電気・盤・クレーンのソリューションカンパニー セイキョウブログ

一般電気工事、クレーン、受・変電設備、新製品開発・人材派遣、輸出入仲介を展開する株式会社セイキョウ。

高所作業車の使い方

2012-05-30 16:52:13 | 日記

  みなさんこんにちは。

 昨日は凄まじい雷雨でしたが、今日は快晴の茨城県です。

 昨日の落雷であるお客さまの電気設備が故障したため、弊社の担当者が早朝より対策に向かいました。幸い復旧しましたのでよかったですが、天災には勝てませんね。

 さて、今日は高所作業車の使い方をご紹介いたします。

 

  こちらが高所作業車です。ブーム(腕)の長さによっていろいろ種類がありますが、当社のものは12mです。

 

 使用するときはアウトリガー(黒い脚のようなもの)を張出し、車体を上げ水平を確認してから使用します。

 

  ケーブル布設工事の作業風景です。

  その他天井クレーンの点検、修理や照明器具の取付等に使用します。はしご等に比べて格段に安全に作業出来ますし、高い所での作業では幅広く利用出来ます。

  今日は高所作業車の使い方をご紹介しました。

  今後とも電気設備工事や天井クレーンの点検はセイキョウにお任せ下さい。

 

  

コメント

エアコンの設置をしてきました

2012-05-28 14:29:45 | 日記

  みなさんこんにちは

 暑い日が続きますね。

 節電とは言いながらも、夏にはエアコンが必需品です。

 というわけで昨日はエアコンの設置工事をしてきました。

 みなさんエアコンというと室内機(部屋の中に設置してある風が出てくる機械)をイメージすると思いますが、室外機にはあまり目を向けないと思いますので、今回は室内機の工事を中心にご紹介いたします。

 

 

 部屋の外側から見た所です。白いカバーの中には配管(冷媒ガスが通る管)、ドレン管(部屋の水を外に出す管)、電源線(室内機・室外機に電気を送る電線)が入っています。

 

 配管はしっかり固定しないとガス漏れの原因になります。

  

  冷媒管の中を空気や水が入らないように「真空引き」を行います。真空引きをしなくてもエアコンとしては使用できますが、やらないとエアコンの寿命を縮める一因となります。

  もし御自宅等でこの様な作業をしていなかったら要注意です。(真空引きをしなければ工事費は安く済むかもしれませんが、結果的には故障などで高くつくと思います)

  

   きちんと真空引きを行い、試運転をして正常に動作することを確認して作業終了です。

  

  今回は室外機の設置工事を中心に工事内容をご紹介いたしました。

  弊社ではルームエアコンだけでなくパッケージエアコンの設置も行っております。

  エアコン設置工事の御相談は株式会社セイキョウまでお願い致します。

コメント

㈱セイキョウウェブサイトのリニューアルが完了しました。

2012-05-23 09:28:14 | 日記

  おはようございます。

  今日は昨日の雨とはうって変って晴天の茨城県日立市から投稿です。

 この度、㈱セイキョウのウェブサイト全面更新が完了しました。

 http://www.seikyo.co.jp/

 デザイン、コンテンツを含め心機一転装いも新たに致しました。

 これからもコンテンツをどんどん追加してきます。更新情報はこのブログでも逐一御報告させていただきますので宜しくお願い致します。

 電気工事・天井クレーン点検・高圧受電設備のセイキョウを宜しくお願い致します。

 

  T.S

コメント

セイキョウのホームページが近々リニューアルします

2012-05-14 00:19:54 | 日記

実は、セイキョウのホームページがリニューアルをします。

カッコ良くなって、登場します。

「どんな風に?」・・・それは出来てからのお楽しみです。

写真を用意したり、文章を考えたり・・・忙しい日が続きます。

そして、電気・盤・クレーンのセイキョウをよろしくお願い致します。

コメント

セイキョウはブログを始めました

2012-05-12 00:01:33 | 日記

皆さん、こんにちは。夜ご覧になっている方は、こんばんは♪ 

株式会社セイキョウは、ブログを書くことになりました。

多くの人にセイキョウの事を、もっともっと知って欲しいと思ったからです。。

社内のこと、お客様のこと、プライベートなこと、色々書いてみようと思います。

時々「何書いてるんだろう?」とか、羽目を外して、ぶっ飛んだことを書いてしまうかも知れません。

そんな時は、けして責めず、あたたかい目で見守って頂きたいとお願いします。

ブログを書くのは初めてなので、どうか、よろしくお願い致します

コメント