは煮詰まったら
足してくれるし、火力の
調節も手元できる。
鍋奉行にジャマされず
自分のペースで食べる事ができる。

●ランチメニュー

●豚肉鍋 268元(約970円)
●豚海鮮鍋288元(約1000円)
煮玉子かドリンク、どちらかをチョイス。
コンビニで売っている煮玉子と
同様の香りはするが、黄身に甘味が
加わりスイーツになっていた。
隣の席の女性はご飯をチョイスし、
最初にこの煮玉子を乗せて食べていた。
野菜も豚肉も出汁も大変美味しかった。

●具材盛り方も美しい
上(豚肉)
下(豚・海鮮)


・タレ調味料コーナー
このタレはPB商品。商品のお試しも出来る訳だ。
基本のアレンジの仕方は紹介されているが
辛さ、コクなど自分好みの味付けに
変化させていく事が出来る。

・GREEN&SAFE PBの沙茶醤 150元(550円)
香辛料、干し海老、魚がゴロゴロ入っている。


他社商品で沙茶醤60元(200円)

同じ名称で売っている。
原材料は粉末を混ぜている。
食べ比べると倍以上の
値打ちがある風味。
高質PBの価値あり。
今度台北に行ったら買いだめしてこよう!

②神農市場オーガニックスーパー
神農市場 Maji Food & Deli (MAJI MAJI 集食行楽店)
台北市玉門街1号


・有機野菜

・買い物カゴもオシャレ

・台湾のみならず世界中のこだわり食材が並ぶ。

・九州パンケーキ
プレーンだけでなくバターミルク
さつまいも も並んでいた。

・カフェコーナー
ネットで検索した時は、食材を使った惣菜コーナー
があったのだが見当たらなかった。
店の片隅、のれんの向こうに
名残りらしきコーナーが見えたから
今は使われていないようだ。
カフェはお茶が中心。
食べ物は2品のみだった。
週末はにぎわっているのだろうか?






●鍋焼麺POT NOODLES 95元(350円)
台南の名物。揚げ麺の上にダシは効いて
いるけれどあっさりしたスープ。
インスタントラーメンの原型のような感じ。
注文を聞いてから、店内の野菜売り場に青梗菜
トマトを取りに行き、卵売りに走って行く。
確かに店内の商品で作ってくれた。

●古早碗棵Bowl Rice Cake 50元(約180円)
これも台南のメニュー。米粉とタピオカ粉を
混ぜて蒸した上に干し海老や干し椎茸
ナッツ類の入った甘醤油味のソースを
かけて食べる。

 

③天和鮮物オーガニックスーパー
台北市北平東路30号

●有機野菜

●こだわり食材


ランチの予定だった天和套餐(定食)820元(3000円)。
店内に掲示されていたし、メニューにも載って
いたのだが、今は480元(約1700円)の
鍋しかやっていないという事で
食べる事をあきらめてお店を出た。







オーガニックスーパーマーケット
併設のレストランという事で
3店舗回ったのだが、1店舗目の
GREEN&SAFE以外期待外れ
(肩すかし)だった。
こだわりの商品が揃っているし
店内は清潔だし、居心地も良さそうだが
にぎわいというものがなかった。
自店の食材を紹介し、食べ方提案を
するというミールソリューションは
理屈では出来そうであっても
消費者に受け入れてもらう事は
どのお国でも難しいのかもしれない。

台北各所、街々の市場や夜店
露店は通行しにくいぐらい活気があった。
毎日がお祭りのようなわくわく感もあった。
馴染んだ味と鮮度の良さや活気の方が
まだまだ贔屓にされるのだろうな。

とは言え、私達には
「ココで飲食は、ちょっと止めておくわ」
と思う施設も多かった。
今後5年、いや2~3年で
台北の消費者の意識が
どのように変わるのか、
また食べに行きたい!
体感したい!と思った。

 

 ・初!!台北への旅初日①【芝山駅スーパー】
・初!!台北への旅②【美味しく食べた物】
・初!!台北への旅③【市場】
・初!!台北への旅④【オーガニックスーパーマーケット】

