幸せ未来

この地球に住むすべての人々はもちろん全ての動植物が
幸せを実感できる。そう思える日本、世界を目指すブログです

固定種,自然栽培で!(安全,美味しい)

2018-08-04 23:59:49 | 自然栽培の重要性,農業問題

ポッチ!してくれるとうれしいです

下記ブログランキングのバナークリックのご協力をお願いいたします
どちらをクリックしても構いません
クリックしたジャンルを表示いたします
人気ブログランキングへ
生き方ランキング
ロハススタイルランキング


写真は

長野自宅内のトマト栽培


品種は伝統固定種

世界一トマト


栽培は自然栽培(有機栽培)


種から苗育てをして

露地栽培しています


もし家庭菜園するなら

ぜひ、伝統種で

自然栽培または有機栽培

して欲しいと思います


小規模での

ネット営業販売でも

ぜひとも固定種での

自然栽培にチャレンジ

して欲しいです


今の流通のほとんどは

F1種です


雄しべや雌しべを切り取る

あるいは薬品処理などを

して、一定の人工条件での受粉を

して作った種で


その種から育てた

野菜からは種を作っても

親と同じものにはなりません


いわゆる、種無し、あるいは奇形

とかのタネになるのです


短絡的な話ですが

F1種や遺伝子組換え作物では

栄養価が十分でない


飲食後、身体内の細胞に

悪影響を与えるとか

生殖能力に問題が

生じるとか、、


何れにしても健康上の心配が

言われ続けています


不妊原因は多岐に渡ると

思われますが、近年

日本人は男女共生殖機能の

低下が言われていて

1/4の人に不妊の心配が

あるとも言われています


野菜の伝統種は

いわゆる固定種で

その出来た種からは

健全な全く同じの野菜を

作ることができます


またそれを自然栽培することで

栄養価があり、

その土地にあった子孫のタネに

していくことが出来ます


例えばほうれん草の場合

F1,慣行栽培
(除草剤、化学肥料、農薬)



固定種、自然栽培
(無肥料に近い無農薬栽培)

では

栄養価、ミネラルの量は

10倍近く自然栽培の方が

多いというデーターが

あります


普通で考えれば

固定種、自然栽培の作物を

食べていれば

美味しくて、安全で

栄養があって

よって体が丈夫に

健康になることを

意味しています


自然栽培は成長が遅く

除草剤も使ってないことから

雑草に負けやすいので


失敗率も高くなります

肥料分が少ないので

実付きも少なく

成長も悪いので


そのため営農には

採算性が問題があるといい


ほとんど自然栽培の作物が

流通することは

ありません


また自然栽培では

F1での野菜は栽培が

より難しくなる傾向も

あります


ですが、

食べる人の健康だけでなく

作る側の健康を考えても

作り手が除草剤や

農薬を被りながらの作業を

していることを考えても


リスクが多すぎるのです


せめて家庭菜園では

伝統種での自然栽培(有機栽培)

を実践していただきたいと

思います


無理なくストレスなく

育った野菜たち

F1でなく健全な生殖能力がある

野菜たち


それは安全はもちろん

甘くて美味しいこと

間違いがありません


ぜひとも種からの栽培が

主体となりますが


家庭菜園では

伝統種で

今から実践して

見ましょう!


伝統種を育てることは

伝統種のタネを守ることにも

なり


苦労だけの結果が

必ずあります


ポッチ!当たり前の栽培で本物の安全と健康を!

下記ブログランキングのバナークリックのご協力をお願いいたします
どちらをクリックしても構いません
クリックしたジャンルを表示いたします
人気ブログランキングへ
生き方ランキング
ロハススタイルランキング

伝統種(固定種)世界一トマト

基本、最小限の肥料と
耕運機を使わない
雑草の間の作付けのため
雑草の間で育つことになります。
育ちは緩やかですが、
有機のように多肥料で
急速に成長を高めたものでなく
ゆっくりと自然に育ったものは
自然なクセのない味わいと
自然な優しい甘さが特徴です。
肥料臭さも生じず
まろやかな優しい味わいは
固定種、自然栽培で
作ったものしかわからない
ナチュラルな野菜になります。

ぜひあなたも固定種、自然栽培に
挑戦して見てください。
無理が利かないため
その土地や環境に合わないと
機嫌を損ねて成長してくれませんが
作り手と野菜の気持ちが一致すると
あなたの愛情を
しっかりと受け止めて
応えてくれますよ!

真冬の収穫(ネギ)凍土の中で!