コメント

・初!!台北への旅③【市場】

2018年03月17日 | 

早朝から営業している市場もあれば
午後から夜にかけて活気のある市場もある。
昔から家庭の主婦も働いていたという事もあり、
朝・昼・晩と外食で済ませる。惣菜を買って
持ち帰り、食卓に載せる中食(なかしょく)
も珍しくないそうだ。食の外部化の歴史が
長いから、即食べ商品を並べる
おかずやさんが賑っている。
そして市場の中にはテーブルと椅子が
置かれイートインスペースも設けられている。

最近日本のスーパーマーケット、
ショッピングセンターに、イートインスペース
を広く取る改装が行われているが、
うどん、ハンバーガー、お弁当を食べる人が多い。
毎日食べても飽きないおかずは売られていない。
ご飯だけは家の炊飯器で炊くから
家計にやさしいおかずが買えたらと思う。
長い間の文化はそう簡単に変えられない
とは思うけれど、日本の現状は働く女性が
増加しているのに、食の外部化は
比例していない。台北の種類の多い
惣菜類を眺めながら、しみじみ思った。

●松江市場(行天宮駅)
上引水産に行くため行天宮駅で降りたところ偶然みつけた市場。
ビルの1階に食品や雑貨の店が並ぶ市場。



●野菜売り場のおじさん
日本人ってわかったのか
「グリコ」をしてくれた。
大阪人だからすぐわかったけれど・・・。
小芋の皮むきやもやしの根取りを
しながら店番をしているおばさんの姿も。
30年前は、大阪の公設市場
の店頭でも同じ情景があった。


スロープで地下1階に行くと
そこには魚店、肉店ばかり。



・惣菜店(野菜・春雨・豆腐)



・惣菜店(鶏の丸焼き、豚足 魚唐揚げ)


●永康街のすぐ近くにある東門市場、東門外市場(東門駅)
トタン屋根の付いているアーケード形式の
東門市場の周りに外市場。
路地にもお店が続く。
同じエリアでも少し離れると
オシャレなカフェも多い。


●衣料品・生花・果物と食品
が一緒に売られている。



●精肉店

●乾物店
蜜汁豬肉、乾原味猪肉紙、五香牛肉干
落花生という文字が並んでいるから
乾物屋さんで豚、魚のでんぶを
売っているのだろうと想像。
初日に食べたもち米のおにぎりに
入っていた、香辛料の効いた
甘いふりかけはコレだったんだろうな。



●果物店
選んで袋に入れてくれる。



・緑の果物は棗子(ナツメ)
見た目は小さい青リンゴ。
味はシャキシャキとした食感で
リンゴのようなナシのような。


●赤肉焿
市場には、飲食店も多い。
赤肉焿とは豚肉と魚のすり身の
練ったものを鍋で煮たもの。
スーツに皮靴の男性もランチタイムに並ぶ。

●永康街同じエリアの自然食品店
台北の街を歩いていると、日本以上に
オーガニックや有機、健康を強調したお店が多い。
今後増えて行くのだろうか。





・初!!台北への旅初日①【芝山駅スーパー】
・初!!台北への旅②【美味しく食べた物】
・初!!台北への旅③【市場】
・初!!台北への旅④【オーガニックスーパーマーケット】


コメント

・初!!台北への旅②【美味しく食べた物】

2018年03月12日 | 

●「飯糰」(台湾風おにぎり)35元(約130円)
早朝から営業している
「鹹豆漿(シェントウジャン)」を
目指しはりきって出かけたものの
長めの春節休暇中。
ホテルに戻る途中移動販売をみつける。
注文の仕方がわからず迷っていると
「オイシイヨ」と声をかけてくれた。
ビニールの上に温かい餅米を広げ
豚肉デンブ、油條(揚げパン)
高菜の漬物、切り干し大根、
いり卵などを手際よく乗せ
(積上げて行く感じ)。
ビニールの下のタオルごと持ち上げて
俵型にサッと丸めて出来上がり。
薄いビニール袋に入れて渡してくれる。
初めて食べる台湾らしい一食目。
ホテルの部屋でおそる、、、おそる
食べ始めたところ餅米の美味しさ、
味付け、香辛料使い、歯ごたえ、
など好みにドンピシャ。
滞在中の食に期待が膨らんだ。



美味しくなかった物
●セブンイレブン「飯糰」39元(約150円)
因みに、セブイレブンでも店頭の指示通りの
分数で温めて同日の朝食にした。名称は同じだけど
対面移動販売で作ってもらった「飯糰」とは似て非なる物。
表現したい事はわかるけれど・・。
一括表示も完璧できっと衛生環境も
良い工場で製造されているのだとは思うけれど。
日本のセブンイレブンのように商品開発ガンバレ!

●ウーロン卵(茶葉蛋)1個10元(日本円で35円位)
どこのコンビニでもおでんやソーセージと並び
この煮玉子が電気鍋の中に入って売られている。
八角と醤油とウーロン茶の香り。
自分でビニール袋に入れて
レジに持って行く形式。自然な風味のある
煮玉子だから食べやすいし好きな香りだった。

・天津蔥抓餅 玉子、台湾バジル、チーズ、ハム 50元(約180円)
【誠記】

東門駅(永康街)
クレープとお好み焼きの間のようだけど
フワフワした生地は熟練のプロの技のようで、
順番待ちの間も夢中になって手元を
眺めてしまう。冷めても美味しい。
台湾バジルは日本で馴染みのスイートバジル
とは違う品種のようで、たっぷり
入っているのだけど、おだやかな香り。

●牛肉捲餅110元(約400円)
【角子虎北方水餃館】
持ち帰りも、店内で食べる時も
用紙に客が記入し注文する。
常連さん達は注文をしてから
時間を置いて取りに来ている。
待っている間ガラス越しに
調理風景が見える。
クレープ生地はシートに挟んだ
冷凍品を高温の鉄板で焼く。
持って帰り、冷めた状態で
食べても生地も具材も美味しい。
牛肉の味付けもあっさりして
豆苗の歯ごたえも食べやすい。
冷凍生地でこの風味が出せるなら
日本でもお店が出来るのでは?と
思ってしまった。

●牛肉麺160元(約590円)
【林東芳牛肉麵】
台北滞在中にFBで情報を求めたら
教えて頂いたお店。調べると
「店は汚い。汚いけれど美味しい」
の口コミの多いお店。
よく検索してみると、今年1月1日に
移転オープンし、清潔な店内の様子が出て来た。
行列に並んで食べた。
麺は今まで食べた生麺の中でベスト3
に入る美味しさ。
牛肉も、もちろん柔らかい
のに旨味が残っている。
汁を飲み干したのに、ちっとも喉が乾かない。

●棗泥蛋黄酥 50元(約180円)
【大普美蛋糕】
塩味の黄身と餡の組み合わせに
皮はサクっとしっとりが入り混じっている。
子供時代にお土産で頂いて以来
ずっと探していたお菓子。
台湾で再会できて嬉しい!
各お店の違いを体験出来て幸せだった。



●お弁当80元(約300円)
【八徳米之郷】台北市八徳路二段239号
台湾でいちばん有名な米どころといえば池上。
「池上弁当」は有名だが、台東まで行かない
と食べられないと思っていたら、
「池上」の文字が入っている看板をみつけた。
店内ではお弁当作りの真っ最中。
どれも美味しそうで目移りしてしまう。
オーソドックスに焼き豚弁当並サイズを注文。
店内でも食べるコーナーがあり、
具材たっぷりのスープをセルフでよそい
一緒に食べている。
焼き豚の下には煮玉子、あんず、豆腐の煮つけ、
青菜、ゆでキャベツがたっぷり敷き詰められ
一番下には美味しいご飯。
他の種類も食べたい!!


3泊4日の台北への初めての旅だったが
多くの美味しい物に出会えた。
味付けにはメリハリがあり
出汁が効いていて基本薄味。
さまざまな具材、調味料、香辛料
をトッピングして自分好みの味付け
に完成出来る食べ方は私達にぴったり。
一日2万歩以上、街の路地も
ジグザグに入りながら
次に食べてみたいと思うお店もみつけた。
食いしん坊には実に魅力的な街。

                                 

 ・初!!台北への旅初日①【芝山駅スーパー】
・初!!台北への旅②【美味しく食べた物】
・初!!台北への旅③【市場】
・初!!台北への旅④【オーガニックスーパーマーケット】




コメント

・初!!台北への旅初日①【芝山駅スーパー】

2018年03月07日 | スーパーマーケット

小学校時代の同級生(台湾通)と共に
総勢4名で台北に行こう!
と相談を重ねていた。
日程も決まったところで
1名家庭の事情で旅は中止に。
すっかり盛り上がっていた
「主婦っとサーベイ」2名で決行。
初日、台北在住の日本人の主婦(ご主人台湾人)に
公共交通機関の使い方を教えてもらい
普段買い回りをしている
スーパーマーケットをご案内頂く。
新旧入り混じった文化・建物は
アラカン世代にはどこか懐かしく
ハマってしまった。