2018-01-20 23:55:48 | 自然栽培の重要性,農業問題

ポッチ!してくれるとうれしいです
お読み頂けましたら下記ブログランキングのバナークリックのご協力をお願いいたします

生き方 ブログランキングへ


土が凍る前に

ネギを収穫すべきでしたが

収穫そびれてしまい

そのままになっていました


この数日夜も氷点下に

ならない日が数日続いたので

土の状態を調べてみたら

柔らかくなったので


松本一本ネギの収穫を

してみました


まずシャベルで周りの土を

どかし引き抜こうとしたら

途中から引きちぎれて

しまいました


そこでスコップを持ち出し

深くスコップを入れてみました


ところが石に当たるように

途中からスコップが入りません


調べてみたら凍った土が

ネギにまとわりつき

引き抜く事が出来ないのです


氷が溶けたのは表面の5センチ

くらい

その下10〜15センチは

土が氷の固まりになって

ネギをしっかりと土に

捉えていました


それで周囲から砕き

収穫を始めましたが

根をつけた状態で

収穫できたのは10本となく


途中から引きちぎれて

しまいました


さらにやや日当りの悪い方は

スコップも入らず

土が完全に凍っていて

どうにもならず

今回はここまで


となると凍土が溶け始める

春まで待つしかありません


ネギが本体ごと凍ってしまい

どうなるか分かりませんが

周囲にわらをかけて

上には不織布をかけて

来週の雪に備える事に

しました


でも今回収穫したネギは

とっても柔らかく甘かったです


もちろん栽培は無肥料の

自然栽培


F1でなく伝統固定種の

ここ地元の品種

松本一本ネギです


春になったらまたネギの栽培に

チャレンジしてみようかと

思います


ポッチ!してくれるとうれしいです
お読み頂けましたら下記ブログランキングのバナークリックのご協力をお願いいたします

生き方 ブログランキングへ

長野の自宅内で収穫できた
わずかだけの
松本一本ネギ

慣行栽培の本音

2017-12-25 07:40:58 | 自然栽培の重要性,農業問題

ポッチ!してくれるとうれしいです
下記ブログランキングのバナーのクリックをお願い致します


生き方 ブログランキングへ


慣行栽培とは

一般的な栽培法で


作付け前に除草剤を撒く

成長期に化学肥料を与える

農薬を頻繁に散布する


多くの種はF1と呼ばれる

一代限りの種を使い

成長の揃いが良いし

管理上、販売上にも

優れている


そのような方法で

栽培された方法を

慣行栽培と呼ばれています


戦後になって確立された

栽培法で

一般的に単位面積あたりの

収穫量が多いとされる


農作物の成長が良く

虫食いも無い事から

見た目の品質も良くなる


それでこの方法の栽培が

現在の主流である


しかし、問題も実は多い


農薬を使うため

F1種を使う為の

健康上の安全上の問題


栄養価の低下の問題


肥料過多の窒素残留の問題


農業従事者の健康上の

問題などがある


さらに採算上の疑問も

ある


栽培に対してF1種であるため

栽培の度に種の購入

または苗の購入が必要


除草薬代、農薬代、

化学肥料代、石灰代などの

費用がかかり、


売り上げのたいしての経費も

多くかかるので、以外と

手取りが少なくなる


もともとこの栽培法だが

化学肥料や石灰

農薬などは


戦争の火薬や毒薬の残りの

処分転用で始まったとされる


つまりこれらに使う資材費は

本来は戦争で使われて来た物ばかり


冷静に考えれば

植物の生長に昔は特別な

農薬や肥料を誰も投入しなかった


その本来の植物の生長を

自然な環境で行う方法を

自然栽培と呼ぶ


この自然栽培を長年続けている人は

理解出来るかと思いますが


本来植物の生長により多くの

肥料や農薬は必要ありません


本来自然界では、雑草や落ち葉が

自然な肥料になり

除草剤をまかない土の中では

生物の自然な生態系が

出来上がるため、過剰な虫食いや

植物の病気などはあまり発生

しなくなります


ですから、本来農作物を作るのに

大量の肥料や農薬は必要ないのです


実はこれは人間の健康管理の

方法にも当てはまります


安全で自然な物を食べ

ストレス無く生活出来れば


病気というものには

かからなくなるのです


農作も人間生活も

ある意味悪循環とも考える

事も出来ます。


除草剤や農薬で微生物が住めなくなった

土は健全な肥料分も育ちません


ですから、肥料を必要とします

健全な微生物が育たないから

病気にもなりやすくなります


だから農薬も必要となります


戦前は農業に多くの経費は

必要ではありませんでした