①City super (そごう復興館内) 忠孝復興駅

鹿児島県産A5和牛(1288元)約4700円
納豆の品揃えの多さに驚いたり

PAULのパンやビヤードパパも
入っているから日本のデパ地下みたいね。

地下鉄芝山駅で下車
ここから徒歩でスーパー巡り
日本人・外国人が多く暮らす
士林地区・天母地区の高級住宅街。
緑の美しいこじんまりした公園もある。

公園歩道際に犬散歩用の
ビニール袋が設置され
持ち帰りを促している。
ニューヨークでもパリでも見た事がない。
もちろん日本でも。

日本人学校
向かいにはアメリカンスクール。



②カルフール天母店
日本では数年で消えてしまった
カルフールも台北には
70店舗以上ある。
大容量の商品が多く見受けられた。
ここは車で買い物に来るお店だそう。
他にコストコにもまとめ買いに行き
ママ友達と分け合うそうで
子育て世代の家庭は何処も同様。






焼き立てパン
ちゃんとプラカバーのケースに入っている。


青森県産のりんご


北海道産の帆立 399元(約1500円)

③GREEN & SAFE 市東店
今回一番お買い物に行きたかった
オーガニックスーパー。
台湾内に5店舗。
https://www.green-n-safe.com/






珍しい調味料と食材の調理方法など
台湾ならではの食べ方を教えて頂き
作りたくなり、早速PBの調味料を購入。


1階に「Jason market」
地下には「全聯福利中心」
と同じ建物内に2つのスーパー
が入っている施設をご案内頂く。


④Jasons market天母店
陳列も美しく落ち着いた店内。
2日目以降立ち寄ったデパ地下には
食品売り場はJason marketが
入っている事が多かった。
大阪なら大近パントリー
のような立ち位置かしらね。

日本の菓子エンド


隣にはWaitrose(英国の高級スーパー「ウェイトローズ」)エンド


⑤全聯福利中心 天母天玉店
入ったとたん、日常の買い物に
使いやすいスーパーと感じた。
それもそのはず。
日本に帰ってから検索したら
昨年「プログレスデザイン」で
オープンした店舗だった。
農家さんの顔写真が並ぶ、
顔のみえる野菜コーナーや
日本では当たり前の
夕方値引きシールが貼られた商品が
並ぶのもこのスーパーだけとの事。
オール日本スーパーマーケット協会
にも加盟しているので、
日本のスーパーの良いところを
取り入れた売り場になっているの
だと、納得。

農家さんの顔写真が並ぶ
顔のみえる野菜コーナー



トイレットペーパー売り場
商品が並んでいない。
原料のパルプの供給不足から
トイレットペーパーのメーカーが
10─30%の値上げを
考えているという噂が広まったため。
日本でも45年前石油ショック
の時にあった。あれも噂からの騒動だった。
どのお国でも一緒。


⑥士東市場
台北市内一番綺麗な市場
として知られているそうだ。
日本の秋田市民市場や
弘前食料品市場 (虹のマート)
を思い出した。


荒物屋さん
子供の頃の市場に必ずあった

おかずやさん(惣菜店)

魚屋さん


製麺販売店
日本の市場ではうどん玉は
販売していたが、中で
製麺はしていなかった。

2階にはイートインコーナー

 洋服屋さん


並べ方は雑だが、一目で高品質な欧州からの輸入衣料品という事がわかる。

 

初めての台湾で言葉も通じなく
心配だったが、初日に地元の方に
ご案内して頂いた事で
徒歩と地下鉄で自由に回れそうだ!
の確信が持てた事はありがたかった。
2日目以降食べた物
回った市場、スーパーに
分類して4回シリーズの
ブログに載せる。
混沌とした「今」の台北。
今後どの方向に進むのか。
大阪から飛行機で2時間半~3時間。
また来たくなった。

・初!!台北への旅初日①【芝山駅スーパー】
・初!!台北への旅②【美味しく食べた物】
・初!!台北への旅③【市場】
・初!!台北への旅④【オーガニックスーパーマーケット】




 

 

コメント

・まる屋(柴山かに)

2018年01月25日 | 宿泊施設

「まる屋」

香美町香住の柴山地区「まる屋」に泊まり
かにを堪能。

http://www.yado-maruya.com/
兵庫県美方郡香美町香住区浦上1189

●【かにバス香住号】

http://www.kanibus.com/kani_top.html

大阪と香住間を片道4000円。

全席座席指定、宿は個々自由に予約を
とっておく。

香住地区に入ると宿に近いポイントで
降りる交通手段としてのバス。
ポイント地点には民宿の送迎車が
迎えに来ているケースもあり。

天王寺、難波、梅田と乗降ポイントも3カ所。
昼食やトイレ休憩のために
道の駅や工場見学も入り旅気分も味わえます。
平日便はアラ還・アラ古希の元気な
女性客がいっぱい。グループ毎の
大きな声で交わされる
車中の会話のオモシロい事!
昨年もこのバスを使ったという方も多く
旅慣れたご様子でした。

運転手さんは制限速度を守り
とても丁寧な運転を心掛けておられ
安心して座っている事ができました。

降り立った柴山地区は波の静かな港。
優れた天然の入り江は美しい。
入り江に沿って散策すると
避難港としても活用できる地形。
貴重な領地だったのでは、と
ここを治めた歴史も知りたくなりました。

香住海岸は臨海学校に
行った覚えがあるのですが
その隣が柴山港になります。

●「お宿 まる屋」
大阪で板前修業された若大将の作るお料理を
7年前にモダンに改装されたお宿で堪能しました。

今回は、【かにバス香住号】を使う
シンプルに「松葉がに」(ズワイガニ)
のみを頂きたい。量より質。
という事で探した
「まる屋 番かに リトルコースプラン」
「柴山番かに」の活かにだけを使用したフルコース。
前菜、お造り、炭火焼きかに、甲羅みそ、お鍋、お野菜、雑炊、デザート。
大正解でした!

●柴山かに 番かにとは
「ズワイガニ」地域によって呼び名は
いろいろですが香美町香住など
山陰エリアでは
松葉かにと呼ばれています。

【まる屋公式HPより】
『番かにとは、柴山港で水揚げされる松葉かにの
最高級品で、
1船が約800枚水揚げする中で
約10数枚ほどのものを言います。

1.2kg以上の最高級品の大きな活柴山かに』

このかにを1人1枚づつ頂けるコースです。

●お食事処

●前菜、お造り

●香住鶴 生酛辛口
かにの甘さと辛口のあっさりした口あたりは
最後までお料理が美味しく頂ける
かにに合う味わい。
鏡のコースターと切子グラスの色がいいね!

●炭火焼きかに
かにとチョキと呼ばれている剣先いかの
小さいサイズ 


●甲羅みその炭火焼き
旨味は当然ありながら濃厚だけど香りもイヤミが無い。

●生のかに
そのままでも、鍋でも炭火焼きでも自らの好みで頂く事が出来る。

●お鍋


●鍋野菜


●雑炊

●デザート


●食後は暖炉のスペースでコーヒー


●翌朝の朝食

地元の美味しいもの。朝からかにご飯。

年に一度だけでいいから
活かにを食べたい関西人。
かにを求めて、ブランドかにの
有名旅館にも宿泊した事があるのですが
どこもしっくりこず、再訪なく
ズワイガニの季節になるとかにを求めて
放浪していたのです。
同じ活ズワイガニのはずなのに
どこが違うのだろう。

「柴山かに」について若大将に質問攻めして
色々教えて頂きました。
柴山漁港に所属している漁船は10隻
大型船9隻、中小型船1隻。
漁場は大型船は隠岐の島周辺
中小型船は丹後沖周辺で獲っているそうです

柴山漁港は、「かに選別日本一」を掲げている。
その厳選さも美味しさのひとつだと思いました。
かにの選別の方法など
若大将藤原啓太氏のブログ
まる屋通信をご参照ください。
http://maruya-blog.com/archives/709
お宿周辺を散策しながら柴山港の漁船を眺め
早朝のにぎわいを想像しながらセリ場眺め
まる屋の柴山かにとの出会い。
今後1年に一度のかにの楽しみは
ココだ!と決定しました。