現代の世の中は何かと生活に

お金がかかる時代になっています


それがこの経済の世の中なのですが

その経済システムの中に

農作も組み込まれている

という事になります


また消費者も見た目の立派な野菜

虫食いの無い野菜を

求めるようになり


また安全や美味しさより

安さや見た目の美しさを求めるように

なった事から、このような

栽培方法が歓迎されたとも

言えるでしょう


それ迄の従来の自然栽培である

伝統種による、自然栽培に比較して


栄養価の低下の問題

農業従事者の健康被害の問題

肥料過多残留の健康被害の問題

農薬による安全上の問題

農業経営の問題点など


様々な問題点をかかげながらも

消費者の意識、要求により

これからもこの慣行栽培は

続けられて行くものと思われます


一方自然栽培は

生産者も消費者も絶対安全、

環境にも良い側面を持ち


伝統種の保全にもつながりますが


肥料も農薬も使わない事から

経済システムの側面からは

あまり望ましくないかもしれません


しかし、健康や環境を考えるとき

本来の姿に回帰する側面も

あります


いずれも農作の将来は

消費者の意識にかかって来る物と

思われます



ブログランキングバナーのポッチ!をお願いします 
皆で健康生活の輪を広げよう!


生き方 ブログランキングへ


有機野菜は安全とは限らない!

2017-11-09 21:52:00 | 自然栽培の重要性,農業問題
ポッチ! 毎日を豊かな気持ちで!
お読み頂けましたら下記ブログランキングのバナークリックのご協力をお願いいたします

生き方 ブログランキングへ


皆さんは有機野菜は

絶対安全な野菜と

思っていますでしょうか?


慣行栽培
(化学肥料、農薬、除草剤使用)

有機栽培
(有機肥料(鶏糞や牛糞を含む)、
無農薬、除草剤不使用)

自然栽培
(無肥料、無農薬、除草剤不使用)
*肥料は基本無し 
与える場合は籾殻、わら、乳酸菌程度


この3通りで栽培したお米を

同条件で炊いて

ガラス容器に密閉1年保管

した実験をした人がいます


この結果はなんと

有機栽培が一番腐っていたのです

ついで、慣行栽培

この二つが腐っていました

真っ黒になっていました


ところが自然栽培では

乳酸発酵していて

白くて、とてもいい香りに

なっていたのです
(甘酒ですね)


なぜ?

有機栽培が一番

腐りやすいのでしょうか?


それは肥料に問題があるのです


有機栽培は、

虫にやられないうちに

あるいは

病気にならないうちに

早く成長させる必要が

あるのです


そのため、大量に肥料を

入れる傾向があります


肥料をたくさん使う事により

早く成長させ、立派な姿に

する必要があるのです


さらに有機栽培では

虫の害を減らすため

多くは施設の中で栽培します


それにより大量の肥料は

植物の体の中に残量して

しまうのです


また施設の中では日光不足に

なりがちです

徒長するような成長を

するのです


見た目が大きく立派で

葉も成長が早いので

柔らかくなります


消費者は立派で

柔らかな野菜を好みます


需給関係が一致しているの

ですね


慣行栽培は

化学肥料ですので

腐るような成分でもないし

農薬も散布しているので


収穫後腐りにくい

そのようなメリットも

あるのです


さらに有機栽培の

与えている鶏糞や牛糞にも

問題があります


鶏や牛の飼育に近年は

遺伝子組み換え飼料を

使っているのです


当然これらは糞として

排出されます


さらに厳しく飼料を

有機栽培しても

遺伝子組み換えの草では

問題になります
(多くはトウモロコシです)


それらを育てるのに

また遺伝子組み換えトウモロコシを

食べさせた牛糞や鶏糞を

使っているかもしれません


遺伝子組み換えの野菜は

様々な疑惑があります


これらを食べて育っている

畜産の肉の健康上の

問題も野菜だけでなく

当然あります


さらに有機野菜は早く日光不足で

成長させると窒素が残留して

しまいます


有機のほうれん草を食べさせて

乳児が死んだ事例は有名です
(ブルーベービーと呼びます)


窒素は血液の酸素を運ぶ働きを

阻害すると言われています


さらに有機に限らず 化学肥料でも

肥料過多(窒素過多)になった野菜は

体内でニトロソアニンを生み出し

血液の中で酸素を運ぶ作用を阻害します


当然酸素が不足する体は

あらゆる細胞が機能低下を招き

あらゆる病気の原因となる事は

間違いがありません


呼吸困難だけでなく

発ガン、肝障害、

生殖機能異常(不妊)などを

指摘する研究機関もあります


それでは有機野菜だけでなく

慣行栽培の野菜も

どのように

選べば良いのでしょうか?