まる屋公式サイトによると
夏も白いか、香住かにと地元ならではの
食材のお料理を頂けるそうです。

途中通過した豊岡市ではバスの車窓から
冬なのに水を張ってある田が
太陽を受けて輝いていました。
コウノトリの餌となる生き物が
冬でも生きやすい環境を
作っているのですね。
雪の無い季節なら、大阪から
ノーマルタイヤで一走り。
兵庫県立コウノトリの郷公園や周辺
スーパーマーケットを
巡ってみよう!と再訪決定。







コメント

・銀座デリーネットショッピングクリスマスディナー

2018年01月08日 | 商品

「デリー」社長のブログ
http://blog1.delhi.co.jp/
を読みながら楽しみに待っていた
「2017 銀座デリー特製スペシャルクリスマスディナー」
冷蔵用の低温殺菌で届きました。
賞味期限は冷蔵庫で来年の1月末まで
少しずつ食べたら写真をUPして行きます。
今回のテーマは
「ドイツなどヨーロッパへの南アジア移住者たちのクリスマス」
という”妄想”だそうです。



クリスマスの包装で届きました

7000円(クール送料・消費税込み)
これだけ入っています。
電子レンジ加熱の包材は温まると膨らむから便利。
一括表示には原材料がきちんと書いてあるから
どんな味かなと、だいたい想像できる。

 完成見本の写真と紙のテーブルマットやペーパーナプキン入り

レシピ【説明文入り】

 おいしい召し上がり方

 

1.カレーカレーヴルスト
【ドイツ名物、カレーケチャップ風味のソーセージ】

2.スリランカンスペアリブ
【デリー銀座店の人気料理。スパイス風味のBBQポークスペアリブ】

3.ジャーマンポテト
【ガーリック風味のベーコンとポテトのロースト】

4.タンドーリチキン
【ヨーグルトとスパイスに付け込んで焼いたチキン
(食べやすいもも肉で)
デリー銀座の人気NO. 1料理です。】


5.ビーフキーマビリヤニ
【インドの代表的おもてなし料理であるビリヤニ
スパイスで炊いたフローラルな香りが特徴のパスマティ米に、
牛ひき肉のカレーを添えました。よく混ぜてお召し上がり下さい。】

6.プロウンバターマサラ
【世界でもっとも有名なインドカレー「バターチキン」
今回は、具材をエビにして、ちょっと高級感を演出しました。】

7.スリランカ風牛スジカレー
【筋をゼラチン状になるまで柔らかく煮込み、
カレーはスリランカスタイルのローストスパイスに鰹の香りを】

 

タンドリーチキンです。
美味しくなる説明書き通り、電子レンジで温め後
バターを溶かしたフライパンで少し焦げ目を付け
お皿に盛る。フライパンの肉汁に付いていた
ソースを加えひと煮立ちさせかける。ジャーマンポテトも
一緒に添えて。銀座デリーで食べたチキンを思い出すわ!!

 

ビーフキーマビリヤニ
ゆで卵やパクチー、タマネギの輪切りを乗せて下さいと
書かれていましたが、野菜のピクルスがあったから乗せてみました。
社長ブログによりますと
『米はバスマティで、宮廷式に、赤、黄、白の
3色にしました(もちろん、一つの鍋で3色に炊き分けるのですよ)。
仕上げにはギー(澄ましバター)を使っています。』
米粒の形をしたパスタリゾーニみたいだけど
確かにお米。お花の香りがします。
カシュナッツや干しあんずのほのかな
甘味も異国のご馳走です。
フムフムコンセプト通りね!とうなずきながら。
明日以降も楽しみます。



1月になってから食べたお料理

[スリランカ風牛スジカレー][プロウンバターマサラ]

スリランカ風牛スジカレーはローストスパイスの鰹の香りが実に和のカレー。
だけど”デリー”のスリランカで楽しい♪バターチキンの海老入りは子供でも食べられるスパイシーな
甘口カレー。2種のカレーソースを楽しみました。

コメント

・蔵元 桝塚味噌(合資会社 野田味噌商店)

2017年12月30日 | 商品

八丁味噌(蔵元 桝塚味噌)

http://www.masuzuka.co.jp/

愛知県豊田市桝塚西町南山6番地

赤だし味噌がこんなに美味しいとは知らなかった!
10年ぐらい前、豊田市在住の方から頂き開眼した関西人です。

岡崎ご出身の方に、当時の風味の記憶を話したところ、きっと
それは「桝塚味噌」だわ、と教えて頂き赤味噌を買いに
愛知県までドライブ。
桝塚味噌直売店

●桝塚味噌蔵外観(見学は要予約)