皆さんは緑の濃い野菜が

おいしくて元気が良さそうな

感じを受けていますよね


実はこの緑の濃い状態(特に中心部)

は肥料残留を意味しています


もし有機栽培(慣行栽培も同じ)

の野菜を選ぶ場合


緑でなく、黄緑の野菜を選ぶように

しましょう

また見た目が立派でなく

小さくいかにも成長が悪そうなのが

いいです


これは露地栽培している可能性が

高いからです


自然栽培をした事のある人は

わかると思いますが、

色は黄緑

見た目はかよわくなります


また成長は遅く、全体に固く

なるのです


有機野菜が安心だと

食べていて、ガンになった

顔色が悪くなった、、


シャレにもなりませんよ

もう一つ、施設栽培が

肥料過多になりやすいため

季節の野菜を食べるように

しましょう


冬なら白菜や大根、ネギなど


夏ならトマトやキュウリ、茄子

などが季節品です


その逆に流通している野菜は

温室などの施設野菜という事に

なります

当然肥料在留のリスクが高いです


なお詳細、健康情報は

いやしの里ブログも 

ぜひご覧ください


いやしの里のブログはこちら



ポッチ! して 健康生活の輪を広げよう!
お読み頂けましたら下記ブログランキングのバナークリックのご協力をお願いいたします


生き方 ブログランキングへ

種,苗の価格は数倍へ?

2017-07-04 15:48:34 | 自然栽培の重要性,農業問題

ポッチ! して 健康生活の輪を広げよう!

生き方 ブログランキングへ

nt color="purple">
種子法が廃止されます

来年の春から

今まで都道府県が

税金で行って来た


主要作物の種の保全、開発

が民間に払い下げられ

税金による地方独特の

作物の開発が中止されます


種子法で税金投入出来る

裏付けが無くなるため

農業試験場の施設の

維持は困難になります


また種の販売、開発は外資に

開放されるので

これらの施設は外資に

売却される可能性が

強くなって来ました


当然ながら、種子や苗の価格は

税金投入がなくなり

民間費用が転嫁されるので

当然研究費用は種や苗の

価格に転嫁されるようになります


これは民間開放というより

研究所の民営有料化です


日本の種のトップシェアーは

サカタのタネですが、

すでにこの会社は

スイスのノベルティー系の

傘下になっており


この会社はモンサントと同じ

思想と言われています


日本の種業界を独占して

種の価格を

つり上げて行く可能性が

高くなると思われます


すでにここ数年前から

種や苗の価格は上昇が

始っています


ホームセンターでも

ここ数年苗の価格が急上昇

以前は100円前後だった苗は


外資系苗の価格はすでに

300円〜500円になっています


またいよいよ国内での

遺伝子組み換え作物の

栽培も始る可能性が

出て来ました


一番の問題は

周辺で在来種の作物を

栽培して


それらの種と交配の可能性が

出て来る事


その際遺伝子組み換えの方の

種の問題が生じれば

訴訟騒ぎになりかねない事です


多額の賠償命令で

外資系に田畑の強制取得の

可能性が出て来るかも

しれません

すでに欧米ではその事例が

生じて来ています


現在お米は 日本国内において

都道府県が税金で種を保全

管理しており


その栽培が保証されています


来春からはそれがなくなります

外資系の稲の種が流通して

それの栽培が始ると


都道府県による地方独自の

お米の品種は維持出来なく

なります


私たちが残された今出来る事は

F1(一代交配)や遺伝子組み換え

作物に頼る事無く


自家採取出来る伝統種を守る

事です


そして、つまり私たちが

購買に頼る事無く

農作物の保全を一人一人が

行う事です


それは農家だけでなく

都会に住む人たちの

すべての人たちが

行う事で力を発揮します


すべては経済の理論で

行われているのですから


農業は最大の国の安全保障です


私たちが意識する事で

食の安全と国内農業の維持に

協力して行きましょう


下記ブログランキングのクリックご協力をお願い致します
ポッチ! して 豊かな人生を一緒に!

生き方 ブログランキングへ

国内食料自給率の確保は
国内安全保証の最大の問題なのです
食を制する物は世界を制する
サカタのタネは国内ではトップシェアーですが
世界では2%にすぎません
現在モンサントが1/4を占めています
お米は地域ごとに独自の品種を栽培して
来れたのは、種子法によるところがあります
それが来年から崩壊して行きます
また現状の品種や今後の品種が外資に握られれば
稲の種の価格は数倍になると
言われています
そうなれば、現在のお米の価格は
維持出来ないかもしれません
お米は国内でF1や遺伝子組み換えがない
ある意味最後の砦かもしれません
現在品種のお米を食べて国内の農家の応援と
農業の維持を国民が行わなければならない
時代になってきました
それは国民の行動が私たち自身の食の安全を
守る事にもなります

幸せを感じる商品を作っています

美しくお洒落頑丈なケースで
あなたの生活を豊かに
Metal JacketのSHIMURA