●お店に入ると味噌のいい匂い。

●それぞれの味噌の特性をご説明頂き
計り売りをしてもらえます。

●購入した味噌
豆味噌の擂っていない粒味噌3種と米こうじの白味噌1種。

(参照:桝塚味噌サイトより)
「とろみそ」(粒八丁味噌) 
10トンの大桶の中心部分で、わずか5%しかとれないとても希少な豆味噌(八丁味噌)

 「天ノ豆」(粒八丁味噌)
18ヶ月以上天然醸造により熟成。
粒が残った豆味噌(八丁味噌)

 「日本ノ豆」(粒八丁味噌)
国産原料100%。愛知で契約栽培にて生産した大豆と
赤穂の天塩とで18ヶ月以上木桶にて天然熟成。

 「日本ノ糀」(たっぷり粒こうじ味噌」
愛知県産のお米、大豆を使用したお米の粒が残ったままのこうじ味噌。
糀の甘みを引き出すため通常の1、5倍の米糀を使用し
特別な製法にてに2段仕込みで作った糀の甘みと香りが豊かな非常にやさしい味噌です。

 

ランチに寄ったのは

●煮込みうどん 二橋
愛知県岡崎市明大寺町大圦51−1 ポプラ 51 101 号

http://nihashi284.com/

●煮込みうどん
小麦の麺の歯ごたえが残り、深みのある味わい。
もち麩は食べごたえがあり存在感には驚きました。

使う味噌によって価格が変わってきます。

「とろみそ」のまったりした風味と
「天の味噌」のとんがった違いを味わえました。

出汁、具材など、八丁味噌(豆味噌)の
使い方を体感したい者にはありがたいお店です。



岡崎市内の食品スーパーの味噌売り場
多くの赤味噌が並ぶ。和日配売り場には
角麩、もち麩という名前で種類多く麩が並び
煮物におでんにと日常使われているそうです。
やはり、地元に親しまれている食文化なんですね。




赤だし味噌は豆の粒感が味わえます。
10年前食べてほぉ~と感心したのは
確かに桝塚味噌でした。
現在、計り売りをしているお店は数少ないそうです。


なめこと三つ葉入り
出汁は、焼きあごと干しシイタケを効かせた。
買ってきた味噌の中から
お気に入りがみつかったので次回からはネットで注文を
する事に。店内に入った時のあの味噌麹の香りを
思い出しながら頂きます。



コメント

・いかりライクス常盤店(京都)

2017年09月22日 | スーパーマーケット

いかりライクス常盤店
京都生活協同組合 コープさがの
万代 嵯峨広沢店
太秦映画村のある太秦駅から
丸太町通へ。
徒歩10分圏内のスーパー
3店舗にて買い物をしてきました。

●「いかりライクス常盤店」


今年5月に移転・拡張オープン。
オープン後4ケ月。
初めて行ってきました。
店舗デザインは
S.C.WORKS(エスシーワークス)

いかりの中では、一番売り場面積も
広いのではないかと思う。
明るいデザイン、天井は高く
通路はカートを押しやすい。
輸入菓子が新商品のエンドに
きれいに並び、滞在時間ゆったり買い物を
しました。

さすが!いかりさん、
ローストビーフの
試食もサラダ菜を敷き
大盤振る舞いの分量で
美しい。

シンプルなケーキバルンを買って
明るいフードコートでコーヒーと
一緒に、ゆっくり休憩をしました。


ガラス越しの太陽は
ちょっと暑過ぎ・・・の
9月末の京都、30℃の日でした。


●「京都生活協同組合 コープさがの」

年齢高めのお客様が多い。
コープさんに馴染みの方は
定番の商品と棚割りが買い物
しやすいのだと思う。

●「万代 嵯峨広沢店」

万代は京都でも万代だ!!
大にぎわい。
今後も増え続けるセグメントへ
きっちり訴求が出来ている。
6年前オープンにしては
昔の万代っぽく感じるのは
商品の並べ方、、いや
積上げ方に満載感があるからか。

3店舗共、駐車場を広く取り
係り員が誘導をしてくれる。
平日の昼間も買い物客は多い。

コメント